NFTの稼ぎ方は転売・販売・ゲーム・ブログの4種類|稼ぐ方法や成功事例も解説

悩む女性

NFTが最近トレンドになっているけど、実際にどんな稼ぎ方があるのか知りたいな。

こんな悩みに答えます。

NFTアートで数百万円稼いだ小学生がテレビで話題となっていましたが、実際問題NFTで稼ぐにはどのような方法があるのでしょうか。

NFTで稼ぐ方法は「転売」「販売」「ゲームで稼ぐ」「ブログで稼ぐ」など、全部で4種類あります。

本記事ではNFTで稼ぐ方法の種類から、稼いだ成功事例についてそれぞれ解説していきます。

この記事を読むことでNFT市場に一攫千金するアイディアを身につけることができますよ。

目次

NFTで稼ぐ方法は全部で4つ

NFTで稼ぐ方法は全部で4つ

結論から言いますと、NFTで稼ぐ方法は「転売(投資)」「販売」「ゲーム」「ブログ」の4つです。

項目詳細
転売NFT作品を購入して別の人に転売する
販売NFT作品を作って販売する
ゲームゲームで仮想通貨を手に入れる
ブログNFT関連のブログで広告収益を得る

次の章でそれぞれの稼ぎ方について解説していきます。

稼ぎ方①:NFT作品を購入して転売する

1点目は「NFT作品を購入して転売する」という方法です。

稼ぎ方①:NFT作品を購入して転売する

NFTは購入した作品を別の欲しい方に二次販売できるという特徴があります。一次製作者に一定の手数料が入ってくる仕組みになってはいますが、十分稼ぐことが可能です。

転売と言っても投資のようなもので、今後上がっていくと思われる作品を事前に買っておき、人気になってきた段階で売却するというような流れになります。

NFT市場は億を超える取引も活発に行われていますので、情報感度の高い方は一攫千金することができるでしょう。

NFT転売についてさらに知りたい方は「NFT転売のやり方・始め方」の記事をご参考ください。

スポンサーリンク

稼ぎ方②:NFTアート・写真を作って販売する

稼ぎ方②:NFTアート・写真を作って販売する

2点目は「NFTアート・写真を作って販売する」という方法です。

こちらは純粋にクリエイターとしてNFT市場に参入するという方法ですね。自身で作成できずとも、外注した作品をNFTとして売り出すこともできます。

実際に稼いでいる方は売れている作品のトレンドを理解して出していたり、SNSを掛け合わせて販路拡大を狙っていたり、さまざまな手法があります。

NFTアートに興味がある方は「NFTアートの売り方・販売方法」を。NFTの写真に興味がある方は「NFT写真の売り方・販売方法」を参考にしてみてください。

またNFTアートに関しては「NFTアートの作り方」も紹介していますので、興味のある方はご覧くださいね。

稼ぎ方③:NFTゲームで稼ぐ

稼ぎ方③:NFTゲームで稼ぐ

3点目は「NFTゲームで稼ぐ」という方法です。

こちらは特殊な方法ですが、実際にNFTのゲームに参戦して稼ぐという方法もあります。方法として最も一般的なのはゲーム内のクエストや大会に出ることで、仮想通貨を集めていくというものです。

またランキングの上位に入ることで追加で仮想通貨が配布されるゲームもありますので、楽しみつつお金を稼ぐことが可能です。

NFTゲームに関しては「NFTゲームのおすすめランキング」の記事で解説しておりますので、興味がある方は確認してみてくださいね。

スポンサーリンク

稼ぎ方④:NFTブログ(アフィリエイト)で稼ぐ

稼ぎ方④:NFTブログ(アフィリエイト)で稼ぐ

4点目は「NFTブログ(アフィリエイト)で稼ぐ」という方法です。

NFT作品の販売やゲームなどの方法について紹介してきましたが、その他にもNFTに関連するブログ記事を執筆し、広告収入を得る方法もあります。

収益モデルは上記の画像のように、ASPと呼ばれる専用のサービスに登録し、自身のブログに広告を貼ることで収益化することができます。

詳細は「仮想通貨ブログ・アフィリエイトの始め方」で解説しておりますので、興味のある方は確認してみてくださいね。

NFTで実際に稼いだ成功事例を4つ紹介

NFTで実際に稼いだ成功事例を4つ紹介

NFTで稼ぐ方法について解説しましたので、次に実際に稼いだ成功事例について解説していきます。

【NFT転売】botで6,000万稼いだ事例

1つ目はNFT転売において、botで6,000万稼いだ事例です。

  • 自動でNFT作品を購入できるbotを作る
  • 売れそうなNFT作品に目をつけ一気に購入
  • 購入した作品を売却

詳しい内容は「10秒で6,000万円稼いだNFT高速MINT bot」の記事に記載されておりますが、非常に興味深い内容ですよね。

botを作って転売するのは難易度が高そうですが、実際にbotを作らなくとも売れそうなNFT作品に目をつけ一気に購入し、それを転売することができれば、稼ぐのは難しくなさそうです。

【NFT販売】小学生のアートに数百万円の値がついた事例

【NFT販売】小学生のアートに数百万円の値がついた事例

次はNFT販売の事例ですが、小学生が夏休みの課題で取り組んだ作品に数百万円の値がついた事例があります。

値段がついた理由としては有名なクリエイターの方が実際に購入したことがきっかけで、流行りのように他の方もどんどん購入し、値段が吊り上っていきました。

ただ実際に有名クリエイターの方が購入するにもきっかけが必要で今回は「小学生がNFTアートを出す」という部分に面白さを感じたのだと考察します。

そのため、実際に作品をNFT市場に出す時は一定の話題性やマーケティング能力が求められるでしょう。

【NFTゲーム】サッカーゲームで1,600万円稼いだ事例

次に紹介するのはNFTゲームです。

Yahooニュースの記事によりますと、NFTゲームで生計を立てている方が、サッカーゲームで1,600万円稼いだと報じられています。

記事内のソラーレというゲームではリアルタイムのサッカーの成績がゲーム内にも反映され、選手カードの価値が常に変わります。投資と似たようなものですね。

上記のように、ゲーム内で投資のように売買を行い稼ぐという方法もあるので、自身に合ったものに挑戦してみてはいかがでしょうか。

【NFTブログ】個人ブログで月100万円稼いだ事例

最後にNFTブログでで月100万円稼いだ事例を紹介します。

上記のように、個人でブログを作り、コツコツ発信することで、月収100万円以上稼ぐポテンシャルがあります。

実際に稼げるようになるには半年~1年以上コツコツ続ける必要がありますが、一種不労所得のように稼ぐことができるので、夢のあるジャンルと言えます。

もし時間が確保できそうな方は、NFTについて勉強したことを記事にまとめることから始めてみても良いですね。

スポンサーリンク

まとめ

NFTで稼ぐ方法に関する記事は以上です。

NFTは近年非常に注目を集めているジャンルですが、転売・販売・ゲーム・ブログなど多くの稼ぐ方法が存在します。

自身の使える時間と相性を考えて、最適な方法を選択してみてくださいね。

NFTの稼ぎ方に関する「よくある質問」

NFTアートが稼げないって本当?

NFTアートが稼げないのはいくつかの理由があり、しっかり対処していけば稼ぐことは可能です。

理由としては「成功者の二番煎じになっている」「マーケティング能力が足りていない」「作品のコンセプトがない」などが挙げられます。

詳細は「あなたのNFTアートが売れない理由は?」の記事で詳しく解説していますので、確認してみてくださいね。

NFTで稼げるゲームについて知りたい

NFTの稼げるゲームとしてはAxie Infinity(アクシー・インフィニティ)やThe Sandbox(ザ・サンドボックス)などが人気です。

詳細は「NFTゲームのおすすめランキング」の記事をご参考ください。

お得ドットコム
毎日をちょっとお得にするサイト
学校では教えてくれない、お金にまつわる「ちょっと得する情報」をお届けする情報メディア|経済的に自立した人を増やし、生活に余裕を持てる人を増やしたいという思いから発信しています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次