損する…?ファミリーマートでau PAYを利用する前に知るべき全情報

ファミリーマートでau PAYが使えるか検証

「ファミリーマートで、au PAYはいける?」と、お調べ中ですね。

結論から言うと、ファミリーマートでau PAYは利用できます!ただ、au PAYはチャージの方法を間違えると、還元で大きな損をしてしまうんです…。

分かりやすく言うと、クレジットカードでチャージするのが1番お得ということです。

本記事では、ファミリーマートで1番な決済手段から、au PAYの1番お得な使い方までお教えします

支払いで損をしたくない人は、ぜひ参考にしてください。

1.ファミリーマートでau PAYは使える!

ファミリーマートは、2019年12月3日もって、au PAYで支払いできるようになりました!実際に、ファミマに行って検証してきたので、間違いありません。

ファミリーマートでau PAYは使える※ファミマでau PAYは使えました!

そのため、au PAYで支払いをすれば、税込み200円ごとに1Pontaポイント、つまり支払いした金額×0.5%の還元が受けられるという仕組みですね。

ただ、それだけで安心してはいけません!

というのもau PAYはチャージする方法によって還元率が大きく変わるんです。以下に、どうやってチャージすれば良いのか図解したのでご覧ください。

auペイの還元率と使い方

図で分かるように、au PAYは高還元率のクレジットカードでチャージすれば1.5%〜還元、しかし、auかんたん決済や銀行口座やATMなどでチャージすると0.5%〜還元です

キャッシュレス決済は還元率0.5%〜で低いと評価されているので、クレジットカード以外でチャージすると還元で損をしているんです。

以上から、au PAYのチャージは必ずクレジットカードで行うことをおすすめします

au PAYにチャージできるクレジットカードの条件について

au PAYにチャージできるクレジットカードには条件があります。具体的には、MasterCardとJCBブランドであれば、基本的になんでもOKです。

ブランドチャージ可能なクレカの発行元
VISAエポスカード、NICOSカード、au PAY カード(旧:au WALLET クレジットカード)、UCカード、、MUFGカード、セゾンカード、TS CUBICカード、DCカード
MasterCard全てOK
JCBTS CUBICカードもしくはセゾンカード
Diners×(チャージ不可)
AMEX何でもOK

たた、クレジットカードによっては還元率がさまざまなので、これを機会にdカードを申し込んでも良いかもしれません。

なぜdカードが良いのか、これから解説していきますね!

au PAYのチャージはdカードを使おう!

au PAYにチャージするときは年会費無料のdカード(ブランドはMasterCard)が1番おすすめです。これがあれば、常に1.5%と高い還元を受けることができます!

au PAYでクレジットカードをチャージしたときの還元率

手順はさきほど少し伝えましたが、dカードでau PAYにチャージして支払いですね。

ちなみにですが、auが提供するau PAYカードはおすすめしません!なぜなら、dカードと比べたときに、au PAYカードは欠点が見つかったからです

dカードau PAYカード
dカードの口コミと評判au PAYの還元率au PAYゴールドカードの還元率
還元率1.0%〜1.0%〜1.0%〜
 チャージ×(交通系は対象外)
年会費無料無料1万円
ETCカード無料無料無料
家族カード無料無料400円

ご覧のように、au PAYカードはau PAYにチャージしたときは還元を受けられるものの、交通系電子マネーにチャージしたときに還元対象外。なんです。

その点、dカードはモバイルSuicaやスマートICOCAにチャージしてもポイントが貯まります。つまり、dカードがあればバスや電車に乗る時も、得をするというわけです。

以上から、au PAYのチャージは、絶対にdカードを使うべきと言えます

\ 審査最短5分 /

クリックして確認してみる

2.ファミリーマートで1番お得な支払い方法

21年現在、ファミマで1番お得な支払い方法はdカードでチャージをしたau PAYです。

さらに、dポイントカードか楽天ポイントカード、Tポイントカードを提示すれば、+0.5%(税込み200円で1ポイント)、つまり合計2.0%の還元を受けられます

ファミリーマートで1番お得な支払い方法

繰り返しいいますが、au PAYはクレカでチャージしないと、全然お得じゃないです

au PAYはauかんたん決済や銀行口座などでチャージすると還元率は0.5%〜、au PAY×dカードであれば、還元率は1.5%〜と高還元率です。

これは他のスマホ決済と比べても非常にお得なので、ぜひdカードを検討ください

dカードの基本情報一覧

《年会費》無料
《家族カード》無料
《ETCカード》無料
《発行条件》18歳以上
《還元率》1.0%〜(100円ごと)
《貯まるポイント》dポイント
《ショッピング保険》最高100万円
《国内旅行保険》-
《海外旅行保険》-
《詳細について》dカードの全知識
キャンペーン》入会で8,000ポイント

もしドコモ料金が毎月9,000円を超えているなら騙されるな!dカード GOLDに申し込むメリットと4つの注意点の記事も参考になるので、ごらんください。

\ 審査最短5分 /

クリックして確認してみる

30秒で解決!dカードとdカード GOLDの違いについて

dカードを作るべき理由は納得できましたね。しかし、dカード GOLDと何が違うんだろう…?と疑問を感じている人は多いはず。

そこで、dカードを持って5年以上たつ私が概要をそれぞれまとめました。

dカードdカード GOLD
年会費無料1万円
入会条件18歳以上20歳以上
審査審査はどちらも通過しやすい!
ブランドVISA・MasterCard
還元率1.0%〜(100円につき1ポイント)
年間特典×
ドコモ料金1%還元10%還元!
携帯補償1万円最大10万円
旅行保険×最高1億円
買い物保険最高100万円最高300万円

結論から言うと、「ドコモ携帯とドコモ光を合計した金額が月9,000円以上の人」それ未満でも「1年間で100万円以上はクレカを使える人」dカード GOLDを選ぶ方がお得です。

なぜなら、dカード GOLDにはドコモ料金の10%還元と年間利用特典があるから。

※家族のドコモ料金も含めてです

dカード GOLDはドコモ料金1,000円につき100ポイントもらえるので、仮に毎月のドコモ料金が1万円ならば1,000ポイント、年間にすれば10,800ポイントももらえます。

つまり、これだけで年会費を払う価値があるということですね!

みんなの教科書
これを計算したところ、家族を含む毎月のドコモ携帯・ドコモ光の料金が税抜きで9,000円以上ならdカード GOLDにすべきということが判明しました!

ちなみに毎月のドコモ料金が月9,000円以下(〜8,999円で)でも、1年間に100万円以上クレカを使えるなら、年間利用特典のおかげでdカード GOLDにすべきです

dカード GOLDは年間100万円以上の決済で11,000万円相当、200万円以上だと22,000円相当のdサービスで使えるクーポンが毎年届きます。

クーポンは使い勝手もバッチリなので、条件に合うならdカード GOLDを選びましょう!

dカード GOLDの基本情報

年会費・1万円
ETCカード・無料
家族カード・1,000円
入会資格・20歳以上で安定継続した収入
※学生は申し込み不可
審査について・個人事業主、新社会人でも全く問題なし!
還元率・1.0%〜(100円で1ポイント)
ポイント・dポイント
海外旅行保険・最高1億円
国内旅行保険・最高5,000万円
ショッピング保険・最高300万円
キャンペーン・最大20,000ポイントもらえる

より詳しくdカード GOLDの詳細が知りたい!という方は騙されるな!dカード GOLDを選ぶべき理由と4つの注意点の記事が参考になるので、ごらんください。

\ 審査最短5分 /

クリックして確認してみる

3.ファミリーマートの支払い方法

続いて、ファミリーマートの支払い方法は、何があるか調査をして、まとめました。

支払い方法可否
現金
スマホ決済(au PAY、d払い、ゆうちょPay、Alipay、WeChat Pay、楽天ペイ、LINE Pay、J-Coin Pay、pring、PayPay、メルペイ)
クレジットカード(VISA・AMEX・MasterCard・JCB・Diners・銀聯)
タッチ決済(Apple Pay、Google Pay、QUICPay、iD、各種コンタクトレス決済)
デビットカードやプリペイドカード(楽天銀行デビットカード、dカードプリペイド、au PAY プリペイドカード、LINE Payカード、kyashなど)
ポイントで支払い(Tポイント、dポイント、楽天ポイント)
※楽天とdポイントはスマホ決済を使って利用可能
商品券・ギフトカード(ファミリーマートの商品券、お米券、QUOカード、)
商業系電子マネー(WAON、Tマネー、楽天edy)
交通系電子マネー(Suica、はやかけん、PASMO、SUGOCA、ICOCA、manaca、Kitaca、toica)
クレジットカード(DISCOVER)、Pontaポイント、QUOカード・ペイ、ビットコイン、nanaco、りそなwallet×

コンビニというだけあって、ファミリーマートはたくさんのスマホ決済が使えます

ただ、au PAYのように1.5%の還元を狙えるスマホ決済は、いま本当にごくわずか。auユーザーであれば、迷わず、au PAY×dカードが支払いがおすすめです。

注意!au PAYで支払いできない物もある

ファミリーマートでは下記に当てはまる商品やサービスにau PAYは使えません。

  • 公共料金
  • Famiポートで支払う商品やサービス
    (チケットはOK)
  • はがき、印紙類、切手はがき
  • 一部自治体の指定ごみ袋
  • ゴミ処理券等の金券類
  • FAXやコピー
  • 電子マネーのチャージ
  • QUOカード
  • POSAカード

こちらは他のスマホ決済も同様なのでau PAYに限ったことではありません。詳細についてはファミマ公式ページのバーコード決済で確認することができます。

4.ファミリーマート以外のコンビニでもau PAYはいける!

念のため、他のコンビニエンスストアでau PAYが利用できるか、調べてまとめました。

コンビニ名au PAYの可否
ローソン
ローソンストア100
ナチュラルローソン
○(使える)
ミニストップ
セブンイレブン
ファミリーマート
セイコーマート
デイリーヤマザキ
キヨスク
ポプラ

調べてみると、au PAYはコンビニ全店舗で使えましたau PAYが利用可能な店舗はリンク先で見ることができますよ。

まとめ

ファミリーマートはau PAYで支払うことができます!

その際ですが、 クレジットカード以外(現金やポイント、auかんたんや銀行口座、ATMなど)でチャージするのは絶対おすすめしません

なぜなら、au PAY自体は還元率0.5%〜と低く、クレジットカードでチャージすればポイントの二重取りで合計1.5%の還元を狙えるからです。

au PAYはdカードを使ってチャージするのが1番おすすめです!

まだ年齢的にクレカが申し込めない…という人は、いったんスマホ決済を諦めて、還元率が1.0%〜の楽天銀行デビットカード(16歳以下ならkyash)で支払いをおすすめです。

これならau PAYよりも高い還元を受けることが可能ですよ!

SNSでもご購読できます
みんなの教科書
みんなの教科書の運営事務局
私達は、お金の無駄を省くプロの集団です。どの決済手段、お金を借りる方法を選ぶべきか迷っている人に、最もお得で後悔しない方法をお教えします。