危険!ユニクロでペイペイ(PayPay)を使う前に知りたい全知識

ユニクロでペイペイが使えるか検証!スマホ決済

ユニクロってPayPay使えたっけ?と、気になっていますね。

結論から言うと、20年現在、ユニクロ・GUでPayPayは使えます

でも騙されちゃダメです!

というのもPayPayって2020年4月に還元率が下がったです。そのため支払い方法で対策をしないと他の支払い方法にすれば良かった…と後悔することも。。

本記事では、ユニクロで“1番お得な支払い方法”まで分かります

ぜひ参考にしてください!

1.ユニクロでペイペイは使える!

2020年現在、ユニクロ・GUではPayPayで支払いが可能です。実際に店舗に行ってみて、確認してきたので間違いありません。

ユニクロでペイペイは使える※UNIQLOに行ってPayPayが使えるか検証!

そのため、ユニクロでPayPayを使えば、買い物した金額の0.5%、ペイペイのポイント上乗せ条件を満たしている人は1.0%もしくは最大1.5%が残高に還元されるというわけですね。

でも、ご存知でしょうか。PayPayって還元サービスが改悪したんです。

ペイペイの還元率

表をみると分かるとおり、ペイペイは基本0.5%還元で、50回決済すれば+0.5%、さらに10万円の決済すれば+0.5%と還元率を上げるための条件がきびしいんです。。

この条件は毎月ごとで、達成できないと還元率は0.5%に戻ってしまいます。

そういった厳しい条件があることから、利用者からは続々と不満の声が上がっています

このように、「以前は良かったけど、いまは全然ダメ…」と感じている人が多いんです。

そこで気が付いたのは、そもそも月50回とか10万円を利用しなくても、人気なクレカを請求先にすれば常に1.0%の還元を受けられるじゃん!というところ。

つまり、これからのPayPayはATMや銀行口座からチャージして決済するのではなく、クレジットカードを請求先に設定して決済する方がお得なんです

“Yahoo!JAPANの対象サービス”とは

ロハコ、PayPayフリマ、ヤフオク!、Yahooショッピング、PayPayモール、ヤフーニュース、Yahoo!トラベル、Yahoo!ゲーム、ヤフー占い、GYAO!ストア、ebookjapan

これからのペイペイはクレカを請求先にして使おう!

ペイペイはATMや銀行口座からチャージして決済すると還元率が0.5%〜と低いんです。なので、人気なクレジットカードを請求先にして1.0%の還元を狙う方がお得です。

ペイペイの支払い方法

このように、残高で支払えば0.5%〜還元、クレカを請求先にして支払えば1.0%還元です。

これなら条件達成まで残り○回とか○万円とか考えなくて良いですし、無理に使いすぎないので節約にもつながります。

なので、これからのPayPayは人気なクレカを請求先にして使うのがおすすめです

※現在ではユーザーの囲い込みも落ち着いたので目新しいキャンペーンも少ないですが、内容によってはPayPay残高で決済をしないとキャンペーンの対象外というものもあります。

なので、キャンペーンを利用して買い物するときは条件を確認して使いましょう。

2.おすすめのクレジットカード6選

PayPayの支払い請求先に設定するべき人気なクレジットカードを6枚紹介します。

商品名リクルートカードJCB CARD Wdカード GOLDオリコカード プレミアムゴールド楽天カードビックカメラSuicaカード
順位4位5位6位
デザインリクルートカードの口コミJCB CARD Wの口コミdカードゴールドの評判オリコカードの口コミ楽天カードの口コミビックカメラSuicaカードの口コミ
申し込み
総合評価★★★★★ / 4.9★★★★★ / 4.7★★★★★ / 4.6★★★★★ / 4.5★★★★★ / 4.3★★★★★ / 4.2
入会資格18歳以上18〜39歳まで20歳以上20歳以上18歳以上18歳以上
特徴還元率1.2%特約店がたくさん10%のドコモ料金還元iDかQUICPayは1.5%還元楽天市場で3%還元Suicaチャージは1.5%還元
還元率1.2%〜1.0%〜 1.0%〜 1.0%〜 1.0%〜 1.0%〜 
スマホ決済QUICPayQUICPayQUICPay、iDiD、QUICPayQUICPayQUICPay
年会費無料無料1万円1,806円無料477円
ETCカード無料無料無料無料無料無料
家族カード無料無料1,000円無料無料
買い物保険
旅行保険
詳細

《 ← 左右にスクロールできます →》

上で紹介したクレカは還元率が高くて、使い勝手も良く、審査に通りやすいと評判です。

またQUICPay・iDに対応なので、PayPayが使えない場所でも活躍します

いずれも選んで損のないクレカなので、さっそく申し込みしてみてください!

ユニクロで1番お得な支払い方法は?

ユニクロもしくはGUなら、下記の支払い方法が1番お得です。

  1. オリコカード プレミアムゴールド
    →QUICPayかiD払いで1.5%還元
  2. ビックカメラSuicaカード
    →Suicaにチャージして決済で1.5%還元
  3. オンライン通販ならdカード
    →ポイントUPモールを経由して1.5%

いずれも1.5%という非常に高い還元を受けられるのでユニクロやGUでは無理にPayPayを使う必要はないと言えるでしょう。

普段からユニクロやGUを利用する人は、ぜひ発行をおすすめします!

ユニクロのポイントカードを提示すれば更にお得になる

ユニクロで対象商品を買うときにユニクロ公式アプリ(iosAndroid)のポイントカードを提示すれば特別限定価格で購入することができます

ユニクロアプリの使い方

登録は無料で年会費もかからないので、アプリを入れておいて損はありません

対象商品で気に入った物があるときは、積極的に使ってみることをおすすめします!

3.ヤフーカードはペイペイ利用者にもおすすめしない理由

PayPayなら、やっぱりYahoo! JAPANカード…?と疑問に思う方もいるかもしれません。

しかし、Yahoo! JAPANカードの申し込みはおすすめしません。理由は、ペイペイと組み合わせても還元率が同じですし、そもそもクレカの還元サービスが悪いからです。

ヤフーカードのメリットと注意点

とくに欠点と言えるところは、ポイントを支払いするたびに付与しているところ。

  • Yahoo! JAPANカード
    →支払いするたび100円で1pt付与
  • 大半のクレジットカード
    →月間の利用金額でポイント付与

ヤフーカードは1決済毎にポイントを付与しています。つまり、Yahoo! JAPANカードを使うたびに1〜99円の端数が切り捨てされてしまいます。

クレジットカードの大半は月間利用金額で付与なので端数のカットは月1回のみ。

つまり使えば使うほど還元で損をする可能性が上がるので、Yahoo! JAPANカードの申し込みはおすすめできません

※ワイモバイル・ソフトバンクユーザーは、PayPayの残高にチャージする際に「まとめて支払い(携帯料金と一緒に払うこと)」を選び、まとめて支払いの支払い方法をYahoo! JAPANカードにすれば1.5%の還元を受けられますが、先述したように端数のカットがあるのでお勧めできません。

4.ユニクロの支払い方法

続いて、ユニクロの支払い方法は何があるか調査して、まとめました。

支払い方法可否
現金
スマホ決済(PayPay、au PAY、d払い、WeChat Pay、Alipay)
クレジットカード(VISA・MasterCard・JCB・AMEX・銀聯・Diners)
※DISCOVER不可
タッチ決済(iD、QUICPay、Apple Pay、Google Pay)
デビットカード
プリペイドカード(kyash、、LINE Payカード、dカードプリペイド、au PAY プリペイドカード、Vペリカ、ソフトバンクカード、バンドルカードなど)
交通系電子マネー(ICOCA、Suica 、PASMO、Kitaca、はやかけん、toica、manaca、SUGOCA)
※駅ビルや駅構内の店舗は使えない場合あり
商業系電子マネー(楽天edy、WAON、nanaco)
※ショッピングモールでは使えない場合あり
ポイント払い(dポイント)
※d払いを使って利用可能
ギフトカード・商品券(JCBギフトカード・ユニクロギフトカード)
スマホ決済(楽天ペイ、LINE Pay、pring、メルペイ、J-Coin Pay、クオカード・ペイ、ゆうちょPay)×
ビットコイン、、各種コンタクトレス決済、りそなwallet、au WALLET、楽天ポイント、Tポイント、Pontaポイント×

調査したところ、ユニクロではPayPayが使えるものの使えないスマホ決済も多いです。

GUでもスマホ決済の対応状況は同じでした。ただ、先述したようにPayPayを使うよりお得な支払い方法があるので、ユニクロではクレジットカード決済を検討しましょう。

ユニクロオンラインストアの支払い方法

オンラインストアでPayPayは使えません。クレジットカード・デビットカード・プリペイドカード・代引き・ユニクロギフトカード・NP後払いが使えます。店頭レジ払いでもスマホ決済は不可。

まとめ

ユニクロやGUでPayPayの利用は可能ですが、ペイペイは還元サービスが改悪したことで支払い方法に工夫をしないと 還元で損をしてしまいます

そのため、スマホ決済にこだわらず前述したクレカを検討してください。

そのため、PayPayにこだわらず紹介したクレジットカードを検討してみてください。そうすれば、ユニクロやGU以外でも高い還元を受けることができますよ。

キャッシュレス決済の真実について

最後に、キャッシュレス決済はどれが良いのか、お伝えします。

結論からいうと、キャッシュレス決済は基本的にクレジットカードを使うべきです。なぜなら、スマホ決済は還元率が0.5%〜と低く、クレジットカードは還元率が1.0%〜と高いからです。

スマホ決済とクレジットカードを比較ごらんのように、スマホ決済は基本的に還元率が低く、特約店がないのが大きな欠点です。

その点、人気なクレカなら還元率は1.0%〜、特約店で使えば3%や4%還元も普通にあります。そのため、キャッシュレス決済はクレジットカードが1番おすすめと言えます

SNSでもご購読できます
みんなの教科書
みんなの教科書の運営事務局
私たちは、クレジットカードの無駄を省くプロの集団です。どのカードを選ぶべきか迷っている人に、最もお得で後悔しない方法をお教えします。