セブン‐イレブンの支払い方法まとめ|いま1番お得な電子マネーまで解説

セブン‐イレブンのお得な支払い方法について詳しく知りたいな。

こんな悩みに答えます。

先に結論から言うと、セブン‐イレブンはJCBカード Wでの支払いが1番お得です。なぜなら、いつでも1.0%と高い還元を受けることができるから。

キャッシュレス決済は還元率0.5%〜で損、1.0%〜でお得と評価されています。実に2倍の差があるので、年間数万円の差がつくことも。
本記事では、セブン‐イレブンの支払い方法について徹底的に解説していきます。

この記事を読むことで、あなたの状況に合わせた最適な支払い方法を知ることができますよ。

目次

セブン‐イレブンの支払い方法|クレジットカード・電子マネー情報

まずは支払い方法を全て知りたい!という人のために、セブン‐イレブンの現金以外の方法をまとめました。

支払方法 使えるもの
クレジットカード VISA・JCB・AMEX・MasterCard・Diners・銀聯
タッチ決済 QUICPay・iD
デビットカード 何でも使える
プリペイドカード
スマホ・QRコード決済 LINE Pay・楽天ペイau PAYメルペイPayPayd払い・ゆうちょPay・Alipay・WeChat Pay
優待券・ギフトカード ビール券・QUOカード・セブン&アイ共通商品券
商業系電子マネー 楽天edy・nanaco
交通系電子マネー Suica・はやかけん・SUGOCA・nimoca・TOICA・パスモ・ICOCA・manaca・Kitaca
ポイントで支払い nanacoポイント

セブン‐イレブンは現金はもちろん、電子マネーやクレジットカードで支払いすることも可能です。またPayPayやd払いといったスマホ決済も使えるのでこっちも気になるかもしれません。

しかしPayPayやd払いといったスマホ決済は改悪続きで、いまからはクレジットカードを紐付けて使わないと還元率としては低いです。

キャッシュレス決済は1.0%〜還元で高い・0.5%〜還元で低いと言われており、現状工夫せず1.0%〜の還元を受けられるのがクレジットカードのみです。

以上から、セブン限らず、これからは高還元率のクレジットカードで支払いするべきと言えるでしょう。

セブン‐イレブンでの現金払いについて

セブン‐イレブンでの現金払いについて

セブン‐イレブンはもちろん現金払いも可能ですが今から現金払いは損です。理由はシンプルで、現金で支払いしても還元サービスを受けることができないから。

人気のクレジットカードで決済すれば利用金額×1.0%のポイントが貯まるのでおすすめです。

セブン‐イレブンで使えるクレジットカードについて

セブン‐イレブンは基本どのクレジットカードでも支払いが可能です。店頭で指定することはできませんが、一括払いはもちろんカード会社のWEBサイトから分割払いもできます。

10,000円以下の支払いであれば暗証番号もしくはサインが不要です。また、サインレスは1万円を超える支払いでは使うことができません。

セブン‐イレブンで使えるタッチ決済(NFC決済)について

セブン‐イレブンはQUICPay(クイックペイ)もしくは(iD(アイディー)に対応しています。Apple Pay・Google Payが使えるので、スマホをかざすだけで支払いができて便利です。

ちなみに、いま持っているカードにこんなマークは付いていませんか?

セブン‐イレブンで使えるタッチ決済(NFC決済)について

この電波マークはコンタクトレスマークといってカードを専用機械にかざすだけで支払いも可能です。

そのため「カードで」と店員に伝えて非接触の支払いもできますよ。

セブン‐イレブンで使えるデビットカードについて

セブン‐イレブンはVISAやJCBの国内で発行したデビットカード(J-Debitは不可)が使えます。たとえば、三菱UFJ・三井住友・住信SBIネット・ゆうちょ・りそな・楽天銀行のデビットは有名ですね。

クレジットカードが年齢的に申込みできないなら楽天銀行デビットカードを検討してみてください。還元率1.0%〜とデビットの中では非常に優秀で、使い勝手も良いと評判です。

ただ、デビットカードは○で使うとポイントが○倍という特約店がないので18歳を迎えたら早めにクレジットカードを申込むのがおすすめです。

セブン‐イレブンで使えるプリペイドカードについて

セブン‐イレブンはLINE PayカードやANA JCBプリペイドカード、auペイプリペイドカードやkyashやソフトバンクカードや、バンドルカードなどでも支払いできます。

デビットカード同様にプリペイドカードも基本何でも利用できると思って問題ありません。

16歳未満ならkyash(キャッシュ)を検討してみるのが良いでしょう。こちらも還元率1.0%〜で年会費無料と優秀です。

セブン‐イレブンで使えるスマホ・QRコード決済について

セブン‐イレブンは人気なスマホ決済は大体使えます。ただ、ペイコ・ファミペイ・Jコインペイ・JKOペイ・QUOカードペイ・りそなWallet・Naver Payは使えません。

スマホ決済は基本的に還元率0.5%〜と低いです。しかしスマホ決済は支払いが簡単なので便利ですよね。

そこでおすすめなのは還元率1.0%〜のクレジットカードでiDもしくはQUICPay。これならスマホでサクッと支払いできて、お得なので便利です。

セブン‐イレブンで使えるギフトカード・優待券について

セブン‐イレブンはビール券やQUOカード、セブン&アイ共通商品券で支払いもできます。ただ、クレカの会社が発行しているVJA・UC・JCBなどのギフトカードは使えません。

ビール券はアルコール以外の購入でも使えますがお釣りは出ません。セブン&アイ共通商品券は切手や商品券の購入に使えませんがお釣りは出ます。QUOカードは切手や商品券の購入はできませんが残高が0になるまで何度も使えます。

セブン‐イレブンで使える商業系電子マネー

セブン‐イレブンは楽天edy(エディ)やnanaco(ナナコ)で支払い可能です。ただしWAONやTマネーで支払いすることはできません。

商業系電子マネーの還元率は基本的にどれも0.5%〜と低いです。なので、基本的には還元率1.0%〜のクレジットカードで支払いをおすすめします。

セブン‐イレブンで使える交通系電子マネー

セブン‐イレブンは通会社が提供している電子マネーで支払いも可能です。また、モバイルSuicaやスマートICOCAも使えるので、便利です。

普段から移動でSuicaを使っている人はビックカメラSuicaカード、ICOCAならオリコカードがおすすめ!いずれかのクレカでチャージをすると1.5%もしくは1.0%の還元を受けられるので、ぜひ検討してみてください。交通費の節約になりますよ。

セブン‐イレブンで使えるポイントについて

セブン‐イレブンはnanacoポイントを1ポイント=1円として支払いに充てることも可能です。またスマホ決済を使えば他のポイントで支払いすることもできますよ。

d払いのアプリを使えばdポイント、au PAYのアプリはPontaポイント、楽天ペイのアプリを使えば楽天ポイントで支払いも可能です。いずれも1ポイント=1円です。

セブンネットとオムニ7の支払い方法

セブン‐イレブン 支払い方法 通販

セブン‐イレブンのセブンネットショッピング(オムニ7)の支払方法を調べて、まとめました。

  • クレジットカード
  • 代引き(お中元・お歳暮は不可)
  • セブン‐イレブン前払い
  • nanacoギフト
  • nanacoポイント
  • 永久不滅ポイント
  • Yahoo! ウォレット
  • ネット銀行(セブン銀行・楽天銀行・・ジャパンネット銀行)
  • 携帯キャリア決済(ドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイル)

このように支払い方法は豊富にありますが1番お得なのはクレジットカードです!なぜなら、人気なクレカなら1.0%〜還元、他の方法でそれ以上の還元を受けられないから

なので、ネットで注文するときは1番にクレジットカードで支払いを検討しましょう。支払い方法の詳細は公式サイトの「サイトで選択可能なお支払い方法」をご覧ください。

オムニ7とセブンネットショッピングに大きな違いはありません。オムニ7という通販サイトの中にセブンネットショッピングという店舗が入っているイメージです。

現金でしか支払いできないものについて

セブン‐イレブンは現金払いしかできない商品やサービスがあるので詳細をまとめました。

支払い方法 支払いできないもの
クレジットカード・デビットカード・プリペイドカード 酒クーポン券、映画券、ビール券、前売券、地区指定のゴミ袋やゴミ処理券、セブンネット以外の店頭払い、ネット代金の収納、公共料金の支払い、コピー機、切手・ハガキ、年賀ハガキ、QUOカード、プリペイド携帯カード、テレホンカード、nanacoの発行手数料、電子マネーの現金チャージ
スマホ決済(LINE PayやPayPay、d払いなど) 基本的にクレジットカードと同じ
交通系電子マネー
楽天edy
iD
QUICPay
QUOカード
セブン&アイ共通商品券
nanaco nanacoの発行手数料、電子マネーにチャージ、収納代行の一部(オリンピックチケット含む)

これとって困るものはありませんが、強いてゆえば公共料金などの支払い用紙はキャッシュレス決済が使えないと覚えておきましょう。その場合は現金で支払いとなります。

より詳しくは公式ページの「ご利用可能なお支払い方法」で確認することができます。

セブン‐イレブンでポイントは貯められる?

セブン‐イレブンで少しでもお得に決済するためどのポイントが貯められるのか調査しました。

ポイント名 可否
nanacoポイント △(セブンカード・プラスもしくはnanacoの支払いのみ貯められる
dポイント ×(貯められない)
Tポイント
Pontaポイント
楽天ポイント

セブン‐イレブンはnanacoポイントが200円につき1ポイント貯められますが、セブンが提供するセブンカード・プラスかnanacoで支払いしたときしかポイントを貯められません。

のちほど解説しますが、どちらも還元サービスとしては魅力に欠ける支払い方法なので、シンプルに還元率1.0%〜のクレジットカードで支払いする方がお得です。

セブン‐イレブンのクーポンや割引情報について

セブン‐イレブンは公式アプリ(iosAndroid)もしくはメルペイでクーポンを定期的に発行しているので、確認してみるのがおすすめです!

セブン‐イレブンのクーポン

こちらは公式アプリのクーポンですが、クーポンを取得するには会員登録が必要です。最初だけ面倒ですが、よくセブン‐イレブンを利用するなら登録して損はないですよ!

それ以外にもセブン‐イレブン公式サイトで最新のキャンペーン情報がチェックできます。

支払いのときはアプリのバーコードを提示しよう!

アプリの中にあるバーコードを提示すると、バッチというスタンプのようなものが貯まっていき、一定数のバッジを貯めると割引クーポンがもらえるようになっています。

セブン‐イレブンアプリの使い方

バッジは弁当やサンドイッチやおにぎりなど色んな種類があり、たとえばおにぎりを2個買えばおにぎりのバッチが2つ貯まります。10個集めるとランクが一つ上がります

セブン‐イレブンのバッジについて

ランクは銅→銀→金→プラチナとランクUPする仕組みになっていて、ランクUPするとアプリ限定のキャンペーンに参加することが可能です。

なので、よくセブンで買い物する人はバーコードも忘れずに提示してくださいね!

バーコードを提示するとバッチに加えて200円で1マイルが貯まり、貯まったマイルはクーポンなどに交換できます。くわしくは補足でまとめています。

セブン‐イレブンの1番お得な支払い方法

2022年現在、セブン‐イレブンはJCBカード Wで支払いが1番お得です。なぜなら、常に3.0%と高い還元を受けることが可能だから。

セブン‐イレブンの1番お得な支払い方法

JCBカード Wはセブン‐イレブンが特約店なので還元率3.0%。他の場所で使っても、還元率1.0%〜と高い還元を受けられる優秀なクレジットカードです。

前述しましたが、キャッシュレス決済は還元率1.0%〜で優秀なので、JCBカード Wはセブン‐イレブン以外で利用することを考えても申し込んで損はないと言えます

JCBカード Wの基本情報一覧
【年会費】無料
【ETCカード】無料
【家族カード】無料
【申込資格】18〜39歳まで
【審査】自信がない人でも問題なし
【還元率】1.0%~(1,000円ごと)
【付帯保険】海外保険とショッピング保険
【詳しい内容】JCBカード Wの全知識
【キャンペーン】今なら12,000円キャッシュバック! 

\ 審査最短5分 /

もし40歳以上なら三井住友カードがおすすめ!

JCBカード Wは18〜39歳までしか申し込みできないので40歳以上なら三井住友カード(NL)が1番お得です。なぜなら、セブン‐イレブンで2.5%還元だから。

セブン‐イレブンの支払いで、もし40歳以上なら三井住友カードがおすすめ!

三井住友カード(NL)で得をするのはセブン‐イレブンだけではありません。それ以外にも、ファミリーマートやローソン、マクドナルドでもお得に支払いすることが可能です!

しかし三井住友カードは他の店では還元率が0.5%~と非常に低いので、還元率1.0%~のクレジットカードを常時使っていた方が、年間を通してお得で、損をせずに済みますよ。

そのため、常に還元率の高いクレジットカードも紹介しておきますね。

還元率1.0%〜の人気なクレジットカード3選

ここからは場所関係なく、常にお得に支払いができるクレジットカードを3枚紹介します。

スクロールできます
PayPayカード dカード 楽天カード
デザイン
順位 1位 2位 3位
評価
申し込み 7,000円バック 7,000P貰える 5,000P貰える
入会条件 18歳以上 20歳以上 18歳以上
特徴 PayPay紐付けで
1.0%上乗せ!
dポイントが
貯まる
楽天市場を
使うならコレ!
発行スピード 審査最短7分 審査最短5分 審査最短10分
還元 100円
1ポイント~
100円
1ポイント~
100円
1ポイント~
審査
年会費 無料 無料 無料
ETCカード - 無料 無料
家族カード - 無料 無料
買い物保険 - -
旅行保険 - - -
評判と口コミ 参考ページ 参考ページ 参考ページ
クレジットカードのおすすめ比較

※サービスの変更により差異がある場合があります。詳細は各サービス公式サイトでご確認ください。

最もおすすめなのはPayPayカード年会費無料・還元率1.0%~で、非常に優秀なカードです。

加えてPayPayに紐付けてPayPayカード決済をすることで、最大で1.0%上乗せされるので、非常に高い還元率でお買い物することができます。

そのため、PayPayカードを引き落とし先にすることで、支払いの時に損をせずにすみますよ。

\ 審査最短7分 /

まとめ

2022年現在、セブン‐イレブンをよく利用する人はJCB CARD Wがおすすめです!いつでも3.0%と高い還元を受けられて他の場所でも優秀な還元を受けられます。

セブン‐イレブンの1番お得な支払い方法まとめ

ただ、JCB CARD Wは39歳までしか申し込みできないので、その場合は三井住友カード(NL)を検討しましょう。こちらなら還元率2.5%です。

さらに三井住友カード(NL)は他のコンビニやマクドナルドでも活躍します。

セブン‐イレブンの1番お得な支払い方法まとめ2

どちらも年会費無料で、審査も問題なく通過できるので、ぜひこれを機会に申し込みをおすすめします。この記事が、あなたのためになれば幸いです。

セブン‐イレブンの「よくある質問」

Q1.セブンカード・プラスについて

結論から言ってしまえば、セブンカード・プラスの発行はおすすめしません!理由は、セブン‐イレブンで利用しても1.0%還元、JCBカード Wや三井住友カード(NL)なら2.5%や3.0%還元だから。

セブンカード・プラスの還元率と使い方

セブンカード・プラスとは、2011年から株式会社セブン&アイ・ホールディングスの子会社が提供しているクレジットカード。税金の支払いで還元を受けられるのが特徴です。

詳細についてはセブン‐イレブンでクレジットカードは使える、1番お得な支払方法はコレだ!の記事で詳しく解説していますので、合わせて参考にしてください。

セブンカード・プラスの基本情報一覧

【年会費】無料
【家族カード】無料
【ETCカード】無料
【申込資格】18歳以上で安定した収入
【審査】審査に落ちる声もそれなり
【還元率】0.5%〜
【付帯保険】ショッピング保険

Q2.セブン‐イレブンで払込票もしくは払込票番号の支払う方法について

払込票があるときはレジに提示して、払込票番号はレジで番号を店員に伝えることで支払い可能です。これらの支払いでキャッシュレス決済は使えません。

支払いした後に払込領収書(控え)が出るので、しばらくは保管しておきましょう。

Q3.セブン‐イレブンでの楽天チケットの支払い方法について

楽天チケットは注文完了メールにある払込票を印刷してセブブンイレブンに持ち込むことでも支払いが可能です。コンビニで払う場合は基本的に現金しか使えません。

Q4.セブン‐イレブンで電子マネーをチャージする方法について

セブン‐イレブンはnanacoと楽天edy、SuicaやICOCAといった交通系電子マネーをレジもしくはセブン銀行ATMでチャージできます

セブンATMのチャージ方法はセブン銀行の「電子マネーの操作方法」が分かりやすいです。

Q5.セブンマイルプログラムについて

セブンマイルプログラムとは

セブンマイルプログラムとは、セブン&アイグループ店舗やオムニの買い物で貯まるマイルのこと。マイルはセブンの買い物で200円で1マイル貯まるのが特徴です。

貯まったマイルはクーポンやイベントに参加できるチケットなどに交換が可能です。マイルを貯めるには会員登録が必要ですが、よくセブンを利用するなら登録して損はありません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる