仮想通貨VRA(ヴェラシティ/Verasity)とは?特徴・買い方・将来性も解説

悩む女性

仮想通貨VRA(ヴェラシティ/Verasity)って何?特徴や細かな情報が知りたいな。

こんな悩みに答えます。

日々の生活で動画を見る人も非常に多いですよね、実は動画サービスに深く関わりのある仮想通貨があることはご存じでしょうか。

仮想通貨VRA(ヴェラシティ/Verasity)は、次世代型動画プラットフォームで使える通貨です。今まで以上に質の高い動画をアップできるだけでなく、視聴者も報酬がもらえたりステーキングができたりするなどメリットが多いです。

そこで本記事では仮想通貨VRA(ヴェラシティ/Verasity)について、特徴・将来性・買い方などとともに解説していきます。

この記事を読むことで、仮想通貨VRAの基本的な情報を完全に理解することができますよ。

目次

仮想通貨VRA(ヴェラシティ/Verasity)とは?主な特徴5つ!

仮想通貨VRA(ヴェラシティ/Verasity)とは?主な特徴5つ!

Verasity公式サイトより)

仮想通貨VRA(ヴェラシティ/Verasity)は、動画共有プラットフォームで使える通貨です。動画クリエイターは近年注目されている職種ですが、同通貨のプラットフォームは次世代型として従来より進化した機能を持っています。

動画と仮想通貨が結び付けば、自分の好きなテーマで動画を作りながら資産運用する生活もできそうですよね。まず仮想通貨VRAの特徴5つを見ていきましょう。

次世代の動画共有プラットフォーム及び使用される通貨

次世代の動画共有プラットフォーム及び使用される通貨

Verasity公式サイトより)

仮想通貨VRA(ヴェラシティ/Verasity)は、次世代型の動画プラットフォームで利用できる通貨です。YouTubeと同じ仕組みで、自分のチャンネルで動画をアップしたり有料メンバーシップでお金を稼いだりすることができます。

ただ使われるお金が現金ではなく仮想通貨である点が大きな特徴です。そして既存の動画サービスを統合する性格を持っているため、今までのチャンネルのアカウントを消す必要はありません。

またトークンを使ったステーキングができる点や、ブロックチェーンの活用でクリエイター・視聴者の両方が報酬を得られる仕組みになっている点などユニークな特徴を持っています。

クリエイターは新しいプラットフォームに移らなくて良い

動画プラットフォームVerasityが基本的にYouTubeと同じような仕組みと聞くと、アカウント登録の面倒さを感じますよね。実はクリエイターは新しいプラットフォームに移る必要がありません。

というのも、VerasityはYouTubeを筆頭とする従来のプラットフォームを引き続き活用できる仕組みになっているためです。例えば今までYouTubeに動画チャンネルを設けた人も、移転作業をせずに済みます。

また新しいプラットフォームに移らなくて良い点は運営側にとってもメリットが大きいです。今までのプラットフォームをそっくり活用する分、各サービスのユーザーを丸ごと取り込めます。

ユーザーが増えれば仮想通貨VRAの需要も格段に増すため、価値の上昇に繋がりやすいです。

視聴者のニーズに応える高品質なコンテンツを提供できる

仮想通貨VRAが使えるVerasityでは、視聴者のニーズに応えられる高品質なコンテンツを提供できる強みもあります。Verasityでは既存のプラットフォームと異なり、視聴者とクリエイターが直接繋がる仕組みであるためです。

既存のプラットフォームでは、運営主体の意思や規則に沿った動画でなければアップロードが認められないという弱みがあります。一方Verasityであれば、クリエイターも視聴者の意思を直接反映した動画の提供が可能です。

加えてVerasityでは高品質なストリーミング技術も導入しているため、動画も画質がきれいでクオリティの高いものになります。視聴者からの受けが良く、ファンも増やせるでしょう。

クリエイター・視聴者双方に報酬が発生

Verasityではクリエイター・視聴者双方にVRA報酬が発生する仕組みです。お互いに報酬がもらえるため、クリエイターはわざわざ広告活動することなく質の高い動画を作ることだけ考えられます。

視聴者も動画を見るだけで報酬がもらえるため、動画好きな人であれば見た分だけお金儲けもできる仕組みです。特に自分の好きなテーマやチャンネルの動画であれば、のめりこむようにお金稼ぎができるでしょう。

なおVerasityでは、「Proof of View(PoV)」と呼ばれる技術も採用しています。クリエイター・視聴者・広告主の適切な取引を実現する技術で、ブロックチェーンによってコンテンツの価値を検証できるのが強みです。

ブロックチェーンにコンテンツの質などの情報が記録されるため、三者が納得できるような取引を成立させる上で役立ちます。

トークンでステーキングもできる

トークンでステーキングもできる

Verasity公式サイトより)

仮想通貨VRAは他の通貨と同じく、プラットフォーム上でステーキングできる点も魅力です。プラットフォームにウォレットが搭載されており、中にあるステーキングプールにVRAを預け入れます。

預け入れた日数に応じた報酬が利息としてもらえるため、手持ちのトークンを増やせる仕組みです。特にVRAの価格が高まっている場合は、ステーキングで得た分を売ると多く稼げます。

もちろん増やした分を動画プラットフォームでの取引に活用するのもおすすめの方法です。

仮想通貨VRA(ヴェラシティ/Verasity)の買い方・購入方法3ステップ

仮想通貨VRA(ヴェラシティ/Verasity)の買い方・購入方法3ステップ

動画製作や視聴に大きく関係する仮想通貨VRA(ヴェラシティ/Verasity)が欲しい方もいますよね。もし同通貨を購入するのであれば、以下の方法に沿って買うことになります。

国内の仮想通貨取引所でビットコインなどを購入

国内の仮想通貨取引所でビットコインなどを購入

コインチェック公式サイトより)

仮想通貨VRAを購入する場合、まず国内の仮想通貨取引所でビットコインなどの購入が必要です。VRAは国内の取引所では扱われていないため、先に他の通貨を購入し、VRAを扱う海外取引所で交換する流れになります。

仮想通貨取引所は金融機関であるため、利用には口座開設が欠かせません。取引所は国内にもいくつかありますが、コインチェックは扱う通貨が16種類と多く、知名度の高さや初心者の使いやすさでも評判です。

口座を準備したら、まず日本円を入金します。そして欲しい種類の通貨を選んで金額を入力しましょう。最後に購入ボタンを押せば完了です。

\ 国内ダウンロード数No.1 /

KuCoinなど海外の仮想通貨取引所に送金

KuCoinなど海外の仮想通貨取引所に送金

KuCoin公式サイトより)

仮想通貨を用意したら、海外の取引所に送金します。なお海外の取引所についても事前の口座開設が必要です。仮想通貨VRAを扱っている取引所には、Gate.io・KuCoin・Uniswapなどがあります。

送金する場合、まず送り先の取引所にアクセスし、入金アドレスをコピーしましょう。次に国内取引所のウォレット(マイページのようなもの)を開き、出金画面に入金アドレスを貼り付けます。

さらに送る通貨の種類を選び金額を入力しましょう。最後に手数料を確認して送金ボタンを押せば終了です。

海外の取引所で仮想通貨VRA(ヴェラシティ/Verasity)をペアで購入

海外の取引所で仮想通貨VRA(ヴェラシティ/Verasity)をペアで購入

KuCoin公式サイトより)

海外の取引所に仮想通貨を送ったら、送り先の取引所でVRAと交換します。基本的には各取引所のサイト上側の「トレード」を選び、交換ページにて交換を行う流れです。

取引所によってはイーサリアムやUSDTでなければ交換できないケースもあります。事前にVRAに対応する通貨を調べてから購入手続きを進めるのがおすすめです。

購入の際も交換元と交換先の通貨の種類を選び、金額を入力して手続きボタンを押せばVRAを入手できます。なお手数料が発生する場合もあるため、いくらかは残しておくべきです。

仮想通貨VRA(ヴェラシティ/Verasity)の将来性は?

仮想通貨VRA(ヴェラシティ/Verasity)の将来性は?

仮想通貨VRA(ヴェラシティ/Verasity)について色々と知った上で購入を考える方もいますよね。一方で将来価値が高まるのかはかなり気になるでしょう。

実はVRAは、以下に挙げられる3点から将来性は高いと考えられています。

新しい形態の動画共有が注目されて価格が高まる可能性

まず新しい形態の動画共有が注目されることで価格上昇に繋がる可能性です。Verasity(ヴェラシティ)では今までの動画プラットフォームをそっくり活用しながら、高画質・高品質の動画を提供できます。

同時にクリエイター・視聴者・広告主の三者が納得できる取引を可能にしている点も新しい要素です。またクリエイターと広告主が直接繋がったり報酬を得られたりする分、お互いが動画を通じて楽しく稼げる形になっています。

既存の動画プラットフォーム以上に当事者が心行くまで動画製作に携われるようになっている分、大きな価格上昇が期待できるでしょう。

2022年末までのロードマップが明確

2022年末までのロードマップが明確

Verasity公式サイトより)

また仮想通貨VRA(ヴェラシティ/Verasity)では、公式サイト上に2022年までのロードマップが明確に掲載されています。2022年分についても年末までの予定が具体的に記されている形です。

同時に実装が完了したものについてはチェックマークが付くようになっています。仮想通貨ユーザーからするとロードマップの明確さによって、価格上昇のタイミングをある程度予測しやすいです。

VRA取引の活発化ももたらすことになるため、やはり価格上昇の要因になるでしょう。

YouTubeなど既存動画サービスのユーザーを取り込んでいく見込み

さらに仮想通貨VRA(ヴェラシティ/Verasity)の動画プラットフォームでは、YouTubeなど既存サービスのユーザーを取り込んでいく見込みです。各サービスの統合による利便性の向上がミッションとして掲げられています。

ユーザー側も今まで使っていたサービスのアカウントを削除する必要がありません。加えて非常に苦労が大きくなる傾向にある新しい動画サービスでの集客が不要な点も、ユーザーにとっては非常にありがたい点です。

運営主体にとってもユーザーを取り込むことで、爆発的に関係人口を増やせます。仮想通貨VRAを使う人も自然と増えることになるため、価格上昇の可能性は高いです。

仮想通貨VRA(ヴェラシティ/Verasity)の価格推移【チャート】

仮想通貨VRA(ヴェラシティ/Verasity)の価格推移

仮想通貨VRA(ヴェラシティ/Verasity)を扱う際、価格の値動きは大きな注目どころですよね。同通貨の今までの価格推移についてチャートを追いながら見ていきます。

上場後2021年までほぼ値動きなし

仮想通貨VRA(ヴェラシティ/Verasity)の価格推移【チャート】_上場後2021年までほぼ値動きなし

CoinMarketCapより)

仮想通貨VRA(ヴェラシティ/Verasity)が本格上場したのは、2019年4月3日のことです。上場時の価格は0.09円程度でした。

以降は0.02~0.2円の範囲内で小刻みに値動きしており、大きな変動は見られませんでした。小刻みに動く傾向は2021年の春先までの約2年にわたって続いています。

2021年4月に5円台を記録

仮想通貨VRA(ヴェラシティ/Verasity)の価格推移【チャート】_2021年4月に5円台を記録

CoinMarketCapより)

仮想通貨VRA(ヴェラシティ/Verasity)の根動きは、2021年の3月から大きく変化がするようになりました。3月4日段階では0.2円台だった価格は急速上昇し、約2週間後の17日には2.5円台となっています。

17日以降もさらに上昇し続け、4月1日には初の5円台を記録しました。加えて17日には5.8円に達しています。上場以来初めて急騰した時期と言えるでしょう。5月以降も高止まり状況が続いています。

乱高下を繰り返しながら2021年10月に10円近くに

仮想通貨VRA(ヴェラシティ/Verasity)の価格推移【チャート】_乱高下を繰り返しながら2021年10月に10円近くに

CoinMarketCapより)

仮想通貨VRA(ヴェラシティ/Verasity)の価格は、2021年の後半に入っても以前に比べて高めの状況が続きました。そして10月に入るとさらに上昇し、10月の終わりから11月の初めには10円台をマークしています。

同時に高止まりの中で乱高下も続いていました。ただ11月の後半頃から下落に転じ、年末には4円台になっています。

2022年に入ってからも乱高下傾向は継続中

仮想通貨VRA(ヴェラシティ/Verasity)の価格推移【チャート】_2022年に入ってからも乱高下傾向は継続中

CoinMarketCapより)

仮想通貨VRA(ヴェラシティ/Verasity)の価格は、2022年に入っても乱高下は継続している状況です。ただ全体の傾向としてはじわじわと値下がりしており、5月末現在で1円前後となっています。

ただ上場直後の0.01円前後に比べると高い水準を保っているとともに、ユーザーにとっては購入しやすい金額です。今後同通貨の動画サービスが発展するにつれて価格が上昇する可能性も高いため、買いの機会とも言えます。

まとめ

まとめ

今回は仮想通貨VRA(ヴェラシティ/Verasity)について色々と見てきました。YouTubeなど既存の動画サービスを取り込みながらも、高品質・高画質な動画を作れるプラットフォームであるため、将来性は抜群に高いです。

またVRAはサービス内での取引やステーキングにも使えるとともに、視聴者も報酬を得られます。ブロックチェーンを活用して適切な取引が行える点も魅力と言えるでしょう。

VRAは次世代型の動画プラットフォームに関係する仮想通貨であるだけに、将来価格が大きく上昇する可能性を持っています。動画クリエイターも視聴者も今から持ってみるのはいかがでしょうか。

仮想通貨VRA(ヴェラシティ/Verasity)のよくある質問

仮想通貨VRA(ヴェラシティ/Verasity)を扱う取引所は?

仮想通貨VRAを扱う主な取引所は「KuCoin」「Gate.io」「Bithumb」「Huobi Global」「Uniswap」「Bittrex」「OKX」「MEXC」「Bitrue」などです。

Gate.ioやUniswapなど世界的に大手のDEX(分散型取引所)にも多く上場しています。同通貨の信頼性が高いことを意味するでしょう。今後同通貨の取引が活発になるにつれて、バイナンス上場の可能性も予想されます。

ヴェラシティ(Verasity)とYouTubeとの違いは?

ヴェラシティ(Verasity)とYouTubeの違いは、クリエイターと視聴者が直接繋がっているかいないかという点です。直接繋がりがある分、視聴者の希望や意思を動画製作に反映しやすくなっています。

広告収入についても、ブロックチェーン技術で広告主・クリエイター・視聴者の三者の取引を援助してくれる仕組みです。三者が納得できる取引が成立するようにもなっています。

加えてクリエイターだけでなく、視聴者も報酬として仮想通貨VRAがもらえる点も大きな違いです。両者が動画を楽しみながらお金稼ぎできます。

仮想通貨VRA(ヴェラシティ/Verasity)の時価総額や発行枚数は?

仮想通貨VRA(ヴェラシティ/Verasity)の時価総額は、2022年5月末現在で約45億円です。時価総額ランキングでも496位となっており、数千種類ある仮想通貨の中でもトップ500に入るほど取引が活発と言えます。

また発行枚数も2022年5月末現在で約194億枚です。一方流通量は約45億枚となっています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる