退職代行で失敗するトラブル事例8選!後悔しない対策方法も解説

様々な悩みが原因で今の職場を辞めたいと思っていても、「自分から退職を言い出せない」という人もいますよね。近年退職を代わりに伝える存在として注目されているのが退職代行です。

退職代行業者は増加の一途をたどっており、相談や依頼もLINEなどで手軽にできるため、知名度も増しています。しかし退職代行は選び方や使い方を誤った場合、色々と悪影響を受けやすいです。

みんなの教科書
今回は退職代行で失敗して後悔するケースを、具体的な事例や対策とともにご紹介します。今回の記事は以下の人におすすめです。
  • 退職代行そのものについて知りたい人
  • 退職代行業者選びで失敗したくない人
  • 退職代行業者で失敗した場合の対策が気になる人

そもそも退職代行とは

そもそも退職代行とは

退職代行業者を利用する人は、年々増加傾向にあります。職場環境の厳しさや待遇の悪さに耐えられずに辞める人が増えていることなどが背景です。

みんなの教科書
利用者が増えているおかげで、「退職代行」という語を耳にする機会も増えてきました。しかし退職代行とは何かが分からない人もいるでしょう。まずは退職代行について説明します。

本人に代わって職場に退職の意思を伝えてくれるサービス

退職代行は本人に代わって職場に退職の意思を伝えてくれるサービス

退職代行とは、本人に代わって職場へ退職する意思を伝えるサービスのことです。2021年時点で約100社の業者が活動しています。

実際に会社に努めているものの「もう会社を辞めてしまいたい」「辞めたいけど言い出せない」と感じている人は多いのではないでしょうか?

みんなの教科書
Twitterで検索したところ、退職代行を使っていないものの潜在的に辞めたいと感じている方は多いです。

利用者の中には上司などへの恐れや申し訳ない気持ちの強さで、自分から退職する気持ちを切り出せない人も多いです。退職代行は彼らのニーズに応え、辞めたい思いを代わりに伝える存在と言えます。

弁護士が関わっていれば合法的に会社との交渉も可能

退職代行業者は多くの場合、辞める旨を代わりに伝えることしかできません。ただし弁護士が直接関わっている場合に限り、退職時の条件について会社と交渉できます。

みんなの教科書
具体的には、未払い給料などの支払いや有給休暇の消化などに関する条件です。実は弁護士以外の人が会社との条件交渉を有償で行うと、弁護士法に違反する非弁行為とみなされます。
(非弁護士の法律事務の取扱い等の禁止)
第七十二条 弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、再調査の請求、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。(弁護士法

会社との未払い給料などの交渉を代行して貰いたい場合は、弁護士が運営する業者がおすすめです。

ちなみに労働組合が運営する業者でも条件交渉して貰えます。労働組合は憲法28条などで保障されている団体交渉権を行使できるためです。

退職代行サービスの料金相場

退職代行を利用する際、料金の相場は非常に気になりますよね。一般的には3~5万円程度が相場となります。

ただし実際には3万円を割り込んだ金額で運営している業者も多いです。なお弁護士事務所が運営している業者は高めで、5万円程度が相場となります。

高いよ..と感じる方も多いでしょう。しかし基本的に退職代行を利用すれば、有給を全て消化することができるので、それを考慮するとお得な場合があります。

実は普通に退職するとどうしても引き継ぎや退職日の関係から、有給休暇を全て消化することは難しい場合が多いです。そうすると有給で貰えたはずの給料が損ですよね。

しかし退職代行を使って計画的に退職すれば、有給休暇分の給料が貰えますので、そこから代行料金を差し引けば「特に損はしていない」ということになります。

みんなの教科書
ここは会社によっても異なる部分ですが、有給休暇が残っている方は特に値段について気にする必要はないでしょう。

実際にあり得る?退職代行サービスで失敗して起こるトラブルの事例8選

実際にあり得る?退職代行サービスで失敗して起こるトラブルの事例8選

退職代行を依頼する際は、業者を選ぶことが避けられません。しかし選び方を誤ると、退職どころか自分が大損する羽目になります。

みんなの教科書
退職代行を依頼する際に失敗しないようにするには、実際にあり得るトラブルの事例を知ることが大切です。主に以下の8パターンが挙げられます。

料金を支払った後に業者と連絡が取れなくなる

まず料金を支払った後に業者と連絡が取れなくなるパターンです。業者自体が詐欺を働く団体だったり、依頼した時点で業者の経営が悪化したりするケースで起こります。

代行料金は正式に依頼する際に前払いで支払うのが基本的な手順です。しかし払った後に連絡が取れなくなった場合、結局退職について自分で申し出る羽目になります。

みんなの教科書
基本的にいきなり連絡が取れなくなるようなケースがほとんどありませんが、下記のような怪しい退職代行業者の特徴は抑えておきましょう。

怪しい退職代行業者の特徴

  • Twitterや他のSNSでしか存在が確認できず、運営団体が分からない
  • 相場(約3万円程度)よりもあからさまに格安で行っている

WEBで「退職代行」と検索して上位に出てくる業者は安全な業者ですので、詳しく知りたい方は検索してみると良いでしょう。

即日対応して貰えずに会社と交渉する羽目になる

また即日対応を謳っているにもかかわらず、当日で対応して貰えないケースも良くあることです。即日対応して貰えないのは業者の質が低いか、そもそもサービス内容に含まれていないことが原因になります。

もし即日で対応して貰えない場合、翌日に出勤する羽目になって心身の疲労が増してしまうでしょう。あるいは自分で会社と交渉した方がましという状況にもなりかねません。
みんなの教科書
基本的に退職代行業者は「電話相談なら無料で行うことが可能」ですので、すぐに使いたい方は一度相談してみると確実だと言えますね。

退職自体が認められない

業者経由で辞める旨を伝えても、上司などが認めないケースもあります。特にブラック企業など法律への意識が低い会社で起こりがちなケースです。

しかし民法627条1項により、上司が認める認めない関係なく、退職を宣言すれば法律的には2週間後に退職できます。これは書面や口頭でも有効です。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。(民法627条1項)

通知を無視したり、執拗に引き止めたりするという手段が使われます。ただ業者側が伝えるだけという業務内容になっていたり、ノウハウがなさすぎたりする場合でもありがちです。

そのため「会社の上司に常識がなさそう」だったり「代行を使ったらゴネてきそう」な会社の場合は、労働組合の入ったしっかりとした代行業者を利用することをおすすめします。

みんなの教科書
基本的に退職が認められないということはありませんので、しっかりとした業者で進めていけば何も問題なく退職することができますよ。

無断欠勤扱いで懲戒解雇になってしまう

退職を認めて貰ったにもかかわらず、無断欠勤扱いで「懲戒解雇なるのでは?」と感じる方もいるでしょう。

しかし結論から言うと、退職代行の利用によって懲戒解雇になることはほぼありません。

基本的に懲戒解雇になるのは法律的に問題を起こした場合該当します。そのため、無断欠勤程度で懲戒になることはほとんどないと言ってよいでしょう。

勿論代行を使わずに「急に音信不通になる」という状態になれば懲戒になる場合もあります。しかし代行を使って退職の意を伝えていますので、法律的に懲戒とすることはできません。

みんなの教科書
セクハラや横領などの重大な問題を起こさない限り、懲戒について考える必要はないでしょう。

会社から損害賠償を請求される

業者を通じて辞めたい旨を会社に伝えた場合、損害賠償されるのではと不安になる人もいますよね。原則として損害賠償請求は会社にとってコストが大きいため、ほとんど発生しません。

しかし過去には、入社後すぐに引き継ぐことなく辞めた社員への損害賠償が認められた事例もあります。会社も裁判を起こそうと思えば可能です。かなり低いながらも可能性はあると考えて良いでしょう。
みんなの教科書
ただ退職自体は労働者の権利であるとともに、会社にとって損害賠償は大きな労力がかかります。きちんとした業者を使っていれば、損害賠償はほぼ免れるでしょう。

有給休暇の消化を認めて貰えない

退職は認められても、有給休暇の消化を認めて貰えないケースもあります。特に話し合いをしたい場合や、会社自体がブラック企業の場合に起こりえるケースです。

基本的に退職代行業者は「労働組合や弁護士が管理している業者」と「弁護士が監修しているだけの業者」とに分けられます。

前者の場合労働組合・弁護士の元対応するので、有給休暇の申請に対して強制権が発動し、確実に有給を取得することが可能です。

一方で後者の場合、会社に対して「有給消化の旨を伝えることはできますが、強制権は持っていない」ので、会社にゴネられると有給休暇を取ることができません。

みんなの教科書
そのため、有給休暇をきちんと消化したい場合は、弁護士や労働組合が運営する業者を利用する方が無難です。

未払いの給料や残業代などが払われない

退職代行を依頼した際、未払いの給料や残業代が払われないケースもあります。本来は本人に対して支払うべき対価であるにもかかわらず、会社側が渋るパターンです。

仮に支払う姿勢でも、本人を出社させたり退職金を一部減らしたりすることもあります。実際にお金関係のトラブルは割とあり、正当に払って貰う場合は何らかの形で交渉する羽目になるでしょう。
みんなの教科書
通常退職において未払いのような事態は発生しない場合が大半ですが、もし未払いの問題が発生した場合は労働局に相談すると解決することができます。

離職票などが送られてこない

最後に離職票など、退職後に必要な書類が届かないケースもあります。主に退職に対する知識が不十分だったり、実績が少なかったりする業者で起こり得る事例です。

みんなの教科書
離職票については本人が請求しなければ会社から発送されることはありません。ただ退職代行業者は一般的に退職後の書類関係までしっかり対応してくれることがほとんどです。

【退職代行の成功体験談】使った・使われた側双方の口コミ

【退職代行の体験談】使った・使われた側双方の口コミ

退職代行のトラブル事例について解説しましたが、それは変な業者を使ったり、ブラック企業に対して

退職代行を実際に使った体験談・口コミ

退職代行を実際に使った体験談・口コミは下記の通り。

みんなの教科書
基本的に退職代行を実際に使って成功した方は後腐れなく、後悔もない様子が伺えますね。

退職代行を使われた側の体験談・口コミ

一方で、退職代行を実際に使われた体験談・口コミについても紹介します。

上記のように、基本的に突然退職する訳ですから「常識がない」と怒っているケースが大半です。

しかし「退職代行される会社側にも問題がある」という意見もありました。確かに退職代行使うまで追いやられているので、良い会社とは言えないでしょう。

みんなの教科書
退職代行は一般的に良い方法とは言えないですが「会社側にも非がある」という考えの元、行動に移していくのも1つの選択だと言えるでしょう。

失敗や後悔を避けるために!退職代行業者を選ぶ上大切な6つのポイント

失敗や後悔を避けるために!退職代行業者を選ぶ上大切な6つのポイント

高めのお金を払って退職代行を利用するからには、失敗や後悔は是非とも避けたいですよね。退職を成功させるために意識したい業者選びのポイントに、以下の6つがあります。

弁護士が自ら代行業務に当たっている業者が最も理想的

まず退職代行業者を選ぶ際、最も理想的な条件が弁護士が自ら代行業務を行っているところです。具体的に弁護士事務所・法人が直営しているところが良いでしょう。

弁護士は退職時の条件交渉が合法的に認められているためです。未払いの給料や有給休暇の消化など退職に関わる交渉全てに対して対応できます。

加えて会社との間に退職に絡んだ法的なトラブルが発生しても、専門知識で対処して貰いやすいです。逆に本人が会社に損害賠償を請求したい場合でも力になってくれるでしょう。

みんなの教科書
交渉をスムーズに行ってくれる点や専門知識で対応して貰える点から考えても、弁護士が代行する業者が最もおすすめです。

労働組合が運営しているところも検討してみる

弁護士に依頼する場合、費用が高くなるケースが多いために悩む人もいますよね。もし弁護士が難しい場合は、労働組合が運営する業者もおすすめです。

労働組合については、団体交渉権に基づいた交渉ができます。交渉力や法的対処のしやすさの面では弁護士に及ばないものの、費用の安さを考えれば選択肢の1つになるでしょう。
みんなの教科書
なお労働組合が運営する業者で交渉して貰う場合、一時的に組合に加入することになります。組合が組合員の権利を守る形で交渉するためです。なお退職した後に脱退できます。

少なくとも顧問弁護士が関わっている業者に依頼する

弁護士や労働組合が運営している業者以外にも、民間企業が運営している退職代行業者もあります。もし民間業者を利用するのであれば、少なくとも顧問弁護士がいるところを選ぶべきです。

良く見られるパターンに、弁護士が監修する形で業者がサービスを運営しているというものがあります。弁護士は直接代行しないものの、サービス運用をしっかり指導・監視するパターンです。
みんなの教科書
「弁護士が監修している業者」というだけで、退職を受け止める側の会社もかなり態度を柔軟にさせます。特に公式サイトで弁護士の顔や名前がしっかり見えるところが良いでしょう。

業者が対応する範囲もきちんと確認する

さらに業者を選ぶ際は、サービスの中で対応する範囲もきちんと確認します。各業者も運営主体などによってできることが異なってくるためです。

退職代行で良くあるトラブルに、してほしい依頼をきちんとして貰えなかったというものがあります。ただ本人が依頼時にしっかりとサービスを確認していなかったことも原因になりやすいです。
みんなの教科書
業者で対応して貰えるサービス内容の範囲を確認してから依頼するだけでも、トラブルを大幅に防止できます。

評判や口コミでサービスの質を確認

業者に対する評判や口コミでサービスの質を確認するのもおすすめです。多くの業者が公式サイト上で「成功率100%」と宣伝したり、成功者の体験談をアピールしたりしています。

しかし利用した人の評判や口コミを調べてみると、サービスに不満を感じている声も意外と多いです。ネガティブな評判なども見かけるからこそ、実際のサービスの質を知ることができます。
みんなの教科書
業者を探す際は公式サイトとともに、評判や口コミを載せているサイトも確認すると良いでしょう。

本当に即日対応して貰えるかもチェック

評判や口コミを確認するのであれば、本当に即日対応して貰えるか確認するのもポイントです。業者が即日対応をアピールしている一方で、実際にして貰えなかった口コミも多く見られます。

即日対応して貰えるかという点は、特に急ぎで退職を実現したい人にとって重要な点です。対応がスムーズだったかという点を意識して、口コミを見てみるのがおすすめでしょう。

アフターフォローサービスについても良く確認する

業者を選ぶ際はアフターフォローについても綿密に確認すると良いでしょう。普通に退職の意思を伝えるだけでなく、退職届の郵送や貸与物の返却まで代行して貰えるところがおすすめです。

意思を伝えるだけで終わる業者の場合、退職手続きの代行でトラブルに発展することがあります。特に上司の顔も見たくない人の場合、手続きまで代行して貰えるかはチェックすべきです。
みんなの教科書
加えて先のことが心配になる場合は、転職サポートがある業者を選ぶと良いでしょう。業者によっては失業保険のサポートを行うところもあります。

料金もあまりにも安いところは要注意

最後に料金があまりにも安いところは注意すべきです。確かに退職代行を依頼する側としては、なるべく料金が安い方が助かりますよね。

しかし料金が相場よりも極端に安い場合、逆に実績やサービス内容などが誇れるレベルではないケースも多いです。中には詐欺目的で運営しているケースもあるため、なおさら注意が必要でしょう。
みんなの教科書
業者を選ぶ際は料金だけではなく、サービス内容や実績、口コミでの評価の高さなども含めて決めるべきです。

失敗のリスクを極力避けられる退職代行サービス4選

失敗のリスクを極力避けられる退職代行サービス4選

退職代行を依頼する際、なるべく失敗は避けたいですよね。数ある業者の中でも失敗のリスクを避けられる4社をご紹介します。是非とも業者選びの参考にしていただければ幸いです。

退職代行SARABA:労働組合運営で団体交渉権によって交渉できる

退職代行SARABA:労働組合運営で団体交渉権によって交渉できる

退職代行SARABAは労働組合が運営する業者で、団体交渉権によって有給休暇や退職日の調整の面で交渉して貰える点が強みです。

費用も一律2.5万円と相場よりも安めであるため、初めてでも利用しやすいでしょう。

みんなの教科書
実績も累計で1.8万件に及ぶため、ノウハウや代行の質も期待できます。自己都合で断念した1件以外の全てで成功している点でも、信頼度は高いです。
\ まずは無料相談から /

退職代行Jobs:顧問弁護士の心理的カウンセリングで有名

退職代行Jobs:顧問弁護士の心理的カウンセリングで有名

退職代行Jobs(ジョブズ)はSARABAと同じく労働組合が運営する業者です。

顧問弁護士が在籍している上に、セラピストとして心理カウンセリングして貰えるため、退職関係の不安を打ち明けやすいでしょう。

みんなの教科書
労働組合が運営していることもあり、やはり団体交渉権で条件交渉して貰えます。不安を極力解消し、かつ少しでも納得いく形で職場を辞めたい人におすすめです。
\ まずは無料相談から /

退職代行ニコイチ:業界初の業者で実績も抜群

退職代行ニコイチ:業界初の業者で実績も抜群

退職代行ニコイチは退職代行業界の先駆けと言える業者で、運営歴は20年近くに及びます。

2万件を超える実績は業界随一で、豊富なノウハウは代行を依頼する上で十分に期待できるでしょう。

みんなの教科書
代わりに伝える他にも、退職届の郵送や貸与物の返却も任せられます。費用も一律2.7万円と相場に比べて程良く安い点で安心です。
\ まずは無料相談から /

弁護士法人みやび:弁護士が自ら代行する点で非常に安心

弁護士法人みやび:弁護士が自ら代行する点で非常に安心

弁護士法人みやびは、弁護士が自ら代行している業者でも代表的な存在として知られています。

普通に辞めたい意思を代わりに伝えて貰えるだけではなく、未払いの給料などお金関係に至るまでの交渉も任せやすいです。

みんなの教科書
仮に会社との間で労働審判が発生しても、高い専門知識や交渉力で力になって貰えます。業者選びの中で最も優先的に選択肢に加えて良いでしょう。
\ まずは無料相談から /

まとめ

今回は退職代行で失敗するケースを対策とともに見てきました。弁護士や労働組合が関わっていない業者を選んだり、サービス内容の確認不足が原因だったりすることが失敗に繋がりやすいです。

業者を選ぶ際は、なるべく弁護士が関わっているところや、実績やサービス内容が確かなところから決めると良いでしょう。合わせて利用者の口コミなども参考材料として役立ちます。

代行業者選びは職場を負担なく辞める上で大切なポイントです。うまく辞められるようにするためにも、運営主体や評判が確かな業者を選ぶべきでしょう。

またさらに業者を厳選したい場合は「騙されるな!おすすめの退職代行業者16選!」の記事でさらに紹介していますので、是非確認してみて下さいね。

SNSでもご購読できます
みんなの教科書
みんなの教科書の運営事務局
私達は、お金の無駄を省くプロの集団です。どの決済手段、お金を借りる方法を選ぶべきか迷っている人に、最もお得で後悔しない方法をお教えします。