三井住友クラシックカードに申し込むメリットと3つの注意点

三井住友 クラシックカードクレジットカード

三井住友クラシックカードを検討中ですか?

三井住友クラシックカードは、三井住友カードの中でも年会費が安いのに手厚い旅行保険がついているクレジットカード。

つまり、三井住友カードの中でもコスパの良いクレジットカードというわけです。

また、セキュリティ面でも安心できる声が多いことから人気となっています。

ただし良いところだけではありません。当然ながらデメリットも存在ます。

そこで今回は、三井住友VISAクラシックカードの申込前に知りたいメリットと注意点をわかりやすくお伝えします。

ぜひ、参考にしてください。

三井住友クラシックカードの名称は2020年2月に変更

リニューアルによって、三井住友カード(もしくは三井住友カードA)」という名称に変わりました。古い情報に騙されないよう、当記事で最新の情報をご覧ください。

1.三井住友カード(旧:クラシック)とは

三井住友カード(旧:クラシック)とは

三井住友カード(旧:三井住友クラシックカード)は、1967年創業の三井住友カード株式会社が提供しているクレジットカード。

そもそも、三井住友カードは全307種類もあり、その中でも三井住友カードはプロパーカードと呼ばれています。

プロパーカードは全体的に特典内容が充実していて、三井住友カードはその中でも補償サービスが充実しているのが特徴です。

それでは、基本となる種類から見てみましょう。

三井住友カードの種類

ややこしいのですが、三井住友カードにはAがつくものとつかないもの、そして学生かどうかで4種類に分かれています。

三井住友カードの種類

比べた結果、最もおすすめなのは三井住友カードAもしくは三井住友カードA(学生)です。

年会費は三井住友カードより+250円高いですが、国内旅行保険がついていて、海外旅行保険は基本的に自動付帯、そして補償額も若干高いです。

ちなみに、SMBC CARD クラシックというカードもあるのですが、内容は通常の三井住友カードと基本同じなので選ぶなら三井住友カードAと言えるでしょう。

以下が、三井住友カードAの基本情報となります。

三井住友カードAの基本情報一覧

年会費:1,500円
学生:在学中は250円
家族カード:無料(2枚目から1,000円)
ETCカード:500円(年1回の利用で無料)
入会資格:18歳以上もしくは18歳以上の学生
ブランド:VISA・MasterCard
還元率:0.5%〜
ポイント名:ワールドプレゼントポイント
ポイント:1,000円ごと(月間利用金額)
交換できるマイル:ANAマイル
電子マネー機能:iD機能あり
支払日:15日締め10日払い・末締め26日払い
付帯保険:旅行保険・ショッピング保険
キャンペーン:最大8,000円分キャッシュバック

それでは、どんなメリットとデメリットがあるか注意点を詳しく見ていきたいと思います。

2.評判・口コミから分かった5つのメリット

三井住友カードAには5つのメリットがあります。

メリットまとめ

それぞれ、順番にお伝えしていきますね。

メリット1.補償が充実している

三井住友カードAは、三井住友カードの中でも補償が充実しています

前述しましたが、通常の三井住友カードと比べると三井住友カードAの方が補償額が高いです。

このように、三井住友カードは国内旅行保険なしで海外旅行保険の補償額は500万円低いです。

また、海外旅行保険が付帯なので旅費や交通費をカード決済して保険を有効にしなければいけないのが面倒です。

年会費が250円高いですが、これだけ補償内容が違うなら選ぶのは三井住友カードA(クラシックA)と言えるでしょう。

メリット2.カードを2枚発行できる

三井住友カードAは、VISAとMasterCardそれぞれ1枚ずつ発行することができます

2枚目の年会費は250円(税抜き)なので、経済的な負担も少なくクレジットカードを複数持つことができるということですね。

そして、今なら公式サイトから申し込むことでキャンペーンが2倍もらえてお得です

メリット3.お得になる場所が多い

三井住友カードのプロパーカード全体に言えますが、三井住友カードAはコンビニやマクドナルドで還元率が2.5%にUPします

還元率がUPする場所は、下記の通り。

  • ローソン
  • ファミリーマート
  • セブンイレブン
  • マクドナルド

エントリーも不要ですし、Apple PayやiDで支払っても還元率がUPするようになっています。

アマゾンや楽天、ユニクロの買い物もお得になる!

三井住友カードが運営するポイントUPモールを利用すると以下の場所でもお得になります。

ポイントUPモールの提携店舗

方法は非常にかんたんで、専用サイトを開く→好きなショップを探してそのまま購入するだけで還元率が上がります

楽天市場やアマゾンなどが対象なので、ぜひ使ってみてください。

よく行く本屋でも百貨店もお得になる

三井住友カードが提供するココイコ!というサービスを使えば、普段利用する店舗を登録して還元率をUPさせることもできます。

ココイコ!の提携店舗

正直、ココイコ!に限っては日常的に使える場所は少ないですが、紀伊國屋書店や東急ハンズやビックカメラなどで還元率をUPさせることができます

メリット4.発行が早い

申し込んだところ、「申込みから発行まで早かった」という評判ですね。

三井住友カードAは、最短翌営業日に発行(到着まで1週間)が可能とされています

クレジットカードは申し込み〜到着まで2週間かかることも多いので、お急ぎなら申し込んでみると良いかもしれません。

メリット5.セキュリティが手厚い

三井住友カード全体のセキュリティに関する評判ですね。

三井住友カードA限らずですが、不正利用のチェックをしっかりしているのも魅力です

セキュリティが手厚い

セキュリティは業界でも最高水準のシステムと言われているので、頼もしいですよね。

また、ネット決済専用のバーチャルカードを使うのもおすすめ

カード番号は使った後にすぐ変更することができるので普段使わないようなサイトでも安心して買い物することができます。

他にもこんなメリットがある!

クラシックカード限らずですが、「支払日が2パターンあって便利!」という喜びの声や、「専用のVpassアプリが使いやすい」「iD機能がついていて便利」という声もありました。

iDだけではなく、PiTaPaを申し込み時に発行するとオートチャージ機能がついているので都度チャージする必要がなくて便利です。

そういった基本的な情報から知りたい人は、三井住友カードの評判・還元率など申し込み前に知っておきたい全知識も参考にしてください。

3.評判・口コミから分かった3つの注意点

ここまで聞くと三井住友カードAを、一度は使ってみたくなりますよね。

でも少しだけ待ってください。申し込み前に知っておきたい口コミもあるんです。

デメリットまとめ

注意点1.還元率が低い

最大のデメリットは、そもそもの還元率が0.5%〜と低いところです。

他の人気なクレジットカードを合わせて見てみましょう。

カード名還元率
三井住友カードA0.5%〜
楽天カード、オリコカード、dカード、JCB CARD W、ビックカメラSuicaカード1.0%〜

ご覧のように、他に人気なクレジットカードと比べると還元率は低いことが分かります。

kyashと組み合わせて使うのがおすすめ!

対策としては、還元率がUPする場所やポイントUPモールを狙ったり、kyashと組み合わせて決済するのがオススメです。

kyashとの組み合わせがおすすめ

このように三井住友カードAからkyashにチャージ(+0.5%)→kyashで決済(+1.0%)することで還元率を1.5%にすることができます。

※この点については、kyashとは?口コミと評判から分かるメリット・デメリットを解説も合わせて参考にして下さい。

注意点2.チャージの還元は条件がある

全ての三井住友カードですが、電子マネーのチャージは基本的にポイント還元対象外です。

以下は、三井住友カード公式サイトの注意書きです。

ポイント還元の条件

公式サイト「Q.カードを利用しても、ポイントが付かないことはありますか?

ご覧のように、Google Pay経由でSuicaにチャージした場合のみポイント付与の対象です。

なので、iPhoneユーザーはチャージでも還元されるクレカと併用するのがおすすめです。

※Suicaチャージでおすすめのクレカは「Suicaチャージはクレジットカードを使おう!おすすめ3枚を紹介」の記事でまとめています。

注意点3.セキュリティが厳しすぎる…?

前述したセキュリティについてですが、いざ使ってみると不便に感じたという評判もあります。

たとえば、ゲームアプリの課金が多かったり、現金化するための決済が目的と思われると不正利用防止のセキュリティシステムが作動するようです。

一般的な使い方をすれば気にする必要はないですが、入会した直後に起こりやすいようです。

4.結論!こんな人に向いている

三井住友カードAのメリットと注意点を、あらためてまとめました。

メリットデメリットまとめ

三井住友カードA(旧:三井住友クラシックカード)は、年会費が1,500円とお手頃なのにも関わらず旅行保険やショッピング保険が充実しているのが最大のメリットです。

また、三井住友カードはセキュリティに評判があるので安心して使うことができます。

ただ欠点も踏まえると

  • 旅行保険つきのクレカを探している
  • 目的に合わせてカードを使い分けしたい
  • ポイントUPする場所で使いこなせそう
  • すぐにクレジットカードが欲しい
  • 還元率よりセキュリティを重視したい

これらに当てはまる人は、三井住友カードAを申し込んで損はないと言えます!

向いていない人

ただし、「補償サービスは魅力的だけど、どこで使ってもお得なクレカが良い!」という人には、三井住友カードAをおすすめできません

なぜなら、還元率が0.5%〜と低いからです。

デメリットを読んで、三井住友カードAの申し込みを迷ってしまう場合は、還元率1.0%〜のクレジットカードの方があなたに合っている可能性が高いです。

詳細:騙されるな!高還元率で本当にお得なクレジットカードはこれだ!

5.三井住友カードAをお得に申し込む手順

次は、実際に申し込みたいと思った方のためにキャンペーンや申込手順をお伝えしていきます。

現在実施中のお得なキャンペーンはコレだ!

キャンペーンの詳細

現在、公式サイトのキャンペーンページから申し込むと決済金額の20%(最大8,000円分)キャッシュバックを受け取ることができます

ちなみに、VISAとMasterCardの2枚発行すればキャンペーン金額はなんと2倍!つまり、最大16,000円のキャッシュバックを受け取ることが可能です。

申し込みの手順

STEP1.申し込み

まずはキャンペーンページをクリック。

申し込みの手順1

「お申し込みはこちら」をクリック。学生の方は「学生の方はこちら」から進んでいきます。

STEP2.規約を読んで同意する

次に、申し込みにあたっての規約を読んでいきます。

申し込みの手順2

問題なければ、「同意のうえ、入力画面へ進む」をクリック

STEP3.基本情報を入力する

名前や住所、勤め先などの基本情報を入力していきます。

申し込みの手順3

その際、マイ・ペイすリボの申し込みを拒否すると+2,000円のキャッシュバックがあるから申し込まないか?と表示されます。

申し込みの手順4

しかし、前述した通りリボ払いの手数料は非常に高額なので申し込みはおすすめできません

なので改めてリボ払いは断り、引き続き入力を進めていき申し込みを完了させましょう。

STEP3.審査〜カードの受け取り

三井住友カードAの審査〜到着までにかかる日数は最短で3日くらい。土日や祝日を挟むと1週間くらいかかると思っておきましょう。

審査結果はこちらから確認ができます。

STEP4.キャンペーンを受け取る

各キャンペーンを全て受け取る手順は、次のとおりです。

決済金額の20%キャッシュバック
①カードが到着
②Vpassにログイン
③カード決済

カードが到着したら、入会月の2ヶ月後の後半までにVpassアプリ(iPhoneAndroid)をダウンロードしてログインします。

あとは実際にカード決済をするだけ。キャッシュバックの付与は利用月+2ヵ月後末です。

+2,000円のキャッシュバック
①iDの新規設定
③キャンペーンにエントリー
③カード決済

20%キャッシュバックに必要な手続きに加えて、iDの新規設定(Apple Payの設定はこちら・Google Payはこちら)を行います。

設定が完了したらキャンペーンにエントリーを行い、約3ヶ月以内にiD払いをして下さい。

キャッシュバックのタイミングは決まっていませんが、付与されるとVpassアプリから通知が来るようになっています。

まとめ

三井住友VISAクラシックカードの中もおすすめのクラシックAについて詳しく見てきました。

最後に、メリットと注意点を整理してみましょう。

三井住友カードAのメリット

  1. 補償が充実している
  2. カードを2枚発行できる
  3. お得になる場所が多い
  4. 発行が早い
  5. セキュリティがしっかりしている

三井住友カードAの注意点

  1. 還元率が低い
  2. チャージの還元の条件がある
  3. セキュリティが厳しすぎる

こうして見ると、三井住友カードAは、向いている人・そうでない人が大きく分かれるクレジットカードと言えるでしょう。

なので、目的に合う場合はお得なキャンペーン窓口から申し込み、そうでない場合は他のクレカを検討すると良いでしょう。

SNSでもご購読できます
みんなの教科書
みんなの教科書の運営事務局
私たちは、クレジットカードの無駄を省くプロの集団です。どのカードを選ぶべきか迷っている人に、最もお得で後悔しない方法をお教えします。