【1月最新】ミニストップの支払い方法|お得な電子マネー・クレジットカード情報を解説

ミニストップはどんな支払い方法があるのか知りたいな。

こんな悩みに答えます。

先に結論から言うと、ミニストップはdカードイオンカードセレクトでの支払いが1番お得です。なぜなら、いつでも1.0%以上の高い還元を受けることができるから。

キャッシュレス決済は還元率0.5%〜で損、1.0%〜でお得と評価されています。実に2倍の差があるので、年間数万円の差がつくことも。
本記事では、ミニストップの支払い方法について徹底的に解説していきます。

この記事を読むことで、あなたの状況に合わせた最適な支払い方法を知ることができますよ。

目次

ミニストップの支払い方法|お得な電子マネー・クレジットカード情報

ミニストップの支払い方法(現金・電子マネー・クレジットカード)の情報は下記の通りです。

支払方法使えるもの
クレジットカードVISA・JCB・MasterCard・Diners・アメックス・銀聯
タッチ決済QUICPay・iD
デビットカード何でも使える
プリペイドカード何でも使える
スマホ・バーコード決済PayPay・楽天ペイ・LINE Pay・d払い・メルペイ・au PAY・J-Coin Pay・NAVER Pay・WeChat Pay・ゆうちょPay・Alipay
優待券・ギフトカードイオン商品券・チケットレストラン食事券
商業系電子マネーWAON・楽天edy
交通系電子マネーSuica・nimoca・ICOCA・TOICA・はやかけん・SUGOCA・・PASMO・manaca・Kitaca
ポイントで支払いWAONポイント

ミニストップは他のコンビニと同様にクレジットカードや各種電子マネーで支払いが可能です。またPayPayやLINE Payなども使えるのでスマホで支払いもできます。

しかしキャッシュレス決済は還元率0.5%~で低い・1.0%~で高いとされていて、ペイペイやLINE Payといったスマホ決済は改悪によっていまは還元率が低いです。

以上から、ミニストップ限らず、支払いは還元率1.0%〜のクレカが1番おすすめです。

詳細は「ミニストップで1番お得な支払い方法」の項目で詳しく解説しています。

現金について

ミニストップは現金払いをおすすめしません。理由はシンプルで、キャッシュレス決済なら還元サービスを受けることが可能だから!なので、これからは現金以外がおすすめです。

クレジットカードについて

ミニストップは国内で発行したクレジットカードは全て使えると考えて問題ありません。その際、1万円以下(1〜9,999円)の支払いは暗証番号もしくはサイン不要です。

店頭では支払いすると一括払いになりますが後ほど各カード会社の専サイトから分割払いに変更することもできるので安心してくださいね!

タッチ決済(NFC決済)について

ミニストップはQUICPay(クイックペイ)とiD(アイディー)に対応しています。そのため、Apple Pay・Google Payを使っているならお財布を出す必要もないですね。

ちなみに、いま持っているクレジットカードやデビットカードもしくはプリペイドカードに電波のようなマークは付いていませんか?

ミニストップのタッチ決済(NFC決済)について

このマークが付いていれば「カードで」と店員に伝えて専用機械にかざすだけで非接触の支払いも可能です。 これならカードを差し込む必要がありません。

デビットカードについて

ミニストップは国内発行のVISAかJCBのデビットカードで支払いが可能です。デビットカードといえば三井住友・住信SBIネット・三菱UFJ・りそな・ゆうちょ・楽天銀行のが有名ですね。

ちなみに、使っている人は少ないと思いますがJ-Debitは利用できません。

もし18歳未満でクレジットカードができないなら楽天銀行デビットカードを検討するのがおすすめです。

年会費無料で、還元率1.0%〜と優秀です。ただし、デビットやプリペイドカードは特約店(○で利用するとポイントが○倍!)がないので18歳になったら早めにクレカに切り替えるのが良いでしょう。

プリペイドカードについて

ミニストップはプリペイドカードで支払いもできます。プリペイドカードならANA JCBプリペイドカードやLINE Payカード、ラインペイカードやソフトバンクカードなどが有名ですね。

デビットカードと同じくプリペイドカードも基本的に何でも使えると考えて問題ありません。

デビットカードは16歳以上なので16歳未満ならキャッシュ(kyash)がおすすめです。こちらも年会費無料で、同じく還元率1.0%〜です。

スマホ・バーコード決済について

ミニストップはいま人気のスマホ決済はほぼ全て使えます。調べたところ、Jコインペイ・QUOカードペイ・ペイコ・ファミペイJKOペイ・りそなWalletは利用できません。

スマホ決済はいずれも利用者の獲得に目処が付いたことで改悪し、いまでは還元率が低いです。

そのため、これからは人気なクレジットカードを紐付けて使うのがおすすめです。

ギフトカード・優待券について

ミニストップはイオングループ発行のイオン商品券やチケットレストラン食事券も使えます。ちなみに、ビール券やQUOカードやビール券、クレジットカード会社発行のギフトカード(VJA・JCB・UCなど)は利用できません。

イオン商品券はお釣りが出ますがチケットレストラン食事券はお釣りが出ません。また、チケットレストラン食事券は飲食物(酒・タバコは不可)のみとなっています。

商業系電子マネー

ミニストップは楽天edy(エディ)やWAON(ワオン)が使えます。ちなみにTマネーやnanacoは使えないので気をつけてくださいね。

ミニストップはイオングループなのでWAONが良いのかな?と思うかもしれません。

しかし、WAONは還元率が0.5%〜(200円につき1WAONポイント)と低いので高還元率のクレジットカードの方がおすすめです。ただ後ほど解説するイオンカードがあれば話は別です。

交通系電子マネー

ミニストップはSuicaやICOCAといった交通会社が提供する電子マネーで支払いも可能です。ちなみにモバイルSuicaやスマートICOCAも使えるので、そっちで支払うと簡単です。

もし普段からSuicaを利用しているならビックカメラSuicaカード、ICOCAを使っているならオリコカードでチャージが絶対おすすめ!

これらのクレカでチャージすれば1.5%もしくは1.0%の還元を受けられるので交通費の節約にも繋がります。

ポイントで支払いについて

ミニストップはWAONポイントを1ポイント=1円として支払いに使えます。またスマホ決済を利用すれば他のポイントを使うことも実質可能です。

au PAYを使えばPontaポイント、d払いならdポイント、楽天ペイなら楽天ポイントが1ポイント=1円として使えます。

ミニストップで現金でしか支払いできないものについて

ミニストップはキャッシュレス決済で支払い不可のサービスや商品があるのでまとめました。

支払い方法支払いできないもの
クレジットカード金券類(切手や印紙・はがき・ギフトカード・テレフォンカード・ごみ処理券・電子マネーのチャージ)、収納代行(電気やガス水道などの公共料金・自動車税・コンビニ受け取りサービス)

MINISTOP Loppiの取り扱いサービスや商品(予約した取り寄せ商品やローソンチケットは支払い可能)、チケット類(レジャーチケット類)

スマホ決済(PayPayやLINE Payや、au PAYなどのこと)クレジットカードと基本同じ
各種電子マネー(SuicaやWAONなど)クレジットカードと基本同じ

コレといってすごく困るものはないですが、公共料金や税金、Loppiを使った商品やサービスの支払いは基本的に現金のみとなっています。

ただし、ローソンチケットと取り寄せ商品はクレジットカードや電子マネーなどのキャッシュレス決済が使えるので、そのときは現金以外で支払いがおすすめです。

WAONであれば切手やギフトカード、ごみ処理券やゆうパックの発送料金、2020年8月10日から一部の公共料金(WAONポイントは付与の対象外)も支払いが可能です。

スポンサーリンク

ミニストップでポイントは貯められる?

ミニストップで少しでもお得に支払いするためどのポイントが貯められるのか調査しました。

ポイント名可否
WAONポイント○(貯められる)
dポイント×(貯められない)
楽天ポイント
Pontaポイント
Tポイント

ミニストップはWAONで支払いするとWAONポイントが税込み200円で1ポイント(0.5%還元)、さらに毎月5日・15日・25日ならポイントが2倍貯まります。

しかし、人気なクレジットカードなら常に還元率1.0%なので、ミニストップはWAONポイントを貯める必要は特別ないと言えます。

イオン系列(イオンモール・ダイエー・マックスバリュ)でよく買い物する人はイオンカードセレクトとWAONを組み合わせることで1.5%と高い還元を受けられるので、イオンカードセレクトがあるならWAONで支払いをおすすめします。

ミニストップのクーポン・割引情報について

ミニストップでは公式SNSアカウントやメルマガ、LINE Payなどで定期的にクーポンを発行しているので、ぜひ確認してみてください!

ちなみに私は、公式サイトの「キャンペーン・セール」をブックマークしています。

ミニストップのクーポン・割引情報について

公式サイトでは期間限定で○を買うともう1本プレゼント!といったキャンペーン情報がすぐに確認できるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ミニストップのTwitter公式アカウントもしくはFacebookでもクーポン情報を発信していることがああるので、こちらもごらんください。

スポンサーリンク

ミニストップの1番お得な支払い方法

2023年現在、ミニストップで高い還元を受けられる支払い方法は4つあります。

d払い×dカードで1.5%還元

いまドコモ携帯もしくはドコモ光を使っているならdカードを支払先にしたd払いで決済が1番お得です。なぜなら合計で1.5%の還元を受けられるから。

ミニストップの1番お得な支払い方法_d払い×dカードで1.5%還元

もう一度言いますが、キャッシュレス決済は還元率1.0%〜で高いという現状です。つまり、この1.5%還元は驚異的なので、ドコモユーザーはぜひ実践をおすすめします。

ちなみに、d払いだけでは還元率0.5%〜と低いので必ずdカードを紐づけて使いましょう。

dカードはそのまま使っても1.0%〜と優秀なので、申し込んで損はありません。

dカードの基本情報
スクロールできます
項目詳細評価
還元率1.0%~(100円ごと)
年会費無料
旅行保険-
その他優待特約店で倍のポイント
スマホ決済d払いでポイント二重取り
キャンペーン入会で4,000ポイント
評判と口コミdカードの評判と口コミを調査-
dカードの基本情報

また条件によってはゴールドカードの方がお得になるので「dカード GOLDに申し込むメリットと4つの注意点」の記事も、合わせて確認してみてくださいね。

\ 最短5分, 4000P貰える /

イオンカードセレクトで支払いで1.5%還元

もし普段からイオン系列(イオンモールやダイエー、マックスバリュ)で買い物するならイオンカードセレクトで決済が1番お得です。こちらも1.5%の還元を受けられるから。

ミニストップの1番お得な支払い方法_イオンカードセレクトで支払いで1.5%還元

手順としては、イオンカードセレクトに一体化しているWAONにチャージで1.0%還元、WAONで決済で0.5%還元で合計1.5%です。

またイオンカードセレクトがあれば上記の手順でイオン系列でも1.5%還元、ありが10デー(毎月10日)なら3.0%と驚異的な還元を受けることもできます。

ミニストップの1番お得な支払い方法_イオンカードセレクト

このように、イオン系列で買い物する人にとっては非常に魅力的です。

ただ、イオンカードセレクトは上記以外の場所で使うと還元率が0.5%〜と低いので、普段使いは、この後に紹介する還元率1.0%〜のクレジットカードで決済がおすすめです。

イオンカードセレクトの基本情報
イオンカードセレクト
スクロールできます
項目詳細評価
還元率0.5%~(イオンなら1.0%~)
年会費無料
旅行保険-
各種優待イオン特典日で最大6.0%還元
使いやすさキャッシュレス対応
キャンペーン入会で16,000ポイント
イオンカードセレクトの基本情報

\ 最大16,000分貰える /

auペイ×オリコカードで1.5%還元

いまauの携帯もしくはauひかりを使っているならオリコカードでチャージしたauペイで決済が1番お得です。こちらも同じく1.5%と高い還元を受けられます。

ミニストップの1番お得な支払い方法_auペイ×オリコカードで1.5%還元

ちなみにですが、auが提供するau PAYカードというクレジットカードよりオリコカードの方が優秀です。なぜなら、オリコカードは電子マネーにチャージしても還元対象だから。

au PAYカードはauペイにチャージしたときに還元を受けられますが、オリコカードであればSuicaやICOCAにチャージしたときでも1.0%のポイントが貯まります!

オリコカードの基本情報一覧

【年会費】無料
【ETCカード】無料
【家族カード】無料
【入会資格】18歳以上
【審査】不安でも問題なく通過できる
【還元率】1.0%~(100円ごと)
【付帯サービス】なし
【詳細について】オリコカードの全情報
【キャンペーン】半年はポイントが2倍貯まる!

楽天ペイ×楽天カードで1.5%還元

もし楽天市場をよく利用しているなら楽天カードでチャージした楽天ペイで決済もおすすめです!理由は他の方法と同じく1.5%の還元を受けられるから。

ミニストップの1番お得な支払い方法_楽天ペイ×楽天カードで1.5%還元

このように、楽天カードでチャージで0.5%還元、楽天ペイの決済で1.0%還元で合計1.5%です。しかし、これは楽天ペイがいま実施している最大1.5%還元キャンペーンのおかげ。

このキャンペーンが終了すれば還元率は下がるので、前述した方法がおすすめです。

楽天カードの基本情報
楽天カード
スクロールできます
項目詳細評価
還元率1.0%~(100円ごと)
年会費無料
旅行保険海外旅行保険
その他優待ラウンジ・観光案内など
スマホ決済楽天ペイでポイント二重取り
キャンペーン新規入会&利用で
もれなく5,000ポイント
評判と口コミ楽天カードの評判と口コミ-
楽天カードの基本情報

\ 審査最短5分 /

還元率1.0%〜のクレジットカードはコレだ!

いま紹介した方法はミニストップで1番お得に支払いする方法です。ただ、そもそも還元率1.0%〜のクレジットカードがあれば、他の場所でも常にお得に支払いができます。

ここからはミニストップ限らず、常にお得に支払いできるクレジットカードを紹介します。

2023年現在、いまからはJCB Wカードが1番おすすめです!年会費無料で、どの場所で使っても還元率1.0%〜と常にお得に支払いが可能です。

冒頭でお伝えしましたが、スマホ決済はクレジットカードと紐づけて初めてお得です。そのため、クレジットカードがないならスマホ決済は基本おすすめしません。
ぜひこの機会に還元率1.0%〜の優秀なクレジットカードを申し込みしてみてくださいね。
JCB CARD Wの基本情報
jcbカードW
スクロールできます
項目詳細評価
還元率1.0%~5.5%
年会費無料
旅行保険最高2,000万円
その他優待特約店でポイント倍増
キャンペーン今ならAmazon.co.jp利用で最大30,000円キャッシュバック!
JCB CARD Wの基本情報

\ 最大3,0000円キャッシュバック /

もう少し詳しく知りたい方は「JCB CARD Wのメリット・デメリットからわかる評判・口コミ」の記事を参考にしてみてくださいね。

ミニストップ以外のコンビニの支払い方法

ここまでミニストップの支払いを紹介してきましたが、その他にも多くのコンビニがありますよね。

参考までに人気のキャッシュレス決済の利用の有無を表にしてまとめました。

スクロールできます
クレジットカードPayPayd払い
セブン‐イレブン使える使える使える
ファミリーマート使える使える使える
ローソン使える使える使える
ミニストップ使える使える使える

基本的に各種コンビニでは、人気の決済方法は大体使えると思ってもらって問題ありません。

スポンサーリンク

まとめ

2022年現在、ミニストップはd払いやau PAY、楽天ペイにクレジットカードを紐づけて支払うか、イオンカードセレクトでWAONにチャージして支払いが1番お得です。

ミニストップを普段から利用する人は、ぜひこの中の支払い方法を実践してください!

ミニストップの支払いに関する「よくある質問」

ミニストップにおけるLoppi(ロッピー)の使い方について

メルカリやアマゾン、Qoo10(キューテン)、ラクマなどで購入した商品やサービスの支払いをミニストップで行うときはLoppi(ロッピー)を使います。

まず「お客様番号」と「確認番号」を用意してロッピーの場所に移動し、ロッピーの画面の左にある「各種番号をお持ちの方」を選択し「お客様番号」を入力します。

次に「確認番号」を打ち込み、金額が正しいか確認して「はい」を選択します。そうすると、「申込券」が発行されるので、それを持って30分以内に決済すれば完了です。

ミニストップで電子マネーのチャージってどうやるの?

ミニストップはレジで電子マネーのチャージが可能です。チャージの際は店員さんにチャージしたいと申し出れば対応してもらえます。

その際の支払い方法は現金のみ。クレジットカードでチャージはできません。

WAON POINTとWAONポイントの違いについて

WAON POINTはWAONポイント加盟店で電子マネーのWAONで支払った時、イオンカードを提示してWAONポイント加盟店現金やイオングループの商品券やギフトカードで支払いした時に貯まるポイントです。

その一方でWAONポイントはシンプルに電子マネーのWAONで支払いして貯まるポイントになります。

お得ドットコム
毎日をちょっとお得にするサイト
学校では教えてくれない、お金にまつわる「ちょっと得する情報」をお届けする情報メディア|経済的に自立した人を増やし、生活に余裕を持てる人を増やしたいという思いから発信しています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次