ローソンの支払い方法|いまお得なクレジットカード・電子マネー情報まとめ

ローソンで買い物や支払いなどをする際、様々な手段があって便利に感じますよね。ただあまりにも多いために、一通り把握しきれないのではないでしょうか。

結論から言うと、ローソンではdカードdカードGOLDを引き落とし先に設定したd払いが1番お得です。

その他にもローソンでは現金・電子マネー・ポイント払いなど様々な支払い方法が使えます。

そこで本記事では、ローソンで使える支払い方法を細かく解説していきます。

この記事を読むことで、ローソンだけでなく、日常でお得に決済する方法を貯めることができますよ。

目次

ローソンの支払い方法|クレジットカード・電子マネー情報まとめ

日本のコンビニでも代表的なチェーンの1つであるローソンを日頃使う方もいますよね。中には初めてローソンに出かける方もいるでしょう。

ローソンでは様々な支払い方法が使えますが、何まで使えるかが気になる方もいるのではないでしょうか。

まずローソンで使える支払い方法を一通りご紹介します。

支払い方法利用できるブランド・種類など
現金払い使える
クレジットカード国内カードは全て使える
デビットカード使える
プリペイドカード使える
バーコード・スマホ決済PayPayd払いau Pay楽天ペイ・LINE Pay・メルペイ・QUOカードPay・NAVER Pay・AliPay・WeChatPay
電子マネーApple Pay・Google Pay・iD・QUIC Pay・楽天Edy・WAON・交通系(PiTaPaは一部地域)
ギフトカード・商品券JCBプレモカード・QUOカード
ポイント払いPontaポイント・dポイント

現金払い

まず当然ですが、ローソンでは現金払いが可能です。

しかしローソンで現金払いは損です。なぜならキャッシュレス決済の方がポイントがついてお得だから。

ローソンの現金払いについて

そのため、公共料金の支払い・切手・はがき・ごみ処理券など、キャッシュレスで支払いできないものを現金で支払うと良いでしょう。

一般的にはキャッシュレス決済の方がお得ですので、お得な支払い方法が知りたい方は「ローソンで1番お得な支払い方法」を参考にしてみてくださいね。

クレジットカード

ローソンではクレジットカードを使った決済にも対応しています。

対応しているブランドは非常に多く、国内のカードはほぼ全て利用可能です。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AMEX(American Express)
  • Diners Club
  • TS CUBIC
  • 楽天カード
  • セディナカード
  • セゾンカード
  • MUFGカード
  • ジャックスカード
  • 銀聯カード
  • Discover

クレジットカードは商品やサービスの代金分に応じてポイントを貯められます。

特にローソンを多く利用する場合、ポイントを貯めるチャンスも豊富にあるため、1枚はクレカを持っておきましょう。

コンタクトレスタイプもOK

ちなみにローソンでは近年登場したコンタクトレス(タッチ決済)タイプのクレジットカードも利用可能です。

財布の中から出さなくてもSuicaなどと同じようにタッチするだけで、音が鳴って決済が完了します。

店員に「クレジットで」と伝えるだけで払える点でも手軽です。

デビットカード

ローソンではデビットカードも利用可能です。

クレジットカードと異なり、登録時に連携した銀行口座から引き落とす仕組みです。前もって預金額を把握していれば、使い過ぎのリスクも避けられます。

加えて引き落としのみで完結するため、後の利用料金分の返済や手数料の支払いも必要ありません。

加えて15歳や16歳から作れるものもあるため、未成年の高校生でも買い物に使えます。

プリペイドカード

ローソンではプリペイドカードも利用可能です。

プリペイドカードはデビットカードと似た仕組みです。事前にチャージした金額から代金を引き落とすため、使い過ぎを防止しながら利用できます。

プリペイドカードはデビットカード以上に利用可能年齢の幅が広いです。中には6歳や12歳から作れるものもあるため、小学生や中学生でも買い物に使えます。

バーコード・スマホ決済

ローソンではPayPayをはじめとするバーコード・スマホ決済も利用可能です。

支払いの方法は各アプリでバーコードやQRコードを提示するだけです。1度使い慣れさえすれば、非常に簡単に利用できます。

加えて各アプリでは利用代金に応じて専用のポイントを貯められるのもメリットです。

使い方によってはクレジットカードに頼らなくてもポイントを気軽に貯められます。

電子マネー

ローソンでは電子マネーの利用も可能です。対応している電子マネーの種類は下記の通り。

Apple Pay・Google Pay・iD・QUIC Pay・楽天Edy・WAONのほか、交通系電子マネー(Suica・PASMO・ICOCAなど)も使えます。

なお交通系電子マネーについては、近畿圏や名古屋エリアであればPiTaPaも利用可能です。

加えて楽天Edyと交通系電子マネーはレジを使ったチャージにも対応しています。

ギフトカード・商品券

ローソンではギフトカードや商品券を使った支払いも可能です。

対応しているのはJCBプレモカードとQUOカードで、JCBプレモカードは電子マネーとしての支払いとチャージもできます。ただし現金と併用できません。

一方QUOカードは複数枚でも使えます。残高が足りない場合に2枚目や3枚目を使ったり、残高が中途半端な複数枚のカードで支払える点も特徴です。

なおQUOカードはローソンでも購入できます。

ポイント払い:Pontaポイント・dポイント

ローソンではポイントを使った支払いも可能です。Pontaポイントとdポイントの2種類で支払えるほか、お試し引換券やクーポン券と交換できます。

なおPontaポイントとdポイントは買い物額に応じて貯められる点も魅力です。特に店員から「ポイントカードはお持ちですか?」と声掛けされた時は、ぜひポイントを貯めましょう。

また商品によっては10ポイントや20ポイントなどのボーナスポイントも付くため、大きく稼ぐチャンスです。

対象商品は定期的に変わるため、好きな商品が対象となっていれば購入すると良いでしょう。

一方買い物が済んだ後でポイントカードを提示した場合、ポイントは付けられません。

何としても付けて貰おうとすると返金処理まで必要になるため、なるべく支払いを終える前にカードを提示してください。

ローソンのセルフレジでの支払い方法

ローソンのセルフレジでの支払い方法

ローソンでは近年有人レジだけでなくセルフレジも登場しています。

特に混雑時や急いでいる時にセルフレジを使えると便利ですよね。セルフレジで支払う方法は以下の通りです。

キャッシュレス決済のみに対応

まずセルフレジの場合、基本的にキャッシュレス決済のみに対応しています。

クレジットカードやスマホ・バーコード決済を持っていれば支払いできる仕様です。

ただしチャージが必要な場合、店員を呼ぶ必要があります。また公共料金の支払いやゆうパックなど一部の商品やサービスに対応していない点にも注意です。

一部店舗では現金払いも可能

一部のローソンの店舗では現金を使った支払いにも対応しています。支払い方法でも現金を選べる上、商品のスキャン後に自分で現金を投入できる仕組みです。

お釣りについても支払いが終わった後に自動で機械から出てきます。ちょうどスーパーの現金対応式セルフレジと同じ仕組みです。

ポイントの登録もできる

ローソンのセルフレジ払いはポイントの登録にも対応しています。

セルフレジで支払い方法を選んで商品をスキャンした後、ポイントの登録方法を選べる流れです。

いくつか選択肢が提示されるため、ポイントを付けたいものを選んでかざせば問題ありません。

ちなみにポイントカードがない場合も、画面下側のボタンを押せば支払いに移れます。

スポンサーリンク

ローソンのロッピーを使った支払い方法

ローソンを利用する際、ロッピーを使ってチケットを発券したりネットショップの支払いをしたりする機会も多いですよね。

ただロッピーを使った支払い方法がいまいちよく分からない方もいるでしょう。

ロッピーを使う場合の支払い方法は以下の通りです。

原則レジでの現金払い

ロッピーを利用する場合、原則レジでの現金払いのみに限られます。基本的にロッピーで支払い番号や企業コードなどを入力して申込券を発行した後、レジで支払う流れです。

特にロッピーで何らかの支払いをする場合は、必ず財布を持っていきましょう。

ちなみに申込券の有効期限は30分のため、30分以内に支払いを済ませます。30分過ぎた場合はもう一度手続きが必要です。

Amazon・楽天・メルカリなどでのコンビニ払いも現金のみ

Amazonや楽天などで注文した商品をローソンで支払う場合も現金払いに限られます。ネットショップでの商品を支払いに行く場合も必ず財布を持参しましょう。

ローソンチケットなどキャッシュレスで支払えるケースも

ただしロッピーでもローソンチケットのようにキャッシュレスで支払えるケースもあります。

キャッシュレスで支払えるものはローソンチケットで申し込んだチケット類です。

具体的にはエンタメイベントのチケット・テーマパーク入場券・バスチケット・ネットマネーなどが挙げられます。なお事前にローソンチケットサイトでの手続きも必要です。

ローソンで特にお得な4つの支払い方法

ローソンで特にお得な4つの支払い方法

ローソンには支払い方法がたくさんありますが、できればなるべくお得なものを使いたいですよね。

特にお得なのが以下の4種類です。

クレジットカードとポイントカードによる二重取り

まずクレジットカードとポイントカードによる二重取りが良いでしょう。

最初にPontaカードやdポイントカードをでポイントを貰い、続けて代金をクレジットカードで支払う手順です。

Pontaポイントまたはdポイントに加え、クレジットカード独自のポイントも付きます。

ただしPontaポイントと一体型のクレジットカードでは二重取りになりません。加えて順番も必ず先にポイントカードを出しましょう。

au Payとdカードによる二重取り

またau Payとdカードを使った二重取りもおすすめです。dカードを連動させたau Payを使えば、チャージの際に1%分、支払い時に0.5%分のポイントが貰えます。

1万円分をチャージ・支払いした場合も、150ポイントも付与される仕組みです。au Payユーザーにとっては非常におすすめと言えるでしょう。

d払い・dポイントカード・dカードによる三重取り

さらにd払い・dポイントカード・dカードの三重取りもおすすめです。

最初にdカードを使ってd払いにチャージし、dポイントカードでポイントを付けて貰った後にd払いで払えばお得にポイントが貰えます。

付与率はd払い時の基礎還元率0.5%・dカードによるチャージ付与率1.0%・dポイントカード提示で得られる0.5%(16時以降1.0%)の合計2.0~2.5%です。

Pontaポイント・dポイントをクーポン類と交換

他にもPontaポイントやdポイントをクーポン類と交換するのもおすすめです。

買い物で貯めたPontaポイントやdポイントはロッピーでお試し引換券や商品クーポン券と交換できます。

対象の商品が通常よりも大幅に割り引かれた価格で手に入るため、節約やお目当ての商品を狙う際にぜひ使うと良いでしょう。

なお商品が売り切れの場合もあるため、事前に在庫があるか確認するべきです。

スポンサーリンク

ローソンで1番お得な支払い方法

ローソンで1番お得な支払い方法

ローソンで1番お得な支払い方法は、dカードdカードゴールドを引き落とし先に設定したd払いです。

ローソンの支払いはd払いとdカードがお得

d払いの引き落とし先をdカードに変更することで、1.5%の還元を受けることができます。加えてポイントカードの掲示で2.0~2.5%還元です。

ローソンでは16時から23時59分まではdポイントカード付与率も倍になるおかげで、貰える付与率も上昇します。

ちなみに三重取りを有効活用する際は、必ず支払い前にdポイントカードを提示しましょう。

上記方法を実践することで、日常の支払いでお得にポイントを貯めることができますよ。

dカードの基本情報
スクロールできます
項目詳細評価
還元率1.0%~(100円ごと)
年会費無料
旅行保険-
その他優待特約店で倍のポイント
スマホ決済d払いでポイント二重取り
キャンペーン入会で4,000ポイント
評判と口コミdカードの評判と口コミを調査-
dカードの基本情報

また条件によってはゴールドカードの方がお得になるので「dカード GOLDに申し込むメリットと4つの注意点」の記事も、合わせて確認してみてくださいね。

\ 最短5分, 4000P貰える /

ローソンの支払い方法に関する5つの注意点

ローソンの支払い方法に関する5つの注意点

ローソンでは様々な支払い方法が使える一方、注意すべき点もあります。主に以下の5点です。

一部のサービス・商品ではキャッシュレス決済が使えない

まずローソンでは一部のサービス・商品でキャッシュレス決済ができません。

キャッシュレス決済に使えないサービスや商品は以下の通りです。

  • Amazonギフト券・Google Playギフトカード・QUOカードなどのプリペイドカード
  • ごみ処理券
  • 切手・はがき類・収入印紙
  • 各種乗車券
  • 各種商品券
  • ロッピーの一部サービス
  • 公共料金などの払い込みサービス
  • 電子マネーのチャージ
  • マルチコピー機の利用料金

支払いできないサービスや商品の種類は非常に多いため、具体的に支払いできるかできないかは店員に確認すると良いでしょう。

1万円以上のクレジットカード払いはサインや暗証番号が必要

またクレジットカード払いでも1度に1万円を超える場合はサインや暗証番号の入力を求められます。

サインについては店舗保管用のレシートに署名する仕組みです。

合わせてカードを通した際に、登録時に設定した4桁の番号を自分で入力します。なお銀聯カードを使う場合は支払い金額に関係なく暗証番号を入力しなければなりません。

高額な支払いの場合のみ必要であることは覚えておくと良いでしょう。

利用できる上限金額が決まっている決済方法もある

ローソンで利用できる支払い方法の中には、1度に使える上限金額が決まっているものもあります。

具体的には以下の通りです。

  • au Pay:30万円未満
  • PayPayのクレジットカード払い:5,000円

特にPayPayでクレジットカード払いを選んでいる方にとってはかなり厳しい条件でしょう。チャージ残高払いに切り替えるなど工夫が必要です。

Pontaポイントとdポイントは時間帯によって付与率が異なる

ローソンで貯められるPontaポイントとdポイントは時間帯によって付与率が異なります。

0時から15時59分までが200円に付き1ポイント(0.5%)、16時以降が200円で2ポイント(実質1%)です。

夕方から夜にかけての時間帯の方がかなりお得と言えます。加えて対象商品を購入すれば追加でボーナスポイントも稼げるため、工夫次第でポイントも貯まりやすいです。

セルフレジの台数や利用時間は店舗によって異なる

最後にセルフレジの台数や利用時間は店舗によって異なります。店舗によってスペースの広さや時間帯別の人員配置や混雑具合なども様々であるためです。

少ない店舗で1台、多い場合は2台以上設置されています。また時間帯もあまり混雑していないタイミングで利用できるケースが多いです。

ただしあまりにも混雑が激しい場合は、セルフレジで有人対応することもあります。

スポンサーリンク

ローソン以外のコンビニの支払い方法

ここまでローソンの支払い方法を紹介してきましたが、その他の大手コンビニのキャッシュレス決済についてまとめました。

スクロールできます
クレジットカードPayPayd払い
セブン‐イレブン使える使える使える
ファミリーマート使える使える使える
ローソン使える使える使える
ミニストップ使える使える使える

調べてみたところ、どこのコンビニでも有名なキャッシュレス決済は使えると思ってもらって問題ありません。

支払い方法について詳しく知りたい方は下記の記事を確認してみてくださいね。

まとめ

ローソンで使える支払い方法をご紹介しました。

現金・クレジットカード・電子マネーなど様々な手段に対応していてかなり便利です。セルフレジも増えてきており、スマホやカード類があればスムーズに使えます。

お得な支払い方法もクレジットカードとポイントカードの併用など組み合わせて使えるものが多いです。中でもd払い・dポイントカード・dカードの3つを組み合わせれば還元率も跳ね上がります。

スクロールできます
dカードdカードGOLD
dcarddcardGOLD
年会費無料年会費1万円
今なら4,000円貰える今なら16,000円貰える
dカード公式dカードGOLD公式
dカードとdカードGOLDの入会キャンペーン

使い方次第でお得に買い物できるのがローソンの魅力です。日頃ローソンで買い物する機会が多いのであれば、お得な支払い方法も使ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

ローソンの支払い方法で「よくある質問」

ローソンで複数の支払い方法は併用できますか?

ローソンでは基本的に複数の支払い方法を併用できません。ただし交通系電子マネーやQUOカードで足りない分を現金で払うことはできます。

ローソンの支払いでnanacoやTポイントは使えますか?

ローソンではnanacoやTポイント払いには対応していません。両方のポイントも貯められない仕様です。

ロッピーの支払いで使うべき番号はどれですか?

ロッピーの支払いで使う番号は、対応しているサービスによって様々です。例えばAmazonの場合、12桁の各種番号とお問い合わせ番号を入力すれば申込券が発行されます。

必要な番号については利用する各サービスで発行される支払い用メールなどをよく確認すると良いでしょう。

ミニストップにあるロッピーも使い方は一緒ですか?

ロッピーはミニストップにも置かれていて、使い方はローソンと同じです。支払いの手続きを済ませた後、発見された申込券を使ってレジで現金払いします。

お得ドットコム
毎日をちょっとお得にするサイト
学校では教えてくれない、お金にまつわる「ちょっと得する情報」をお届けする情報メディア|経済的に自立した人を増やし、生活に余裕を持てる人を増やしたいという思いから発信しています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次