騙されるな!マイナポイントをd払いから申込む前に知るべき全知識

マイナポイント d払いスマホ決済

マイナポイントは「d払いを選んだ方が良いのかな?」とお調べ中ですね。

マイナポイントとは、国がマイナンバーカードの利用を広めるために行っている事業のこと。現在、100種類以上のキャッシュレス決済サービスから申し込むことが可能です。

でも、絶対に騙されないでください!

マイナポイントは申し込み窓口によって基礎ポイントの上限5,000円分しかもらえず、上乗せポイントで損をしてしまう人が多いです。

そういった理由を含めて、本記事では、ドコモユーザーがマイナポイントはd払いを選ぶべき理由を分かりやすく解説します!

ぜひ、参考にしてください。

0.結論:ドコモユーザーはd払いでマイナポイントを申し込もう!

先に結論からいうと、ドコモユーザーはd払いからマイナポイントを申し込むのが1番おすすめです!(随時、更新中)

d払いのマイナポイント詳細

こんな感じで、d払いから申し込むと最大7,500円分のdポイント(基礎ポイントの上限5,000円分+d払いの特典として上限2,500円分)をもらうことが可能です

参考までに、他の人気な申し込み窓口と金額を比べてみました。

申し込み窓口獲得ポイント(円分)
d払いのキャンペーン最大7,500ポイント
(5,000pt+独自2,500pt)
PayPayのキャンペーン最大5,000ポイント
(国からの5,000pのみ)
LINE Payのキャンペーン最大10,000ポイント
(5,000pt+上限2,500円分の10%OFFクーポン2枚
楽天ペイのキャンペーン最大5,800ポイント
(5,000pt+独自800pt)
au PAYのキャンペーン最大6,000ポイント
(5,000pt+独自1,000pt)
メルペイのキャンペーン最大1,000万円相当
(5,000pt+抽選で当選者にポイント付与)
ゆうちょPayのキャンペーン最大7,000ポイント
(5,000pt+独自2,000pt)
WAONのキャンペーン最大7,000ポイント
(5,000pt+独自2,000pt)
Suicaのキャンペーン最大6,000ポイント
(5,000pt+独自1,000pt)

こう並べると、LINE Payの最大10,000ポイントが目に付くかもしれません。

しかし、LINE Payの独自ポイントは上限2,500円分の10%OFFクーポンが2枚。つまり、独自の5,000ポイントはただの割引券なのでLINE Payから申し込みはおすすめできません!

以上から、マイナポイントの申し込みはd払いが1番おすすめと言えるでしょう。

《必見!》dカードを一緒に申し込めば最大23,500ポイントもらえる!

そもそもドコモユーザーなのにdカードを持っていないという人は絶対に損!理由は、d払いの支払い先をdカードにするとdポイントが2〜3倍も多く貯まるから

d払いの還元率

ご覧のように、d払いの支払い先をdカードに設定すれば還元率は0.5%→1.5%、ネット決済なら1.0%→2.0%と2〜3倍もdポイントを多く獲得することが可能なんです!

そして、dカードを申し込むなら今がチャンス!なぜなら、上記の7,500円分のマイナポイントに加えてdカードの入会キャンペーンの対象となるから。

dカードのキャンペーン

いまdカードを特設キャンペーンページから申し込めば+8,000ポイント、dカード GOLDなら+18,000ポイントを貰えるので非常にお得です。なので今申し込むのがチャンスです。

dカードとdカード GOLDの違いがよく分からない…という人は、ページ後半の「2.dカードとdカード GOLDの違いについて」が参考にしてくださいね。

1.マイナポイントをd払いから申し込む5つの手順

以上から、マイナポイントはd払いから申し込むことをおすすめします。次に、実際に申し込み〜ポイントの受け取り手順を分かりやすく画像付きでまとめました。

  1. マイナンバーカードを作る
  2. d払いから申し込む
  3. 申し込み方法を選択する
  4. マイナンバーカードを読み込む
  5. dポイントが付与されているか確認する

それぞれ、順番にお伝えしていきますね。

※いまいちd払いの仕組みが分かってないんだよな…という人は、d払いとは!?特徴・使い方・メリット・デメリットを徹底解説しますの記事が参考になるはずです。

手順1.マイナンバーカードを作る

マイナンバーカードの必要書類

マイナポイントの申し込みはマイナンバーカードとマイナポイントアプリ(iosAndroid)が必要で、マイナンバーカードは発行までには約1カ月かかります。

ポイントの申請は2020年9月1日~2021年3月31日迄となっています。

マイナンバーカードの発行方法について

マイナンバーカードは市区町村窓口・スマホやPC・街中にある証明写真機・郵便で申し込みが可能です。

マイナンバーカードの発行手順

くわしい手順は、マイナンバーカード総合サイトの「マイナンバーカード交付申請」で解説されています。

手順2.d払いから申し込む

まずはd払いアプリを開いて、QRコードの下にあるマイナポイントをクリックします。

d払いから申し込む

そうしたら、「マイナポイントを申込む」をクリックしてください。

手順3.申し込み方法を選択する

申し込み方法を選択する

そうすると、「チャージでもらう」か「お買い物でもらう」の二択が表示されます

マイナポイントの最大7,500円分のdポイントを受け取るには2万円チャージする必要があります。つまり、2万円チャージするか2万円買い物するかです。

どちらを選んでも獲得ポイント数は同じですが、マイナポイントは2021年3月末迄と期限があるので、余裕がある人はサクッと7,500円分のdポイントを獲得する方が安心です

私は、期限もあることなので「お買い物でもらう」を選びました。

手順4.マイナンバーカードを読み込む

マイナンバーカードを読み込む

どちらか選択するとマイナポイントアプリが起動します。進めていくと、マイナンバーカードをかざしてくださいという表示が出るので画像のようにカードをかざします

そして、カードの発行時に設定した4ケタの暗証番号を入力します。

あとは、手順に沿って「同意・申し込み」をクリックすれば申し込み完了です。

暗証番号を忘れてしまった場合

暗証番号の再発行は市役所に行かなければいけません。入力は3回まで可能なので、まずは思い当たるものを試してみましょう。

手順5.dポイントが付与されているか確認する

公式サイトにも説明がある通り、マイナポイントは選んだキャッシュレス決済サービス会社から付与されるので、d払いならdポイントとして付与されます。

引用:d払い公式サイト(25%付与! マイナポイントはd払いで

また、ポイントの付与はチャージもしくは決済してすぐに付与されるのは嬉しいですね。

念のため、d払いアプリからポイントが付与されているか確認をしておきましょう。

2.そもそも、マイナポイントとは

マイナポイント(正式名称:マイナポイント事業)とは、個人番号カードやキャッシュレス決済の推進を目的に総務省が実施しているポイントプログラムのこと。

分かりやすく言うと、マイナンバーカードの利用者を増やすための国の取り組みです。

マイナポイントの申し込みは2020年9月1日〜2021年3月末迄。この間に、国が認めたキャッシュレス決済サービスから申込むと還元を受けることができます。

Q1.子供も対象になる?

はい、公式サイトにもある通り子供もマイナポイントの対象となります。15歳未満の申し込みは法定代理人(つまり親のこと)が行えるようになっています。

マイナポイント公式サイト(よくあるご質問

Q2.マイナポイントを申し込んで何かデメリットはある?

いいえ、マイナポイントを申込んでも国民に不利益になることはありません

Q3.マイナンバーカードのメリットってなに?

2017年11月から始まったマイナンバー制度の最大のメリットは、なんといっても国の業務効率化です。

たとえば、住民票や戸籍謄本をもらうためには市区町村窓口に行って、必要書類を記入して、印鑑や免許証の提示が必要でしたよね。

マイナンバーカードがあればコンビニで発行できたりWEBから申請することで郵送請求が可能です。つまり、国の手続きが減り、別のことに税金が有効活用されるということです。

※詳細は、内閣府公式サイトの「マイナンバーの今後のスケジュール等」が分かりやすいです。

もっと早く始まっても良かった

先進国アメリカではマイナンバー制度のことを社会保障番号制度と呼び、1936年から始まりました。そして社会保障番号制度は9桁の番号で構成されています。

アメリカでは9桁の番号で個人の特定を行うことができるため、クレジットカードの発行や銀行口座の開設は基本的に社会保障番号を伝えるのみで行えます。

では、なぜすぐに日本でも導入されなかったのかというと、個人情報の流出の心配があったから。他にも理由はありますが、アメリカでは社会保障番号で大抵のことが出来るため、なりすまし被害が多いんです。

でも日本のマイナンバー制度は複数の分野にわたる使用が禁止されているので安全性は高いです。

Q4.マイナンバーカードは義務化する?

はい、マイナンバーカードは義務化する可能性が非常に高いです。なぜなら、国は2022年度中に住民のほとんどがマイナンバーカードを持っていることを想定すると発言しているからです。

なので、お得なポイント還元があるうちに申し込みをおすすめします!

3.dカードとdカード GOLDの違いについて

dカードの申し込みを検討している人には、dカードとdカード GOLDって何が違うんだろう…という人もいますよね。

そんな疑問を解決するため、ドコモ歴11年の私が、概要をまるっとまとめました!

dカードの評判dカード GOLDの口コミ
年会費無料1万円
入会資格18歳以上20歳以上
ブランドVISA・MasterCard
還元率1.0%〜1.0%〜
ドコモ料金1%還元10%還元
年間特典
ケータイ補償最大1万円最大10万円
旅行保険
申し込み申込窓口申込窓口

ずらっと比較しましたが、dカード GOLDは「ドコモ料金10%還元」と「年間ご利用特典」があるのが最大の魅力です

たとえば、ドコモ携帯・ドコモ光の料金が月1万円(税抜き)だとこんな感じです。

ご覧のように、dカード GOLDはドコモ料金1,000円毎に100ポイント加算されます。つまり年間12,000ポイントなので、これだけで年会費の元が取れますね。

もし、ドコモ料金がそれ以下でも1年間に100万円以上決済すれば1〜2万円分のクーポン券が届くので損をすることはありません。

以上を踏まえると、ドコモ料金が税抜きで月9千円以上の人、それ以下でも1年間に100万円以上クレジットカード決済をする人はdカード GOLDを選ぶべきと言えるでしょう。

より詳しくは「dカード GOLDに申し込むメリットと4つの注意点」の記事で解説しています。

まとめ

ドコモユーザーは、迷わずd払いからマイナポイントを申し込んでください。そして2万円以上のチャージもしくは支払いすればdポイントが7,500ポイント貰えるのでお得です。

また、d払いを使っているのにdカードを持っていない人は今がチャンス

特設キャンペーンページから申し込めば、さらにdポイントを獲得することが可能です。

dカード特設のキャンペーンページ⇩

dカード GOLDの特設キャンペーンページ分⇩

もしdカードとdカード GOLDのどっちが良いんだろう…と迷っている人は、騙されるな!dカード GOLDに申し込むメリットと4つの注意点の記事を参考にしてくださいね。

SNSでもご購読できます
みんなの教科書
みんなの教科書の運営事務局
私たちは、クレジットカードの無駄を省くプロの集団です。どのカードを選ぶべきか迷っている人に、最もお得で後悔しない方法をお教えします。