注意!セブンイレブンでau PAYを使う前に知るべき全情報

セブンイレブンでau PAYが使えるか検証

「セブンイレブンで、au PAYは使えるっけ?」と、疑問に思っていますね。

結論から言うと、セブンイレブンでau PAYは使えます!ただ、au PAYはクレジットカードでチャージしないと、そこまで魅力的じゃないってご存知でしょうか。

分かりやすく言えば、クレジットカード以外でチャージしてもお得じゃないんです

この記事では、セブンイレブンで1番お得な支払方法、さらにはau PAYのお得な使い方まで解説します

ぜひ参考にしてください。

1.結論、セブンイレブンでau PAYは使える!

セブンイレブンでは、2019年10月1日をもって、全国の店舗でau PAYが利用可能になりました!実際に、au PAYで買い物してきたので、間違いありません。

セブンイレブンでau PAYは使える※セブンイレブンでau PAYが使えました!

そのため、au PAYを使って買い物すれば、Pontaポイントが税込み200円ごとに1ポイント、つまり0.5%の還元を受けられるというわけですね。

ただ、少しお待ちください!

au PAYにチャージするときはクレジットカードを使っていますか?もし、銀行口座やATM、auかんたん決済などでチャージしている人は損をしています。

auペイの使い方と還元率

ご覧のように、au PAYはクレジットカード以外でチャージすると還元率0.5%〜

それがクレジットカードならクレカの還元とau PAYの還元の二重取りができるので、誰でもかんたんに1.5%の還元を受けることができるんです。

キャッシュレス決済の還元率は0.5%〜で低いのが現状なので、au PAYのチャージは、高還元率のクレジットカードで行うことを強くおすすめします

au PAYにチャージ可能なクレジットカードについて

au PAYはクレジットカードによるチャージが1番お得。ただ、チャージに使えるクレジットカードには条件があります。詳細は、下記のとおり。

ブランドチャージ可能なクレカの発行元
VISAau PAY カード(旧:au WALLET クレジットカード)、UCカード、セゾンカード、エポスカードNICOSカード、TS CUBICカード、MUFGカード、DCカード
MasterCard全てOK
JCBTS CUBICカード、セゾンカード、
AMEX全てOK
ダイナースクラブチャージ不可

このように、どんなクレカでもチャージできるわけではありません。そんな中でも、au PAYのチャージに1番おすすめはdカード。これから解説しますが、auが発行するクレジットカードよりも優秀です。

au PAYはdカードでチャージするのが1番おすすめ!

前述したように、どんなクレカでもau PAYにチャージできるわけではありません。

そこでau PAYのチャージでオススメしたいのはMasterCardで発行するdカード。このクレジットカードがあれば、au PAYのチャージ&支払いで1.5%の還元を受けられます

セブンの支払いはau PAYはdカードでチャージするのが1番おすすめ!

dカードは、そのまま使っても還元率1.0%〜と優秀で、年会費無料です。

ちなみに、auではau PAYカードというクレカも提供していますが、au PAYカードは交通系電子マネーのチャージで使うと還元対象外なのでdカードの方が優れています

dカードの口コミと評判au PAYカードのメリットと注意点au PAYゴールドカードのメリットと注意点
還元率1.0%〜1.0%〜1.0%〜
チャージ ×(交通系は対象外)
年会費無料無料1万円
ETCカード無料無料無料
家族カード無料無料400円

このように、au PAYカードだとau PAYにチャージすればポイントが貯まるものの、その他の電子マネーにチャージしてもポイントは貯まりません。

その点、dカードはモバイルSuicaやスマートICOCAにチャージしてもポイントが貯まります。つまり、dカードがあればバスや電車に乗る時も、得をするというわけです。

以上から、au PAYにチャージするときはdカードが1番おすすめと言えます

2.セブンイレブンで1番お得な支払い方法は?

21年現在、セブンイレブンは、dポイントカードを提示して、dカードでチャージしたau PAYで支払いが1番お得です。理由は、合計2.0%の還元を受けることが可能だから。

2.セブンイレブンで1番お得な支払い方法は?

何度も言いますが、au PAYはクレジットカード以外でチャージすると損をします。

au PAYに銀行口座やATMなどからチャージしても0.5%〜の還元しか受けられませんが、au PAY×dカードの組み合わせなら還元率は1.5%〜です。

なので、auユーザーは、今すぐにでもdカードの申し込みを検討してください

dカードの基本情報一覧

《年会費》無料
《家族カード》無料
《ETCカード》無料
《発行条件》18歳以上
《還元率》1.0%〜(100円ごと)
《貯まるポイント》dポイント
《ショッピング保険》最高100万円
《国内旅行保険》-
《海外旅行保険》-
《詳細について》dカードの全知識
キャンペーン》入会で8,000ポイント

もしドコモ料金が毎月9,000円を超えているなら騙されるな!dカード GOLDに申し込むメリットと4つの注意点の記事も参考になるので、ごらんください。

\ 審査最短5分 /

クリックして確認してみる

3.セブンイレブンの支払い方法

続いて、セブンイレブンの決済手段について調査をして、まとめました。

支払い方法可否
現金
スマホ決済(au PAY、d払い、PayPay、メルペイ、WeChat Pay、Alipay、楽天ペイ、LINE Pay、ゆうちょPay)
クレジットカード(VISA・JCB・MasterCard・AMEX、Diners、ユニオンペイ)
タッチ決済(iD、QUICPay、Google Pay、Apple Pay、クレカのコンタクトレス決済)
デビットカード、プリペイドカード
ポイントで支払い(nanacoポイント)
ギフトカードや商品券(セブン&アイ商品券、QUOカード、ビール券)
商業系電子マネー(nanaco、楽天edy、WAON)
交通系電子マネー(Suica、manaca、SUGOCA、Kitaca、ICOCA、toica、はやかけん、PASMO)
スマホ決済(J-Coin Pay、FamiPay、pring、QUOカードペイ)×
ポイント払い(Pontaポイント、楽天ポイント、dポイント、Tポイント)×

やはりコンビニだけあって、セブンイレブンは幅広いキャッシュレスに対応しています

これらの中でもau PAY×dカードの組み合わせは最強なので、auユーザーであれば、迷わず、この方法で支払いをおすすめします。

注意!下記はau PAYで支払いできない

au PAYでは支払いすることができない商品やサービスもあります。

  • QUOカード
  • プリペイドカード
  • プリペイドの携帯カード
  • テレホンカード
  • ネットや公共料金の収納代行
  • 各種電子マネーのチャージ
  • マルチコピー機の支払い
  • 切手や印紙、ハガキや年賀ハガキ
  • ビール券など酒のクーポン券
  • 映画券や前売券
  • 地区が指定するゴミ袋やゴミ処理券
  • nanacoカードの発行手数料
  • セブンのネットショッピング以外の店頭払い

これらはau PAYのみならず他のスマホ決済でも支払い不可なので、仕方がありません。詳細はセブンイレブン公式ページの「au PAY」で支払いができないもので確認できます。

4.セブンイレブン以外のコンビニでもau PAYは使える!

参考までに、他のコンビニでau PAYが使えるのかどうか、調査してまとめました。

コンビニ名au PAYの可否
セブンイレブン○(使える)
ミニストップ
ローソン
ナチュラルローソン
ローソンストア100
セイコーマート
ファミリーマート
ポプラ
キヨスク
デイリーヤマザキ

調べてみると、主要なコンビニでau PAYが使えない店舗はありませんでした

コンビニ以外にもau PAYが使える店舗は続々と増加中なので、気になる方はリンク先もごらんください。

まとめ

セブンイレブンでau PAYは利用できます!

その際ですが、 銀行口座やATMからチャージすると還元率が0.5%〜低いので、au PAYはdカードでチャージするのがおすすめです

そうすればポイントが二重取りできるので1.5%という高い還元率を叩き出せます。

このように工夫すれば3倍の還元を受けられるので、ぜひ実践してみて下さい!

もし年齢的にdカードが作れないという人は、いまはスマホ決済を諦めて、還元率が1.0%〜と高い楽天銀行デビットカード、16歳以下であればkyashを検討してみください。

SNSでもご購読できます
みんなの教科書
みんなの教科書の運営事務局
私達は、お金の無駄を省くプロの集団です。どの決済手段、お金を借りる方法を選ぶべきか迷っている人に、最もお得で後悔しない方法をお教えします。