Kindle(キンドル)の支払い方法|お得なクレジットカード・電子マネー情報まとめ

Amazonが運営するKindle(キンドル)で電子書籍を買う方もいますよね。中にはKindleを今日にでも利用する予定がある方もいるでしょう。

Kindleでは幅広いジャンルで膨大な冊数の電子書籍があり、色々な本を購入できます。同時に様々な支払い方法で買えるため、支払い方法を知っておくと便利です。

結論から言うと、Kindleは「JCBカード W」を使った支払い方法が最もお得です。しかし他にも多くの決済方法があります。

そこで本記事では、Kindleで利用できる支払い方法を、決済手段を編集・変更する方法も含めて解説していきます。

この記事を読むことで、Kindleだけでなく、日常的に賢く決済する方法について知ることができますよ。

目次

Kindle(キンドル)とは

Kindle(キンドル)とは、総合ショッピングサイトサービス・Amazon(アマゾン)が扱う電子書籍サービスです。電子化された本を専用のリーダーやアプリを通じて読めます。

リーダーやアプリの中に保存できる書籍は「Kindle本」と呼ばれ、Amazonのサイト内で入手可能です。普通の紙の本に比べて安いケースも多いため、安価で本を読めます。

加えてアプリの入ったデバイス(PC・スマホ・タブレット)を運べば、タイミングや場所に関係なく好きに本を読めるのも魅力です。

Kindle(キンドル)の支払い方法|クレジットカード・電子マネー情報まとめ

Kindle(キンドル)の支払い方法|クレジットカード・電子マネー情報まとめ

都合が良い時に本が読めるKindle(キンドル)で、好きな本を好きなだけ買い集めたいですよね。Kindle本を購入する際、利用できる支払い方法が気になるのではないでしょうか。

Kindleの買い物で利用できる支払い方法は以下の通りです。

支払い方法利用できるブランド種類など
クレジットカードVISA・MasterCard・JCB・American Express・Diners Club
デビットカード使える
キャリア決済docomo・au・SoftBank・Y!Mobile
スマホ・バーコード決済PayPay
その他の支払いPaidy(ペイディ), Amazonギフト券
ポイントの支払いAmazonポイント
一番お得な支払い方法1.0%~還元のクレジットカード

クレジットカード

Kindleでは、クレジットカードの利用が可能です。クレジットカードは前もって登録しておくと、自動的に決済することができるので、簡単に支払いすることができます。

Kindleでは、VISA・MasterCard・JCB・American Express(AMEX)・Diners Clubの各ブランドのカードが利用できます。一方で普通にAmazonで使える銀聯(ぎんれん)カードは使えません。

普段からAmazonで使っているもので決済すれば、新しく用意する手間も省けます。また買い物額に応じて各カードのポイントが付くのも魅力です。

デビットカード

Kindleでは、デビットカードで支払いもできます。クレジットカードと異なり、登録した銀行口座から購入した分を引き落とす点が特徴です。

利用できる上限額も口座内の全財産であるため、しっかり金額を把握していれば使い過ぎないように意識できます。また15~16歳で持てるカードもあるため、未成年の学生にとっても使い勝手が良いでしょう。

なおクレジットカードと同じ5種類のブランドを利用できます。アカウントサービスにて登録しておけば、すぐ利用可能です。

キャリア決済

キャリア決済とは、Kindleで購入した本の金額を月々の携帯料金と一緒に引き落とす決済方法です。

対応しているキャリアはdocomo・au・SoftBank・Y!Mobileの4社で、大手キャリアユーザーにおすすめです。

キャリア決済を使う際は、アカウントサービスで携帯電話アカウントを登録する必要があります。またPC版では登録できないため、必ずスマホやタブレット経由で手続きするようにしましょう。

PayPay(ペイペイ)

Kindleは、QRコード決済の代表であるPayPay(ペイペイ)で支払うことも可能です。

ただし30万円以上の買い物やAmazonギフト券・Amazonポイントとの併用はできません。また本人確認済みのPayPayアカウントでないと利用できないので注意しましょう。

登録は一手間かかりますが、普段買い物や食事で広く使えるPayPayでKindle本も読めるため、使いこなせれば非常に便利です。

また残高不足の状態でも、一度注文を確定させた後にチャージで支払えます。

Paidy(ペイディ)

Kindleは、Paidy(ペイディ)で支払うことも可能です。Paidyとは、オンラインショップで使える後払いサービスです。

今お金がなくても品物を買える点がメリットで、購入した翌月の3日に請求が来て、10日頃までに払うか11日までに口座に入金すれば支払うことができます。

Kindle本を購入する際も、メールアドレスや電話番号による認証を行うだけで電子書籍を手に入れられます。

ただし利用の際は手数料が必要です。コンビニ払いで365円、銀行口座では各金融機関が決めた金額を別途払います。

Amazonギフト券

Amazonギフト券はAmazonサービス内で広く使えるプリペイドカードです。チャージタイプ・Eメールタイプ・印刷タイプなどがあり、いずれも書かれたコードを入力すれば利用できます。

特にカードタイプはコンビニでも現金で購入できるため、ちょっと買い物に出かけたついでに手に入れられる点で便利です。また5,000円以上のチャージタイプをコンビニで買えば、Amazonポイントが付与されます。

Amazonギフト券を使うには、残高がある状態で利用できるようにすることがポイントです。アカウントサービス内で支払い方法を設定する際にチェックが入っていれば使えます。

ただしキャリア決済とPaidyを決済手段に登録してある場合は適用されません。

Amazonポイント

Amazonでの買い物額に応じて付与されるAmazonポイントも、Kindleの支払いに使えます。アカウントサービスの支払い方法設定でチェックが入っていれば、Kindle本の購入時に優先して使われる仕組みです。

もしKindleでの買い物でポイントを使いたくない場合は、設定画面でAmazonポイントのチェックを外しておきましょう。ちなみに手持ちのAmazonポイントは、ログインしていればページ上部に表示されます。

スポンサーリンク

Kindle(キンドル)で1番お得な支払い方法

Kindle(キンドル)で1番お得な支払い方法

Kindle(キンドル)を使う際に一番お得な支払い方法はクレジットカード払いです。クレジットカードは原則として、利用金額に応じて発行会社のポイントが付きます。

普段からKindleで頻繁に本を買う場合は、ぜひ支払い方法にクレジットカードを指定するのがおすすめです。本を買う機会が多い分、クレカ払いを通じて効率良くポイントを貯めることができます。

その際ですが、クレジットカードは高還元のカードを選ぶようにしましょう。一般的に、還元が0.5%で低い・1.0%以上で高いと言われています。

参考までに、還元率が1.0%~のカードを紹介しますので、支払いに利用するか検討してみてくださいね。

下記カードを持っておくことで、Kindkeだけでなく、日常的に賢くポイントを貯めていくことができますよ。

スクロールできます
JCBカード WdカードdカードGOLD楽天カードPayPayカード
デザインJCBWカードの口コミ・評判dカード GOLDの評判
順位1位2位3位4位5位
評価
特典最大30,000円
バック
4,000P
貰える
11,000P
貰える
新規利用&利用で5,000ポイント最大7,000円
バック
申し込み公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
入会条件18~39歳20歳以上18歳以上18歳以上18歳以上
特徴高還元でお得dポイントが
貯まる
dポイントが
もっと貯まる
楽天市場を
使うならコレ!
PayPay紐付けで
1.0%上乗せ!
発行スピード3営業日程度審査最短5分審査最短5分審査最短10分審査最短7分
還元100円
1ポイント~
100円
1ポイント~
100円
1ポイント~
100円
1ポイント~
100円
1ポイント~
審査
年会費無料無料11,000円無料無料
ETCカード無料無料無料550円-
家族カード無料無料1枚目無料
2枚目1,100円
無料-
買い物保険--
旅行保険---
評判と口コミ参考ページ参考ページ参考ページ参考ページ参考ページ
クレジットカードのおすすめ比較

※金額は税込表示です。 ※サービスの変更により差異がある場合があります。詳細は各サービス公式サイトでご確認ください。

2022年最もおすすめなのはJCBカード Wdカード。どこでも還元率が1.0%~と非常に優秀です。

またドコモユーザーの方は、携帯料金の10%が還元されるdカードGOLDを利用することで、年間通してお得にポイントを貯めることができますよ。

高還元のクレカは年間通して数万円お得にポイントを貯めることができるので、賢く買い物したい方は手に入れておきましょう。

Kindle(キンドル)で支払い方法を追加・確認する手順

Kindle(キンドル)で支払い方法を追加・確認する手順

次にKindle(キンドル)で支払い方法を追加・確認する手順について解説します。

アカウントサービスで「デジタルコンテンツとデバイス」に移動

まずAmazonにログインし、自身のアカウントサービスにアクセスしましょう。

Web版の場合は右上の「アカウント&リスト」にカーソルを合わせれば下に表示されます。一方アプリ版はマイページ(人型マーク)から入り、移動先のページで少し下にスクロールするとみつかります。

アカウントサービスに入った後は、Web版では左下の「デジタルコンテンツとデバイス」に移動します。

「コンテンツと端末の管理」・「設定」の順に選択

次にWeb版では「デジタルコンテンツとデバイス」で上から4つ目の「コンテンツと端末の管理」をクリックして進みます。一方アプリ版は、アカウントサービスの「支払いと住所」の7番目から直接アクセス可能です。

ページを移動したら、Web版・アプリ版ともに上の白地のタブで「設定」を選びましょう。

「お支払いを編集」にて追加したい決済方法を選択する

「設定」を押して移動すると、一番上にKindleの支払い設定が表示されます。近くにある「お支払い方法を編集」ボタンを押すと、次の項目の画像のようなページにアクセス可能です。

【追加】方法ごとに必要な情報を入力

編集ページに移動すると、現時点で利用できる支払い方法が全て表示されます。特にWeb版であればKindle本の支払いに使える手段が全部記載されているため、1つの画面で編集可能です。

追加したい場合はページ下側の+マークを押して、手段毎に必要な情報を入力してください。

【確認】「Kindleの支払い設定」で表示されている方法を見るだけ

一方支払い方法を確認する際は、「コンテンツと端末の管理」の設定画面で「Kindleの支払い設定」で表示されている方法をチェックするだけです。例えばカード類であれば番号の下4桁が表示されます。

他にもPayPayやPaidyなどでも対応した表示がされているため、定期的に確認すると良いでしょう。

スポンサーリンク

Kindle(キンドル)で支払い方法を変更・削除する手順

Kindle(キンドル)で支払い方法を変更・削除する手順

Kindle(キンドル)の支払い方法を変更・削除したい方もいますよね。支払い方法に変更を加える手順は以下の通りです。

アカウントサービスで「お客様の支払い方法」に移動

支払い方法に変更を加える場合も、まずアカウントサービスにアクセスします。アカウントサービスに入ったら「お客様の支払い方法」を選びましょう。

「お客様の支払い方法」はWeb版では上側の真ん中に、アプリ版では「支払いと住所」の1番目にあります。なおアプリ版の場合は、マイページのアカウントサービス部分からでもアクセス可能です。

「お支払い方法」で変更したい決済手段を選び「編集」を押す

Kindle_支払いの変更・削除方法_編集を選択
Amazonより)

ページを移動すると、直接「お支払い方法」のページに着きます。先程の「コンテンツの端末と管理」ページ内と同じく、現在使える支払い方法を閲覧可能です。

表示されている中から変更を加えたいものを選び、「編集」ボタンを押します。

カードなどの情報の編集や削除ができる

「編集」ボタンを押すと、各決済手段で保存されている情報が全て表示されています。変更を加えたい場合は更新する情報を追加・修正しましょう。なお編集については先程の「コンテンツの端末と管理」ページでもできます。

一方削除したい場合は、下に赤字で書かれている「Amazonウォレットから削除する」を押すだけです。確認画面に目を通して「削除する」を押せば完全に消せます。

Kindle(キンドル)での支払い方法に関する4つの注意点

Kindle(キンドル)での支払い方法に関する4つの注意点

Kindle(キンドル)で本などを購入する際、支払い方法で注意すべき点があれば知っておきたいですよね。Kindleの支払い方法で注意すべき点は以下の4つです。

Kindleの支払い方法には優先順位が存在

まずKindleの支払いでは優先順位が存在します。「Amazonクーポン>Amazonポイント>Amazonギフト券>クレジットカード」というものです。

Amazonのクーポンやポイントなどの方が先に使われ、支払い切れなかったものをクレジットカードなどで決済します。デフォルト設定の段階でポイントやギフト券残高を消化している点も注意すべき点です。

支払いの段階でAmazonのポイントやギフト券を使いたくない場合は、支払い方法の設定画面でチェックを外すと良いでしょう。

Kindleでコンビニ支払いするにはAmazonギフト券をチャージする

またKindleの購入金額をコンビニで払いたい場合、Amazonギフト券をチャージします。Kindleの決済にはAmazonギフト券でもできる一方、コンビニのレジでは直接できません。

コンビニで払いたい場合は、一度コンビニで扱っているチャージタイプのAmazonギフト券を購入し、コードで残高にチャージします。あとはチャージした分でKindleを支払うことで、間接的にコンビニ支払いが可能です。

キャリア決済とペイディは他と併用できない

さらにKindleで支払う際、キャリア決済とペイディは他の方法と併用できません。例えばPayPay払いとキャリア決済や、クレジットカードとペイディといった形では払えないというものです。

加えてキャリア決済とペイディを使う場合、Amazonギフト券やAmazonポイントも一緒に使えません。ギフト券の残高で少し安くしてから、残りを携帯料金と引き落とす方法は使えない形です。

特にAmazonをキャリア決済やペイディで使っている方は注意しましょう。

Kindleでは1クリック決済ボタンしかない

最後にKindleでは1クリック決済(注文確定)ボタンしかありません。普通のAmazonでは「カートに入れる」ボタンもあるため、最後に確認する機会を持てます。万一間違っていた場合でもすぐキャンセルが可能です。

しかしKindleの場合は注文確定ボタンしかないため、一度押すと支払いが完了してしまいます。普通のAmazonを利用する場合以上に慎重に確認しながら買い物するべきです。

誤って購入したらすぐ返品手続きを

Kindle本を誤って購入したら、すぐ返品手続きしましょう。購入直後に「誤って購入してしまいましたか?」の表示が出てきたら、近くにある「注文をキャンセル」を押せば手続きできます。

もし表示が消えてしまった場合は、すぐカスタマーサービスに連絡することで交渉可能です。間違って購入してもあきらめずに手続きしてみてください。

スポンサーリンク

読み放題サービスKindle Unlimitedとは

本が大好きな方はKindle(キンドル)を使って飽きるほど多くの本を読みたいですよね。Kindleには読み放題サービスである「Kindle Unlimited」サービスがあります。

最後にKindle Unlimitedについても簡単に紹介します。

定額で無制限にKindle本を読める

Kindle Unlimitedは毎月980円で無制限にKindle本をダウンロード・閲覧できるサービスです。定額サービスのため、毎月決まった料金を払っていればサービスを使い続けられます。なお最初1ヶ月間は無料体験期間です。

加えてサブスクリプションであるため、毎月更新で契約が永続します。途中で辞めたい場合も解約手続きするだけで問題ありません。全体で200万冊も読めるため、特に本が大好きな方には非常におすすめです。

支払い方法はクレジットカードやプリペイドカードなど

Kindle Unlimitedの支払い方法はクレジットカードやプリペイドカードです。他にもデビットカード・キャリア決済・ペイディを使った支払いもできます。

Kindle本を都度払いで購入する際とほぼ同じ支払い方法です。普段から使っているクレジットカードなどを使えるため、Kindle Unlimited利用の際に支払い方法を変更する必要はあまりありません。

Amazonギフト券やAmazonポイントは使えない

なおKindleの都度払いで使えるAmazonギフト券やAmazonポイントは、Kindle Unlimitedでは使えない仕組みです。

Kindle Unlimited自体が定額制のため、Amazonギフト券を使って月額を安くすることはできません。

Prime Readingとの違いは?

Amazonではよく似たサービスにPrime Readingもあります。Kindle Unlimitedと異なるサービスで、Amazonのプライム会員(月額500円)だけが利用できる読み放題サービスです。

加えてPrime Readingで読み放題できるのは数百冊で、ジャンルも雑誌やマンガなどに限られます。なおPrime Readingを含むプライム会員には学生向けプランもあり、月額250円で無料期間も半年です。

まとめ

Kindle(キンドル)の支払い方法について色々と見てきました。クレジットカード・デビットカード・キャリア決済などに対応している上、場合によってAmazonギフト券やAmazonポイントと一緒に使えます。

支払い方法の編集もAmazonの設定画面で操作すれば問題ありません。一方で支払い方法に優先順位が存在する点や注文確定ボタンしかない点などに注意が必要です。

Kindleは様々な方法で購入できる上、読み放題サービスまであります。特に本が大好きな方はぜひ記事で触れてきた方法を有効活用して、様々な本を読み倒してみてください。

支払いにはクレジットカードが最もおすすめですので、前述したJCBカード Wを利用することで、賢くポイントを貯めていくことができますよ。

JCB CARD Wの基本情報
JCB CARD Wの基本情報
スクロールできます
項目詳細評価
還元率1.0%~(100円ごと)
年会費無料
旅行保険最高2,000万円
その他優待特約店でポイント倍増
キャンペーン今ならAmazon.co.jp利用で最大30,000円キャッシュバック!
JCB CARD Wの基本情報

\ 最大3,0000円キャッシュバック /

もう少し詳しく知りたい方は「JCB CARD Wのメリット・デメリットからわかる評判・口コミ」の記事を参考にしてみてくださいね。

他のカードについてもっと知りたいと感じる方は「クレジットカードのおすすめランキング」の記事も参考ください。

スポンサーリンク

Kindleの支払いに関する「よくある質問」

Kindleで支払い方法を変更できない場合の対処法は?

Kindleで支払い方法を変更できない場合、クレジットカードやデビットカードの入力内容に原因があることが多いです。

まずカード番号・有効期限・セキュリティコード・名義人の名前を今一度確認してみると良いでしょう。

もし確認してみて異常が見られなかった場合は、カード自体の有効期限・利用限度額・紐付いている口座の預金額なども確認するべきです。

Kindleで「支払い方法に問題」と出た場合の対処法は?

「支払い方法に問題」と表示された場合も、基本的にカード類の問題を疑うと良いでしょう。

カードに入力した情報が正しいかや、利用限度額・有効期限・滞納の有無などを見ると良いでしょう。

KindleでiTunesカードで支払いはできますか?

KindleはiTunesカードを使って支払いできません。問題のないクレジットカードやAmazonギフト券などを使うと良いでしょう。

Kindle Unlimitedは無料キャンペーン中に解約しても支払いはありませんか?

無料キャンペーン(最初の1ヶ月)の途中で解約しても支払いはありません。なお途中解約してもキャンペーン期間が終わるまで読み放題サービスは利用できます。

お得ドットコム
毎日をちょっとお得にするサイト
学校では教えてくれない、お金にまつわる「ちょっと得する情報」をお届けする情報メディア|経済的に自立した人を増やし、生活に余裕を持てる人を増やしたいという思いから発信しています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次