クレジットカードのおすすめこちら

【SNS×NFT】仮想通貨NAFT(Nafter)の特徴・買い方・将来性を徹底解説

日頃の生活の中でSNSを使いこなす方も多いですよね。「もしSNSの投稿で自由にお金を稼げるようになれば」と思ったことはありませんか。

NAFT(Nafter)はSNSとNFTの組み合わせで大金を稼ぐチャンスさえある夢のようなサービスです。同時にサービスの中で使われる仮想通貨NAFT(Nafter)も将来大化けする可能性を秘めています。

本記事では仮想通貨NAFT(Nafter)の特徴・買い方・将来性を、投稿サービスとともに解説していきます。

この記事を読むことで、NAFTの基本的な情報を全て理解することができますよ。

目次

仮想通貨NAFT(Nafter)とは

仮想通貨NAFT(Nafter)とは

Nafter公式サイトより)

NAFT(Nafter)とは、SNSとNFTが融合したサービスです。プラットフォーム上に投稿した写真や動画をNFT化することで、市場価値が付きます。

同時に同サービス内で使える仮想通貨にもなっており、普通に仮想通貨取引所の中で購入が可能です。NAFT(Nafter)はプラットフォーム内で写真や動画の売買やステーキングにも使えます。

SNSとしてもインスタグラムによく似ているため、日頃の何気ないつぶやきと同じように使える気軽さも特徴です。

投稿した写真や動画などでお金が稼げる

NAFT(Nafter)では投稿した写真や動画がNFT化するため、高い金額での取引もできます。NFTは普通のデジタルデータとは異なり、いわゆるコピペができない性質を持っているためです。

つまり投稿した写真や動画が世界でたった1つの作品にもなります。自分で自由に値段を付けられるため、もし繋がりのある方に受ければ大儲けも夢ではありません。

SNSの気軽な性質も持っている分、今後NAFT(Nafter)のサービスや通貨としての価値が大きく上昇する可能性を秘めています。

仮想通貨NAFT(Nafter)の特徴5つ!できることも紹介

仮想通貨NAFT(Nafter)の特徴5つ!できることも紹介

Nafter公式サイトより)

NAFT(Nafter)の簡単な特徴を見ただけでも、気軽にお金稼ぎできそうで前向きな気分になりますよね。同時に同サービス・通貨の特徴をより詳しく知りたいでしょう。

NAFT(Nafter)の持つ主な特徴として、以下の5つが挙げられます。

プラットフォーム「Nafter.io」上で利用できる

まずNAFT(Nafter)はプラットフォーム「Nafter.io」上で利用できる仮想通貨です。同プラットフォームはベトナムのNafterが開発したものであるとともに、主力のサービスともなっています。

一方NAFT自体は2021年5月に上場されたばかりで、まだまだ知名度も使える場所も少ないです。当面は「Nafter.io」での利用が主な用途となります。

ただ同サービス内であれば写真の売買でお金を稼いだり、購入したNAFTをステーキングで増やしたりすることが可能です。

NAFT自体は将来性が高いため、売買やステーキングを通じて貯えておくのも良いでしょう。

写真や動画を売買できる

仮想通貨やサービスとしてのNAFT(Nafter)の主な用途が、投稿した写真や動画の売買です。今までのSNSと異なり、写真や動画をコメントとともに投稿するだけでなく、NFTとして売り出せます。

NFT化した写真や動画の取引には仮想通貨としてのNAFTで行う仕組みです。仮想通貨取引所で通貨や口座を用意する必要はあるものの、気に入った人がいれば収入を得られます。

何気ない光景を撮った写真や自分が試しに作ったアートでも、うまくいけば商品化できる点がNAFT(Nafter)の強みです。新たな収入源となる可能性も十分に持っています。

なおSNSと同じように投稿に対して「いいね!」やコメントも気軽にしやすいです。

お金以外に承認欲求を満たす用途にも使えます。ただし既存のSNSと同様、のめり込みすぎないように注意しましょう。

NAFTを使ったステーキングにも使える

仮想通貨NAFT(Nafter)の特徴_NAFTを使ったステーキングにも使える

Nafter公式サイトより)

仮想通貨NAFTは写真の売買だけでなく、プラットフォーム上でのステーキングができる点も大きな特徴です。NAFTをプラットフォーム上のプールに預けるだけで、よりNAFTを増やしていけます。

普通の銀行でいう預金の仕組みとよく似ており、利息が付くことで増えていく仕組みです。もし好みのNFTがなかったり、NAFTを将来に備えて増やしたいと感じたりする場合に活用すると良いでしょう。

クリエイター活動でサブスクリプションを利用できる

NAFT(Nafter)にはクリエイター活動に参加することで利用できるサブスクリプションもあります。具体的にはクリエイター登録することで自分専用のステーキングプールを持てるというものです。

ちょうどYouTubeやnoteのメンバーシップ(会員専用ページ)のようなものと考えて良いでしょう。参加した人々は自身のNAFTを預けることで、限定コンテンツを利用したりNAFT報酬を得たりできます。

またプールを運営するクリエイターも、プールに預けてあるNAFT全体の2割を自身の報酬にできる仕組みです。参加するユーザーや預け入れるNAFTが増えれば、自分の取り分も増加します。

もちろんYouTubeやnoteと同じように、日頃からまめに投稿したり魅力的なコンテンツを作ったりする努力も必要です。しかし真面目にプール運営を行っていれば、大きな収入源に育てられます。

定期的なバーンや用途の明確さで価格が継続的に上昇

仮想通貨NAFT(Nafter)の特徴_定期的なバーンや用途の明確さで価格が継続的に上昇

最後にNAFT(Nafter)は今後価格が大きく上昇することが期待される存在です。定期的なバーンによって流通量が減少する予定になっているため、価格の上昇を明確に予想できます。

また同コインはSNS機能も応用したお金稼ぎなどのように用途が明確です。用途が不明確な通貨と異なり、価格が継続的かつ着実に上昇していくことが見込めます。
NAFT(Nafter)は気軽にお金稼ぎできるツールであるだけでなく、将来楽しみな存在とも言えるでしょう。

スポンサーリンク

仮想通貨NAFT(Nafter)の買い方・購入方法3ステップ

仮想通貨NAFT(Nafter)の買い方・購入方法3ステップ

気軽に稼げたり将来性が高かったりするNAFT(Nafter)を今から買っておきたい方もいますよね。同コインを購入する際、以下の手順で進める流れです。

国内の仮想通貨取引所でビットコインなどを購入

仮想通貨NAFT(Nafter)の買い方・購入方法_国内の仮想通貨取引所でビットコインなどを購入

コインチェック公式サイトより)

まず国内の仮想通貨取引所でビットコインなどを購入します。日本ではNAFTは扱われていないため、最初に国内で買える仮想通貨を購入し、海外の取引所で交換する流れです。

もし取引所の口座がない場合は、最初に口座を開設します。日本の取引所でおすすめなのがコインチェックです。扱っている通貨の種類が国内最大級で、入金や取引時の手数料も発生しません。

\ 国内ダウンロード数No.1 /

コインチェックの口座開設方法(タップで閉じます

Coincheck(コインチェック)の口座開設を解説します。

まずは下記ボタンをクリックして公式サイトに飛び「会員登録」をクリックします。

\ 国内ダウンロード数No.1 /

次に下の画面の赤枠部分を入力します。「メールアドレス」「パスワード」をそれぞれ設定し、「私はロボットではありません」の部分にチェックを入れ「会員登録」を押して進みましょう。

コインチェック(Coincheck)の口座開設_アドレスとパスワードを入力

会員登録ボタンを押すと、先ほど入力したメールアドレスにメールが送られてきます。メール内のURLをクリックすると、下記のページに遷移します。

コインチェック(Coincheck)の口座開設_コインチェックのホーム画面

次に本人確認を実施します。全てWEBで完結しますので、そんなに時間はかかりません。

下記の赤枠の「本人確認書類を提出する」をクリック。

コインチェック(Coincheck)の口座開設_本人確認

クリックすると下記画面に移行します。自身の受信できる電話番号を入力し、電話番号にSMSで送られてくるコードを入力しましょう。

コインチェック(Coincheck)の口座開設_本人確認_電話番号

認証コードが受理されれば電話番号登録は完了です。

次にまだ本人確認が終わっていないので、再度「本人確認書類を提出する」をクリックします。

コインチェック(Coincheck)の口座開設_本人確認を再度選択

クリックすると先ほどとは違うページに遷移します。次に提出するのは本人確認書類で、アプリを使って申請していきます。

コインチェック(Coincheck)の口座開設_コインチェックの本人確認書類提出

上記の「アプリのQRコードを表示」を選択すればQRが表示されますので、アプリで開き、順次進めていけば登録は終了です。

なお、本人確認書類は下記の書類が該当しますので、必要なものを準備しておいて下さいね。

【本人確認書類として認められるもの】

  • 運転免許証
  • パスポート・在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード

海外の仮想通貨取引所で口座開設・送金

仮想通貨NAFT(Nafter)の買い方・購入方法_海外の仮想通貨取引所で口座開設・送金

Gate.io公式サイトより)

国内の取引所で仮想通貨を購入したら、次に海外の仮想通貨取引所に送金します。海外の取引所についても前もって口座を開設しておきましょう。

NAFT(Nafter)に交換できる取引所として、Gate.ioやPancakeSwapなどがあります。特にGate.ioは購入できる仮想通貨が900種類以上と膨大であるため、今後に向けて口座を作っておくのがおすすめです。

送金の際はまず送り先取引所の入金アドレスをコピーします。そして国内取引所の出金画面に貼り付け、送りたい額を入力して送金ボタンを押せば完了です。

なお送金手数料の分も計算に入れる必要があります。

送金先の取引所でNAFTを購入

仮想通貨NAFT(Nafter)の買い方・購入方法_送金先の取引所でNAFTを購入

Gate.io公式サイトより)

海外の取引所に送金したら、いよいよNAFTの購入です。Gate.ioの場合はまずUSDTに交換する必要があります。上のタブから「取引」を選び、続けて「現物取引」・「スタンダード」と進みましょう。

そして表示された画面の左側でUSDTを見つけたら、チャートの下にある購入画面で手続きを進める流れです。USDTに交換した後は同じ要領でNAFTに交換します。

購入の際も手数料が発生するため、仮想通貨を少し手元に残すことを意識すべきです。

仮想通貨NAFT(Nafter)の始め方5ステップ

仮想通貨NAFT(Nafter)の始め方5ステップ


仮想通貨NAFT(Nafter)の購入方法とともに、サービスの使い方・始め方も合わせて知っておきたいですよね。始める手順についても5つのステップに分けてご紹介します。

NAFT(Nafter)の公式サイトにアクセス

仮想通貨NAFT(Nafter)の始め方_NAFT(Nafter)の公式サイトにアクセス

Nafter公式サイトより)

まずNAFT(Nafter)の公式サイトにアクセスしましょう。ネット検索をするとサービスのサイトが出てくるため、直接アクセスします。

なおサイトは英語版です。英語では読みづらいと感じる場合は、Google翻訳で日本語に切り替えると良いでしょう。

公式サイトの右上からPancakeSwapにアクセス

仮想通貨NAFT(Nafter)の始め方_公式サイトの右上からPancakeSwapにアクセス

PancakeSwap公式サイトより)

公式サイトにアクセスしたら、さらにPancakeSwapにアクセスします。まず下側のタブの右下にある「about」を選び、移動先のページに移りましょう。

移動した先のページの右上にPancakeSwapへのリンクボタンがあるため、押せば自動的に移動できます。PancakeSwapに移ったら、交換画面の通貨選択でNAFTのトークンアドレスを入れて追加する流れです。

バイナンスなどでBNBを購入

仮想通貨NAFT(Nafter)の始め方_バイナンスなどでBNBを購入

バイナンス公式サイトより)

次にバイナンスなどを開き、BNB(バイナンスコイン)を購入します。BNBはサービスを利用する際、NAFTと同じく決済や手数料の支払いなどに使える通貨です。

なおNAFTを購入する際はBNBから交換する方法でもできます。事前にBNBを多めに用意してからNAFTに換えても良いでしょう。なお方法は後ほど改めて見ていきます。

\ 700以上の仮想通貨と取引が可能 /

MetaMaskなどのウォレットの作成・接続

仮想通貨NAFT(Nafter)の始め方_MetaMaskなどのウォレットの作成・接続

MetaMask公式サイトより)

BNBを購入したら、MetaMaskのウォレットも作成しましょう。ウォレットはいわば仮想通貨の財布で、NAFT(Nafter)サービスでも売買やステーキングで使います。

ウォレットを作成したらNAFT(Nafter)の公式サイト(最初に表示されるもの)に戻り、右上のボタンでウォレットと接続しましょう。接続が終わればサービス内で仮想通貨が使えるようになります。

BNBをNAFT(Nafter)に交換

BNBはサービス内での決済や手数料支払いにも使えますが、NAFT(Nafter)に交換しておくと将来価格が上がった場合に備えられるでしょう。

BNBをNAFT(Nafter)に換えるには、PancakeSwapに移動して交換画面で行います。NAFT(Nafter)が追加されているのを確認した上で価格を入力すれば、交換完了です。
今ご紹介した方法は、あくまでもNAFT(Nafter)を得るための方法の1つにすぎません。先程ご紹介した方法で確保するのも1つの手です。

スポンサーリンク

仮想通貨NAFT(Nafter)の将来性は?

仮想通貨NAFT(Nafter)の将来性は


仮想通貨のNAFT(Nafter)でお金を増やす場合、今後の見通しなどは気になりますよね。同コインの将来性についても見ていきます。

NFT市場の活況や上場先の増加で価格が上昇する可能性が高い

まずNFT市場の活況や上場先の増加によって、NAFT(Nafter)の価格が上昇する可能性が高いです。NFT市場は2021年から本格的に注目され始めており、今後もさらに盛り上がることが予想されています。

NAFT(Nafter)のサービス自体がNFTを扱うものであるため、NFTが注目されれば価格が高騰する可能性さえあるでしょう。

またNAFT(Nafter)自体が取引され始めて間もなく、大手取引所にも未上場のままです。今後バイナンスなど世界的な取引所に上場されれば、価格が大きく上昇すると予想されます。

その他、NFT関連の仮想通貨銘柄に関しては「NFT銘柄のおすすめランキング」で解説しておりますので、興味のある方は確認してみてくださいね。

NFTとSNSの相乗効果で需要が増していく見込み

またNAFT(Nafter)のサービスも、NFTとSNSの相乗効果で需要を増していくでしょう。Twitter・Facebook・InstagramなどのSNSは気軽に投稿できることで大きな流行となりました。

NAFT(Nafter)はSNSにNFTの要素が加わったものです。今や生活の一部になっているSNSと、お金稼ぎのツールにもなるNFTが掛け合わされば、多くの人が参加するでしょう。

SNSとNFT両方の性質を持つ同サービスの需要が増せば、仮想通貨としてのNAFTの価値や需要も高くなります。持っているだけでも大きな資産になるでしょう。

バーンなどによっても価格上昇が見込める

さらにNAFT(Nafter)は定期的なバーンなどによっても価格の上昇が見込めます。同コインが今後もバーンを通じて流通量を減らせば、自然と価値が高まるでしょう。

加えて運営側も同コインの認知度を高めていく方針です。サービスとともに通貨の存在感が高まることで、より価格の上昇が期待できます。

有名なインフルエンサーとも連携していく方向性

最後にNAFT(Nafter)サービスの今後の動向として、有名インフルエンサーと提携していく予定です。インフルエンサーやクリエイターとのコラボイベントなどが行われれば、知名度も増していくでしょう。

知名度が増せば気軽にお金を稼げる手段として高い評判を得られるようになります。通貨の価格が向上することも予想されるため、インフルエンサーとの連携の点でもNAFT(Nafter)は将来性が抜群です。

仮想通貨NAFT(Nafter)の価格推移をチャートで解説

仮想通貨NAFT(Nafter)の価格推移をチャートで解説

仮想通貨NAFT(Nafter)が今後注目される可能性が高いとはいえ、現時点での価格が気になりますよね。同コインが上場してから今までの価格の変遷も見ていきましょう。

2021年5月に上場して40円を記録

仮想通貨NAFTの価格推移(チャート)_2021年5月に上場して40円を記録

CoinMarketCapより)

NAFT(Nafter)が上場したのは2021年5月中旬のことです。上場してから一気に価格は上昇し、最高値で42.68円を記録しました。

最高値を記録した後は下落に転じ、以降は5円台から15円台の間で上昇したり下降したりする状況が続きました。

2021年6月に落ち着いた後9月に再び上昇

仮想通貨NAFTの価格推移(チャート)_2021年6月に落ち着いた後9月に再び上昇

CoinMarketCapより)

6月に入るとひとまず価格の推移は落ち着きました。6月中も下降傾向にあったものの8月にかけて概ね2~4円台で推移していきます。

再び大きな変化が見られたのは8月末から9月にかけてです。10円台を記録する日が何度か続いた後、9月3日には21.19円と久しぶりの高値を記録しています。

ただ以降は10円を下回るようになり、年末頃には1~4円台で推移するようになりました。

2022年は1~2円台で推移

仮想通貨NAFTの価格推移(チャート)_2022年は1~4円台で推移

CoinMarketCapより)

2022年に入ってからのNAFT(Nafter)は基本的に1~2円で推移している状況です。ただ時期が過ぎていくうちに緩やかに下落しており、2月17日以降は1円を下回っています。

4月現在、価格は約0.28円程度と上場以来最も安い状態です。ただ大手取引所への上場・今後のNFT市場の盛り上がり・さらなるバーンなど前向きな話題が多くあります。

今後大きく値を上げる機会にも恵まれることが予想されるため、むしろ今が絶好の買いのチャンスでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

NAFT(Nafter)について色々と見てきました。仮想通貨としては将来大手取引所に上場したり、バーンを通じて流通量が減ったりする見込みであるため、今後価値が高まる可能性は十分あります。

またサービスとしてもNFTとSNSが融合した形であるため、気軽にお金稼ぎができる手段として期待値が高いです。写真や動画を高く売れるチャンスも出てくるため、注目していくべきでしょう。

NAFT(Nafter)自体は今のところ値が安く、知名度もまだまだ低いです。しかし前向きな話題が多いため、今のうちに買っておくと将来必ず様々な恩恵をもたらす存在になるでしょう。

その他、NFT関連の仮想通貨銘柄に関しては「NFT銘柄のおすすめランキング」で解説しておりますので、興味のある方は確認してみてくださいね。

仮想通貨NAFT(Nafter)でよくある質問

仮想通貨NAFT(Nafter)を扱っている取引所は?

2022年現在、でNAFT(Nafter)を扱っている主な取引所は「Gate.io」「PancakeSwap」「DeCoin」「LBank」などです。

特にGate.ioとPancakeSwapは、DEX(分散型取引所)の中でも世界有数の規模を誇っています。

仮想通貨NAFT(Nafter)はスマホアプリで始められますか?

仮想通貨NAFT(Nafter)の購入であれば、PancakeSwapやGate.ioのアプリをインストールすれば可能です。一方投稿やステーキングなどができるサービスについては、専用のアプリはありません。

サービスの方を利用する場合は、ブラウザで検索・アクセスする必要があります。

今から仮想通貨NAFT(Nafter)買っても稼げますか?

NAFT(Nafter)は今からでも稼げる仮想通貨です。

また大手取引所に上場していない点やNFT市場が今後さらに盛り上がりを見せる予想から、NAFTの価値が高くなる余地は十分にあるでしょう。

お得ドットコム
毎日をちょっとお得にするサイト
学校では教えてくれない、お金にまつわる「ちょっと得する情報」をお届けする情報メディア|経済的に自立した人を増やし、生活に余裕を持てる人を増やしたいという思いから発信しています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次