損する…?ロフトでペイペイ(PayPay)を使う前に知るべき全知識

スマホ決済

「ロフトでPayPayって使えるのかな?」と、お調べ中ですね。

結論から言うと、20年現在、ロフトでPayPayは利用できます

でも、それだけで安心して使うのは危険です。

なぜならPayPayは2020年4月に還元サービスが改悪したんです。そのため、これからPayPayを使うときは工夫が必要です。

本記事では、ロフトで“1番お得な支払い方法”まで解説しています

ぜひ、お得に買い物するための参考にしてください。

1.ロフトでペイペイは使える!

2020年現在、ロフト(Loft)でPayPayを使うことはできます。実際に店舗に行って、買い物して検証したので間違いありません。

ロフトでペイペイは使える!※実際にロフトでPayPayを使って支払いした領収書

そのため、ロフトでPayPayで使えば、決済金額×0.5%、ペイペイの条件を満たしている人は1.0%か最大1.5%の金額がペイペイの残高に戻ってくるというわけですね。

でも、ご存知ですか?このペイペイの還元サービスって実はお得じゃないんです。

ペイペイの還元率

ご覧のように、いまって条件を満たさないと還元率は0.5%と低いんです。還元率を上げるには50回決済する、もしくは月10万円使うと、かなりハードルが高いです。

そのため、利用者からは続々と不満の声が上がっています。

このように「いまじゃ、全然お得じゃない…」という批評も多く見受けられます。

そこで気付いたのは、そもそも月10万円とか月50回とか使わなくても、還元率1.0%のクレカを支払い元にした方が還元率が高いじゃん!というところ。

つまり、これからのペイペイは残高にチャージして使うよりも、還元率1.0%〜のクレカを支払い元にして使う方がお得なんです

Yahoo!JAPANの対象サービスについて…

ロハコ、ヤフーニュース、ebookjapan、Yahooショッピング、GYAO!ストア、ヤフオク!、Yahoo!ゲーム、PayPayモール、Yahoo!トラベル、ヤフー占い、PayPayフリマ

これからはクレカを支払い元にして決済する方がお得!

これからのペイペイはATMや銀行口座からチャージして使っても基本0.5%しか還元されません。なので、還元率1.0%〜のクレカを支払い元に設定して決済した方がお得です。

PayPayの支払い方法

図のように、残高チャージだと0.5%〜還元、クレカなら1.0%還元を受けることが可能です。

これなら、月何回だとか何万円も使う必要がないので無駄にお金を使う必要がありません。結果的に節約に繋がる人が多いのではないでしょうか。

そのため、これからは還元率1.0%〜のクレカを支払い元にして使う方がお得です

※一つだけ気をつけて欲しいのは、PayPayのキャンペーンを使うときです。

PayPayは残高で支払いをしないと対象外になるキャンペーンがあるので、キャンペーンを使うときは還元条件も確認するようにしてください。

おすすめのクレジットカード6選

PayPayの支払い元に使うべき人気の高還元率クレジットカードを6枚紹介します。

商品名リクルートカードJCB CARD Wdカード GOLDオリコカード プレミアムゴールド楽天カードビックカメラSuicaカード
順位4位5位6位
デザインリクルートカードのメリットと口コミJCB CARD Wの評判とメリットdカード GOLDの評判とメリットオリコカードの評判とメリット楽天カードの評判をメリットビックカメラSuicaカードの評判とメリット
申し込み
総合評価★★★★★ / 4.9★★★★★ / 4.7★★★★★ / 4.6★★★★★ / 4.5★★★★★ / 4.3★★★★★ / 4.2
入会条件18歳以上18〜39歳迄20歳以上20歳以上18歳以上18歳以上
特徴どこでも1.2%還元!特約店が多い10%ドコモ料金還元スマホ決済で1.5%還元楽天市場で3.0%還元Suicaチャージで1.5%還元
還元率1.2%〜1.0%〜 1.0%〜 1.0%〜 1.0%〜 1.0%〜 
スマホ決済QUICPayQUICPayQUICPay、iDiD、QUICPayQUICPayQUICPay
審査
年会費無料無料1万円1,806円無料477円
ETCカード無料無料無料無料無料無料
家族カード無料無料1,000円無料無料
買い物保険
旅行保険
詳細

《 ← 左右にスクロールできます →》

これらは還元率が高いのはもちろん、審査も通りやすく、使いやすいで評判です。

また、紹介したクレジットカードはタッチ決済(QUICPay・iDのこと)に対応しているので、PayPayが使えない場所で、スマホだけで決済が可能です。

いずれもキャッシュレス決済で必須なものばかりなので、ぜひ申し込みをおすすめします。

2.ロフトで1番お得な支払い方法は?

結論から言うと、「オリコカード プレミアムゴールドでiDかQUICPay」か「ビックカメラSuicaカードでSuicaにチャージして支払い」が1番お得です。

なぜなら、どちらも1.5%という驚異的な還元を受けることができるからです。

普段の支払いはオリコカード プレミアムゴールドでタッチ決済、電車やバスで移動するときはビックカメラSuicaカードで支払いすれば基本的に常に高い還元を受けることができます。

なので、むりにPayPayを使う必要はないと言えるでしょう。

※次の目次で解説していますが、ロフトカードは、毎月最後の金曜・土曜・日曜に1,000円以上の買い物をするとロフトで5%OFFになります。しかしメリットはそこだけなので、基本的に申し込みはおすすめできません。

ロフトのアプリを提示すれば、もっとお得になる!

ロフトの支払い時にLOFT公式アプリを提示するのもおすすめです。なぜなら、税抜き1000円につき1スタンプが貯まり、6個貯まると10%OFFのクーポンと交換できるからです。

ロフトのアプリの使い方

なので、よくロフトを利用する人は、公式アプリを入れておくのがおすすめです!

3.ヤフーカードは使うべきではない理由

PayPayを使っていると、ヤフーカードってどうなのかな…と、気になる方もいるかもしれません。

しかし、Yahoo! JAPANカードは使うべきではありません。なぜなら、ペイペイの支払い元に設定しても還元率は同じ、さらにはクレカ自体の還元の仕組みが悪いからです。

Yahoo! JAPANカードの評判とメリット

とくに欠点と言えるのは、決済するたびに100円につき1ポイント付与する仕組みです。

  • Yahoo! JAPANカード
    →決済するたび100円で1pt付与
  • 大半のクレジットカード
    →利用合計金額でポイント付与

Yahoo! JAPANカードは1決済するたびに100円につき1ポイント還元しています。これは裏を返すと決済するたびに1〜99円の端数が切り捨てされているんです。

その点、大半のクレカは利用合計金額で還元なので端数の切り捨ては月1回のみ。

つまりYahoo! JAPANカードは利用すればするほどポイントで損をしている可能性が高いので、申し込みはおすすめできません

4.ロフトカードについて

ロフトカードは、株式会社ロフトがカード会社のクレディセゾンと提携して発行するクレジットカード。

ロフトカードの最大の特徴は、毎月最後の金・土・日曜の3日間にロフトで買い物すると5%OFFになるところです。もう一度言いますが毎週ではありません。

ロフトカードのメリット

曜日は限られてしまいますが、5%の還元を受けられるのはロフトカードのみです。ただ、ロフト以外で使うと還元率0.5%〜と低いので申し込みは基本的におすすめできません

以下は、基本情報です。

ロフトカードの基本情報一覧

年会費…無料
家族カード…不可
ETCカード…無料
入会資格…18歳以上(学生OK)
ブランド…4種類
(VISA・MasterCard・JCB・AMEX)
還元率…0.5%〜
ポイント名…セゾン永久不滅ポイント
ポイント…1,000円ごと(月間利用金額)
スマホ決済…Apple Pay、Google Pay
交換マイル…ANA、JALマイル
電子マネー機能…なし
支払日…10日締め翌月4日払い
海外旅行保険…最高3,000万円
国内旅行保険…最高3,000万円
ショッピング保険…最高100万円

5.ロフトの支払い方法を調査してみた!

続いて、ロフトの支払い方法について調査をして、まとめました。

支払い方法可否
現金
スマホ決済(PayPay、LINE Pay、メルペイ、au PAY、d払い、楽天ペイ、銀聯QR、WeChat Pay、Alipay)
店舗によって若干違いあり
クレジットカード(VISA・MasterCard・JCB・AMEX・Diners・銀聯)
※Discoverは不可
タッチ決済(iD、QUICPay、Apple Pay、Google Pay)
デビットカード
プリペイドカード(kyash、Vペリカ、au PAY プリペイドカード、dカードプリペイド、ソフトバンクカード、LINE Payカードなど)
ギフトカード・商品券(UCギフトカード、VISA(VJA)ギフトカード、JCBギフトカード)
交通系電子マネー(Suica 、manaca、ICOCA、SUGOCA、TOICA、Kitaca、はやかけん、PASMO、nimoca)
商業系電子マネー(nanaco、楽天Edy)
スマホ決済(ゆうちょPay、Smart Code、atone、K PLUS)×
ポイント払い(dポイント払い、楽天ポイント払い、Pontaポイント払い、Tポイント払い)×
QUOカード、WAON、ビットコイン、VisaやMasterCardなどの各種タッチ決済×

調査したところ、ロフトではPayPay以外にも幅広いスマホ決済が使える状況です。

ただ、まだ全店舗で使えるわけではないようです。とはいえ、前述したクレジットカードの方がお得なのでむりにPayPayで支払う必要はありません。

6.他の場所でも使えるか、調査してみた!

参考までに、似た店舗でもd払いが使えるか調査して、まとめました。

店舗名d払いの可否
ロフト(Loft)○(使える)
東急ハンズ
イケア
コーナン

ご覧のように、似たような場所でもPayPayを利用することが可能です。

また他にもPayPayが使える場所は多いので、ぜひ人気なクレカを紐づけて決済して下さい。

まとめ

ロフトでPayPayが利用できるかどうか、1番お得な決済方法まで解説しました。

PayPayはとても便利な決済サービスなんですが、還元サービスが改悪しました。なので、これからは還元率1.0%のクレカを支払い元にして決済する方がお得です。

なので、まだ残高チャージで使っている人は今すぐに申し込みを検討しましょう。

補足.キャッシュレス決済は基本クレジットカードで問題ない理由

最近では、たくさんのキャッシュレス決済があるので、結局どれがおすすめ?と迷いますよね。

結論から言えば、1番お得な支払い方法はクレジットカードです。理由は、スマホ決済では基本的に0.5%〜の還元しか受けることができないから。

クレジットカードとスマホ決済の違い

図のように、高還元率クレカは還元率1.0%〜、特約店で決済すれば還元率はさらにUPします。

なので、お得な情報に振り回されず基本的にジットカードが1番お得と覚えておきましょう。

SNSでもご購読できます
みんなの教科書
みんなの教科書の運営事務局
私たちは、クレジットカードの無駄を省くプロの集団です。どのカードを選ぶべきか迷っている人に、最もお得で後悔しない方法をお教えします。