NFTとは?意味や仕組み・商品事例や稼ぐ方法をわかりやすく解説

NFTがデジタルの世界に進出してきましたが、実際に意味や仕組みについて分かっていない方は多いはず。

本記事では、NFTの意味や仕組み、商品事例や稼ぐ方法について分かりやすく解説していきます。

この記事を読むことでNFTについて理解し、すぐにマーケットで稼ぐ方法を実践することができますよ。

目次

NFTとは?意味や仕組みを解説

NFTとは、Non Fungible Tokenの略称を呼んでおり「代替できない物」という意味になります。

ただこれだけだと全く意味が分かりません。凄く端的に言いますと「唯一無二のデジタル資産」と言い換えれば少しは分かりやすくなるでしょう。

例えば上記の画像ように、従来では家や車などの有形物に対して価値が発生し、写真やイラストなどのデジタルコンテンツに関しては価値が付きづらい傾向にありました。理由は複製やコピーができるからです。

しかし近年ブロックチェーンと呼ばれる技術が発展したことで、デジタル作品のコピーや改竄が困難になり、デジタル所有物でも価値が出せる時代が到来したのです。

ブロックチェーンについては次の項目で紹介しますが、要するにNFTとは「ブロックチェーン技術によって作られた唯一無二のデジタル資産」とすれば分かりやすいでしょう。

NFTについて知っておくべき4つの特徴

次にNFTについて知っておくべき4つの特徴について解説していきます。

ブロックチェーン技術の発展

1つ目はブロックチェーン技術の発展についてです。

ブロックチェーンとは複数のコンピュータからデータを管理する手法のことで、従来の管理方法と比べてセキュリティ性能が非常に高いという特徴があります。

NFTはこのブロックチェーン技術によって成り立っていますので、ざっくりとして特徴だけでも覚えておきましょう。

デジタルコンテンツの資産性が向上

次に「デジタルコンテンツの資産性が向上した」という点です。

ブロックチェーン技術によって作品の唯一性が担保されましたので、当然デジタル資産の価値は上がります。有名な事例としてはCryptoPunksと呼ばれる下記のドット絵が挙げられます。

こちら1万点あるドット絵なのですが、全て顔が異なるよう作られており、最古のNFTプロジェクトという点も評価され、ドット絵が数十億の値がついて落札されたことで有名となりました。

作品の二次売買が可能

次に作品の二次売買が可能という点です。

NFTの面白いポイントの1つとして、作品の二次売買ができる点が挙げられます。いわゆる投資みたいなもので、価値が付きそうな商品を購入して、それを転売することで稼ぐことが可能です。

NFT作品は購入者の履歴が全て残るようになっていますので例えば「キムタクが一時期持っていた作品」とか、持っている人の履歴で価値がつく場合もあります。

逆に言えば話題性を提供して有名な方に購入して貰えば、作品の価値を一気に高めることも可能です。

ロイヤリティがクリエイターに入る

次にロイヤリティがクリエイターに入るという点も特徴的です。

例えばアーティストがCDを売り出したとして、それを買った一般の人がメルカリやヤフオクで転売など行った場合、制作者の方にはその儲け分が入りません。

NFT市場ではこのような事態を防ぐために作品が二次売買された時、一定の報酬が一次制作者にロイヤリティとして入るようになっています。

このシステムはクリエイターを守るシステムと言って問題ないでしょう。

NFTでよく販売されているコンテンツを紹介

次にNFTでよく販売されているコンテンツを紹介していきます。

NFTアート

NFTアート

1つ目は「NFTアート」です。

主にドット絵やイラストがNFTアートに該当します。上記はBeeple(ビープル)というアーティストのデジタルアート作品で、2021年の3月のオークションで75億円で落札されました。

NFTアートの始め方については「30分でできるNFTアートの始め方!」の記事にて詳しく解説していきます。

写真

次に紹介するのが写真です。

上記のように日本らしさを残した引き込まれる写真をNFTとして販売する方法もあります。

NFTで写真を販売する方法については「NFT市場で写真は販売可能!手順や注意点について解説」の記事にて纏めています。

NFTの稼ぎ方は3種類

NFTの稼ぎ方は3種類あり、それは下記の通りです。

  • NFTを作って販売する
  • NFT作品を購入して転売する
  • NFTゲームで稼ぐ

それぞれの稼ぐポイントや成功事例につきましては「NFTで稼ぐ方法は3種類!稼ぎ方や成功事例をそれぞれ解説」の記事で詳しく解説しておりますのでご確認下さい。

売れるNFTにするためには

最後にNFT作品を作って販売する方向けに、売れるNFTにするための5つの法則について解説します。

  • 商品は一点ものにする
  • 作品全体に統一感を出す
  • 話題性が提供できると売れやすい
  • 限定感を出す
  • 特典があると尚良い

詳細は「NFTアートが売れない理由は?成功事例から売れるコツを解説」にて解説しておりますので、確認してみて下さいね。

まとめ

以上、NFTの意味や仕組み、稼ぐ方法に関する記事は以上です。

NFTについては難しく感じる方が多いかもしれませんが、概念や仕組みを理解することは案外簡単です。

是非この機会に仮想通貨に参入してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる