焼肉きんぐの支払い方法|クレジットカード・電子マネー情報まとめ

食べ放題で知られた焼肉きんぐに行ってみたい方もいますよね。焼肉きんぐに出かける際、何で支払えるのか気になる方は多いでしょう。

結論から言うと、焼肉きんぐは「還元率1.0%~のクレジットカード払い」が最もお得です。

クレカ以外にもデビットカードやプリペイドカードが使えますし、店舗によってはPayPayや楽天Edyなどの支払いもできるため、多彩な支払い方法があります。

そこで本記事では、焼肉きんぐの支払い方法をお得な利用方法をまとめて解説していきます。

この記事を読むことで、焼肉きんぐだけでなく、日常で賢く買い物する方法を知ることができますよ。

目次

焼肉きんぐの支払い方法|クレジットカード・電子マネー情報まとめ

焼肉きんぐは食べ放題が人気のチェーンです。家族や友達と一緒に思い切り食べに行きたいものの、使える支払い方法も気になりますよね。焼肉きんぐでは以下の支払い方法が利用可能です。

支払い方法詳細
現金使える
クレジットカードVISA・MasterCard・JCB・AMEX(American Express)・Diners Club
デビットカード使える
プリペイドカードau Payプリペイドカード・ソフトバンクカード・dカードプリペイド
PayPay一部店舗に対応
楽天Edy一部店舗に対応
iD6店舗にて対応
商品券ジェフグルメカード

現金

焼肉きんぐの現金払い

焼肉きんぐでは、当然ながら現金払いは可能です。クレジットカード払いに抵抗があったり、キャッシュレスによる支払いが苦手だったりする方は現金で払うのが良いでしょう。

しかし現金払いではポイントがつかないので、他の支払い方法と比べると、ポイント面で長期的に損しています。

そのため、もし現金払いしている方は、下記以降に示す支払い方法についても学んでいきましょう。

クレジットカード

焼肉きんぐではクレジットカードを使えます。利用できるブランドはVISA・MasterCard・JCB・AMEX(American Express)・Diners Clubと、代表的な国際ブランドが付いているもの全てです。

カードで支払う際は、レジで会計する際にカードを差し出すだけで済みます。専用端末で読み取って、問題なく決済できれば終了です。

デビットカード

またデビットカードも利用できます。デビットカードもクレジットカードと同じく、国際ブランドが付いているものであれば問題ありません。

支払う際に専用端末で読み取り、登録した口座から無事に引き落とされれば完了します。なお口座の預金額分が上限金額であるため、使い過ぎの心配もありません。

プリペイドカード

焼肉きんぐではプリペイドカード(ブランドが付いたもの)も利用可能です。au Payプリペイドカード・ソフトバンクカード・dカードプリペイドの3種類が使えます。

プリペイドカードもデビットカードと似ており、チャージした金額分のみが利用できる仕組みです。使い過ぎの心配もないため、特にクレジットカードの利用に気が進まない場合に使うと良いでしょう。

PayPay(一部店舗に対応)

QRコード決済の代表格であるPayPay(ペイペイ)も店舗によっては利用できる場合があります。ただ導入している店舗は多くないため、事前に出かける予定の店舗に確認が必要です。

利用できる場合はPayPayを使う旨を伝えれば、端末にかざすように言われます。かざして無事に支払いが済めば完了です。

PayPayもチャージした分から差し引かれる仕組みです。また注文金額に応じたPayPayポイントも貰えます。

楽天Edy(一部店舗に対応)

焼肉きんぐの支払い方法_楽天Edy(一部店舗に対応)

楽天Edy公式サイトより)

楽天グループ発行の楽天Edyも、同じく店舗によっては利用可能です。楽天EdyについてもPayPayの場合と同じように導入店舗は少なめです。

利用したい場合は事前に使えるか確認すると良いでしょう。もし利用できるのであれば、レジでかざして引き落とされれば完了です。なお楽天Edyでは金額に応じて楽天ポイントが貯まります。

QUICPay(一部店舗にて対応)

焼肉きんぐでは一部店舗でQUIC Pay(クイックペイ)が利用可能です。以下に挙げる13店舗で導入されています。

  • 会津若松店
  • 浅草ROX店
  • 市原五井店
  • おゆみ野店
  • 鹿嶋店
  • 佐倉寺崎店
  • 富里店
  • 富山掛尾店
  • 横浜六浦店
  • 新潟駅南店
  • 新潟小新店
  • 新津店
  • 新潟河渡店
  • 長岡店

利用する場合はPayPayや楽天Edyと同じく、QUIC Payで払う旨を店員に伝えてからレジでかざす流れです。無事に決済されれば完了します。

iD(6店舗にて対応)

焼肉きんぐの支払い方法_iD(6店舗にて対応)
iD公式サイトより)

NTTドコモが発行している電子マネー・iD(アイディー)も以下の6店舗で支払い可能です。

  • 会津若松店
  • 市原五井店
  • 鯖江店
  • 山形北店
  • 川崎駅東口店
  • 横浜六浦店
  • 新潟駅南店

支払いは上記のQRコード決済と同じく専用端末にかざすだけで済みます。多くの店舗では全く導入されていないため、全体としてはほとんど利用できません。

商品券(ジェフグルメカード)

焼肉きんぐではジェフグルメカードを使う場合に限り、商品券で支払いできます。ジェフグルメカードは全国の加盟飲食店で利用できる商品券です。

1枚につき500円分のため、焼肉きんぐで使う場合は多く用意すると良いでしょう。支払いの方法はレジで差し出すだけです。超過した分は現金でお釣りが支払われます。

ちなみにジェフグルメカードは金券ショップでも購入可能です。額面より少し安いため、お得に焼肉を味わえます。

焼肉きんぐでポイントは使える?

焼肉きんぐでポイントは使える?

焼肉きんぐを利用する際、楽天ポイントなどのポイントが使えるのか気になりますよね。焼肉きんぐで使えるポイントと使えないポイントは以下の通りです。

ポイントの種類使えるかの有無
焼肉きんぐの公式アプリのポイント使える
楽天ポイント使えない
PayPayポイント使えない
Tポイント使えない
dポイント使えない
Pontaポイント使えない
nanacoポイント使えない

原則焼肉きんぐの公式アプリを使って来店時に貰えるポイントを除くと、一般的な共通ポイントは原則使えません

もし焼肉きんぐでポイントを貯めたいなら、公式アプリは必要です。公式アプリについてはまた後程ご紹介します。

また対応したカードであればPayPayポイントや楽天ポイントなどが付与される仕組みです。

スポンサーリンク

焼肉きんぐでお得な4つの支払い方法

焼肉きんぐでお得な4つの支払い方法

焼肉きんぐを使って食べ放題で焼肉を食べるのなら、なるべくお得な支払い方法を使いたいですよね。焼肉きんぐでお得に支払う方法は以下の4つがあります。

クレジットカード

焼肉きんぐでおすすめの支払い方法はクレジットカードです。カードを店員に見せて端末に読み取らせるだけで、すぐに決済できます。

またクレジットカードは基本的に利用金額に応じてポイントが貯まっていく仕組みです。還元率が高いカードを持っていくと、かなり効率良くポイントが貯められます。

公式アプリやクーポンを併用する

また焼肉きんぐの利用でぜひおすすめなのが同チェーンの公式アプリです。1度来店するたびに1来店ポイントが貰えます。

そしてポイントはお得なクーポンやプレゼントが貰えるのが魅力です。クーポンは10%引きなど会計金額の割引に使えるため、うまく使えばより安く焼肉を楽しめます。

さらにポリス手帳機能もあり、来店回数に応じてランクを上げれば特典の内容もグレードアップする仕組みです。他にもアプリを使えば店舗の予約もできます。

子供や60歳以上は無料・割引になる

焼肉きんぐに出かける場合、お子さんや60歳以上の方は無料・割引になるのもポイントです。主に食べ放題コースが対象で、幼児は無料・小学生は半額に割り引かれます。

一方60歳以上の場合は通常の食べ放題で500円引き、ランチコースで300円引きです。特に家族揃って出かける際にお得に利用できます。

食べログなど予約サイトを利用する

最後に食べログなど飲食店予約サイトを利用するのもおすすめです。予約サイトを経由して焼肉きんぐを予約すると、利用したサイトでクーポンやボーナスポイントが貰えます。各サイトでの特典内容は以下の通りです。

  • 食べログ:店舗で利用できるクーポン
  • ぐるなび:店舗で利用できるクーポン・予約人数×25~200ポイント
  • ホットペッパーグルメ:店舗で利用できるクーポン・予約人数×50ポイント

なお店舗によっては対応していない場合もあるため、予約サイト内でしっかり確認しましょう。

焼肉きんぐで1番お得な支払い方法

焼肉きんぐで1番お得な支払い方法

焼肉きんぐの支払い方法の中で最もお得な方法はクレジットカード払いです。カード1枚を専用の読み取り機で読み取らせればかなり短時間で決済が終了します。

また1%を上回る還元率のカードであれば、早いペースでポイントを貯められる点もメリットです。世界中で利用できる5種類の国際ブランド全てに対応しているため、高還元率のカードも問題なく使えます。

特にクレカの中で還元率が高く、日常の買い物でもお得に使えるクレジットカードを下記にまとめました。

スクロールできます
JCBカード WdカードdカードGOLD楽天カードPayPayカード
デザインJCBWカードの口コミ・評判dカード GOLDの評判
順位1位2位3位4位5位
評価
特典最大30,000円
バック
4,000P
貰える
11,000P
貰える
新規利用&利用で5,000ポイント最大7,000円
バック
申し込み公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
入会条件18~39歳20歳以上18歳以上18歳以上18歳以上
特徴高還元でお得dポイントが
貯まる
dポイントが
もっと貯まる
楽天市場を
使うならコレ!
PayPay紐付けで
1.0%上乗せ!
発行スピード3営業日程度審査最短5分審査最短5分審査最短10分審査最短7分
還元100円
1ポイント~
100円
1ポイント~
100円
1ポイント~
100円
1ポイント~
100円
1ポイント~
審査
年会費無料無料11,000円無料無料
ETCカード無料無料無料550円-
家族カード無料無料1枚目無料
2枚目1,100円
無料-
買い物保険--
旅行保険---
評判と口コミ参考ページ参考ページ参考ページ参考ページ参考ページ
クレジットカードのおすすめ比較

※金額は税込表示です。 ※サービスの変更により差異がある場合があります。詳細は各サービス公式サイトでご確認ください。

2022年最もおすすめなのはJCBカード Wdカード。どこでも還元率が1.0%~と非常に優秀です。

またドコモユーザーの方は、携帯料金の10%が還元されるdカードGOLDを利用することで、年間通してお得にポイントを貯めることができますよ。

高還元のクレカは年間通して数万円お得にポイントを貯めることができるので、賢く買い物したい方は手に入れておきましょう。

スポンサーリンク

焼肉きんぐの支払いにおける3つの注意点

焼肉きんぐの支払いにおける3つの注意点

焼肉きんぐではクレジットカードなどで支払いできるものの、注意点もいくつかあります。以下の3点にはくれぐれも注意しましょう。

楽天ポイントやWAONなど共通ポイントは使えない

まず楽天ポイントをはじめとする共通ポイントは利用できません。焼肉きんぐでは全店で共通ポイント利用を導入していないためです。

ただしクレジットカードを利用した場合、ポイントは貰えます。加えて公式アプリを提示した際に来店ポイントも付与されるため、一緒に利用すると良いでしょう。

交通系電子マネーも使えない

また焼肉きんぐではSuicaなどの交通系電子マネーも利用できません。そもそも交通系電子マネーに対応した端末がレジに置かれていないためです。

なお牛角や焼肉ライクなど同業他社チェーンであればSuicaなどを利用できます。交通系電子マネーも利用できない点では焼肉きんぐは少し不便です。

d払いなどキャリア決済にも非対応

さらに焼肉きんぐではd払いなどのキャリア決済にも対応していません。キャリア決済は月々の携帯料金と一緒に商品・サービスの料金も支払える便利なツールです。

しかし焼肉きんぐでは非対応のため、残念ながら携帯料金と焼肉きんぐの利用料金を一緒に支払う方法はとれません。キャリア決済が使えない点でも不便さはあるでしょう。

まとめ

本記事では焼肉きんぐで利用できる支払い方法について色々と見てきました。全店で問題なく利用するには現金やクレジットカード・デビットカードが最も無難です。

QRコード決済(スマホ・バーコード決済)も店舗によっては利用できるものの、導入店舗は少ないためにおすすめはできません。ただし公式アプリで来店ポイントを稼いだりクーポンを使えたりできる点でお得です。

特に「還元率1.0%~のクレジットカード」を選択しておくと、焼肉きんぐだけでなく日常で買い物する時もお得にポイントを貯めることができます。

焼肉きんぐではクレジットカードに紐づいたポイントであれば貯められます。なるべく還元率の高いカードで払えば効率良くポイ活できるため、特にクレジットカード払いはぜひ活用してみてください。

他のカードについてもっと知りたいと感じる方は「クレジットカードのおすすめランキング」の記事も参考ください。

スポンサーリンク

焼肉きんぐの支払いに関する「よくある質問」

焼肉きんぐでスマホ・バーコード決済(ペイペイ・d払い・楽天ペイ・メルペイ)は使えますか?

焼肉きんぐでは多くの店舗でスマホ・バーコード決済は利用できません。ただPayPayと楽天Edyによる支払いに限り、導入している店舗もあるため、事前に確認すると良いでしょう。

お得ドットコム
毎日をちょっとお得にするサイト
学校では教えてくれない、お金にまつわる「ちょっと得する情報」をお届けする情報メディア|経済的に自立した人を増やし、生活に余裕を持てる人を増やしたいという思いから発信しています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次