仮想通貨FEG Token(ゴリラ/FEG)とは?買い方や将来性も解説

悩む女性

FEG Token(ゴリラ/FEG)って何?よくわかっていないから、詳しい情報が知りたいな。

こんな悩みに応えます。

仮想通貨を見ていると、柴犬や秋田犬などをモチーフにしたものも見かけますよね。動物をモチーフにしたものに、ゴリラがテーマの仮想通貨FEG Token(ゴリラ/FEG)もあります。

FEG Tokenは名前がユニークであるだけでなく、今後仮想通貨やDeFi市場の活性化に影響する要素を備えたコインです。具体的な特徴や上場先なども気になるでしょう。

本記事では仮想通貨FEG Token(ゴリラ/FEG)について、特徴・買い方・将来性などを解説していきます。

この記事を読むことで、仮想通貨FEG Tokenの購入方法から将来性まで完全に理解することができますよ。

目次

仮想通貨FEG Token(ゴリラ/FEG)とは

仮想通貨FEG Token(ゴリラ/FEG)とは

FEG公式サイトより)

仮想通貨の中で面白いネーミングやロゴマークのものを見かける時もありますよね。ユニークな名前やロゴで知られているものの1つに、「FEG Token(ゴリラ/FEG)」があります。

仮想通貨FEG Tokenは、DeFi(分散型金融)の利便性を高めるプロジェクトに関わっている分、将来性も高いです。まず同通貨について簡単にご紹介します。

複数のブロックチェーン上で構築された仮想通貨

仮想通貨FEG Tokenとは、複数のブロックチェーンで構築された通貨です。バイナンススマートチェーン(BSC)とイーサリアムブロックチェーン上に作られています。

仮想通貨取引所も両ブロックチェーンに構築されているため、従来より手数料が安くかつ迅速な取引が可能です。DeFiの利便性を向上させることで市場を活発にする点で有望とされています。

仮想通貨自体や提供する取引所が将来有望とされている分、価格上昇の見込みは非常に高いです。今から保有すれば、将来的に資産や利益を増やせるでしょう。

犬系コインとともに動物系コインに分類される

仮想通貨FEG Tokenは、ドージコインなど犬系コインとともに動物系コインに分類されます。「FEG」は「Feed Every Gorilla(すべてのゴリラを養う)」の略称です。

また同通貨のロゴマークにもゴリラが採用されています。動物系コインは価格の安さとともに、何らかのきっかけで大きく稼げる点が特徴です。

暴落のリスクもあるものの、無理しない範囲で保有していればリスクを抑えつつ大きな利益を出せます。

仮想通貨FEG Token(ゴリラ/FEG)の特徴5つ

仮想通貨FEG Token(ゴリラ/FEG)の特徴5つ

FEG公式サイトより)

仮想通貨FEG Token(ゴリラ/FEG)の保有を考える際、主な特徴についてはぜひ知っておきたいですよね。同通貨の主な特徴として、以下の5つが挙げられます。

複数のチェーン活用によってDeFi取引の利便性を向上

仮想通貨FEG Tokenのミッションは、DeFi取引の利便性を向上させることです。DeFi取引ではイーサリアムをはじめ多くの仮想通貨が扱われています。

ただし取引で共通のルールがないため、手続きが煩雑になる点がデメリットです。加えてセキュリティ面の不安や手数料の高さも、仮想通貨を扱う人々にとって悩みの種になっています。

仮想通貨FEG Tokenでは、複数のブロックチェーンの活用を通じてDeFiの利便性を向上させるスタンスです。取引で共通のルールが適用される分、ユーザーも煩雑な手続きから解放されます。

利便性が向上することで、処理速度も上がって手数料も安くなるため、今まで以上に仮想通貨へのハードルも下がるでしょう。トークン自体の信用度や価値も増すため、利益が期待できます。

通貨自体がデフレトークン

また仮想通貨FEG Tokenはデフレトークンであることも特徴です。デフレトークンとは、将来的に価値が向上していく見込みのある仮想通貨を指します。

具体的には定期的に「バーン」と呼ばれる手続きを通じて流通量を減らす仕組みです。流通量が減れば通貨1枚当たりの価値が上がるため、保有者の資産も自然と増えます。

なおバーンされる量は、取引された量の1%です。今後取引量が増えていけば、価値上昇のスピードが速まっていきます。

手数料を元手にした受動的収入が得られる

さらに仮想通貨FEG Tokenでは、受動的収入が得られる点も大きな特徴です。取引のたびに発生する手数料(取引量の1%)の1%をトークン保有者に還元しています。

保有者からすればトークンを持っているだけで自然と利益を得られる仕組みです。もちろん保有量が多いほど得られる利益も増していきます。

加えて「持続的な発展」も運営側にとって重要なビジョンに掲げているため、極力トークンの価値が維持されることも期待できるでしょう。

SmartDeFi™によって高いセキュリティを確保

仮想通貨FEG Token(ゴリラ/FEG)の特徴_SmartDeFi™による高いセキュリティ

FEG公式サイトより)

仮想通貨FEG Tokenは安全性を確保するために、「SmartDeFi™」と呼ばれるシステムを搭載しています。同システムは詐欺や持ち逃げのリスクを防止できるのが強みです。

DeFiでは以前から詐欺や持ち逃げが横行しており、新規ユーザーがなかなか定着しない要因にもなっていました。システムで安全性が確保されることで、DeFiの発展も見込めます。

DeFiが発展すれば仮想通貨市場も盛り上がるため、同通貨の存在価値や価格も向上するでしょう。

ステーキングやガバナンス投票もできる

仮想通貨FEG Tokenでは、ステーキングやガバナンス投票もできます。ステーキングは、取引所FEGexに好きな量のトークンを預け入れることで報酬を得る仕組みです。

銀行預金の利息と同じように、預けた分に追加の報酬が付与されます。預け入れたトークンの量に応じてリターンがもらえるため、長期的な利益が見込めます。

またガバナンス投票では、通貨や取引所の運営方針について自らの意思を示すことが可能です。自分に関係ある議案であれば、投票を通じて利益が確保できる方法と言えます。

仮想通貨FEG Token(ゴリラ/FEG)の買い方・購入方法3ステップ

仮想通貨FEG Token(ゴリラ/FEG)の買い方・購入方法3ステップ

仮想通貨FEG Token(ゴリラ/FEG)を扱う際、取引所での購入方法もしっかり知っておきたいですよね。同通貨を購入するには、以下のような流れに沿っていきます。

国内の仮想通貨取引所でビットコインなどを購入

仮想通貨FEG Token(ゴリラ/FEG)の買い方・購入方法_国内の仮想通貨取引所でビットコインなどを購入

コインチェック公式サイトより)

まず国内の仮想通貨取引所でビットコインなどを購入しましょう。FEG Tokenは日本の取引所で扱われていないため、最初にビットコインなどを買ってから海外の取引所で交換する流れです。

国内でビットコインなどを購入するのであれば、コインチェックがおすすめ。知名度が抜群であるとともに、扱っている仮想通貨も15種類(2022年5月時点)と多いです。

また入金や取引時の手数料が不要な点や画面の見やすい点でも評判があります。初心者でも使い勝手が良いため、利用してみてはいかがでしょうか。

\ 国内ダウンロード数No.1 /

海外の仮想通貨取引所に送金

仮想通貨FEG Token(ゴリラ/FEG)の買い方・購入方法_海外の仮想通貨取引所に送金

Uniswap公式サイトより)

コインチェックなどで仮想通貨を購入したら、海外の仮想通貨取引所に送金します。FEG Tokenを購入するのであれば、UniswapやGate.ioがおすすめです。

送金の際は、まず送り先の取引所の入金アドレスをコピーします。次に国内取引所のウォレット(マイページ)の出金画面に貼り付け、出金額を入力しましょう。

なお出金の際に手数料が発生するケースもあるため、少し手元に残す程度にするべきです。手続きが終わったら送金ボタンを押します。

ちなみに海外取引所の口座も必要になるため、前もって口座開設もしておきましょう。

海外の取引所でFEG Tokenを購入

仮想通貨FEG Token(ゴリラ/FEG)の買い方・購入方法_海外の取引所でFEG Tokenを購入

Uniswap公式サイトより)

海外の取引所に送金したら、送り先でFEG Tokenと交換します。Uniswapの場合、まず公式サイト右上の「Launch App」ボタンから交換画面にアクセスしましょう。

次に自身のウォレット(仮想通貨を保管する財布)を接続します。ウォレットにはメタマスクなどがあるため、口座開設と一緒に作成しておくのがおすすめです。

ウォレットを接続したら、交換元の通貨で手持ちのものを、交換先の仮想通貨からFEG Tokenを選びます。最後に一番下のボタンを押せば完了です。

なおGate.ioのように先にUSDT(アメリカドルに基づいた通貨)に交換が必要な場合もあります。交換画面で「FEG/USDT」と出る場合は、先にUSDTへの交換を済ませておきましょう。

仮想通貨FEG Token(ゴリラ/FEG)の将来性は?

仮想通貨FEG Token(ゴリラ/FEG)の将来性は?

仮想通貨FEG Token(ゴリラ/FEG)を持つことを考える際、将来性が気になりますよね。同通貨の将来性についてもいくつかの点から見ていきます。

動物系コインの価格変動次第

FEG Tokenの将来性は、他の動物系コインの価格変動によって左右されやすいです。動物系コインは価格が比較的安い一方、著名人の発言などで値が大きく動く傾向にあります。

変動しやすい分、何らかのきっかけで高騰または暴落するのが特徴です。FEG Tokenを扱う際、動物系コインに関する最新ニュースは常に意識することがコツと言えます。

DeFi市場の活性化や発展度合いにも左右される

またDeFi(分散型金融)市場の活性化や発展度も大きく影響してくるでしょう。FEG Tokenでは、DeFi市場の活性化に欠かせないSmaetDeFi™システムを採用しているためです。

今後同システムがDeFiの各取引所に搭載されることで、市場全体が今まで以上に盛り上がることが予想されます。市場が活況を呈して発展すれば、FEG Tokenの値打ちも高まるでしょう。

バイナンス上場の時期もチェックするべき

仮想通貨FEG Token(ゴリラ/FEG)の将来性_バイナンス上場の時期もチェックするべき

バイナンス公式サイトより)

仮想通貨FEG Tokenの将来を占う際にぜひ注目したいのが、バイナンスに上場するタイミングです。バイナンスは世界の仮想通貨取引所の代表的存在とみなされています。

今まで数多くの仮想通貨がバイナンスに上場してきましたが、上場を機に大きく価格が上昇したケースが非常に多いです。得られる利益も大きくなるため、常にチェックが必要になります。

仮想通貨FEG Token(ゴリラ/FEG)のチャート・価格推移

仮想通貨FEG Token(ゴリラ/FEG)のチャート・価格推移


仮想通貨FEG Token(ゴリラ/FEG)を持つ際、価格の推移はやはり気になりますよね。上場以降現在までの価格の変遷や今後の予想を見ていきましょう。

2021年5月に大きく価格上昇

仮想通貨FEG Token(ゴリラ/FEG)のチャート・価格推移_2021年5月に大きく価格上昇

CoinMarketCapより)

仮想通貨FEG Tokenが取引開始となったのは2021年春のことです。ただ上場直後はほぼ0円に近い価格になっていたとともに、4月まで大きな動きはありませんでした。

しかし5月に入ってから大きく値を上げ、5月12日には0.000004円となっています。当初の金額の約2,400倍もの高さです。ドージコインなど犬系コインの高騰が影響したとされています。

夏に停滞後再び上昇に

仮想通貨FEG Token(ゴリラ/FEG)のチャート・価格推移_夏に停滞後再び上昇に

CoinMarketCapより)

仮想通貨FEG Tokenは5月に高騰したものの、下旬には急落しました。6月初旬に一度盛り返しましたが、以降は9月まで停滞傾向でした。

しかし10月から11月にかけて再び値を上げています。同じ時期に犬系コインの一種・柴犬コインが高騰したことが原因です。

2021年末以降は0.0000005円前後で推移

仮想通貨FEG Token(ゴリラ/FEG)のチャート・価格推移_2021年末以降は0.0000005円前後で推移

CoinMarketCapより)

柴犬コインの影響で上昇したFEG Tokenの価格は、年末にかけて徐々に下がっていきました。12月に入ってから反発したものの、基本的に停滞または下落傾向が続いています。

2022年以降の価格は0.0000005円前後です。大きく上昇した頃に比べるとかなり安いものの、逆に考えれば買い時と言えるでしょう。

今後はDeFi市場の発展や通貨自体の高騰の可能性など、価格上昇の要因になりうるものは多く存在しています。将来大きな利益を得られる見込みは十分あるでしょう。

まとめ

仮想通貨FEG Token(ゴリラ/FEG)のまとめ


今回は仮想通貨FEG Token(ゴリラ/FEG)について色々と見てきました。同通貨はデフレトークンだったりステーキングできたりするため、持っているだけで資産価値を増やせます。

加えてDeFi市場を活性化するシステムを導入している点も特徴です。今後導入しているシステムによって市場全体が盛り上がれば、自然と価格が上昇するでしょう。

取引所についてもUniswapやGate.ioにも上場しているため、今後が楽しみな存在とも言えます。現在価格がかなり安くなっているため、今のうちに購入しておくのがおすすめでしょう。

最後になりますが、近年メタバースも仮想通貨を共通通貨として取引されることが増えており、今後さらに市場が拡大していくと考えられます。

ぜひメタバース関連の記事も参考にしてみてくださいね。

仮想通貨FEG Token(ゴリラ/FEG)のよくある質問

仮想通貨FEG Token(ゴリラ/FEG)を扱う取引所はどこですか?

FEG Tokenを扱っている取引所は「Uniswap」「Gate.io」「Pancake Swap」「XT.COM」「ApeSwap」などです。

特にUniswapやGate.ioは世界的に有名な仮想通貨取引所で、扱っている通貨の種類も数百種類に及びます。今後はバイナンスに上場するタイミングが焦点となるでしょう。

仮想通貨FEG Token(ゴリラ/FEG)が消えたことがあるのは本当ですか?

FEG Tokenについて調べていると「消えた」というワードも出てきますよね。実は2021年5月に中国系の取引所で上場廃止事件が起きたことが原因です。

一度は上場したものの、過去に現地当局に否定的な仮想通貨と提携しようとしたことが発覚して上場廃止に至りました。取引所から消えたため、同様のワードが現れるようになった原因です。

なおFEG Tokenの運営側が謝罪文を出した後、再上場を果たしています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる