LINE Pay(ラインペイ)とは!?使い方やキャンペーンまでを徹底解説

LINE Payスマホ決済

LINE Pay(ラインペイ)とは、snsで有名なラインが提供するスマホ決済サービス。2014年から提供を開始しています。

普段からラインを使っているなら、かんたんな設定だけで今すぐ利用が可能です。

でも、「他のスマホ決済と比べて何が違うんだろう?」「何か危険はないのかな…」と気になる人も多いのではないでしょうか

そこで今回は、LINE Payとは何かというところから使い方やメリット・デメリットなど徹底解説します!

ぜひ、利用前の参考にしてください。

結論:LINE Payは専用のクレカを発行しないと還元率0%

LINE Payは、2020年5月1日から「Visa LINE Payクレジットカード(「当ページからのお申し込みは、LINE Pay株式会社が主催する各種キャンペーンの条件に該当しない場合がございます)」で残高をチャージしないと還元を受けることができなくなりました。

つまり現在では、銀行口座やATMからチャージしても還元率は0%です。

LINEポイントクラブの仕組み

そのため、LINE Payでお得に決済するならVisa LINE Payクレジットカードが必ず必要です。

ただし、Visa LINE Payクレジットカードは一般的なクレジットカードのように使う場所に応じて還元率がUPせず、2021年5月1日以降は還元率が下がる欠点があります

そのため、還元率1.0%〜で使う場所によって更に還元率がUPするクレカの方がお得と言えます。

スマホ決済の還元率は今度下がる可能性も高いので、騙されるな!高還元率で本当にお得なクレジットカードはこれだ!の記事で別のクレカを検討した方がおすすめです!

1.LINE Pay(ラインペイ)とは

LINE Pay(ラインペイ)とは

ラインペイは、SNSサービスソーシャル・ネットワーキング・サービスのLINEが2014年から提供するスマホ決済のこと。

普段から、家族や友達と連絡をとるときにラインって使ってますよね?

ラインペイはLINEアプリの中に入っているので、他のスマホ決済とは違ってアプリを追加で入れる必要がないのが最大の特徴です。

まずは、基本情報をサクっと解説!

まずは、ラインペイの基本的な情報からサクッと見ていきましょう。

ラインペイ(LINE Pay)の基本情報一覧

還元率:1.0%〜3.0%(※)
必要なもの:携帯電話
チャージ限度額:1日10万円〜最大100万円
チャージ方法:銀行口座やATMなど
支払い方法:4種類
オートチャージ:○
個人間送金:○
運営会社:LINE株式会社
提供開始:2014年12月
※現金によるチャージは還元なし

表の内容について、順番にご説明していきますね。

還元率

現在、ラインペイの還元率は1.0%〜。そして利用方法に応じて最大3.0%まで上がります。

ただし、これはVisa LINE Payクレジットカードでチャージした場合のみ。それ以外の方法でチャージしても還元率は0%です

必要なもの

利用するにあたって携帯以外、とくべつ必要なものはありません。

チャージ限度額

ラインペイのチャージ残高の上限は10万円で、本人確認をすると100万円に上がります。

チャージ方法

ラインペイは、銀行口座、セブン銀行ATM、ローソンやファミマのレジ、Visa LINE Payクレジットカードからチャージが可能となっています。

支払い方法

ラインペイの支払い方法は、5種類(コードを提示or提示してもらう・ネット決済でLINE Payを選択・請求書払い・Android端末のみGoogle Pay・クレカ)となっています。

ちなみに、クレジットカードはVISA・MasterCard・JCB・アメックス・ダイナースが登録できますが還元対象になるのはVisa LINE Payクレジットカードのみ。

オートチャージ

ラインペイは、銀行口座と連携させることで残高が一定の金額になったときに自動でチャージしてくれる機能があります。

個人間送金

他のスマホ決済にも似た機能がありますが、LINE Payを使っている同士で送金ができます。

2.とりあえず実際に使ったみた!

まずは使ってみないと、なんとも言えないということで、実際にラインペイを利用することからはじめました!

最初の設定はとってもかんたん

使い方はとっても簡単で、まず、LINEアプリの「ウォレット」をクリックします。

LINE Payの使い方

そうすると、規約が表示されるので問題なければ同意します。これで設定完了です。

「え?これだけ?」と思いますよね。でも既にラインを入れている状態なら、あとはチャージして決済するだけなんです

設定したらチャージをする

次に、左上にある金額のところをクリックしてチャージ方法を選びます。

LINE Payの使い方2

あとは手順に沿って進めていき「チャージ」をクリックするだけです。

以上の流れでチャージできるはずですが、もし難しい…と感じたらLINE公式ブログの【LINE Pay】チャージ方法をご紹介!いろんな方法でチャージ可能♪を参考にしてみて下さい。

よりくわしい手順が画像付きでまとめられています。

チャージしたら、さっそく決済しよう

チャージをしたら、さっそく支払いをしてみましょう。

支払い方法については先ほど軽く触れましたが、外出先で決済するなら基本的に自分のQRコードを提示して支払うと思ってください。

LINE Payの支払い方法

このように、コード払いをクリックして店員に読み込んでもらえれば決済完了です。

ただ、逆にコードを読み込んでくださいと言われる場合もあるんです。

お店のコードを読み取る方法

その際は、ウォレットの「コードリーダー」でコードを読み込んで決済すると覚えておきましょう。この2つさえ押さえておけば困ることはありません。

使ってみた感想は、こんな感じ!

実際にラインペイを使ってみた感想としては、とっても便利で良いサービスだと感じました

チャージは簡単ですし、コンビニや近所の薬局に行くくらいならスマホだけで良いというのはすごく便利です。

何より、決済手段のためにアプリを追加で入れなくて良いのは嬉しいですね。

Visa LINE Payクレジットカード発行した感想まとめ

何度も言いますが、Visa LINE Payクレジットカード以外でチャージしても還元率0%です。

そこで、実際にVisa LINE Payクレジットカードを申し込んでみました。

年会費は1,250円ですが年1回使えば無料になる仕組みで、デザインは6種類です。

Visa LINE Payクレジットカードのデザイン

申し込んだところ、私の場合は3時間くらいで審査に通過して8日後にカードが到着しました。

そして、いざ使ってみることに。まず還元率ですが次のような仕組みになっています。

Visa LINE Payクレジットカードの還元率

こんな感じで、LINEポイントの獲得数でランクが決まり還元率が変動する仕組みになっています

3.実際に使ってわかった5つのメリット

次に、私がラインペイを実際に使ってみて分かったメリットをお教えします。

ラインペイのメリットは、次の5つです。

  1. 還元がある
  2. 使える場所が多い
  3. お得なキャンペーンがある
  4. 割り勘機能がある
  5. 追加のアプリが不要

それぞれ順番にみていきましょう。

メリット1.還元がある

ラインペイは、決済金額×1%〜3%の還元サービスを受けることができます

還元サービスにはLINEポイントクラブ(旧:マイカラー制度)という仕組みがあり、ランクによって還元率が違います。

LINE Payの還元率

ランク条件は次のようになっていて、LINEポイントの獲得数でランクが決まります。

  • プラチナ…5,000ポイント
  • ゴールド…500ポイント
  • シルバー…100ポイント
  • レギュラー…0ポイント

参考に、LINE Payの決済でどれくらいポイントを貯まるのか詳しく解説しますね。まず下記の図の緑で囲んだところをご覧ください。

LINE Payの還元率

LINE Payは、Visa LINE Payクレジットカードでチャージ&ペイすることで決済金額×1〜3%のLINEポイントを貯めることができます

たとえば、レギュラーランクなら決済金額×1%のポイントが貯まります。

もし、月に1万円決済すれば100ポイント獲得なので翌月はシルバーランク、つまり翌月の還元率は1.5%になるという仕組みです。

LINEポイントの貯め方は色々ある!

LINE Pay以外にも、以下の方法でLINEポイントを貯めることができます。

  • ポイントクラブ
  • LINE SHOPPING GO
  • LINEショッピング
  • LINEデリマ
  • LINEポケオ
  • LINE LIVE
  • LINEモバイル

そのため、LINEのサービスを利用すればするほどお得になるというわけですね。

現在の還元率は、こうやって確認できる!

LINE Payの還元率が今どれくらいかは、次の手順で確認できます。

マイランクの確認方法

このように、ウォレットからLINE Payの残高をクリックして、少し下の方にスクロールするとランクが表示されています。

メリット2.使える場所が多い

ラインペイは、コンビニや薬局、飲食店など幅広い場所で決済できて、最近ではZOZOTOWNやUber Eatsでも使うことができます

参考までに、ラインペイで決済ができる人気な場所をいくつか並べておきますね。

  • セブンイレブン、ローソン、ファミマ、スタバ、ミニストップ、マクドナルド、アマゾン、吉野家、すき家、松屋、スシロー、ビックカメラ、ヤマダ電機、

そして、ちょっと便利なのが周辺で使えるお店を検索できる機能があること。

LINE Payが使えるお店

使い方は、ウォレットタブの「使える場所」をクリックすれば表示されます。

このように周辺のお店で使えるクーポンを教えてくれるので、ぜひ使ってみてください。

意外と使えるのが、請求書払い!

ラインペイには請求書を決済する機能があり、これが意外と使えるんです。

たとえば、いま公共料金を口座振替やコンビニで払ってる人は還元ってないですよね?

それをラインペイで支払えば1〜3%の還元が受けれて、コンビニに行く必要もなくなるんです。

請求書払いの使い方

このように、ウォレットの「請求書払い」からできるので、試してみてください。

メリット3.お得なキャンペーンがある

ラインペイは、お得なキャンペーンを常に実施しているので、とってもお得に決済ができるんです。最近では、ドラックストアで20%還元されるキャンペーンを行っていました。

LINE Payのキャンペーン

こういったキャンペーンの内容は常に入れ替わるので公式ページのこちらで最新をチェックするか、以下の手順でアプリから確認してみてください。

キャンペーンの確認方法

ちなみに、他のスマホ決済と比べてもキャンペーンは充実している印象なので使って損をすることはないと言えるでしょう!

メリット4.割り勘機能がある

ラインペイには、アカウントを所有する同士で送金ができます。たとえば、仲の良い友達とランチに行く時なんかに便利です。

友達と食事するときって、1万円札しかなくてて割り勘が大変だったことってありませんか?

送金機能の使い方

そんなとき、ラインペイがあれば1円単位でお金を送ることができるんです。

ラインなら基本みんなが使っているので、他のスマホ決済より魅力的と言えます

メリット5.追加のアプリが不要

ある意味、最大のメリットと思ったのは、追加でアプリを入れる必要がないところです。

ラインペイは、LINEの中に入っている決済サービスなので、ラインが入ってさえすれば、アプリを追加で入れる必要はありません。

スマホ決済を比較

その一方で他のスマホ決済は、必ずアプリのインストールが必要です。

なので、スマホにアプリが増えないという点では、大きな強みと言えるでしょう。

4.比べて分かった、3つのデメリット

ここまでが実際に使ってみて分かった、ラインペイの良いところです。でも、詳しく調査すると、ここが残念…というところもありました。

次は、それを見ていきましょう。

デメリット1.還元サービスは改悪した

ラインペイは、以前と比べて還元サービスが悪くなりました。とくに残念なのはVisa LINE Payクレジットカードがないと還元を受けられなくなったところ。

LINEポイントクラブの仕組み

このように、銀行口座やATMからチャージして決済しても還元を受けることができません。

そのため、わざわざクレカを発行するのが面倒…と感じるなら他のスマホ決済を検討した方が良いでしょう。

その代わり発行さえすれば最もお得なスマホ決済になる!

最初は面倒に感じたんですが、いざVisa LINE Payクレジットカードと組み合わせて使ってみると発行して良かったなと感じました

なぜなら、他のスマホ決済の還元率は0.5%〜、LINE Payなら1.0%〜と高いからです。

スマホ決済還元率
LINE Pay1.0%〜(初年度は3.0%)
PayPay0.5%〜
楽天ペイ0.5%〜
d払い0.5%〜
メルペイなし(キャンペーンによる還元はある)
au PAY0.5%〜

ご覧のように、お得と評判になっているPayPayの還元率は0.5%〜、ラインペイの還元率の方が高いのでお得に決済ができます。

なので、還元サービスが改悪したと言う声はそこまで気にする必要はないと言えます。

ただし、あくまでスマホ決済の中ではお得という話!

最初にお伝えしましたが、LINE Payの還元率は1.0%〜と高いですが、一般的なクレジットカードのように決済する場所に応じて還元率がUPしません

たとえば、日本を代表するJCBが発行するJCB CARD Wはさまざまな特約店があります。

JCB CARD Wの特約店

JCB CARD Wは年会費無料で還元率1.0%〜、さらに幅広い場所でポイントが2〜3倍にUPします

こういった魅力はVisa LINE Payクレジットカードにはないので、スマホ決済にこだわりがないならシンプルに別のクレジットカードを選んだ方がお得に決済できます。

詳細:騙されるな!高還元率で本当にお得なクレジットカードはこれだ!

デメリット2.PayPayの方が使いやすい

ラインペイは171万ヵ所以上で使えますが、今もっとも使える場所が多いのはPayPayです。

参考に、他のスマホ決済が使える場所を数字でまとめました。

スマホ決済使える場所
LINE Pay171万ヵ所以上
PayPay194万ヵ所以上
楽天ペイ121万ヵ所以上
d払い10万ヵ所以上
メルペイ170万ヵ所以上
au PAY170万ヵ所以上

このように、LINE Payの使える場所が多いのは事実なんですが、決して1番というわけではないんです。

なので、幅広い場所で使えるスマホ決済が良いならPayPayを検討した方が良いでしょう。

デメリット3.出金手数料が高い

ラインペイは、チャージした金額を銀行口座に戻すと出金手数料が200円必要です。

しかし、PayPayなら手数料は100円、さらに銀行口座によっては手数料無料です。

スマホ決済出金手数料
LINE Pay200円
PayPay100円(ジャパンネット銀行なら無料)
楽天ペイ出金額の10%
d払い200円
メルペイ200円
au PAY200円(出金額が2万円以上だと1%)

そのため、PayPayの方がちょっとだけ安心してチャージができるかもしれません。

こういった点も含めて、ラインペイを使うべきかどうか判断すると良いでしょう。

4.ラインペイを使っている人の口コミ&評判

ラインペイを使っている人の口コミ

ここまでを見て、なんとなくラインペイがどんなサービスか分かってきましたね。でも、他の利用者はどう思っているか評判も気になるはず。

そこで、Twitter上にある評判を良い・悪いに分けてまとめました。

良い口コミ&評判

ラインペイは、使いやすいし便利と感じる、お金を持ち歩かなくて良いという嬉しい評判がたくさん見つかりました。

やはり、小銭やお札を持たなくていいのは魅力的に感じているようです。

悪い口コミ&評判

ラインペイの評判の中には、還元サービスが改悪したのが残念という評判がちらほら見つかりました。

また、他のスマホ決済の還元率も下がったことから違いが分からず、デビットカードやクレカを検討している声が見つかりました

5.結論:ラインペイをおすすめする人

以上をまとめると、LINE Payのメリット・デメリットは次のようになりました。

メリットデメリットまとめ

ラインペイは、Visa LINE Payクレジットカードと組み合わせることで還元率1.0%〜とお得に決済できるのが最大のメリットです。

さらに、他のスマホ決済と違って追加のアプリが不要なのも魅力です。

以上をまとめると、

  • LINEを使っている
  • アプリを増やしたくない
  • 還元率の高さにこだわりたい

このいずれかに当てはまるならラインペイを使っても後悔することはないと言えるでしょう。

ただ、基本的には別の決済手段を検討しよう!

とはいえ、ラインペイはVisa LINE Payクレジットカードを発行しないと還元率0%です。

LINE Payとクレジットカードを比較

さらに、スマホ決済の還元率はいずれも改悪する傾向があるのでLINE Payの還元率も正直いつまで続くか分かりません。

そして何よりも一般的なクレカとは違って決済する場所によって還元率がUPしません

なので、スマホ決済にこだわりがないならシンプルに別のクレカを選んだ方がお得です!

LINE Payのデメリットが気になった方へ

上記のデメリットを見てLINE Payの利用を迷ってしまう場合は、シンプルに還元率1.0%〜のクレジットカードの方があなたに合っている可能性が高いです。

詳細:騙されるな!高還元率で本当にお得なクレジットカードはこれだ!

ちなみに、クレジットカードもQUICPayを使えばスマホ一つで決済できるので利便性は同じです。

18歳未満なら、デビットカードがおすすめ!

もしクレジットカードが作れない年齢なら、楽天銀行デビットカードがおすすめです。

16歳以上から発行できますし、デビットカードとしては最もお得な還元率1.0%〜、さらに楽天市場なら還元率は2.0%〜です。

なので、18歳未満ならLINE Payより楽天銀行デビットカードの方がお得と言えます。

16歳未満なら、kyashがおすすめ!

もし、これから16歳を迎えるならチャージ式のクレジットカードkyashがおすすめです。こちらは年齢制限がなく、誰でも1.0%〜の還元を受けることができます。

6.ラインペイのよくある4つの質問

最後に、ラインペイについての疑問点をQ&A方式でまとめました。

Q1.問い合わせ先はどこ?

現在、ラインペイは電話による問い合わせ対応を停止しています。

そのため、こちらからLINE公式アカウントを友達に追加して、トークルームから質問をし回答をもらう方法のみとなります

LINE Payに問い合わせする方法

ただ、回答には時間がかかるので、ラインのヘルプページも合わせて参考にしてみてください。

Q2.解約はどうすればできる?

LINE Payを使わなくなったので情報を削除したい…とお考えなら、以下の手順を踏んでください。

LINE Payの解約方法

まずウォレットの残高をクリックして、下の方にある「設定」→「解約」で完了です。

もしこの手順で解約できないときは、公式ページのこちらをご覧ください。解約条件をクリアできていない可能性があります。

Q3.LINE Payって危ないの?

評判をみると、LINE Payのセキュリティについて心配する評判が見つかりました。

やはりスマホがお財布代わりになるというメリットがある一方で、不正利用や紛失したときのリスクが気になる人もいるようです

まず調査した結果として、LINE Payのセキュリティが他社より劣っている根拠はありません。

念のため、以下の対策を行うと良いでしょう。

  • LINE Payにパスワードロックを行う
  • オートチャージは小額にしておく
  • パスは分かりづらいものにする
  • パスは絶対に人に教えない
  • パスは定期的に変える

こういった対策方法を踏めば、ラインペイ限らず、他のスマホ決済も安心して利用できます。

Q4.「LINE Pay カード」と「Visa LINE Payクレジットカード」と違いって何?

違いを下記にまとめましたが、使うならVisa LINE Payクレジットカードがおすすめです

なぜなら、LINE Pay カードを使っても還元を受けることができないからです。

Visa LINE PayLINE Pay
種類クレジットプリペイド
年会費実質無料(※)無料
利用可能場所JCB加盟店VISA加盟店
審査ありなし
還元率1〜3%なし

※年1回の決済で無料、それがないと年会費は1,250円(税抜き)

まとめ

ラインペイは、使える場所も多く、何よりアプリが余分に増えないのが最大のメリットです。

ただ、使える場所は現状PayPayの方が多いので、まずは両方使ってみて、使い心地を確かめて見ると良いかもしれません。

SNSでもご購読できます
みんなの教科書
みんなの教科書の運営事務局
私たちは、クレジットカードの無駄を省くプロの集団です。どのカードを選ぶべきか迷っている人に、最もお得で後悔しない方法をお教えします。