騙されないで!私がP-one Wizをおすすめしない6つの理由

P-one Wizクレジットカード

P-one Wiz(ピーワン・ウィズ)が気になっていますね?

P-one Wizは、年会費が無料にもかかわらず還元率が1.5%もあると評判のクレジットカード。

還元率が高くてなんだかお得そうですが、P-one Wizはおすすめできません。

なぜなら、他のクレジットカードの方がもっとお得で快適に利用できるから

ここでは他のクレジットカードと比較をして、よりおすすめのクレカを紹介します。

1.P-one Wizとは

P-one Wizとは

photo by:https://www.pocketcard.co.jp/card/card_ponew.html

P-one Wizは、1982年創業のポケットカード株式会社が提供するクレジットカード。

調べたところ、P-one Wizの提供開始は2015年7月〜なので、他のクレジットカード会社と比べると比較的あたらしいクレジットカードという印象です。

まずは、基本情報からお伝えしますね。

P-one Wizの基本情報一覧

年会費:無料
入会資格:18歳以上で電話連絡可能な方
ブランド:VISA・MasterCard・JCB
デザイン:レッド・シルバー
還元率:1.5%(※)
ポイント名:ポケット・ポイント
ポイント:100円ごと(1会計毎)
交換できるマイル:-
電子マネー機能:-
支払日:毎月1日締めの翌月1日払い
付帯保険:ショッピング保険
キャンペーン:現在なし
※Tポイントに交換した場合

P-one Wizの特徴は、還元率の高さ

そんなP-one Wizの最大の特徴は、なんといっても還元率が高いところです。

P-one Wizの還元率を、他の人気なクレジットカードと比較してみました。

カード名還元率
P-one Wiz1.5%
REXカード、リーダーズカード1.25%〜
リクルートカード1.2%〜
楽天カード
オリコカード
JCB CARD W
ビックカメラSuicaカード
1.0%〜
エポスカード0.5%〜

ご覧のように、P-one Wizの還元率は1.5%、その次にREXカードやリーダーズカードで還元率1.25%〜と他よりも高いことが分かります。

還元サービスの仕組みは他とちょっと違う!

P-one Wizは、決済金額の1%割引(100円毎に1%)+1,000円につき1ポイント付与です。

実際の利用明細をみていると、他のクレカとちょっと違うことが分かります。

P-one Wizの還元率

クレジットカードというのは決済金額×○%のポイントが貯まるのが一般的です。

でも、P-one Wizは決済金額から割引+ポイント付与しているので高い還元率を出せているというわけですね。

しかし、よく調べた結果、P-one Wizを選ぶと損をすることが分かったんです

2.P-one Wizをおすすめしない6つの理由

私がP-one Wizをおすすめしない理由は、下記の6つです。

  1. 還元サービスの仕組みが悪い
  2. 還元対象外が多い
  3. 還元率1.5%には条件がある
  4. 旅行保険がついてない
  5. ETCカードは手数料が必要
  6. 利用開始前の手続きが多い

それぞれ、理由をみていきましょう。

理由1.還元サービスの仕組みが悪い

P-one Wizは一見お得そうに見えるのですが、還元は1会計毎に行われます

参考までに、他のクレジットカードの還元サービスを見てみましょう。

カード名還元サービスの仕組み
P-one Wiz1会計毎
REXカード、リーダーズカード、リクルートカード、楽天カード、エポスカード、JCB CARD W、オリコカード月間利用額

ご覧のように、人気なクレカの大半は月間利用金額に対してポイント付与になっています。

何が違うかというと、

  • 1会計毎
    →1会計毎に1〜99円の端数はその都度カット
  • 月間利用金額
    →端数のカットは月1回のみ

というふうに端数をカットする回数が多いので実際使うとポイントが貯まりにくいんです。

このような還元サービスの仕組みのため、P-one Wizはおすすめできません!

理由2.還元対象外が多い

P-one wizは、還元の対象外が多いです。

P-oneカードの公式ページでは、還元対象外について次のように書かれています。

※1 サンリブ、マルショク、ポケットカードトラベルセンター、電子マネーチャージ、金券類、生損保等の各種保険料、ETCカードのご利用分、キャッシングご利用分は「1%OFF特典」対象外となります。また、一部対象外のお取引もございます。

引用:P-one Wiz公式ページ

とくに残念なのは、電子マネー(モバイルSuicaやスマートICOCAなど)のチャージやETCカードの利用分は還元対象外になるところ。

その他にも保険料の支払い、改悪によってkyashにチャージしても還元対象外です。

この点について、先ほど比べたクレカはどうなのか見てみましょう。

カード名還元対象外
P-one Wiz電子マネーやETCカードの利用料
REXカード特になし
リーダーズカード
リクルートカード
特になし
JCB CARD WモバイルSuica・スマートICOCA
楽天カードスマートICOCA
オリコカード特になし
エポスカードスマートICOCA

※電子マネー…Suica、ICOCA

他のクレジットカードでは、P-one Wizよりも還元対象外になる項目が少ないです。

こういった理由からも、P-one Wizをおすすめすることができません。

理由3.還元率1.5%には条件がある

P-one wizの還元率が1.5%になるのはTポイントに交換したとき場合の話です

イメージ的にはこんな感じです。

還元率1.5%には条件がある

このように、ポケット・ポイントをTポイントに交換することで初めて還元率は1.5%です。

もしそれ以外に交換すると還元率は約1.3%に下がってしまいます。

そのため、P-one wizで高い還元率を出すなら他のクレジットカードより手間をかけなければいけないので面倒です

理由4.旅行保険がついてない

P-one Wizは、国内もしくは海外旅行保険がついていません

年会費がかからないので仕方がないと思うかもしれませんが、年会費無料でも旅行保険がついているクレジットカードはたくさんあります。

カード名旅行保険
P-one Wizなし
REXカード、リーダーズカード、リクルートカード国内・海外
楽天カード、エポスカード、JCB CARD W海外のみ
オリコカードなし

ちなみに、上位カードのP-oneカード<G>、P-oneカード<Premium Gold>なら国内・海外旅行保険がついています。

しかし、これらは年会費3,000円もしくは1万円がかかりますし、特典内容もグッと充実しているわけでもありません。

そのため、年会費無料で、旅行保険がついている他のクレカの方がお得と言えます。

理由5.ETCカードは手数料が必要

P-one Wizは、ETCカードの新規発行手数料が1,000円、又、カードの有効期限を迎えるたびに更新手数料1,000円が必要です

カード名ETCカードの手数料
P-one Wiz新規発行手数料+更新手数料
REXカード、リーダーズカード、楽天カード、エポスカード、JCB CARD W、オリコカードなし
リクルートカード新規発行手数料

ご覧のように、新規発行手数料がかかっても、更新するごとに手数料がかかるETCカードは滅多にありません。

一般的に、ETCカードの有効期間は3~5年なので、その度に手数料がかかってしまます。

又、P-one WizのETCカードでは還元サービスが受けられないので、別のクレジットカードでETCカードを発行する方が無難と言えるでしょう

理由6.利用開始前の手続きが多い

P-one Wizは、カード到着後に行う手続きが多いので面倒です

  1. カード到着
  2. ネットカウンターに登録
  3. 口座振替の登録をする
  4. ずっと全額コースに変更

なんだかややこしそうですよね。。

まず1について、ネットカウンターとは毎月の請求額が確認できる会員専用のページのことで、登録には個人情報を一通り入力しなければいけません。

続いて2ですが、申し込み時に口座振替の登録ができないので、振替用紙かネットで引き落とし先口座の登録をする必要があります。

そして3、カード到着時はリボ払いになっているので「ミニマム・ペイメント(リボ払い)」→「ずっと全額コース」に変更をしなければいけません

こういった手続きは、大手のクレジットカードであれば一切の手続きが不要です。

口座振替が未完了だとリボ払いが続く

支払い方法を登録しても、引き落とし口座の登録がちゃんと出来ていなくてリボ払いが続いていた…なんてこともあるんです。

これは私も体験した話で、口座振替の登録に必要な印鑑が相違していて3ヶ月位ずっとリボ払い状態のままでした…。

確認不足がいけなかったのですが、そもそも最初がリボ払いになっているとは公式サイトにちゃんと書かれていません。

正直、この表記だけではリボ払い専用カード=カードが到着した時点ではリボ払いと全員が気付くことはできません。

またいつも組み合わせて使っていたkyashがなんの音沙汰もなく突然、還元対象外になったことからもユーザーに優しくないなぁと思いました

3.P-one wizの評判・口コミ

P-one wizの評判・口コミ

P-one wizを申し込んだ人は、還元サービスや使い心地についてどう感じているのでしょうか。

ツイッターで実際の利用者の声をくわしく調べてみました。

良い評判・口コミ

P-one Wizの還元率の高さ、年会費無料、補償サービスに満足しているという口コミが見つかりました。

悪い評判・口コミ

P-one wizについて調べていると、悪い口コミの方が若干多いと感じました。

とくに目立ったのは、「1会計毎に100円未満が切り捨てられるのは残念…」という声や、「電子マネーやkyashのチャージが対象外になるのが不満」という声です。

又、リボ払いになっているのが悪質など、さまざまな不満の声が見受けられました。

4.結論!他のクレジットカードを選ぼう

ここまでは、「P-one Wiz」をおすすめしない6つの理由をお伝えしてきました。

  1. 還元サービスの仕組みが悪い
  2. 還元対象外が多い
  3. 還元率1.5%には条件がある
  4. 旅行保険がついてない
  5. ETCカードは手数料が必要
  6. 利用開始前の手続きが多い

これらの理由から、私は「P-one Wiz」をおすすめできません。他のクレジットカードを選ぶ方が絶対お得に決済ができます

自分のピッタリ合うクレジットカードの選び方

では、どのクレジットカードを選べば満足できるのでしょうか。

それは、前述した1〜6の理由を全てクリアしているリクルートカードです。

1〜6の理由を全てクリアしているのは、リクルートカード

リクルートカード

リクルートカードは、株式会社リクルートホールディングスが提供する人気のクレジットカード。

年会費無料にもかかわらず1.2%〜の還元率があり、電子マネーやkyashを使っても還元サービスを受けることができます!

P-one Wizと比べると還元率が低く感じる人もいるかもしれませんが、ポイントは月間利用金額に対して付与されるので端数のカットは月1回のみです。

そのため、選ぶならリクルートカードと言えるでしょう!

サービス詳細
【ブランド】VISA、MasterCard、JCB
【年会費】無料
【入会資格】18歳以上の方
【還元率】1.2%〜
【ポイント】100円ごと(月間利用金額)
【海外旅行保険】最高2,000万円
国内旅行保険:最高1,000万円
【ショッピング保険】最高200万円
【入会特典】キャンペーンページ
【参考ページ】リクルートカードの全知識

まとめ

P-one Wizは、他の人気なクレジットカードと比較をしたときに、おすすめできるクレジットカードとは言えません。

せっかくクレジットカードを発行するなら、1〜6の理由を全てクリアしているリクルートカードを申し込みましょう!

SNSでもご購読できます
みんなの教科書
みんなの教科書の運営事務局
私たちは、クレジットカードの無駄を省くプロの集団です。どのカードを選ぶべきか迷っている人に、最もお得で後悔しない方法をお教えします。