仮想通貨SFP(SafePal/セーフパル)とは?買い方・将来性も解説

悩む女性

仮想通貨SFP(SafePal/セーフパル)って何?細かな情報について知りたいな。

こんな悩みに答えます。

仮想通貨を扱う際、ウォレットは欠かせない存在です。実はウォレット開発企業が発行する仮想通貨があるのはご存じでしょうか。

ウォレット開発企業が出している通貨として有名なのが、仮想通貨SFP(SafePal/セーフパル)です。多くの通貨やブロックチェーンに対応しているため、需要が見込まれています。

将来性の高いウォレットと関係がある仮想通貨の特徴などはぜひ知っておきたいですよね。

そこで本記事では仮想通貨SFP(SafePal/セーフパル)について、特徴や将来性・購入方法を解説していきます。

この記事を読むことで、仮想通貨SFPの基礎的な内容を完全に理解することができますよ。

目次

仮想通貨SFP(SafePal/セーフパル)とは

仮想通貨SFP(SafePal/セーフパル)とは

SafePal公式サイトより)

仮想通貨SFP(SafePal/セーフパル)は、仮想通貨の保管や取引で役立つウォレットを提供する企業によるトークンです。通貨(トークン)は持っていると様々なメリットや特典があります。

例えばウォレットを割引価格で購入したり、利用手数料が安くなったりする点です。運営に対してガバナンス投票を通じて意思表示したり、ステーキングで報酬を得たりすることもできます。

バイナンス・Gate.io・Pancake Swapなど、世界の名だたる取引所に上場している点もポイントです。今後も仮想通貨取引が活発になることでトークンの価格も向上していくでしょう。

仮想通貨SFP(SafePal/セーフパル)の特徴4つを解説

仮想通貨SFP(SafePal/セーフパル)の特徴4つを解説

SafePal公式サイトより)

仮想通貨SFP(Safepal/セーフパル)を利用する際、具体的な特徴をしっかり把握しておきたいですよね。同通貨の主な特徴4点についてご紹介します。

ウォレット開発企業が発行する仮想通貨

仮想通貨SFPの特徴_ウォレット開発企業が発行する仮想通貨

SafePal公式サイトより)

まず仮想通貨SFPは、ウォレットを発行する企業・セーフパルが発行している通貨です。ウォレットは仮想通貨の出し入れや取引に欠かせないツールで、メタマスクなどが知られています。

SafePalウォレットは、ハードタイプとアプリタイプの2種類がある点が特徴です。ハードタイプは普段オフライン状態で使うため、ハッキングなどの心配はありません。

一方アプリタイプは、様々な仮想通貨の取引や取引所へのアクセスができるようになっています。1つインストールするだけで手軽な操作を通じて仮想通貨の運用が可能な仕組みです。

ウォレット自体は今後仮想通貨取引が活発になっていく中で、需要が確実に増えていくことが見込まれています。ウォレット発行企業の通貨であるSFPの価格上昇も期待できるでしょう。

数多くの取引所や仮想通貨に対応

仮想通貨SFPの特徴_数多くの取引所や仮想通貨に対応

SafePal公式サイトより)

なおSafePalウォレットは、性能が非常に良いことも強みです。対応しているブロックチェーンは33種類、仮想通貨に至っては3万種類を超えます。

ビットコインやイーサリアムなど定番の通貨はもちろん、上場間もないものも数多く扱っているため、自分向きの通貨の取引に便利です。本格的な仮想通貨運用に欠かせないでしょう。

非常に幅広いブロックチェーン・取引所・通貨に対応している分、今後需要が増すにつれてSFP通貨の価値も向上していくことが期待できます。

SFPトークンでステーキング・ガバナンス投票などが可能

仮想通貨SFPの特徴_SFPトークンでステーキング・ガバナンス投票などが可能

SafePal公式サイトより)

仮想通貨SFPは様々な用途に使える点で便利です。ハードタイプのウォレットを割引価格で購入したり、取引手数料が安くなったりします。

またトークンにはステーキング機能も付いているため、長期的に保有すれば追加報酬を得ることも可能です。銀行預金の利息のようなものである分、トークン数に応じて追加報酬も増えます。

さらにトークンがあれば、ガバナンス投票や新機能の提案を通じて運営に関われる点もメリットです。50万枚以上の保有が条件ではあるものの、自分が必要とする機能の追加も期待できます。

エアドロップなど保有者向け特典も多い

仮想通貨SFPでは、他にも保有者向けの特典を揃えている点がポイントです。時折エアドロップを行っており、無料で追加のトークンをもらえます。

エアドロップを通じて保有しているトークンが数倍になるケースもあり、人気が高いです。SFPを通じて資産を増やしたいのであれば、エアドロップは狙ってみると良いでしょう。

また限定のNFT(非代替トークン)をもらえる特典もあります。NFTは複製ができない分、高い価値が出やすいため、売却を通じて大儲けできる可能性を持つ存在です。

仮想通貨SFP(SafePal/セーフパル)の買い方・購入方法3ステップ

仮想通貨SFP(SafePal/セーフパル)の買い方・購入方法3ステップ

仮想通貨SFP(SafePal/セーフパル)の特徴を見るだけでも、将来的に期待できそうですよね。一方で同通貨を手に入れる方法を知っておきたいでしょう。

SFPを買うには、以下の3つのステップを踏んでいくことになります。

国内の仮想通貨取引所でビットコインなどを購入

仮想通貨SFPの買い方・購入方法_国内の仮想通貨取引所でビットコインなどを購入

コインチェック公式サイトより)

仮想通貨SFPを買うには、まず国内の取引所でビットコインなどを買うことが欠かせません。実はSFPは日本の取引所で直接購入できないため、別の通貨を海外の取引所で交換する方法で入手します。

国内の仮想通貨取引所で特におすすめなのがコインチェックです。国内で最も知名度が高く画面も見やすいため、初心者も簡単に仮想通貨を購入できます。

扱っている通貨もビットコインなど定番のものから、IOSTやステラルーメンのような草コインまで15種類と幅広い方です。他にも入金や取引の際に手数料が発生しない強みもあります。

なお取引所を利用するには、前もって口座開設が必要です。アプリや公式サイトなどから簡単に手続きできます。

\ 国内ダウンロード数No.1 /

バイナンスなど海外の仮想通貨取引所に送金

仮想通貨SFPの買い方・購入方法_バイナンスなど海外の仮想通貨取引所に送金

バイナンス公式サイトより)

国内の仮想通貨取引所でビットコインなどを購入したら、海外の仮想通貨取引所に送金しましょう。海外の取引所についても、前もって口座を開設しておきます。

海外には数多くの取引所がありますが、最もおすすめなのがバイナンスです。バイナンスは世界の仮想通貨取引所の代表的存在で、日本語にも対応しています。

口座を開設したら、いよいよ送金手続きです。送り先の取引所で入金アドレスをコピーし、国内取引所のウォレット(マイぺージ)の送金画面に貼り付けます。

アドレスを貼り付けたら、送りたい量を入力しましょう。なお送金時に手数料が発生する場合があるため、一部残しておくのがポイントです。

入力が終わったら確認画面をチェックした上で、送金ボタンを押します。

\ 700以上の仮想通貨と取引が可能 /

海外の仮想通貨取引所でSFPを購入

仮想通貨SFPの買い方・購入方法_海外の仮想通貨取引所でSFPを購入

バイナンス公式サイトより)

送金できたら、送り先の取引所でSFPと交換しましょう。バイナンスで操作する場合で説明します。

まずバイナンスでログインし、上側の「トレード」を選びましょう。次に移動先のページの真ん中に表示される振替元で送った通貨を、振替先でSFPを選びます。

通貨の種類を選んだら交換したい金額を入力し、下にある黄色のボタンを押せば確認画面が出てくる流れです。手数料まで確認したら交換ボタンを押せば完了します。

仮想通貨SFP(SafePal/セーフパル)の将来性について解説

仮想通貨SFP(SafePal/セーフパル)の将来性について解説


仮想通貨SFP(SafePal/セーフパル)を買うことに前向きになっていると、将来性も気になりますよね。同通貨については将来に対してかなり好ましい予想が出ています。

DeFiやウォレットの使用者増加で価格上昇が見込まれる

まずDeFiやウォレットの使用者が増えることで、仮想通貨SFPの価格が上昇する見込みです。仮想通貨市場自体が今後より活気が増していくことが期待されています。

DeFiとウォレットは、仮想通貨取引を行う上で欠かせない存在です。そしてSafePalウォレットは幅広い通貨や取引所に接続できるため、あまり負担なく取引できます。

仮想通貨取引の中でDeFiやウォレットを使う機会も格段に増える分、SafePalウォレットや通貨SFPの価値が向上する可能性は非常に高いです。

DeFiについて詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてくださいね。

予想価格についても前向きな結果が出ている

また仮想通貨SFPの予想価格についても前向きな結果が出ています。仮想通貨の予測サイトPrice Predictionでは、2022年に200~310円程度、2024年には400円近くという予想です。

Digital Coinからも2022年に230円、2027年には500円近くという予想結果が提示されています。全体として価格が数年で上昇する予想である分、保有の価値は非常に高いでしょう。

青汁王子など有名人も注目

仮想通貨SFPは、世界各地の著名人インフルエンサーや投資家からも注目の的です。日本でも青汁王子(三崎雄太氏)が4億円をSFPに投資して話題になっています。

加えてSFPはバイナンスからも支援を受けている点でも有望です。世界最大の取引所バイナンスが支援するほど将来を嘱望されているため、大きな利益に繋がる可能性があります。

仮想通貨SFP(SafePal/セーフパル)の価格推移・チャートを見ていこう

仮想通貨SFP(SafePal/セーフパル)の価格推移・チャートを見ていこう

仮想通貨SFP(SafePal/セーフパル)の将来が明るい予想である一方、今までの価格の移り変わりについて知りたい方もいますよね。同通貨の価格推移についても解説します。

2021年2月のIEOで390円を記録・5月に価格半減

仮想通貨SFPの価格・チャート_2021年2月のIEOで350円を記録・5月に価格半減

CoinMarketCapより)

仮想通貨SFPが市場に上場(IEO)したのは2021年2月9日のことです。翌日の10日にかけて一気に上昇し、390円を記録しています。

SFPは2月中旬から4月後半に至るまで乱高下を繰り返し、3月23日には400円を突破しました。しかし4月の終わり頃から下降局面に入ります。5月後半には暴落して100円をも割り込みました。

2021年夏には増減を繰り返す

仮想通貨SFPの価格・チャート_2021年夏には増減を繰り返す

CoinMarketCapより)

5月後半までに大きく落ち込んだSFPの価格は、しばらく停滞局面に入ります。6月下旬から7月下旬にかけての時期もさらに価格が下落し、80円台で前後していました。

しかし7月下旬から価格が再び上昇し始め、8月28日には186円まで回復します。9月に入ってからも170円台になっていましたが、7日から8日にかけて60円程度急落しました。

9月10日を過ぎてからは再び下落・停滞局面に入ります。2021年の夏場は下落傾向の中で増減が見られる状況でした。

2021年10月に再び急騰・乱高下が連続

仮想通貨SFPの価格・チャート_2021年10月に再び急騰・乱高下が連続

CoinMarketCapより)

9月上旬に下落したSFPの価格は、10月に入るまで停滞していました。しかし10月12日から14日にかけて110円から一気に333円へと急騰します。

急騰後は再び大きく落ちたものの、150~220円の範囲で値動きが続きました。11月に入ってからしばらくは緩やかに下落していたものの、下旬から12月初めにかけて大きく上昇しています。

12月に入ってからもしばらく激しく変動していましたが、年末に近づくにつれて175~200円で推移していきました。

2022年は80~100円台で推移

仮想通貨SFPの価格・チャート_2022年は80~100円台で推移

CoinMarketCapより)

2022年が明けた時点でもSFPの価格は前年末の傾向を引き続き維持していました。しかし5日から25日にかけて徐々に下落し、20日程度で半分程度に下がっています。

1月25日以降は緩やかな増減を繰り返しており、概ね80~100円台で推移している状況が続きました。ただ5月中旬に50円以下となっています。逆に考えれば買いのチャンスと言えるでしょう。

まとめ

まとめ

今回は仮想通貨SFP(SafePal/セーフパル)の特徴・買い方・将来性などを見てきました。利便性の高い仮想通貨ウォレットを提供しているため、将来性も極めて高いと言えます。

ウォレットを使えば取引所・通貨・NFTとアクセスできるため、今後仮想通貨運用に乗り出すのであればぜひ欲しいところです。将来の予想価格もかなり前向きな結果になっています。

通貨も保有していればステーキングやガバナンス投票にも利用できるため、メリットも豊富です。少しでも気になったのであれば、同通貨の購入を考えてみてはいかがでしょうか。

また最後になりますが、近年メタバースも仮想通貨を共通通貨として取引されることが増えており、今後さらに市場が拡大していくと考えられます。

ぜひメタバース関連の記事も参考にしてみてくださいね。

仮想通貨SFP(SafePal/セーフパル)のよくある質問

仮想通貨SFP(SafePal/セーフパル)の発行枚数は?

仮想通貨SFPの発行枚数は全体で5億枚です。なお2022年5月現在で市場に出回っている枚数は約1億800万枚で、全体の約22%に上ります。

SafePalではNFTも保管できますか?

SafePalウォレットではNFTの保管も可能です。ウォレットは取引所だけでなくNFTを扱うマーケットにも接続できます。

接続先のマーケットで購入したNFTをウォレットに送ったり、元からあるNFTを反映させたりできる仕組みです。もちろんNFTを売って仮想通貨や現金にも換えられます。

仮想通貨SFP(SafePal/セーフパル)が上場している取引所は?

仮想通貨SFPが上場している主な取引所は「バイナンス」「Gate.io」「Pancake Swap」「LBank」「XT.COM」「KuCoin」などです。

世界的に見ても比較的大手の取引所に上場しています。今後同通貨やウォレットの需要が増すにつれ、価格上昇や信用性も大きく向上していくでしょう。

バイナンスアカウントとSafePalは同期できる?

バイナンスとSafePalウォレットは同期ができる仕組みです。すでにバイナンスも同期先として対応が済んでいるため、アプリ内でアカウントも作れます。

ただ元からあるバイナンスアカウントを使った同期には非対応です。ウォレットとともに活用するのであれば、ウォレット購入・インストールと合わせてアカウントを作るのが良いでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる