モスバーガーでペイペイ(PayPay)は使えない。1番お得な決済方法まで解説

モスバーガー ペイペイスマホ決済

モスバーガーでPayPayは使えるのかな?と、お調べ中ですね。

結論として、20年現在、モスバーガーはPayPayの支払いに対応していません

でも、そもそもPayPayって還元サービスが悪いんです。そのため、別のキャッシュレス決済の方がお得に支払いができます。

本記事では、モスバーガーで1番お得な決済方法まで分かるので参考にして下さい。

1.現状、モスバーガーでペイペイは使えない

モスバーガーでPayPayは使えない

2020年現在、モスバーガーでPayPayを使うことはできません。そのため、支払いするときは別のキャッシュレス決済を検討する必要があります。

そもそもなんですが、PayPayは還元率が低いことはご存知でしょうか。たくさん決済すれば還元率は1.5%までUPするものの正直ハードルはかなり高いのが現状です。

PayPayの還元率

ご覧のように、ペイペイの還元率は0.5%〜で、カウント期間の1ヶ月間に50回以上すれば+0.5%、月に10万円利用すれば+0.5%と条件達成のハードルが高いんです。。

実際に毎日ペイペイを使っている私ですが毎月の条件達成はかなり大変と感じています。

そのため、PayPayはモスバーガーで利用可能になっても基本おすすめできません

※Yahoo! JAPANの対象サービスについて

ヤフオク!、ebookjapan、Yahoo!トラベル、Yahooショッピング、Yahoo!占い、PayPayフリマ、GYAO!ストア、LOHACO、PayPayモール、Yahoo!ニュース、Yahoo!ゲーム、

基本的にはクレジットカード決済が1番おすすめ!

ペイペイはQRコードを見せるだけで支払いできて便利ですが、支払いする時は基本的にクレジットカードが1番お得です。

なぜなら、人気なクレカを選べば、前述した条件を満たさなくても常に1.0%〜の還元を受けられるから

モスバーガーの支払い方法を比較

そもその話、スマホ決済(PayPayやLINE Pay、d払いなど)は還元率が0.5%〜と低く、特約店が基本的にないので実はそんなにお得じゃないんです。

その点、人気なクレジットカードは還元率1.0%〜で、特約店なら還元率は何倍にもUPします。なので、モスバーガーはクレジットカード決済が1番お得です。

クレカは支払いが面倒という方へ

以下で紹介しているクレジットカードはQUICPayもしくはiDに対応しているので、スマホを機械にかざすだけで支払いすることが可能です。ある意味、ペイペイより便利かもしれません。

2.おすすめのクレジットカード5選

モスバーガーはもちろん普段使いとしても人気なおすすめクレジットカードを紹介します。

JCB CARD Wオリコカードdカード GOLD楽天カードビックカメラSuicaカード
順位4位5位
デザインJCB CARD Wのメリットオリコカードのメリットdカード GOLDのメリット楽天カードのメリットと口コミビックカメラSuicaカードのメリットと口コミ
申し込み
総合評価★★★★★ / 4.8★★★★★ / 4.6★★★★★ / 4.6★★★★★ / 4.0★★★★★ / 4.0
入会条件18〜39歳まで18歳以上20歳以上18歳以上18歳以上
特徴特約店が多い電子マネーのチャージも還元対象ドコモ料金10%還元楽天市場で3.0%還元Suicaチャージで1.5%還元
還元率1.0%〜1.0%〜 1.0%〜 1.0%〜 1.0%〜 
スマホ決済QUICPayiD、QUICPayiD、QUICPayQUICPayQUICPay
審査
年会費無料無料1万円無料477円
ETCカード無料無料無料無料無料
家族カード無料無料1,000円無料
買い物保険
旅行保険
詳細

《 ← 左右にスクロールできます →》

2020年現在、1番おすすめのクレジットカードはJCB CARD Wです

JCB CARD Wは、還元率1.0%〜と優秀で、海外で使えば2.0%〜、Amazon・セブンイレブンなら3.0%〜倍、スタバなら10%と、特約店がたくさんあるのが大きな魅力です。

ただ、JCB CARD Wは18-39歳迄に申し込みが必要なので40歳以上の方は電子マネーのチャージでもポイントが貯まるオリコカードがおすすめ。

上記のクレカはいずれも審査に通りやすく、使い勝手が良いと評判のものばかりです。

どれを選んでも損はないので、ぜひこの機会にお得なクレカを検討してみてください。

モスカードにチャージすればもっとお得になる!

詳しくはページ後半のこちらで解説していますが、モスカードにクレジットカードでチャージ→モスカードで支払いすれば5.0%の還元を受けることが可能です。

3.ヤフーカードを基本的におすすめしない理由

普段からペイペイで支払いしている人は、「やっぱり、Yahoo! JAPANカードを作った方が良いのかな…」と、疑問に思っているかもしれません。

しかし、結論からいうとそんはことはありません。なぜなら、ペイペイのチャージで利用しても特別還元を受けられないですし、ヤフーカードは還元の仕組みが悪いからです。

ヤフーカードのメリットデメリット

とくに注意してほしいのは、ポイント付与が1会計毎なところ。ヤフーカードは100円につき1ポイント貯まるクレカですが決済するたびに1〜99円の端数がカットされるんです。

その点、大半のクレジットカードは月間利用金額に対して付与 。つまり端数のカットは月1回なので他のクレジットカードの方がポイントが多く貯まる可能性が高いです。

そのため、ヤフーカードはクレジットカードとしてそもそもおすすめできません

Yahoo! JAPANカードの基本情報一覧

年会費:無料
家族カード:無料
ETCカード:500円
入会資格:18歳以上
ブランド:VISA・MasterCard・JCB
還元率:1,0%〜
ポイント名:Tポイント
ポイント:100円ごと(1会計毎)
スマホ決済:Apple Pay・Google Pay
交換できるマイル:ANAマイル
電子マネー機能:-
支払日:月末締めの翌月27日払い
付帯保険:ショッピング保険
※年会費は税抜き価格

4.モスバーガーの支払い方法まとめ

参考までに、モスバーガーの支払い方法はどうなっているか調査し、まとめました。

支払い方法可否
現金
クレジットカード(VISA・MasterCard・JCB・AMEX・Discover・Diners・銀聯)
タッチ決済(iD、QUICPay、Apple Pay、Google Pay、Visaのタッチ決済、Mastercardコンタクトレス、JCB Contactless、American Express Contactless)
デビットカード
プリペイドカード(kyash、au PAY プリペイドカード、LINE Payカード、dカードプリペイド、ソフトバンクカードなど)
交通系電子マネー(ICOCA、Suica、PASMO、TOICA、Kitaca、はやかけん、nimoca、SUGOCA)
商業系電子マネー(楽天Edy)
ジェフグルメカード
ポチッとギフト
ポイント払い(dポイント)
MOSカード
スマホ決済(PayPay、楽天ペイ、d払い、ゆうちょPay、LINE Pay、Smart Code、au PAY、Alipay、WeChat Pay、K PLUS、atone)×
nanaco、WAON、PiTaPa、ポイント払い(pontaポイント、Tポイント、楽天ポイント)、ビットコイン×

調査した結果、モスバーガーではPayPay以外のスマホ決済も対応していない状況です。

そのため、クレジットカードで支払いする方法がお得と考えて間違いありません

※ネット注文は、クレジットカードもしくはモスカードのみとなっています。

5.他のファーストフード店ではペイペイが使えるか調査してみた

参考までに、他のファーストフード店ではペイペイが使えるのか調査し、まとめました。

ファーストフード店PayPayの可否
なか卵○(使える)
松屋
吉野家
すき家
日高屋
銀だこ
ココイチ
ケンタッキーフライドチキン
フレッシュネスバーガー
幸楽苑
はなまるうどん
丸亀製麺
モスバーガー×(使えない)
マクドナルド×
ロッテリア×
バーガーキング×
サブウェイ×
かつや×
てんや×

調査したところ、ハンバーガーショップでPayPayはほとんど使えない状況でした。意外に個人店の方が導入しているのでチェーンではない店の方が使える可能性が高いです。

気になるお店があるなら公式サイトの使える店舗で対応しているかどうかチェックしてみて下さいね。

6.モスカードについて

モスカードとは

モスカードとは、モスバーガーで使える専用のプリペイドカードのこと。

最大の特徴は、3,000円以上のチャージで1.0%、毎月25~29日のモスカードの日は1,000円以上のチャージで4.0%のMOSポイントが貯まるところです。

ちなみに、チャージはクレジットカードでも可能なのでモスカードにクレジットカードでチャージすればポイントの二重取りが可能になっています。

モスカードの使い方

こんな感じで、人気なクレカなら1.0%の還元で、モスカードの日にチャージすれば4.0%還元なので合計5.0%の還元を受けることができます

貯まったモスポイントは1ポイント=1円として利用することができますよ。

モスカードの基本情報一覧

  • 発行手数料:無料
  • 年会費:無料
  • 発行方法:モス店頭
  • ポイント期限:最終利用日から3年間
  • 店頭チャージ:500円以上から
  • クレジットカードチャージ:1回3千円・5千円・1万円
  • チャージ限度額:最大30,000円

モスカードのチャージ方法について

モスカードのチャージ金額は3,000円、5,000円、10,000円の3種類があり、モスバーガー公式アプリ(iosAndroid)でチャージ&支払いするのがおすすめです。

クレジットカードでチャージするにはモスバーガー公式サイトに無料会員登録を行い、モスカードを公式サイトに登録します。

いずれにせよ、モスカードを発行する必要があるということですね。

チャージ方法については、モス公式サイトの「webチャージ・残高移行サービスについて」が分かりやすいので後ほど参考にしてください。

たくさん利用すれば更にお得になる

モスカードは1年間の「利用金額」と「来店回数」でランクがUPする制度があります。

ランクUPの仕組みは、こんな感じです。

モスカードのランク制度について

引用:モスバーガー公式サイト(モスカードプログラムとは?

モスカードを会員サイトに登録をするとブロンズランク、来店回数が3回以上かつチャージ金額が3,000円以上になるとシルバーランクといった形でランクがUPします。

特典内容については非公開のようですが、チャージをしたときの還元率がUPします。

なので、モスやモスカフェ、マザーリーフによく行く人はクレジットカードでモスカードにチャージして支払いがおすすめです。

まとめ

モスバーガーはPayPayに対応していません、ただ、そもそもPayPayは還元サービスが悪いので、還元率1.0%〜のクレジットカードで支払いした方がお得です。

さらに、モスカードにチャージ&支払いすれば合計5.0%の還元を受けられます。

そのため、まずはクレジットカードの見直しから始めると良いでしょう。

SNSでもご購読できます
みんなの教科書
みんなの教科書の運営事務局
私たちは、クレジットカードの無駄を省くプロの集団です。どのカードを選ぶべきか迷っている人に、最もお得で後悔しない方法をお教えします。