テンセット(10set/TENSET)とは?買い方や将来性を全解説【仮想通貨】

「仮想通貨」と聞くとビットコインやイーサリアムを連想しますよね。同時に将来大きく稼げるイメージを抱く方もいるでしょう。

仮想通貨の1つであるテンセット(10set/TENSET)は、持っているだけで収入を得られる夢のような存在です。ただ「本当に持っているだけでお金を得られるのか」気になる方もいるでしょう。
本記事では仮想通貨テンセットの買い方や将来性について解説していきます。

この記事を読むことで、テンセット(10set/TENSET)の基礎知識を完全に理解することができますよ。

目次

仮想通貨テンセット(10set/TENSET)とは?

仮想通貨テンセット(10set/TENSET)とは?

テンセット公式サイトより)

将来に備えて仮想通貨を持っておこうと考える方もいますよね。「仮想通貨」と聞くとビットコインやイーサリアムの名前をよく聞く一方、なかなか難しそうにも感じるでしょう。

比較的扱いやすい仮想通貨を持ちたいのであれば、「テンセット(10set/TENSET)」を考えてみてはいかがでしょうか。

実は持っているだけで報酬が得られる優れものとして注目されています。

テンセット(10set/TENSET)とは仮想通貨版の投資信託

テンセット(10set/TENSET)とは、ポーランドのTenset Ltdが運営する仮想通貨です。イーサリアムブロックチェーンに構築されており、2021年3月から取引できるようになりました。

テンセットはいわば「仮想通貨版の投資信託」である点が大きな特徴です。運営会社が株式投資で得られた利益を保有者に還元していく形が取られています。

前もって通貨を購入した分だけ、配当(手数料)報酬が得られる仕組みです。

だからこそテンセットで収入を得たい場合、基本的にはコインを購入するだけで十分ということになります。

仮想通貨市場と株式投資を繋ぐ目的も持っている

またテンセットには、仮想通貨市場と従来の株式投資を繋ぐ目的がある点も特徴的です。一般的に株式投資に関わるには、証券会社に口座を開いてまとまった金額の入金が必要となります。

ただ従来の方法の場合、貧しい地域や環境にある人たちには株式投資に手を出せません。しかしテンセットはスマホとネット環境さえあれば、誰もが好きな時間・場所で株式を扱えるようになります。

将来は持っているテンセットで株式を購入できるようにもなる見込みです。資金面が心配な方でも気楽に株式投資に参加できるようになる点で将来性があります。

持っているだけで手数料で儲かるようになっている

テンセットは持っているだけで報酬を得られるようになっていることは先ほども触れました。具体的には取引のたびに発生する手数料の一部が還元される仕組みです。

テンセットの取引は今後とも仮想通貨取引の活発化に応じて増加していくことが予想されます。取引の回数に応じて手数料収入も増えるため、保有者の収入も増えていく計算です。

同時にテンセットは2021年3月に上場したばかりで歴史もあまり長くはありません。

将来的に注目されユーザーも増えていくため、今から投資しておけば収入も徐々に増やせるでしょう。

仮想通貨テンセット(10set/TENSET)の特徴6つを紹介

仮想通貨テンセット(10set/TENSET)の特徴6つを紹介

テンセット(10set/TENSET)について簡単に見てきたものの、より詳しく特徴を知りたい方もいますよね。同コインの特徴をより詳しく見ていくと、以下6つが挙げられます。

流通枚数の減少で価格が高くなるデフレトークン

流通枚数の減少で価格が高くなるデフレトークン

テンセット公式サイトより)

テンセットは「デフレトークン」と呼ばれる特徴を持つ仮想通貨です。デフレトークンは時期を追うごとに流通枚数が減っていく仮想通貨を指します。

ビットコインを含めて仮想通貨は発行枚数が決まっている点が特徴です。テンセットの場合は2.1億枚で、少しずつ流通量を減らして最終的には210万枚になるようにしています。

流通量が減ればトークン1枚当たりの価値が高くなるので、保有している方の資産価値も相対的に高くなる仕組みです。単純計算すれば、210万枚に到達した時点で上場当初の100倍の価値になっています。

資産価値が増えることが予想できる点だけでも、今からテンセットを買って保有しておくメリットは大きいです。

加えて価値も上昇するため、暴落で大きな損失を被る心配もありません。

四半期(3ヶ月)ごとに運営が公式に買戻しを行う

「テンセットの流通量を少しずつ減らす」といっても、いつどうやるのか気になる方もいますよね。基本的には運営側が四半期(3ヶ月ごと)に買戻しを行う方法が取られます。

運営側が株式投資で得られた利益を使い、保有者から手数料という形でテンセットトークンを買い戻す流れです。取引1回ごとの手数料は2%で、うち1%を「バーン(消失)」させて量を減らします。
なお買戻しの時期や金額は運営側が情報発信しており、ユーザー側も流通量がいくら減ったのを把握できる仕組みです。

ステーキングによる報酬獲得もできる

テンセットではステーキング(預金)を通じて報酬を得られます。運営側が手数料2%として買い戻したうちの1%(バーンした分の残り)をユーザーに還元するためです。

具体的にはユーザー側が公式の指定する仮想通貨を保有すれば、継続して報酬が得られるようになっています。

ステーキングはテンセットの取引を活発にする手段でもあるため、運営側は対価として払う形です。

もちろん保有(ステーキング)している量が多いほど、手にする報酬の額も増やせます。

エバードームなどメタバース関連事業にも意欲的に取り組んでいる

エバードームなどメタバース関連事業にも意欲的に取り組んでいる

テンセット公式サイトより)

テンセットではエバードームのようなメタバース関連事業にも意欲的に取り組んでいる点も特徴です。「エバードーム」は宇宙都市を舞台にしたメタバース(仮想空間)で、テンセットも深く関わっています。

メタバースは2021年末頃から大きく注目度が増しており、コミュニケーションだけでなく更なるビジネスの舞台にもなる存在です。エバードームもリアリティ重視のメタバースで、大きく注目されています。

今後エバードームが発展すれば、深く関与しているテンセットの知名度や注目度が増していくでしょう。

需要も増すため、テンセットを保有していることの旨味も増しやすいです。

Tenset GEMも購入できる

Tenset GEMも購入できる

テンセット公式サイトより)

テンセットでは「TENSET GEM」と呼ばれるプロジェクトも展開しています。運営側が選んだ将来性の高い仮想通貨を年数回リリースする内容です。

将来資産価値が増える可能性が高い仮想通貨を一緒に保有できるため、数年後に大きく儲けられるチャンスも一緒に得られます。加えて一定条件を満たすことで優先的に購入できる特典もあってお得です。
複数の仮想通貨を活用して資産を増やしたいのであれば、TENSET GEMの活用もおすすめでしょう。

現在5ヶ所の取引所に上場中

現在5ヶ所の取引所に上場中

テンセット公式サイトより)

テンセットは2022年4月下旬時点で5つの取引所に上場しています。原則としてDEX(分散型取引所)が多い一方、日本国内にある取引所では取り扱いはありません。

ただPancake SwapやGate.ioのような規模が大きい取引所に進出しています。特にGate.ioは取り扱っている仮想通貨が約900種類と豊富で、注目度も高いです。
今後とも世界最大規模の取引所への上場も予想されることから、テンセットの価格上昇も十分考えられます。

仮想通貨テンセット(10set/TENSET)の買い方・購入方法5ステップ

仮想通貨テンセット(10set/TENSET)の買い方・購入方法5ステップ

仮想通貨テンセット(10set/TENSET)の特徴を見ると、将来性やメリットが大きいです。中には今すぐにでもテンセットを買っておきたい方もいますよね。

テンセットを買うには、以下に挙げる5つのステップを踏んでいく必要があります。

国内の仮想通貨取引所を開設・仮想通貨を購入

国内の仮想通貨取引所を開設・仮想通貨を購入

コインチェック公式サイトより)

まず国内の仮想通貨取引所で口座を開設しましょう。ただテンセットは海外の取引所でしか扱われていないため、最初に国内の取引所で仮想通貨を買い、海外取引所に送金後交換する形になります。

国内の取引所のおすすめはコインチェック。ビットコインをはじめ18種類の仮想通貨を購入できる国内トップクラスの取引所です。

メールアドレスとパスワードを登録・送信し、指示されたとおりに手続きを進めます。

口座を開設したら、ビットコインやイーサリアムなどを買いましょう。海外取引所に送金後に交換するため、仮想通貨の種類は好きなもので問題ありません。

\ 国内ダウンロード数No.1 /

海外の仮想通貨取引所で口座を開設

海外の仮想通貨取引所で口座を開設

バイナンス公式サイトより)

国内の取引所で仮想通貨を購入したら、次に海外の仮想通貨取引所でも口座を開きます。2022年4月下旬の時点でテンセットを扱っている取引所は、以下の通りです。

  • Kanga Exchange
  • Pancake Swap
  • Uniswap
  • Gate.io
  • Bitmart

余裕があれば開設前に取引所ランキングを調べておくと良いでしょう。ランキングが高いほど仮想通貨の取引が活発で、今後とも他の仮想通貨を扱う際に役立つためです。

Gate.ioやPancakeSwapがおすすめ

Gate.ioやPancakeSwapがおすすめ

Gate.io公式サイトより)

なおテンセットを扱っている取引所では、Gate.ioやPancakeSwapがおすすめでしょう。両方とも世界的に規模の大きい取引所で、扱っている仮想通貨の種類も国内のものよりずっと多くなっています。

特にGate.ioは2013年から運営されており、仮想通貨の種類数も900種類と非常に多いです。テンセット以外にも将来有望な仮想通貨が見つかる機会も増やせます。

すでに購入した仮想通貨を海外の取引所に送金

以上のいずれかに口座を開設したら、一度国内取引所のページに戻って送金手続きを行いましょう。送金手数料が発生する場合があるため、手数料の分は残しておくべきです。

送金の際は、まず送る先の取引所で入金アドレスをコピーします。次に国内の取引所口座の出金画面に貼り付け、送金額を確認した上で送りましょう。
なおアドレスなどが間違っていると、せっかくの資産を失うことがあります。直前のチェックは綿密に行うべきです。

テンセットに交換する

テンセットに交換する

PancakeSwap公式サイトより)

送金手続きが完了したら、送り先の取引所のページに移動します。「Swap」画面を開いた後、上側で送金した仮想通貨を、下側でテンセットを選びましょう。

仮想通貨の種類を選んだら、手持ちの範囲内で価格を入力して下のボタンを押せば完了です。

Gate.ioの場合は先にUSDTに交換

なお送金先の取引所がGate.ioの場合は、テンセットに交換する前にUSDTに交換する必要があります。Gate.ioでは送金後すぐにテンセットに交換できないため、先にUSDTへの交換が不可欠です。

USDTへの交換が完了したら、あらためてテンセットに交換します。

MetaMaskのウォレットも用意する

MetaMaskのウォレットも用意する

MetaMask公式サイトより)

テンセットに交換する際は、Metamaskと呼ばれるウォレットも必要です。「ウォレット」は仮想通貨を実際に使う際の財布で、必要な仮想通貨の購入にも使われます。

交換の際、送金先の取引所でウォレットを読み込むためのボタンが表示されるため、ボタンを押せば取引に進む流れです。なお必要な手数料も表示されるため、必ず確認しましょう。

仮想通貨テンセットは本当に詐欺ではない?

仮想通貨テンセットは本当に詐欺ではない?

「テンセットを保有しているだけでお金が稼げる」と聞くと、新手の詐欺ではないかと疑いたくなりますよね。果たしてテンセットは本当に詐欺ではないのでしょうか。

すでに5種の取引所に上場している

まずテンセットはすでに5種の取引所に上場しています。中にはGate.ioのように世界的に規模の大きいところにも上場を果たしているほどです。

規模の大きい取引所に上場するには、事前に厳格な審査をクリアする必要があります。上場した実績まであることは審査を無事にクリアし、詐欺のリスクがないと認められている証拠です。

大手取引所進出に必要なCertikの監査も全てクリアしている

大手取引所進出に必要なCertiKの監査も全てクリアしている

CertiK公式サイトより)

またテンセットはCertiKの監査も全てクリアしています。CertiKは仮想通貨やブロックチェーンの安全性を審査するためのプロジェクトです。

同時に同プロジェクトの審査は、バイナンス(Binance)のような世界トップクラスの取引所に上場する際に避けられません。すでに監査をクリアしたテンセットは、大手取引所にふさわしい安全性を誇っています。

仮想通貨テンセットの将来性について

仮想通貨テンセットの将来性について

仮想通貨テンセットの購入を考える際、将来性はやはり気になりますよね。今後予想されるテンセットの動向や可能性について見ていきましょう。

トークンの価格上昇に向けて動いている

まずテンセットではすでにトークンの価格上昇に向けて動いています。2022年4月下旬時点ですでに1,200万枚がバーンされ、全体的な発行枚数(総供給量)も2億枚を割り込みました。

最初の上場から1年以上が経過し、着実に流通量が減ってきています。トークンが持つ価値も流通量の減少に応じて上昇しているため、大きな資産価値も期待できるでしょう。

今後バイナンスなど大手取引所に進出する可能性も高い

今後バイナンスなど大手取引所に進出する可能性も高い

バイナンス公式サイトより)

また今後はバイナンスのようなトップクラスの取引所への進出も予想されます。すでにCertiKの監査も完全にクリアしたため、バイナンスなどへの上場はもはや時間の問題です。

もしバイナンスに上場を果たせば、テンセットに対する需要や注目度は格段に増します。実際バイナンスに上場した結果、価格が大きく上昇した仮想通貨も多いです。
今後の上場によって大きく稼げるチャンスも増えるため、最新動向からも目が離せません。

株式売買ともリンクして需要が増す見込み

さらにテンセットは投資信託も運用できるため、株式売買とリンクして需要が増える見込みです。スマホとネット環境があれば簡単に口座開設できるため、証券会社経由の場合に比べてハードルが低くなります。

証券会社を使った株式売買は審査が厳しく、お金に不安がある方にとっては敷居を高いです。テンセット利用の株式売買であれば障壁もかなり低いため、今後成長すればより多くの人が参加できるでしょう。

仮想通貨テンセットのチャート動向

仮想通貨テンセットのチャート動向

仮想通貨テンセットを持つにあたり、今までのチャート動向が気になる方もいますよね。最後に上場してから今までの価格推移を見ていきましょう。

上場直後に一気に470円近くに到達

上場直後に一気に400円近くに到達

CoinMarketCapより)

テンセットは2021年の3月31日に上場し、取引が開始されました。上場後は着実に値を上げており、取引開始から1週間ほど経った4月5日には469円近くにまで上昇しています。

以降は値を落としたものの、200円台から400円台の間を推移する高止まりの状況が続きました。

2021年5月30日には最高値の703円を記録

2021年5月30日には最高値の596円を記録

CoinMarketCapより)

4月中旬以降200~400円台を推移していたテンセットは、5月中旬ごろから再び値を上げ始めます。26日には500円を突破し、30日には最高値の703円を記録しました。

なお5月30日の最高値は、2022年4月下旬時点で破られていません。6月に入ると一転して下落し続け、100~200円台で推移しています。

2021年下半期は下落・横ばい傾向

2021年下半期は下落・横ばい傾向

CoinMarketCapより)

2021年も下半期に入ると、テンセットはかつてのように極端に大きく値を上げるということは少なくなりました。8月前半・9月・10月と大きく上昇したことはあるものの、250円に届くかという状態でした。

2021年の下半期は、基本的に低い価格で推移する状況が続いていたと言えます。しかし12月に入ってから急激に伸び始め、年末近くの28日には6月7日以来の400円台を記録しました。

2022年に入り再び上昇に

2022年に入り再び上昇に

CoinMarketCapより)

年が改まり2022年に入った後は、1月半ばまで価格の高い状態で推移しました。後半に入ると大きく値を落とし、31日には165円台にまで下がっています。

しかし2月11日から少しずつ反発しだし、3月半ばには400円台に戻りました。以降も価格は上昇し続けており、4月には400円台後半から500円台で推移しています。
全体的には2021年後半は低く推移していたものの、2022年に大きく値が上昇している状況です。今後の動向が楽しみと言えるでしょう。

まとめ

まとめ

今回は仮想通貨テンセットについて色々と見てきました。持っているだけで手数料収入を得られるほか、株式投資ともリンクしている点やメタバース開発に関わっている点など注目すべきポイントが多いです。

今後大手取引所への進出や流通量減少による価格上昇も予想されるため、夢のある話にも感じられます。価格自体も2022年になって上昇基調で、より今後が楽しみでしょう。

様々な可能性を持っているテンセットに興味が湧いたのであれば、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

▼その他話題の仮想通貨はこちら

あわせて読みたい
【仮想通貨】BANANA(バナナコイン)とは?買い方や将来性を解説 仮想通貨と聞くとビットコインやイーサリアムをイメージする方も多いですよね。せっかく仮想通貨を買うのであれば、将来性が抜群に高いものを選んでみませんか。 数多い...
あわせて読みたい
BitDAO(ビッダオ)の購入方法は?将来性についても解説【仮想通貨】 仮想通貨がブームになっている昨今ですが、仮想通貨で資産を増やしたい方もいますよね。中にはBitDAO(ビッダオ)を買うことを考えている方もいるでしょう。 BitDAO(ビ...
あわせて読みたい
仮想通貨IMX(Immutable X)とは?買い方や将来性も解説 数多い仮想通貨の中から買うものを選ぶのに悩む方もいますよね。もし悩んでいるのであれば、IMX(Immutable X)はいかがでしょうか。 IMXは最先端のブロックチェーン技...
あわせて読みたい
柴犬コイン(SHIBAINU/SHIB)とは?買い方や将来性を徹底解説【仮想通貨】 最近では仮想通貨の知名度も増し、資産形成の有効な手段となってきています。ただ仮想通貨も種類が何百種類もあるため、選ぶのが大変に感じられますよね。 もし仮想通貨...
あわせて読みたい
仮想通貨センズ(CENNZ/セントラリティ)とは?将来性や買い方を解説 仮想通貨で資産作りをしたり大儲けしたりする際、色々な銘柄を検討しますよね。銘柄の中で「センズ(CENNZ/セントラリティ)」を見かけ、気になる方もいるでしょう。 セ...
あわせて読みたい
仮想通貨XDC(XinFin)とは?買い方や将来性についても徹底解説 仮想通貨を使って資産形成したい方もいますよね。しかし仮想通貨の種類は非常に多いため、銘柄選びに悩む方もいるでしょう。 もし銘柄に悩んでいるのであれば、XDC(Xin...
あわせて読みたい
【黙っても増える】仮想通貨SafeMoon(セーフムーン)とは?買い方や将来性も紹介 仮想通貨にも様々な種類がありますが、持っているだけで報酬がもらえるというお得なものがあれば嬉しいですよね。黙っていても増える仮想通貨に「SafeMoon(セーフムー...
あわせて読みたい
【SNS×NFT】仮想通貨NAFT(Nafter)の特徴・買い方・将来性を徹底解説 日頃の生活の中でSNSを使いこなす方も多いですよね。「もしSNSの投稿で自由にお金を稼げるようになれば」と思ったことはありませんか。 NAFT(Nafter)はSNSとNFTの組み...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる