騙されるな!楽天カードの特徴や評判など申し込む前に知るべき全知識

楽天カードクレジットカード

楽天カードは、楽天市場での買い物がお得になる、顧客満足度調査で10年連続No. 1のクレジットカードです。

そんな、楽天カードを契約するのなら、1番お得で、快適に利用したいですよね。

しかし、ネット上には批判されている理由もあって、正しい情報がどれか分かりにくいです。

絶対にウソの情報に騙されないようにしてください。楽天ポイントで1万〜2万円以上も損をする可能性が高いからです

そこで今回は、実際に楽天カードを使って3年の私が、申し込む前に知っておくべき全ての知識をまとめしました。

これを読めば、楽天カードが選ばれる理由やデメリット、利用している人の評判・口コミ、1番お得なキャンペーン窓口から申し込むことができます

ぜひ、参考にしてください。【20年最新版】

1.楽天カードとは

楽天カードとは

楽天カードとは、2001年創業の楽天カード株式会社が提供するクレジットカード。

特徴は、なんといっても楽天ポイントがたっぷり貯まること。それにより、顧客満足度調査で10年連続の1位を獲得しています。

私自身、楽天カード(現在はゴールドカード)を使っていますが、やはり楽天ポイントがザックザックと貯まりますね。

前はアメックスを使っていましたが、使い勝手の良さからやっぱり1番はコレと感じています。

楽天カードの基本情報

まずは、楽天カードの年会費や還元率などの情報から確認しておきましょう。

楽天カードの基本情報一覧

年会費:無料
入会資格:18歳以上の方
デザイン:12種類
ブランド:4種類
還元率:1.0%~
交換できるマイル:ANAマイル
電子マネー:楽天Edy
スマホ決済:Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ
付帯保険:海外旅行保険
支払日:月末締めの27日払い
キャンペーン:5,000ポイント
※年会費は税抜き価格

・年会費
毎年の会員費用のこと。家族カードも無料。ETCカードは別途500円の年会費がかかります。

・入会資格
カードを発行するにあたっての条件のこと。高校生は不可ですが18歳以上であれば基本的に誰でも申し込みが可能です。

・デザイン
楽天カードは他のクレジットカードと比べてもデザインが豊富で、お買い物パンダの他にもスポーツ選手やアーティストとコラボしているデザインが選べます。

・ブランド
クレジットカードのロゴマークのこと。アメリカンエクスプレス・MasterCard・VISA・JCBの4種類から選べます。

・還元率
クレジットカードで支払いをした時に実際に戻ってくるポイント比率のこと。月間利用合計金額に対して100円につき1ポイント貯まる仕組みになっています。

・交換マイル
貯まった楽天ポイントは2ポイント=1マイルで交換することができます。

・電子マネー
申し込み時にEdy決済を付帯させることができ、200円ごとに1ポイントが貯まる仕組みです。

・スマホ決済
たとえばApple Payに楽天カードを登録して決済すると100円につき1円相当のポイントが貯まる仕組みです。

・付帯保険
カードに最初から付いている保険のこと。海外旅行で盗難などに遭った際に使えます。

・支払日
カードの利用代金を払う日にちのこと。月末で利用合計金額を締めて翌月の27日に支払います。

・キャンペーン
2020年現在、一番お得なキャンペーンは新規入会5,000円ポイントプレゼントです。

公式サイトのキャンペーンページ「https://www.rakuten-card.co.jp/campaign/」から申し込んで受け取り手順を踏むことが必要になります。

2.楽天カードが選ばれる4つのメリット

さて、次は楽天カードがどうして人気なのか選ばれる理由を見ていきましょう。理由を知るには、複数のクレジットカードと比較するのが重要です。

ここでは、年会費無料の大手クレジットカード7種類と比較して、楽天カードが選ばれる理由を調べました。

比べた結果わかった理由は次の4つ。

  1. 楽天ポイントが貯まる!
  2. 還元率が高い
  3. 保証が充実している
  4. カードデザインが豊富

メリット1.楽天ポイントが貯まる!

なんといっても、楽天カードは楽天スーパーポイントがたくさん貯まります

楽天ポイントが貯まる!

これまで楽天市場の買い物をしても還元率1%だったものが、支払いを楽天カード決済にするだけで還元率が3.0%にUPします!

さらに、毎月5と0のつく日は+2.0%なので還元率はなんと5.0%

つまり、楽天カードを所有するだけで楽天市場での買い物が「今より3倍はお得になる」ということですね。

なんとなんと、SPUによって最大14倍お得になる!

楽天サービスをたくさん使う

さらに楽天アプリ経由で買えば+0.5倍、引き落とし口座を楽天銀行にすれば+1倍と最大14倍(ゴールドカード以上なら16倍)まで還元率がUPします。

むずかしい条件は一切なく、楽天カード決済するだけで誰でもポイントが貯まります。

SPU=楽天スーパーポイントアッププログラムというポイント制度の略称。

セールやイベント時期を狙うと、もっとポイントが貯まる!

又、年に4回開催される楽天スーパーセールやお買い物マラソンの時に買い物をすれば更にポイントが貯まります!

セールやイベント時期を狙うと、もっとポイントが貯まる!

今のところ楽天カードと同じくらい還元しているクレジットカードは他にないので、楽天で買い物を1回でもするなら楽天カードを作って損はないでしょう。

メリット2.還元率が高い

楽天カードは、他のクレジットカードと比べても還元率が高いです

参考に、他に人気なクレジットカード7種類と比べてみてみましょう。

カード名還元率
楽天カード1.0%〜
オリコカード1.0%〜
JCB CARD W1.0%〜
dカード1.0%〜
Yahoo! JAPANカード1.0%〜
ビックカメラSuicaカード1.0%〜
エポスカード0.5%〜
三井住友カード0.5%〜

2020年現在、クレジットカードというのは還元率は1.0%〜で高いのが現状です。

なかには還元率0.5%〜というのもありますが、単純計算でポイントが半分しか貯まりません。

なので、楽天カードはクレカの中でもお得と言えるでしょう!

メリット3.補償が充実している

楽天カードは、「ネット不正あんしん制度」と「商品未着あんしん制度」の手厚い保証が用意されています

ネット不正あんしん制度

まず一つ目がネットショッピングなどで不正利用があった場合に全額補償してくれる安心のサービスです。

ネット不正あんしん制度の詳細

これは楽天カード決済をすることで使える補償制度で、カード利用のお知らせメール機能と一緒に使うと安心です。

商品未着あんしん制度

商品未着あんしん制度の詳細

もし楽天市場で買い物した商品が届かない…という場合でも、楽天カード決済をしておけば請求を取り消しすることができます。

商品が届かないということは少ないかもしれませんが、これなら海外発送や外国人が運営している店舗からでも安心して購入できるというわけですね。

もしトラブルがあった際は60日以内に申請手続きをすることも忘れずに。

旅行保険も手厚い内容になっている

楽天カードには海外旅行傷害保険が付帯していて、他と比べても保証内容が手厚いです。

以下は、人気なクレカの中でも補償が手厚いクレカで比べた表です。

楽天・オリコYahoo! JAPANエポス
傷害死亡後遺障害2,000万円なし500万円
傷害治療疾病治療200万円200万円
賠償責任2,000万円2,000万円
携行品損害20万円20万円
救援者費用200万円100万円

比べると、エポスカードは海外で怪我をしたときや入院したときの保証金額が少ないですし、Yahoo! JAPANカードに至っては海外保証が一切ありません。

なので、いざというときの補償も充実しているクレジットカードと言えます

メリット4.カードデザインが豊富

楽天カードといえば、カードデザインが豊富であるのも選ばれる理由の一つです。

無料会員であれば、全12種類からデザインを選ぶことができます。

カードデザインが豊富

定番のシルバーの他に、FCバルセロナ・YOSHIKIさん・ディズニー・楽天イーグルス・女性向けのピンクデザインなどが用意されています。

デザインによってはMasterCardやJCBのみとなるので、初めてのクレジットカードの申し込みであれば定番のシルバーデザインでVISAを選ぶのがおすすめです

3.気をつけて!楽天カードの3つの注意点

以上が、他のクレジットカードより楽天カードが選ばれている理由です。

多くの人が満足している楽天カードですが、ちょっと残念なところもあります。

ここからは、“申し込む前に知っておくべき注意点”を3つお伝えしていきます。

  1. チャージでポイントは貯まりにくい
  2. ETCカードは有料になる
  3. 明細書の郵送は有料になる

では、一つずつ見ていきましょう。

注意点1.チャージでポイントは貯まりにくい

最大のデメリットは、電子マネーのチャージはSuicaのみ還元対象というところ。

楽天カードは、電子マネーのモバイルSuicaにチャージしたときのみ通常の半額の0.5%のポイントが貯まります

チャージでポイントは貯まりにくい

正直ポイント還元が1.0%ではなく0.5%なのは微妙ですが、以前まではSuicaにチャージしても還元対象外だったので大きな進歩です。

この点について、他のクレカはどうなっているのでしょうか。

カード名還元対象の電子マネー
楽天カードモバイルSuica
(半分の0.5%)
オリコカードモバイルSuica、スマートICOCA
(いずれも1.0%)
JCB CARD Wなし
dカードなし
Yahoo! JAPANカードモバイルSuica、スマートICOCA
(いずれも1.0%)
ビックカメラSuicaカードモバイルSuica
(1.5%)
エポスカードモバイルSuica
(0.5%)
三井住友カードGoogle Pay経由のモバイルSuica
(0.5%)

こう比べると楽天カードは少し内容が悪く感じてしまうかもしれません。

とくにJR東日本が提供しているビックカメラSuicaカードならモバイルSuicaのチャージで還元率1.5%と驚異的です。

そのため、電子マネーのチャージは別のクレカと併用するのがおすすめです。

※ビックカメラSuicaカードの詳細は、「ビックカメラSuicaカードの申込前に知るべきメリットと注意点」の記事でまとめています。

注意点2.ETCカードは有料になる

楽天カードは、ETCカードを発行すると年会費500円が発生します。

カード名ETCカード(税抜き)
楽天カード年会費500円
オリコカード年会費無料
JCB CARD W年会費無料
dカード年会費500円
(年1回の利用で無料)
Yahoo! JAPANカード年会費500円
ビックカメラSuicaカード年会費477円
エポスカード年会費無料
三井住友カード年会費500円
(年1回の利用で無料)

これはETCカードを一緒に作ろうとしていた人からすると残念なポイントですよね。比べると、年会費無料のクレカはたくさんあります。

ただし、通行料金100円につき1ポイント貯まるので高速代が年間5万円以上、もしくは楽天カードで年間5万円以上決済すればポイント還元で年会費は実質0円です。

上位カードならETCカードは無料になる!

上位カードの楽天ゴールドや楽天プレミアムカードに申し込むのも一つの手です。

楽天カードと楽天ゴールドカードを比較

たとえば、楽天ゴールドカードなら年会費はたった2,000円ですし、楽天市場の買い物でポイント5倍、さらに5か0の倍数日なら+2倍でポイント最大7倍です。

1万円の買い物をしたら通常500円〜最大で700円分のポイントが貯まります。

どれが良いのか迷ってしまった時は

メリットとデメリットがあるので、初めての楽天カードなら迷ってしまうかと思います。

基本的には、次のように選ぶと間違いないでしょう。

  • 年間20万円以下の決済
    →楽天カード
  • 年間20万円以下の決済ができる
    →楽天ゴールドカード
  • 合わせて海外旅行によく行く人
    →楽天プレミアムカード

理由ですが、年間20万円以上の決済ができるなら単純計算で年間2,000ポイント貯まるため楽天ゴールドカードの年会費は実質0円です。

楽天プレミアムカードは旅行の補償サービスが充実するかどうか。いずれも難しいなら年会費無料の楽天カードで様子をみるのが良いですね。

注意点3.明細書の郵送は有料

楽天カードは、書面で利用明細書をもらうと毎月77円必要です。

年間にすると77円×12ヶ月=924円(税抜き)。5年も利用すれば4,620円にもなりあす。

対策方法は2つ。毎月12日以降に楽天e-NAVIから自分でプリントアウトする、もしくはゴールドカードを作れば無料することができますよ

4.実際どう?楽天カードの口コミ・評判まとめ

楽天カードの口コミ

ここまで、楽天カードがどんなクレジットカードなのか、選ばれる理由とデメリットについてお伝えしてきました。

しかし、「実際に楽天カードを使っている人は満足できているのか」という点も確認しておきたいところ。

そこで、実際に楽天カードを使っている人の口コミ・評判を調査し、以下5つのポイントに分けました。

口コミ1.デザインはどう?
口コミ2.使い勝手はいい?
口コミ3.審査は厳しい?
口コミ4.お得だと感じる? 
口コミ5.その他のサービスはどう?

では、いっしょに見ていきましょう。

楽天カードの口コミ・評判まとめ

全体的に喜びの声が多く「気に入ってる!」「ポイントを使えるところが多いので便利」「すぐに審査が通った!」などメリットが大きい声が目立ちました。

その一方で、「Edy残高が引き継げないのが不便」という悪い口コミがありました。

口コミ1.デザインはどう?

気に入ってる!

「デザインは気に入っている!」という喜びの評判ですね。

定番のシルバーがシンプルで気に入ったという声も多かったですが、パルセロナやYOSHIKIさんデザインがカッコいい、PINKデザインやディズニーが可愛いという声もありました。

全12種類の豊富なデザインから選べるのは大きな魅了のようですね。

デザインはダサい…

「デザインが気に入っている!」 という評判がたくさんあった一方で、こちらは「ダサい…」という評判ですね。

ネットの情報を集めると、シルバーカードがシンプル過ぎるという口コミが目立ちました。特に男性からの声が多く女性の目線を気にしているようでした。

このあたりは賛否了々がありますが、次のようなアンケート結果もあるのでデザインの批評は思っているほど気にする必要はないかもしれません

女性277人に質問した結果によると、楽天カードをダサいと思う女性はわずか9%。つまり気にする必要はないということですね。

なので、デザインについては思っているほど気にする必要はないと言えるでしょう。

デザインの批評が心配になる人はネット決済のみで使おう!

どうしてもデザインが気になるなら楽天市場やネットショッピング専用で使うのがおすすめです。

前述しましたが、楽天市場の決済を楽天カードにするだけで楽天ポイントが3倍(アプリで買うなら+0.5倍)にもなるのは絶対にお得です。

年会費無料でこれだけお得なカードを作らないのは損と言えるでしょう。

口コミ2.使い勝手はいい?

ポイントを使えるところが多いので便利!

「ポイントの使い道が多くて便利!」という口コミですね。

貯まった楽天ポイントは楽天市場だけではなく、マクドナルドやミスタードーナッツ、薬局のツルハドラックやダイコクドラックなど幅広いお店で使えます

使える店舗は増加中なので、これからもっと便利になりそうです。

電子マネーと連携すればカードレスになる!

「電子マネーと連携すると便利になる」という口コミですね。

楽天カードを楽天payかApple Payと連携すれば、クレジットカードをいちいち出さなくてもスマホの画面で決済することができます。

これならコンビニでちょっとした買い物をするときでも楽天ポイントが貯められますし、貯まったポイントは楽天ポイントカードアプリで支払うこともできて便利です。

メール通知サービスが便利

「楽天カード決済をすると通知が来るのが安心」という口コミです。

通知はオフにすることもできますが、これなら不正利用があってもスグに気付くことができるので安心で便利な機能です。

Edy残高が引き継げないのが不便

「楽天カードの切り替え時期になったけどEdy残高が引き継げない」という口コミですね。

クレジットカードの有効期限は4年〜5年で切れるのが一般的ですが、旧カードのEdy残高は新カードに引き継ぎができないので注意してください

なので、クレジットカードの更新タイミングやカードのゴールドカードなどにランクを上げるときはEdy残高を使い切って処分する必要があります。

口コミ3.審査は厳しい?

すぐに審査が通った!

「審査に無事通った!」という口コミですね。

楽天カードは他のカードと比べても審査が甘いと評判なので、よほどのことがない限り審査に落ちるということはないでしょう

会社員はもちろん、収入の安定しないフリーターや学生、個人事業主や年金暮らしの人でも問題なく審査に通過していました。

審査に落ちた…

審査が甘いと評判の楽天カードですが、反対に「審査に落ちた…」という口コミも少しありました。

考えられる理由としては

  • 年収の1/3以上を超える借り入れがある
  • 他社で未払いや滞納がある
  • 勤続年数や年収が低い
  • 自己破産などの履歴が考えられます。

審査のゆるい楽天カードで作れなければ他でも作れない可能性が高く、半年で4枚以上申し込むと多重申し込みになってカード会社からの印象が悪いです。

まずは申し込んでみて、万が一審査に落ちてしまったら6ヶ月開けて再申し込みを行いましょう

※審査は他のクレカと比べても通過しやすいと評判ですが、心配なら楽天カードの審査ってどう?申し込み資格から通過するコツまで解説もごらんください。

口コミ4.お得だと感じる?

ポイントがたくさん貯まる!

「楽天カードはポイントがたくさん貯まる」という評判ですね。

楽天市場で買い物するだけでポイントが貯まることもあって、利用者の声からはお得と感じる声が多かったです!

貯まったポイントで食事をした!

「貯まったポイントを楽天ペイで支払いに使った」という口コミですね。

日常的な支払いを楽天カードにするだけでポイントが貯まるので、松屋やすき家などの支払いに使っても良いかもしれません。

ガソリン代を楽天ポイントで払えた!

「貯まった楽天ポイントでガソリンを入れた」という口コミですね。

貯まった楽天ポイントは、エネオスや出光などメジャーなガソリンスタンドの給油料金に充てることができますし、楽天カード決済で100円につき1ポイント貯まります

例えば、1ヶ月8,000円分給油するなら1年間で約1,000ポイント貯まるでのお得です。

楽天カードで楽天証券の支払いができる

中級者向けですが、貯まった楽天ポイントを使って投資信託を購入するのもお得な使い道です。

楽天カード決済にすれば決済額100円につき1ポイントが貯まるので、ポイント分だけ投資信託を購入すればリスクなく投資を始められるというわけですね

口コミ5.その他のサービスはどう?

カスタマーの対応は親切だった

「カスタマーセンターの対応が親切だった」という口コミです。

多少の個人差はあるかもしれませんが、分からないことだけではなく海外での高額な買い物や不正請求についても安心して対応を任せられそうです

広告メールの数が多い

「楽天カードから届くお知らせメールが多い」という口コミですね。

楽天サービスをたくさん使っているほど広告メールがたくさん届く可能性があります。

不要なメールが届いたら、楽天サービスのe-NAVIからメール配信を止めておきましょう

カードが突然使えなくなった

「楽天カードの利用ができなくなった」という口コミですね。

あくまでウワサになりますが、楽天カードは入会審査がゆるい代わりに毎月の支払いを遅延したり消費者金融の複数申し込みなどには厳しいという声があります。

とくに、月末締め翌月27日払いのルールは必ず守るようにしてください

支払い日の遅延が続くと利用制限、悪質と判断されると利用停止(エラーコード2)となり復活ができないことがあります。

ただし、一般的な使い方をすればとくに不便なく使えるので安心してくださいね。

5.楽天カードはこんな人におすすめ!

楽天カードはこんな人におすすめ

ここまで、楽天カードの選ばれる理由やデメリット、評判・口コミについてまとめました。

まとめると、次のような人におすすめのクレジットカードです。

・楽天ポイントを貯めたい人

・還元率が高くて保証が充実しているクレジットカードを作りたい人

・豊富なデザインの中から自分にピッタリのカードを作りたい人

なぜならば、楽天カード決済でポイントが貯まりやすくなり、年会費無料のクレジットカードの中でも還元率が高くて保証が充実しているからです。

さらに、全12類の中から好きなデザインを選ぶことができるのでおすすめです。

これらに当てはまる人は、楽天カードを作っても後悔することはないと言えるでしょう。

6.楽天カードのお得なキャンペーン

せっかく楽天カードを作るなら、お得なキャンペーンを受け取って利用したいですよね。

ここからは、お得な申し込み窓口と手順についてお教えします。

もっともお得なキャンペーン窓口はここだ!

楽天カードのキャンペーン

結論からいうと、楽天カードの申し込みは公式サイトからで間違いありません。

以下で紹介する2つの手続きを踏むことで5,000円分の楽天ポイントがもらうことができます。その他にも申し込み窓口はありますが公式サイトの特典を受けとる事自体が少し複雑で大変です

なので、安心で確実に5,000ポイントをGETできる公式サイトからの申し込みがおすすめです。

※キャンペーンの詳細は、騙されるな!楽天カードの本当にお得なキャンペーン総まとめでも詳しく解説しています。

7.楽天カードの申し込み手順

楽天カードの申し込みからカードが届くまでの手順をまとめました。

手順1.公式サイトにとぶ

まずは公式サイトを開いて、以下のページに移動します。

申込手順1

すでに楽天IDをお持ちの方は「楽天会員の方」を選びます。楽天IDを持っていない人は「楽天会員でない方」を選択しましょう。

楽天サービスを一度でも利用したことのある人を前提として手順を解説していますが、非会員でも還元率や使い方は同じなので安心してください。

手順2.カードの種類を選ぶ

楽天IDでログインすると、クレジットカードのランクを選択する画面が表示されます。

申込手順2

年会費無料のクレジットカードを選ぶので、一番左の枠をクリックします。

その他にも、年会費2,000円の楽天ゴールドカードや年会費1万円の楽天プレミアムカードから選ぶことができます。

年会費を払ってランクを上げた方がお得になるの?

目安として、年間20万円以上のクレジットカード決済ができるなら楽天ゴールドカードの年会費は実質0円にすることができます。

なので、年間20万円以上の決済が可能なら楽天ゴールドカードがおすすめです。

楽天プレミアムカードは旅行者向けのサービスが手厚くなるかどうかなので、基本的に楽天カードか楽天ゴールドカードで選ぶと損することがありません

非会員でゴールドカードを申し込む人はこちら、プレミアムカードはこちらから申し込みできます。

手順3.申し込み情報を入力する

次に、クレジットカードのブランドを選択します。その後、名前や年収など入力していきます。

申込手順3

クレジットカードのブランドについてですが、選ぶブランドによってデザインが異なります。

VISA・JCB・MasterCard・アメリカンエクスプレスどれがおすすめ?

VISAを選んでおけば国内でも海外旅行でも使い勝手に困ることはありませ

VISAが使えるところはMasterCardも基本的に使えるので、2枚目なら海外でも知名度のあるJCBがおすすめです。

アメリカンエクスプレスは使えるお店も限られてくるため正直おすすめできません。

女性なら楽天PINKカードを選ぶのもアリ

女性なら楽天PINKカードもおすすめです。違いとしては、以下3つの有料サービスに加入できます。

女性なら楽天PINKカードを選ぶのもアリ

月額300円で楽天市場の対象ショップで使える割引クーポンがもらえたり、月額280円から始められる女性特定疾患補償プランに加入することができます。

有料プランのカスタマイズ以外は同じなので、デザインが気に入れば選んでも良いかもしれません。

専業主婦なら配偶者の年収を申告しよう

年収が103万円以下の専業主婦なら、以下にチェックします。

専業主婦なら配偶者の年収を申告しよう

そうすると配偶者の年収を入力することができクレジットカードの審査に通過しやすくなります。

他社からの借り入れ額は正直に記入しよう!

クレジットカードの審査は正しく情報を把握して記入しているかも判断されるので、借入額や居住年数はできるだけ正直に記入しましょう。

借り入れや遅延で審査が心配…という人は、「楽天カードの審査ってどう?申し込み資格から通過するコツまで解説」も参考にしてください。

広告メールが不要な人はチェックを変更しよう!

広告メールが不要な人はチェックを変更しよう!

広告メールは少しでも少ない方が良いという人は、「受け取らない」にチェックを変更しましょう。

手順4.約1週間ほどでカードが到着!

約1週間ほどでカードが到着!

申込日から4日〜通常1週間ほどでクレジットカードが郵便か佐川で届きます。発行状況の確認はこちら

又、ETCカードもしくは家族カードは+1週間ほどで別に届くので忘れないようにしましょう

不在で受け取れなかった場合には楽天カード(0120-559-145)から自動音声による電話が入ります。

手順5.5,000円分の楽天ポイントを受け取るステップ

ここからは、“5,000円分(2,000+3,000)の楽天ポイント受け取り手順”について見ていきます。

5,000円分の楽天ポイントを受け取るステップ

STEP1.楽天e-NAVIにログインする

クレジットカードが到着したら、こちらをクリック。

楽天e-NAVIにログインする

カードと一緒に届いた書面に書かれてある「楽天IDとパスワード」でログインします。

STEP2.カード番号などを入力する

下記の画面が表示されるので、カード番号・生年月日・登録した電話番号を入力します。

カード番号などを入力する

入力すれば、5,000ポイントのうち2,000ポイントの申請が完了です。

申請した日から2〜5営業日以内にポイントが付与されているので、楽天PointClubで付与を確認してみましょう。

STEP3.楽天カードを1回使って口座振替の設定をする

残り3,000ポイントを受け取るために、申し込み日の翌月末までに楽天カードで1回支払い+引き落とし口座の設定を行いましょう

楽天カードの支払いはコンビニでも楽天市場の買い物でもなんでも構いません。

この2つの手続きをした翌月20日頃にポイントが付与されますが、3,000ポイントは付与された日の翌月末までが期限なので忘れずに使い切りましょう。

よくあるQ&A

よくあるQ&A

毎月の利用明細の確認や支払い回数の変更は、楽天カードアプリ(androidはこちら)、パソコンなら楽天e-NAVI)からログインして行うことができます。

又、クレジットカードの紛失や不正請求などのトラブル、その他の不明点は楽天カードコンタクトセンターに電話することで対応してくれます。

“楽天カードコンタクトセンター”

電話番号:0570-66-6910(有料)
受付時間:9:30~17:30
※紛失や盗難等の場合は、0120-86-6910

Q1.支払いについて

毎月の締め日はいつ?

楽天カードは月末締めの翌月27日払い(金融機関が休日の場合は翌営業日)です。

ただし、楽天市場で楽天カード払いにした利用分は締め日が25日と変わるため、26日〜月末分は翌々月の27日払いになります。

くわしくは、気をつけて!楽天カードの締め日や引き落とし日と3つの注意点の記事でまとめています。

ご利用可能額はいつ戻る?

ご利用可能額が50万円で先月に10万円使って27日に引き落としされた場合、ご利用可能額が40万円→50万円に戻るタイミングは以下の通り。

・楽天銀行で引き落としの場合…振替えされた当日中
・他銀行で引き落としの場合…通常2~4営業日後

引き落とし口座によって、利用可能額が戻るタイミングが遅くなる事があるので気をつけてください。

ご利用可能額を増額・減額することはできる?

楽天e-NAVIの「ご利用可能額の照会」から「ご利用可能枠の変更」で行うことが可能です。

又、お祝い事や急な出費のときには「ご利用可能枠の一時的な増枠」を使うことで2ヶ月間だけ増枠することもできます。

引き落としができなかった場合は?

以下の銀行であれば、引き落とし残高が足りなくても再振替してくれます。

楽天銀行・みずほ銀行・三井住友銀行・三菱UFJ銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行・北海道銀行・北陸銀行・横浜銀行・千葉銀行・広島銀行・福岡銀行・熊本銀行・親和銀行・常陽銀行・肥後銀行・八十二銀行・ゆうちょ銀行

たとえば27日の平日に残高不足でも+4日間(ゆうちょ銀行は2日間)以内に残高を満たしておけば再振替してくれます。

ただし、再振替でも信用機関に「遅滞」の履歴が残るため支払い期日には必ず引き落としできるよう準備しておくのが良いでしょう。

楽天カードの年会費はいくら?

種類によって違うので、楽天カードの年会費って実際いくら?メリットや注意点まで解説しますの記事でくわしくまとめました。

Q2.支払いの変更について

支払い回数を変更したいけど、どうすればいい?

まず、楽天カードの支払いは1回払い〜最大で36回払いまで分割することができます。

1回もしくは2回払いであれば金利は無料ですが、それ以外ですと実質年率12.25%~15.00%の金利が上乗せされます。

分割払いの手数料

楽天市場で買い物するときなら下記のように分割払いを指定することができますし、店頭で支払う時なら口頭で分割払いを指定することができます。

支払い方法の変更

1回払いにしたけど、後から分割払いに変更できる?

はい、支払い予定月の20日までなら楽天e-NAVIの「分割払いへの変更」から可能です。

分割払いに変更

このように回数を選んで変更することが出来るので、外出先で一括払いでと伝えても後から分割に変更できますよ。

リボ払いはどうすればいい?

分割よりも自分で決めた額を支払っていきたい人は「後からリボ払い」がおすすめです。

リボ払いはどうすればいい?

毎月の支払額を自分で決めることが出来ますし、まとまったお金が入ったときは「リボ残高おまとめ払い」で金額を増やして払うことができます。

毎月いくら払うかは「リボお支払いコースの確認・変更」で変更することができます。

毎月いくら支払うと何回で返済できるかは返済シミュレーションを行うことができます。

Q3.楽天ETCカードについて

楽天ETCカードの還元率と年会費について教えて

はい、楽天ETCカードは通行料金100円につき1ポイント貯まる仕組みです。

年会費無料の楽天カードでETCカードを作るなら年会費500円(税抜き)がかかりますが、楽天市場の会員ランクをプラチナ以上にするか楽天ゴールドカードであれば無料です。

詳しくは、「楽天ETCカードの年会費は無料にできる!その方法をやさしく解説」をごらんください。

Q4.キャッシングについて

コンビニのATMでもキャッシングすることができますが、楽天カードの引き落とし口座に振込されるネットキャッシングもあります。詳しくはこちらから。

Q5.解約について

楽天カードを解約するにはどうすればいいの?

解約は、楽天カードコンタクトセンター(0570-66-6910)に電話することで可能です。

ゴールドカードもしくはプレミアムカードをお使いの人はカード裏面の番号に電話しましょう。

楽天銀行カードをお持ちの人は楽天銀行カスタマーセンター 0120-776-910(携帯は03-6832-2255)で解約することが可能です。

解約前の確認事項について

・Edy残高を全て使い切っている
・未払いの請求が残っていない
・ETCや家族カードも利用していない
・公共料金の引き落とし先を変えている

とくにEdy残高は全て使い切ってから楽天カードを破棄するようにしてください。

Q6.楽天カードの種類と違いについて

最後に、全8種類の楽天カードの特徴をまとめました。

比較した結果、楽天カードを作るなら年会費無料の楽天カード、ポイントがさらに貯まる楽天ゴールドカードの2つが最もおすすめです。

楽天カード

楽天カード

還元率1〜3%で年会費無料の定番のカードです。初めて楽天カードを作る人におすすめです。

楽天PINKカード

楽天PINKカード

還元率や年会費などの基本サービスは同じです。定番のカードと違って女性向けに用意された有料プランに加入することができます。

楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカード

還元率1〜5%で年会費2,o00円のゴールドカードです。楽天市場で年間10万8,012円買い物するヘビーユーザーにおすすめです。家族カードは有料になります。

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード

還元率1〜5%で年会費1万円のプレミアムカードです。ゴールドカードと違って海外旅行保険が手厚くなりますが年会費+8,000円のメリットは少ないかもしれません。

楽天銀行カード

楽天銀行カード

還元率や年会費などの基本サービスは定番のシルバーカードと同じ。キャッシュカードと一体型なので持ち運びに便利なのと普通預金金利が2倍になります。

個人的にはおすすめしません。なぜなら一体型は使用頻度が増えるのでカードの劣化が早いからですし、定番のVISAが選べないからです。

楽天ANAマイレージクラブカード

楽天ANAマイレージクラブカード

定番のシルバーカードにANAマイレージクラブ機能が付いたカードです。年会費500円ですが年1回でもカード決済をすれば年会費は無料になります。

こちらも個人的におすすめできません。なぜならマイルを貯めるためANAマイルコースにすると楽天ポイント対象外になり楽天市場のランクが下がりやすいからです。

楽天カード アカデミー

楽天カード アカデミー

満18歳以上28歳以下の学生向けカードです。定番のカードと違うのは楽天ブックスや楽天トラベルの「高速バス予約」などでポイントが貯まるのが特徴です。

学生を卒業すると定番のカードに切り替わるので、楽天市場の利用がメインなら定番カードで最初から申し込みをおすすめします。

アルペングループ楽天カード

アルペングループ楽天カード

アルペングループの店舗で決済すると最大5%のアルペンポイントも一緒に貯まるお得なカードです。ただしMasterCard一択なので2枚目におすすめできそうです。

まとめ

今回は、楽天カードが選ばれる理由など基本的な内容か申し込み手順まで、詳しくまとめました。

日常的に使える楽天ポイントがたくさん貯まる楽天カードは、とても優れたクレジットカードです。

批判される声もネット上にありますが、デメリットを含めても作って損のない一枚です、

お得な公式サイトから申し込んで、手順に沿って楽天ポイントを受け取ってくださいね。

SNSでもご購読できます
みんなの教科書
みんなの教科書の運営事務局
私たちは、クレジットカードの無駄を省くプロの集団です。どのカードを選ぶべきか迷っている人に、最もお得で後悔しない方法をお教えします。