ドット絵のNFTアートの作り方!おすすめアプリと出品方法を解説

ドット絵のNFTアートってどうやって作るの?作り方について知りたいな。

こんな悩みに答えます。

NFTで「なんだかドット絵が稼げているっぽいから自分も作ってみたい」と感じているものの、作り方について知らない方も多いのではないでしょうか?
そこで本記事では、ドット絵が作れるおすすめのアプリや作り方について解説していきます。

この記事を読むことで簡単5分でドット絵を作ることができますよ。

目次

【NFTアート用ドット絵の作り方】アプリの8bit painterがおすすめ

結論から言うと、ドット絵を作るには「8bit Painter」が最もおすすめです。

【NFTアート用ドット絵の作り方】アプリの8bit painterがおすすめ

使い方としては非常に簡単で、キャンバスサイズ(上記の画像は16×16)を設定し、色を決めてポチポチ押していくだけです。

上記の画像のように、スマホアプリで簡単に操作できるので、5分程度で簡単に作成することができます。

ただドットの数が16×16~32×32であればスマホでも作れるのですが、それ以上になるとドットが細かくなって非常に難解になってきます。
そのため、iPadなどのタブレットがあると非常に書きやすいと言えるでしょう。

その他NFTアート用ドット絵を作れるアプリ2選

8bit Painterの他にもNFTアート用ドット絵を作れるアプリがありますので、そちらについてもご紹介していきます。

ibis Paint(アイビスペイント)

ibis Paint」というアプリでもドット絵を作成することが可能です。

上記のように作り手によって非常に精巧なドット絵を作ることができます。純粋な違いはあまりなく、使いやすい方を使えば良いでしょう。

Pixelable

次に紹介するのが「Pixelable」というアプリです。

Pixelableは他のアプリと異なり、動くドット絵を作ることができます。

もしNFT作品として動く作品を作りたいと感じている方は、使ってみて下さいね。

【3ステップ】作ったドット絵をNFTアートとして出品する方法

【3ステップ】作ったドット絵をNFTアートとして出品する方法

ドット絵は本記事で紹介したアプリで作成可能なので、実際に作った後にNFTアートとして出品していく方法について解説していきます。

Openseaを開く

まずはNFTプラットフォームであるOpenSeaを開きましょう。世界的に最も人の集まるマーケットプレイスで、最も稼げる可能性が高いです。

NFTアートとしてドット絵を出品する方法_Openseaを開く

OpenSeaの公式ページに飛び、上記の画像のように作成を押して次の画面に進みます。

なお、ウォレットの作成をしていない方は下記の画面になるので、ウォレットを選択してダウンロードをする必要があります。

NFTアートとしてドット絵を出品する方法_ウォレットを選択

ウォレットに関しては何でも良いですが、最も人気なのがキツネアイコンのメタマスクですので、メタマスクを利用しておけば問題ないですね。

Openseaに画像をアップロード

作成を押して次に進むと、実際にNFTを作成する画面に移行しますので、NFT化したい画像をアップロードしていきます。

NFTアートとしてドット絵を出品する方法_画像をアップロード

マウスでドラッグして、簡単にアップロードできました。

必要情報を入力して発行

画像をアップロードしたら最後に必要情報を入力していきます。作品の名前や具体的な説明などですね。

NFTアートとしてドット絵を出品する方法_詳細情報を入力

情報を入力したら、右上の「売る」と書いているボタンを押して次に進みます。

NFTアートとしてドット絵を出品する方法__売るをクリック

最後に固定価格で販売するのか、オークション形式で販売するのかを選択することができますので、自由に設定していきましょう。

NFTアートとしてドット絵を出品する方法__価格を設定

全て入力が完了し「Post Your Listing」のボタンを押せば全て完了です。

ドット絵の参考になるNFTアートを2つ紹介

最後にドット絵の参考になるNFTアートを2つ紹介していきます。

Crypto Punks(クリプトパンクス)

Crypto Punks(クリプトパンクス)

1つ目はCrypto Punks(クリプトパンクス)です。

NFTを勉強してこのドット絵をどこかしらかで見たことがある方は多いでしょう。贋作が多いですが、オリジナル作品が24×24の約10,000個あるピクセルアートで、同じドット絵はありません。

NFT市場の盛り上がりの時にリリースされ、販売時点で約8億もの値段で売れたことから一気に話題になりました。

そのため、同じようにピクセルアートを作成して販売されている方は多いです。

もしNFTを始めたいと思っている方は、お試しで参考にしてみてはいかがでしょうか。

Zombie Zoo(ソンビズー)

Zombie Zoo(ソンビズー)

次に紹介するのはZombie Zoo(ソンビズー)です。

こちらのアート作品は小学生の夏休みの研究で作成されたもので、有名なクリエイターが購入したことで一気に話題になり、数百万円もの値段がつきました。
そのため、ドット絵を作ると同時に何か話題になるようなアイディアや戦略があると、稼げる可能性を上げることができますよ。

まとめ

ドット絵のNFTアートの作り方に関する記事は以上です。

NFTを作って売るのも稼ぐ方法の1つですが、その他にも実際にNFTを購入して転売するという方法もあります。

NFTアートの販売方法については「NFTアートの始め方!作品の作り方から販売方法を解説」の記事内に記載しておりますので、あわせてご確認下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる