【5,000円分貰える】マイナポイントをd払いから申込む前に知るべき全知識

マイナポイント d払い
マイナポイントはd払いを選んだ方が良いのかな?よく分からないから詳細な情報について知りたいな。

こんな悩みに答えます。

マイナポイントとは、国がマイナンバーカードの利用を広めるために行っている事業のこと。現在、100種類以上のキャッシュレス決済サービスから申し込むことが可能です。

マイナポイントをd払いから申し込むと、5,000相当のポイントを得ることが可能です。その他にもd払いを使うことによるメリットは豊富にあります。

本記事では、マイナポイントをd払いから申し込むべき理由と、実際の手順について詳しく解説していきます。

この記事を読むことで、簡単にポイントをゲットし、毎日の生活をちょっとお得にすることができますよ。

目次

0.結論:ドコモユーザーはd払いでマイナポイントを申し込もう!

先に結論からいうと、ドコモユーザーはd払いからマイナポイントを申し込むのが1番おすすめです。

0.結論:ドコモユーザーはd払いでマイナポイントを申し込もう!

こんな感じで、d払いから申し込むと最大5,000円分のdポイントを貰うことが可能です

参考までに、他の人気な申し込み窓口と金額を比べてみました。

申し込み窓口 獲得ポイント(円分)
d払いのキャンペーン 最大5,000ポイント
PayPayのキャンペーン 最大5,000ポイント
LINE Payのキャンペーン 最大5,000ポイント
楽天ペイのキャンペーン 最大5,000ポイント
au PAYのキャンペーン 最大5,000ポイント

こう並べると、どれも5,000ポイントで特にポイント面では変わりませんが、もしドコモユーザーであれば日々の生活でdカードを利用していないと非常に損をしていることをご存知でしょうか?

ドコモユーザーなのにdカードを持っていない人は絶対に損!
ドコモ携帯もしくはドコモ光を使っているのにdカードを持っていない人は絶対に損!なぜなら、d払いの引き落とし先をdカードに設定することで還元率が0.5%→1.5%にUPするからです。 d払いの還元率
このように実店舗で使えば還元率1.5%〜、ネット決済なら還元率2.0%〜にすることが可能です。

また「いまドコモ光かドコモ携帯の料金が月9千円以上の人」「それ以下でも年間100万円以上はクレジット決済をする人」dカード GOLDの方が絶対におすすめです。

なぜなら、dカード GOLDにはドコモ料金10%還元と年間利用特典があるから。

ドコモ料金10%還元
dカード GOLDはドコモ料金1,000円毎に100ポイント貯まるので、ドコモ料金が毎月10,000〜10,999円なら月1,000pt、年間にすると12,000pt獲得できます。

もし、ドコモ料金が月9千円未満でもdカード GOLDで年間100万円以上のクレジット決済ができれば年間利用特典のおかげで、毎年1万円もしくは2万円のクーポンが届きます

年間利用特典の詳細
クーポンはdデリバリーやdショッピングなど使う道がたくさんあるので困りません。 以上の点を踏まえて、自分に合う方を選んでくださいね。

審査も通過しやすいと評判ですが心配ならdカード ゴールドの審査ってどう?条件から通過させるコツまで解説が参考になります。

\ 審査最短5分 /

以上の理由から、ドコモユーザーはd払いからマイナポイントの申し込みがおすすめと言えます

1.マイナポイントをd払いから申し込む5つの手順

以上から、マイナポイントはd払いから申し込むことをおすすめします。次に、実際に申し込み〜ポイントの受け取り手順を分かりやすく画像付きでまとめました。

  1. マイナンバーカードを作る
  2. d払いから申し込む
  3. 申し込み方法を選択する
  4. マイナンバーカードを読み込む
  5. dポイントが付与されているか確認する

それぞれ、順番にお伝えしていきますね。

※いまいちd払いの仕組みが分かってないんだよな…という人は、d払いとは!?特徴・使い方・メリット・デメリットを徹底解説しますの記事が参考になるはずです。

手順1.マイナンバーカードを作る

マイナンバーカードの必要書類

マイナポイントの申し込みはマイナンバーカードとマイナポイントアプリ(iosAndroid)が必要で、マイナンバーカードは発行までには約1カ月かかります。

マイナンバーカードの発行方法について

マイナンバーカードは市区町村窓口・スマホやPC・街中にある証明写真機・郵便で申し込みが可能です。

マイナンバーカードの発行手順

くわしい手順は、マイナンバーカード総合サイトの「マイナンバーカード交付申請」で解説されています。

手順2.d払いから申し込む

まずはd払いアプリを開いて、QRコードの下にあるマイナポイントをクリックします。

d払いから申し込む

そうしたら、「マイナポイントを申込む」をクリックしてください。

手順3.申し込み方法を選択する

申し込み方法を選択する

そうすると、「チャージでもらう」か「お買い物でもらう」の二択が表示されます

マイナポイントの最大6,000円分のdポイントを受け取るには2万円チャージする必要があります。つまり、2万円チャージするか2万円買い物するかです。

どちらを選んでも獲得ポイント数は同じですが、マイナポイントは2021年3月末迄と期限があるので、余裕がある人はサクッと2万円分チャージする方が安心です

手順4.マイナンバーカードを読み込む

マイナンバーカードを読み込む

どちらか選択するとマイナポイントアプリが起動します。進めていくと、マイナンバーカードをかざしてくださいという表示が出るので画像のようにカードをかざします

そして、カードの発行時に設定した4ケタの暗証番号を入力します。

あとは、手順に沿って「同意・申し込み」をクリックすれば申し込み完了です。

暗証番号を忘れてしまった場合

暗証番号の再発行は市役所に行かなければいけません。入力は3回まで可能なので、まずは思い当たるものを試してみましょう。

手順5.dポイントが付与されているか確認する

公式サイトにも説明がある通り、マイナポイントは選んだキャッシュレス決済サービス会社から付与されるので、d払いならdポイントとして付与されます。

引用:d払い公式サイト(25%付与! マイナポイントはd払いで

また、ポイントの付与はチャージもしくは決済してすぐに付与されるのは嬉しいですね。

念のため、d払いアプリからポイントが付与されているか確認をしておきましょう。

2.そもそも、マイナポイントとは

マイナポイント(正式名称:マイナポイント事業)とは、個人番号カードやキャッシュレス決済の推進を目的に総務省が実施しているポイントプログラムのこと。

分かりやすく言うと、マイナンバーカードの利用者を増やすための国の取り組みです。

Q1.子供も対象になる?

はい、公式サイトにもある通り子供もマイナポイントの対象となります。15歳未満の申し込みは法定代理人(つまり親のこと)が行えるようになっています。

マイナポイント公式サイト(よくあるご質問

Q2.マイナポイントを申し込んで何かデメリットはある?

いいえ、マイナポイントを申込んでも国民に不利益になることはありません

Q3.マイナンバーカードのメリットってなに?

2017年11月から始まったマイナンバー制度の最大のメリットは、なんといっても国の業務効率化です。

たとえば、住民票や戸籍謄本をもらうためには市区町村窓口に行って、必要書類を記入して、印鑑や免許証の提示が必要でしたよね。

マイナンバーカードがあればコンビニで発行できたりWEBから申請することで郵送請求が可能です。つまり、国の手続きが減り、別のことに税金が有効活用されるということです。

※詳細は、内閣府公式サイトの「マイナンバーの今後のスケジュール等」が分かりやすいです。

もっと早く始まっても良かった

先進国アメリカではマイナンバー制度のことを社会保障番号制度と呼び、1936年から始まりました。そして社会保障番号制度は9桁の番号で構成されています。

アメリカでは9桁の番号で個人の特定を行うことができるため、クレジットカードの発行や銀行口座の開設は基本的に社会保障番号を伝えるのみで行えます。

では、なぜすぐに日本でも導入されなかったのかというと、個人情報の流出の心配があったから。他にも理由はありますが、アメリカでは社会保障番号で大抵のことが出来るため、なりすまし被害が多いんです。

でも日本のマイナンバー制度は複数の分野にわたる使用が禁止されているので安全性は高いです。

Q4.マイナンバーカードは義務化する?

はい、マイナンバーカードは義務化する可能性が非常に高いです。なぜなら、国は2022年度中に住民のほとんどがマイナンバーカードを持っていることを想定すると発言しているからです。

なので、お得なポイント還元があるうちに申し込みをおすすめします!

3.dカードとdカード GOLDの違いについて

dカードの申し込みを検討している人には、dカードとdカード GOLDって何が違うんだろう…という人もいますよね。

そんな疑問を解決するため、ドコモ歴11年の私が、概要をまるっとまとめました!

dカード dカードGOLD
年会費 無料 1万円
入会条件 18歳以上 20歳以上
審査 通過しやすい 通過しやすい
ブランド VISA・MasterCard VISA・MasterCard
還元率 1.0%〜(100円につき1ポイント) 1.0%〜(100円につき1ポイント)
年間特典 ×
ドコモ料金 1%還元 10%還元!
携帯補償 1万円 最大10万円
旅行保険 × 最高1億円
買い物保険 最高100万円 最高300万円
申し込み dカードの公式サイト dカードGOLDの公式
dカードとdカードGOLDの比較

ずらっと比較しましたが、dカード GOLDは「ドコモ料金10%還元」と「年間ご利用特典」があるのが最大の魅力です

たとえば、ドコモ携帯・ドコモ光の料金が月1万円(税抜き)だとこんな感じです。

ご覧のように、dカード GOLDはドコモ料金1,000円毎に100ポイント加算されます。つまり年間12,000ポイントなので、これだけで年会費の元が取れますね。

もし、ドコモ料金がそれ以下でも1年間に100万円以上決済すれば1〜2万円分のクーポン券が届くので損をすることはありません。

以上を踏まえると、ドコモ料金が税抜きで月9千円以上の人、それ以下でも1年間に100万円以上クレジットカード決済をする人はdカード GOLDを選ぶべきと言えるでしょう。

dカード GOLDの基本情報
【年会費】1万円
【ETCカード】無料
【家族カード】1,000円
【入会資格】20歳以上で安定継続した収入 ※学生は申し込み不可
【審査について】個人事業主、新社会人でも全く問題なし!
【還元率】1.0%〜(100円で1ポイント)
【ポイント】dポイント
【海外旅行保険】最高1億円
【国内旅行保険】最高5,000万円
【ショッピング保険】最高300万円
【キャンペーン】最大12,000ポイントもらえる

より詳しくdカード GOLDの詳細が知りたい!という方は騙されるな!dカード GOLDを選ぶべき理由と4つの注意点の記事が参考になるので、ごらんください。

\ 審査最短5分 /

まとめ

ドコモユーザーは、迷わずd払いからマイナポイントを申し込んでください。そして2万円以上のチャージもしくは支払いすればdポイントが6,000ポイント貰えるのでお得です。

また、d払いを使っているのにdカードを持っていない人は今がチャンス

特設キャンペーンページから申し込めば、さらにdポイントを獲得することが可能です。

もしdカードとdカード GOLDのどっちが良いんだろう…と迷っている人は、騙されるな!dカード GOLDに申し込むメリットと4つの注意点の記事を参考にしてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる