マクドナルドのモバイルオーダーの支払い方法!やり方・受け取り方も解説

支払い方法使える種類
現金払い使えない
クレジットカードVISA・MasterCard・JCB・AMEX・ダイナーズ
デビットカード・プリペイドカード使える
スマホ決済PayPay・d払い・楽天ペイ・au PAY・LINE Pay
Apple Pay・Google Pay使える
使えるポイントPayPayポイント・dポイント・楽天ポイント

お食事をマクドナルドのハンバーガーで済ませたい方もいますよね。特に混雑時に注文するのなら、モバイルオーダーを使ってみませんか。

マクドナルドのモバイルオーダーは全国の店舗で使える上、支払い方法も豊富です。

しかも受け取りの方法も多く用意されているため、好きなスタイルでできたてのハンバーガーを受け取れます。

マクドナルドのモバイルオーダーで使える支払い方法を知っていると、並ぶことなくお得に注文可能です。

そこで本記事では、マクドナルドのモバイルオーダーで使える支払い方法から、やり方・受け取り方も一緒に解説します。

目次

マクドナルドのモバイルオーダーとは

マクドナルドのモバイルオーダーとは
マクドナルド公式サイト

マクドナルドのモバイルオーダーとは、スマホを使って全国のマクドナルド店舗のメニューを気軽に注文できるサービスです。

マクドナルドのアプリがあれば、家で簡単に操作しながら注文できます。

テイクアウトだけでなく、店内飲食やドライブスルーにも対応している点も強みです。決済も先に済ませられるため、店舗で並ばずに受け取れます。

クレジットカードやスマホ決済など様々なキャッシュレス決済で支払える点も魅力です。

マクドナルドのモバイルオーダーの支払い方法

マクドナルドのモバイルオーダーの支払い方法

マクドナルドのモバイルオーダーを使うのなら、決済できる方法も気になりますよね。

マクドナルドのモバイルオーダーで使える支払い方法を解説していきます。

現金払い

まずマクドナルドのモバイルオーダーは、現金では支払いできません

マクドナルドのモバイルオーダーは事前にアプリで支払いを済ませてから取りに行くためです。

注文だけ済ませてから、レジで支払う流れではないため、クレジットカードやスマホ決済を準備した上で使うようにしましょう。

クレジットカード

マクドナルドのクレジットカードは、VISA・MasterCard・JCBなど、世界的に通用する国際ブランドのカードが使えます。

モバイルオーダーで事前にカード情報を登録しておくと、2回目以降の利用に便利です。

加えて還元率の高いカードであれば、注文するたびに効率良くポイントを貯められます。

楽天カードやdカードのような還元率が1.0%以上のカードがおすすめです。

デビットカード・プリペイドカード

マクドナルドのモバイルオーダーでは、デビットカードやプリペイドカードも利用できます。

両方とも銀行の預金額や事前入金した額から引き落とすため、後からの返済や使い過ぎに悩む心配がありません。

またデビットカードは15歳以上、プリペイドカードは12歳以上で作れます。学校帰りにマクドナルドに立ち寄りたい時にも使える点で便利です。

ちなみにプリペイドカードの中には、バンドルカードのような後払いタイプのものもあります。手元にお金がない場合でも安心です。

スマホ決済(PayPay・楽天ペイ・d払いなど)

マクドナルドのモバイルオーダーの支払い方法_スマホ決済
PayPay公式サイト

マクドナルドのモバイルオーダーは各種スマホ決済にも対応しています。

PayPay・楽天ペイ・d払いなど主要なものであれば使えるため、普段お気に入りのもので気軽に支払える点が嬉しいところです。

スマホ決済では種類によってPayPayポイントやPontaポイントが貯められます。

加えて超PayPay祭など各スマホ決済のキャンペーンも利用すると、より多くポイントを稼ぐことが可能です。

Apple Pay・Google Pay

マクドナルドのモバイルオーダーの支払い方法_Apple Pay・Google Pay
Apple公式サイト

Apple PayやGoogle Payでも支払えます。

両方ともアプリやスマホサービスの決済と紐づいているため、連携しているクレジットカードや電子マネーで直接支払える点がメリットです。

普段スマホゲームに使うカードでも注文できる仕組みのため、わざわざモバイルオーダーでカードを登録する必要がありません。

モバイルオーダーで貯まる・使えるポイント

マクドナルドのモバイルオーダーでは、クレジットカードやスマホ決済のポイントを貯められます。

特に還元率の高いカードやスマホ決済を使えば、効率良くポイントを貯めることができます。

一方ポイントの利用は、PayPayポイント・楽天ポイント・dポイントに限り可能です。

PayPayポイントを使う場合は、PayPayアプリで貯めたポイントの設定を「支払いに使う」にしてください。

楽天ポイントとdポイントについては、楽天ペイとd払いを使った支払いでポイントを使う設定にしてあれば注文に使えます。

スポンサーリンク

マクドナルドのモバイルオーダーでお得な決済方法

2024年現在、、マクドナルドはSMBCグループが運営するカード「Olive」が最もお得です。

なぜなら、最大20%のポイント還元を受けられるから。

Oliveの特徴
  • 銀行やクレカ・証券や保険を1つのアプリで管理できる
  • クレジット・デビット・ポイント払いのフレキシブルペイが可能
  • 最大20%の還元が非常にお得

注意点として、最大20%のポイント還元を受けられるのは以下の対象店舗のみです。

対象店舗
  • セイコーマート
  • セブン-イレブン
  • ポプラ
  • ローソン
  • マクドナルド
  • サイゼリヤ
  • ガスト
  • バーミヤン
  • しゃぶ葉
  • ジョナサン
  • 夢庵
  • その他すかいらーくグループ飲食店*
  • すき家
  • はま寿司
  • ココス
  • ドトールコーヒーショップ
  • エクセルシオール カフェ
  • かっぱ寿司

*ステーキガスト、から好し、むさしの森珈琲、藍屋、グラッチェガーデンズ、魚屋路、chawan、La Ohana、とんから亭、ゆめあん食堂、桃菜、八郎そば、三〇三も対象

上記のように、多くの店舗がポイント還元の対象となっており、上記のお店によく行く方は非常に重宝できます。

キャッシュレス決済は0.5%還元で低い・1.0%~で高いと評価されているので、この還元率は破格の待遇と言えます。

また「Olive」は、最大26,000円相当のポイントを受け取れるお得なキャンペーンを開催中です。

Oliveのお得なキャンペーン

Oliveは最大26,000円相当のポイントがもらえるキャンペーンを開催しています。

  • Oliveアカウントへの入金:1,000円相当
  • Oliveフレキシブルペイ(クレジットモード)の新規入会+利用:5,000円相当
  • Oliveフレキシブルペイ(クレジットモード)の新規入会+タッチ決済利用:5,000円相当
  • SBI証券の口座開設+証券取引+NISA口座保有:最大15,000円相当

詳しくは「Oliveの公式サイト」をご覧ください。

※最大26,000ポイントは最上位クレジットカードでのお取引が対象になります。
※特典付与には条件があり、口座開設とクレジットカード・デビットカードのお取引、証券のお取引も含みます。

いままで「支払い」「銀行口座」と使い分けていたものが1つのアプリでスマートに管理することができるので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

Olive」を使うことで、今までより便利に、そしてよりお得に支払いすることができますよ。

\ Vポイント最大20%還元 /

スクロールできます
商品年会費ポイント還元率
(クレジット)
付帯保険
(お買い物安心保険)
付帯保険
(傷害保険)
olive一般
Olive(一般)
永年無料0.5%
対象店舗で最大20%*
なし海外:最高2,000万円(利用付帯)
oliveゴールド
Olive(ゴールド)
年会費5,500円
条件達成で翌年から永年無料
初年度無料
0.5%
対象店舗で最大20%*
限度300万円国内:最高2,000万円(利用付帯)
海外:最高2,000万円(利用付帯)
oliveプラチナ
Olive(プラチナリファード)
33,000円
初年度無料
1.0%
対象店舗で最大20%*
限度500万円国内:最高5,000万円(利用付帯)
海外:最高5,000万円(利用付帯)
Oliveのカード情報比較

※対象のサービスのご利用状況に応じて、対象のコンビニ・飲食店でのご利用時に、通常のポイント分を含んだ最大20%ポイントが還元されます。
※¹ 商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗があります。
※² ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合がございます。

3 初年度無料+年間100万円以上の利用で翌年以降年会費永年無料

他の支払い方法を知りたい方は「マクドナルドの支払い方法」の記事も参考にしてみてくださいね。

マクドナルドでモバイルオーダーを使う6つのメリット

マクドナルドでモバイルオーダーを使う6つのメリット

マクドナルドのモバイルオーダーで注文するのなら、使うメリットは予め知っておきたいですよね。

マクドナルドのモバイルオーダーの主なメリットが以下の6つです。

待ち時間を減らすことができる

まず待ち時間を減らせます。モバイルオーダーは店舗に着く前に注文や支払いを済ませられるため、レジに並ぶ必要がありません。

店舗に着いた後も、専用のピックアップカウンターやドライブスルーレーンで受け取るだけです。

特に昼休憩など混雑しやすい時間にあまり待つ必要がないため、できたてのハンバーガーやポテトを短い時間で受け取れます。

支払いの手間が省ける

また支払いの手間が省ける点もモバイルオーダーの強みです。

モバイルオーダーではクレジットカードやスマホ決済を使って先に支払いを済ませられます。

店舗に着いた時にレジで財布やスマホを取り出す手間も掛かりません。

お金やカードの手渡しも必要ないため、お金やカードを探さずに決済できます。

メニューをじっくり選べる

メニューをじっくり選べるのも大きなメリットです。モバイルオーダーでは注文の前にスマホ画面にメニューが映し出されます。

特に混雑した時間帯にレジでメニューを選ぶと、後ろに並んでいるお客さんの視線が気になる場合もあります。

モバイルオーダーの場合は自宅や車の中でじっくり選べる分、落ち着いて自分の食べたい商品を探すことが可能です。

人との接触(密)を避けられる

人との接触(密)を避けられるところもモバイルオーダーの魅力です。

マクドナルドは非常に人気がある分、様々なお客さんが買い物や食事に訪れます。

お客さんの中には体調不良の方もいるため、混雑していると風邪をうつされる心配もありますよね。

しかしモバイルオーダーでは事前に決済まで済ませて受け取るだけであるため、あまり接触を気にする必要がありません。

逆に自分自身が風邪気味の場合でも、さっさと受け取るだけで店を後にできます。

他のお客さんに風邪をうつさずに済む点でも便利です。

ほとんどの店舗で使える

マクドナルドではほとんどの店舗でモバイルオーダーを導入しています。

約9割以上のお店で導入されているため、最寄りの店舗でほぼ確実に使える点が強みです。

近所のマクドナルドでも使える可能性が高いため、ちょっと小腹が空いた時に気軽に注文することができますよ。

クーポンでお得に買い物できる

最後にクーポンを使ってお得に買い物できる点もメリットです。

公式アプリで配信されているクーポンで「モバイルオーダーで使う」を選ぶと、対象商品を割引価格で購入できます。

モバイルオーダーの場合はレジに並ばずに買えるため、並んだ時のストレスを受けることなくお得にハンバーガーなどを注文できる点が便利です。

なおクーポンの種類は非常に多いため、お好きなメニューの注文に使ってみてください。

スポンサーリンク

マクドナルドでモバイルオーダーを使う3つのデメリット

マクドナルドでモバイルオーダーを使う3つのデメリット

マクドナルドのモバイルオーダーにはデメリットもいくつかあります。主に以下の3つです。

注文後のキャンセルや変更は不可

まず注文後にキャンセルやメニューの変更はできません。

一度注文が確定してしまうと、理由に関係なく返金されない仕組みです。

決済が済む前であれば注文するメニューの種類・数を変更できます。

支払う前に間違っていないかをよく確認して、必要があれば変更するようにしましょう。

ピクルス抜きなどのカスタマイズができない場合も

またマクドナルドのモバイルオーダーでは、ピクルス抜きなど細かいカスタマイズができない場合があります。

レジであれば柔軟に対応して貰えるものの、モバイルオーダーの場合は制約もあるため注意が必要です。

もしモバイルオーダーの注文でしてほしいカスタマイズが見当たらない場合は、レジで直接注文するのがおすすめです。

受け取り方法が限られる店舗がある

さらに店舗の中には受け取り方法が限られるところもあります。

マクドナルドの場合、受け取り方法は店内受け取り・テイクアウト・ドライブスルーなど様々です。

ただ店舗の立地によっては、一部の受け取り方法が使えません。例えば駐車場がない店舗の場合、選べるのは店内受け取りとテイクアウトだけです。

店舗によって対応している受け取り方法は異なるため、事前に店舗の情報を確認してください。

マクドナルドのモバイルオーダーのやり方を6ステップで解説

マクドナルドのモバイルオーダーのやり方を6ステップで解説

マクドナルドのモバイルオーダーを使う際、特に初めての方は一通り使い方をマスターしたいですよね。

モバイルオーダーの使い方の手順は以下の通りです。

公式アプリをインストール・会員登録

まずマクドナルドの公式アプリをインストールしましょう。

Google PlayやApp Storeで探せばすぐに見つかります。

マクドナルド

マクドナルド

日本マクドナルド株式会社

インストールが終わるとアプリが起動し、「新規会員登録」が可能です。会員登録はメールアドレスとパスワードを入力するだけで完了します。

なお会員登録はメールアドレス以外にも、TwitterとFacebookのアカウントでも簡単にできて便利です。

公式アプリで「モバイルオーダー」を選択

会員登録が終わったらログイン状態でアプリを開きます。

アプリのホーム画面の左上にある「モバイルオーダー」や右下の「オーダー」を開き、注文を始めましょう。

公式アプリで「モバイルオーダー」を選択
マクドナルド公式アプリ

店舗を選ぶ

初めてモバイルオーダーを開くと、位置情報の設定画面が出てきます。

位置情報へのアクセスを許可すると、現在地に一番近い店舗を選べて便利です。

モバイルオーダーの位置情報を許可
マクドナルド公式アプリ

地図が表示されたら、利用したい店舗(ロゴマークが表示されているところ)をタップしましょう。

モバイルオーダーする店舗を選ぶ
マクドナルド公式アプリ

使いたい店舗のロゴマークをタップすると、店舗名と「この店舗を選択」が表示されます。

この店舗を選択」を選び、次の画面に移ってください。

モバイルオーダーのこの店舗を選択をタップ
マクドナルド公式アプリ

店舗情報が表示されると、店舗の写真・電話番号・モバイルオーダーの対応時間などの詳細な情報が表示されます。

特に問題がなければ、上側の「この店舗を選ぶ」を押しましょう。

モバイルオーダーのこの店舗を選ぶを選択
マクドナルド公式アプリ

メニューを選択しカートに追加する

店舗を選び終わると、メニュー画面が表示されます。

セットメニューやバーガーなど大まかな種類は、上側でスライドしながら選択可能です。

ちなみに「クーポン」では、クーポンが使える商品を注文できます。

メニューを選択しカートに追加する
マクドナルド公式アプリ

メニューを注文すると下の画像のように表示されるため、値段を確認したりカスタマイズを選んだりしましょう。

注文のカスタマイズをする
マクドナルド公式アプリ

選び終わったらメニューの個数も決めた上で、右下の「カートに追加」を押します。

カートに追加を選択
マクドナルド公式アプリ

一通り欲しいメニューを選び終えたら、右下に表示される「レジに進む」を押しましょう。

受け取り方法を選択
マクドナルド公式アプリ

セットの場合はドリンク・サイドメニューも選択する

なおセットメニューを注文する場合は、ドリンクやサイドメニューも選びます。

両方選び切れていないとカートに入れられないため、忘れずに選択してください。

受け取り方法を選択

続いて受け取り方法も決めます。マクドナルドのモバイルオーダーで選べる方法は以下の通りです。

受け取り方法を選択
マクドナルド公式アプリ
  • 店内でお食事
  • お持ち帰り(テイクアウト)
  • 駐車場で受け取り
  • ドライブスルー

ちなみに店内でお食事の場合は、カウンター以外にテーブルでも受け取れます。

座席まで持ってきて貰いたい方におすすめです。

支払い方法を選択して完了

支払い方法を選択して完了
マクドナルド公式アプリ

最後に支払い方法を選んで決済します。クレジットカード(デビットカード・プリペイドカードも含む)のほか、各種スマホ決済が利用可能です。

クレジットカードを登録
マクドナルド公式アプリ

初めてカード類で払う場合は、カード情報を入力します。

カードのブランドを確認した上で、カード番号・有効期限・セキュリティコードを入力し、最後に「登録する」を押してください。

注文内容を確定する
マクドナルド公式アプリ

支払い方法を選んだら、画面の一番下まで進んで「次へ」をタップしましょう。

スポンサーリンク

マクドナルドのモバイルオーダーで注文した後の4つの受け取り方

マクドナルドのモバイルオーダーで注文した後、店舗で受け取る方法も一緒に知っておきたいですよね。

以下の4つの方法で受け取ります。

まずは店舗に向かう

注文が終わったら店舗に向かいましょう。受け取る方法に応じて店舗内のカウンター・座席や、駐車場・ドライブスルー用レーンに向かいます。

【店内飲食】着席後に注文を確定

店内飲食の場合は、まず店内の空いている座席に座りましょう。

そして注文を確定させた上で、各座席に書かれている番号をモバイルオーダーに入力します。後は店員がメニューを運んでくるのを待つだけです。

なお店内飲食では、注文時にカウンターでの受け取りも選べます。

カウンターで受け取る場合は、直接受け取り用のカウンターに出向いてください。

番号で呼び出されたら受け取りましょう。

【テイクアウト】注文確定後にカウンターで受け取る

テイクアウト(持ち帰り)の場合は、店舗に入る前に注文を確定させます。

続いて店内の受け取り専用カウンターの前で順番が来るまで待ってください。

モニターに番号が表示されて店員から呼ばれたら、商品を受け取って完了です。

【駐車場】駐車場で注文確定して受け取る

駐車場でも待機した状態で商品を受け取れます。まず車を駐車場に停めてから注文を確定させましょう。

しばらくすると店員ができたての商品を持ってきて、窓越しに手渡してくれます。車から降りずに受け取れる点でも便利です。

【ドライブスルー】車で専用レーンに移動する

店舗によってはドライブスルーでも受け取れます。

受け取り方法でドライブスルーを選んで注文を確定させた後、車で受け取り店舗の専用レーンに移動してください。

そして受け取り口まで来たら、店員に受け取り番号を提示します。後は店員が窓越しに手渡す商品を受け取ってください。

マクドナルドのモバイルオーダーに関する「よくある質問」

マクドナルドのモバイルオーダーは何時まで使える?

マクドナルドのモバイルオーダーが使える時間帯は、基本的に5時から24時です。

ただし24時より早く閉まる店舗は閉店時間まで使えます。

マクドナルドのモバイルオーダーで時間指定はできる?

マクドナルドのモバイルオーダーでは時間指定はできません。

マクドナルドのモバイルオーダーでエラーが出る場合の対処法は?

マクドナルドのモバイルオーダーでエラーが出る場合の対処法は以下の通りです。

  • ログインし直す
  • 登録したクレジットカードやデビットカードの情報を確認・修正する
  • 電波状態の良い場所で注文する
  • スマホやアプリの再起動
  • 位置情報をオンにする
  • 【大規模な通信障害の場合】改善されるまで待つ

マクドナルドのモバイルオーダーができない時の対処法は?

マクドナルドのモバイルオーダー自体ができない場合の対処法は以下の通りです。

  • 受付停止中の場合は受付時間まで待つ
  • メニュー別の受付停止中の場合、他のメニューを考える
  • アプリ自体を再起動・アップデートする
  • 【大規模な通信障害の場合】改善されるまで待つ

スポンサーリンク

マクドナルドのモバイルオーダーのキャンペーン・クーポン情報

マクドナルドのモバイルオーダーでお得に注文するのなら、キャンペーンやクーポンは欠かせないですよね。

最後にお得なキャンペーンやクーポンも紹介します。

キャンペーン情報

マクドナルドのモバイルオーダーのキャンペーン情報
マクドナルド公式サイト

マクドナルドでは開催されるキャンペーンが豊富です。

季節限定のメニューが販売されていたり、期間限定で特定の商品を割引価格で提供していたりします。

キャンペーンの対象商品も基本的にモバイルオーダーで注文可能です。

公式アプリにもキャンペーン情報が配信されているため、まめにチェックした上で注文してみてください。

クーポン情報

マクドナルドでは割引クーポンも多く配信されています。

モバイルオーダーで商品を注文する際、上側のタブで「クーポン」を選ぶと、対象の商品を割引価格で注文できてお得です。

マクドナルドのモバイルオーダーのクーポン情報
マクドナルド公式アプリ

クーポン対象の商品は時期によって異なるため、キャンペーンと同じようにまめにチェックして注文しましょう。

まとめ

マクドナルドのモバイルオーダーで使える支払い方法を、操作の方法や受け取り方とともに見てきました。

マクドナルドの公式アプリから簡単に注文できる上、使えるキャッシュレス決済も豊富です。

支払いの際は、Oliveを使うことで、お得に決済することができるので、もし頻繁にマクドナルドにいく方は、手に入れておきましょう。

\ Vポイント最大20%還元 /

スクロールできます
商品年会費ポイント還元率
(クレジット)
付帯保険
(お買い物安心保険)
付帯保険
(傷害保険)
olive一般
Olive(一般)
永年無料0.5%
対象店舗で最大20%*
なし海外:最高2,000万円(利用付帯)
oliveゴールド
Olive(ゴールド)
年会費5,500円
条件達成で翌年から永年無料
初年度無料
0.5%
対象店舗で最大20%*
限度300万円国内:最高2,000万円(利用付帯)
海外:最高2,000万円(利用付帯)
oliveプラチナ
Olive(プラチナリファード)
33,000円
初年度無料
1.0%
対象店舗で最大20%*
限度500万円国内:最高5,000万円(利用付帯)
海外:最高5,000万円(利用付帯)
Oliveのカード情報比較

※対象のサービスのご利用状況に応じて、対象のコンビニ・飲食店でのご利用時に、通常のポイント分を含んだ最大20%ポイントが還元されます。
※¹ 商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗があります。
※² ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合がございます。

3 初年度無料+年間100万円以上の利用で翌年以降年会費永年無料

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次