【未来志向】仮想通貨Dovu(DOV)とは?買い方や将来性も解説

悩む女性

仮想通貨Dovuって何?細かな特徴や将来性について知りたいな。

こんな悩みに答えます。

仮想通貨の中には環境問題の解決に貢献できる種類があるのはご存じでしょうか。もし地球に優しい仮想通貨があるのなら、ぜひ購入してみたいですよね。

仮想通貨Dovu(DOV)は、仮想通貨を使った排出権取引が可能な銘柄です。排出権取引と言えば、地球温暖化問題の有効な対策でもあるため、かなり魅力的に感じるでしょう。

そこで本記事では仮想通貨Dovu(DOV)について、買い方や将来性にも触れながら解説していきます。

この記事を読むことで、仮想通貨Dovuの基本情報について完全に理解することができますよ。

目次

仮想通貨Dovu(DOV)とは?4つの特徴を紹介!

仮想通貨Dovu(DOV)とは?4つの特徴を紹介!

Dovu公式サイトより)

Dovu(DOV)は、地球環境問題の解決に貢献するプロジェクトが運営している仮想通貨です。環境問題は近年ますます深刻化しており、SDGs(持続可能な開発目標)も叫ばれるようになっています。

もし仮想通貨運用を通じて少しでも環境問題の解決に協力できるのであれば、かなり気持ち良いことですよね。仮想通貨Dovuの主な特徴4つをご紹介しましょう。

排出権取引(カーボンオフセット)をトークン化

仮想通貨Dovu(DOV)の特徴_排出権取引(カーボンオフセット)をトークン化

Dovu公式サイトより)

仮想通貨Dovuは、地球温暖化対策の1つである排出権取引(カーボンオフセット)をトークン化する通貨です。排出権取引はCO2の削減が難しい場合、削減に取り組んでいる方にお金を出して温暖化対策に貢献する方法を指します。

Dovuでは仮想通貨を使った排出権取引ができる仕組みです。一般の現金の代わりに仮想通貨(Dovu)を用いて、運営主体が用意したプラットフォーム経由でCO2削減を熱心に行う人々に投資します。

仮想通貨Dovu(DOV)と排出権取引の関係とは?

仮想通貨Dovu(DOV)の特徴_仮想通貨Dovu(DOV)と排出権取引の関係とは?

Dovu公式サイトより)

仮想通貨Dovuを使って排出権取引ができるとはいえ、具体的な仕組みや流れが気になりますよね。同通貨で排出権取引を行う場合、CO2削減を積極的に行う農家を金銭面で支援する流れです。

公式サイトからマーケットプレイスのページに移動すると、世界各地で排出削減に取り組む農家のプロジェクトが表示されます。各農家は土地ごとの削減したCO2の量をDovuトークンに置き換えておく仕組みです。

そしてDovuユーザーが各プロジェクトにお金を出すことで排出権を買い取ります。買い取った量の分、排出しても問題ないとされる仕組みです。

大手自動車メーカーも参画

大手自動車メーカーが参画している点も仮想通貨Dovuの大きな特徴です。ドイツ初の世界的自動車メーカーBMWは、Dovuのブロックチェーン技術を使ったサービスの事業を開始しています。

レンタル車やリリース車の走行距離をブロックチェーンで追跡し、距離に応じてDovuをもらえる仕組みです。自動車業界でもブロックチェーンを活用する動きが進んでおり、今後仮想通貨による排出権取引の増加が予想されます。

トークンを使ったステーキングもできる

仮想通貨Dovuは普通の取引や排出権取引以外にも、トークンによるステーキングも可能です。ステーキングとは、トークンを持っているだけで利息収入を得られ、預金と似たような仕組みになっています。

公式サイトの「SOLUTIONS(ソリューション)」から「LIQUIDITY POOL(流動性プール)」を選び、移動先で通貨を預ける流れです。30日ごとに200万DVの報酬が得られるようになっています。

仮想通貨を使った資産運用はもちろん、排出権を購入する元手としても有益なツールです。

仮想通貨Dovu(DOV)の買い方・購入方法3ステップ

仮想通貨Dovu(DOV)の買い方・購入方法3ステップ


仮想通貨Dovu(DOV)の特徴を見ると、単に資産を増やせるだけでなく地球温暖化問題にも貢献できる点で前向きになれますよね。ただ元手となる同通貨を購入する方法が分からない方もいるでしょう。

Dovuを購入するには、以下の流れで進めていきます。

国内の仮想通貨取引所でビットコインなどを購入

仮想通貨Dovu(DOV)の購入方法_国内の仮想通貨取引所でビットコインなどを購入

コインチェック公式サイトより)

仮想通貨Dovuは日本国内の取引所で扱われていません。入手するには国内の取引所でビットコインなどを購入し、海外の取引所に送ってから交換する方法がおすすめです。

仮想通貨取引所は金融機関であるため、利用するには事前の口座開設が必要になります。国内の取引所の場合、コインチェックが扱う通貨が16種類あることや初心者でも使い勝手が良い点などで便利です。

口座を開設したら日本円を入金し、購入したい通貨を選びましょう。Dovuの場合は、イーサリアムを買っておくと購入やステーキングで非常に役に立ちます。通貨を選んで購入額を入力した後は、購入ボタンを押すだけです。

\ 国内ダウンロード数No.1 /

Uniswapなど海外の仮想通貨取引所に送金

仮想通貨Dovu(DOV)の購入方法_Uniswapなど海外の仮想通貨取引所に送金

Uniswap公式サイトより)

国内の取引所で仮想通貨を購入したら、次に海外の取引所に送金します。海外取引所についても事前の口座開設が必要です。Dovuを購入する場合、UniswapやPancake Swapなど4種類のいずれかを選びます。

口座を開設したら、まず送り先の取引所で入金アドレスをコピーしましょう。続けて国内取引所のウォレットを開き、出金画面にアドレスを貼り付けます。

次に送りたい通貨を選び、送金額を入力しましょう。手数料を確認して、送金ボタンを押せば完了です。

海外の取引所で仮想通貨Dovu(DOV)を購入

仮想通貨Dovu(DOV)の購入方法_海外の取引所で仮想通貨Dovu(DOV)を購入

Uniswap公式サイトより)

仮想通貨を海外の取引所に送ったら、いよいよDovuと交換します。Uniswapの場合は公式サイトでピンク色の「App Launch」ボタンを押すと、移動先の交換画面で購入可能です。

イーサリアムであれば直接交換ができますが、他の通貨を送った場合はイーサリアムやUSDTに換えると良いでしょう。交換画面で交換先にDovuを選んで金額を入力し、購入ボタンを押せば完了です。

なお取引所により取引手数料が発生するため、仮想通貨の一部は手元に残しておきましょう。

仮想通貨Dovu(DOV)の今後・将来性は?

仮想通貨Dovu(DOV)の今後・将来性は?


仮想通貨Dovu(DOV)を購入したり資産運用に使ったりする際、将来性はやはり検討する上で大切に感じますよね。以下の2つのポイントから同通貨の将来性も見ていきましょう。

SDGsなど世界的な環境意識の高まりに応じて価格上昇する見込み

SDGsなど世界的な環境意識の高まりに応じて上昇する見込み

まず仮想通貨Dovuは、世界的な環境意識の高まりに応じて価格が上昇する見込みです。昨今では地球温暖化をはじめ環境問題が深刻になっています。

そして環境問題の深刻化に伴い、世界中で環境に対する意識が高まったりエコに対する考え方が注目されたりしている状況です。2015年に国連で提唱されたSDGs(持続可能な開発目標)も、世界中で重視されてきています。

Dovuは仮想通貨を通じた排出権取引の場を提供する存在です。今後環境意識の高まりや温暖化対策の進展に伴ってますます注目され、通貨の価値も上昇していくでしょう。

Hedera Hashgraphの台頭でも注目される可能性が高い

Hedera Hashgraphの台頭でも注目される可能性が高い

また仮想通貨Dovuで導入されている「Hedara Hashgraph」と呼ばれる技術が、同通貨の将来にも良い影響を与える見込みです。「Hedera Hashgraph」は「第三の分散台帳技術」と目され、従来よりも優れた処理能力があります。

送金スピードが3~5秒・送金手数料平均で0.0001ドル(約0.0127円)・取引処理能力が1秒1万件以上というスペックです。処理能力だけでもイーサリアムブロックチェーンの800倍以上となっています。

今後同技術が仮想通貨業界に積極導入されれば、業界全体の利便性が向上することは間違いありません。手数料の大幅値下げも実現できるため、Dovuの値打ちも大きく上昇するでしょう。

仮想通貨Dovu(DOV)の価格推移・チャート

仮想通貨Dovu(DOV)の価格推移

仮想通貨Dovu(DOV)を購入する際、価格は最大の関心事ですよね。上場から現在に至るまでの同通貨の価格推移をチャートで追っていきましょう。

2017年10月の上場後は10~20円台で推移

仮想通貨Dovu(DOV)の価格推移・チャート_2017年10月の上場後は10~20円台で推移

仮想通貨Dovuが上場したのは2017年10月28日のことです。上場して間もない11月1日には約35円にまで上昇しています。

以降は上昇と下落を繰り返しながら推移しており、概ね10~20円程度の変動幅でした。ただ年末になって大きく上昇し始め、12月31日には27円台に達しています。

2018年初頭に高騰し100円を超える

仮想通貨Dovu(DOV)の価格推移・チャート_2018年初頭に高騰し100円を超える

2017年末に上昇し始めた仮想通貨Dovuの価格は、2018年に入っても高騰し続けました。1月13日には128円台を記録しており、2017年末の約5倍です。

以降は2月半ばにかけて乱高下を繰り返しながら下がっていき、2月後半には12円前後となりました。

2021年3月まで長期的な停滞期に

仮想通貨Dovu(DOV)の価格推移・チャート_2021年3月まで長期的な停滞期に

仮想通貨Dovuの価格は、2018年3月から4月にかけて大きく下落しました。3月の終わり頃には5円台にまで落ちています。4月から5月にかけて再び急騰し、5月10日頃には20円台にまで上昇しました。

しかし5月中旬から12月にかけて下落傾向が続き、2019年や2020年には0.1円台でほぼ横ばいに推移しています。横ばいの状況は2021年に入ってからも続き、停滞期が3年近くにわたって続く結果になりました。

3月になってようやく価格が上昇に転じ、17日には10円近くにまで上昇しました。

2021年春以降1~4円台で推移

仮想通貨Dovu(DOV)の価格推移・チャート_2021年春以降1~4円台で推移

停滞期を抜けた仮想通貨Dovuの価格は、再び値動きが活発になります。4月16日には12.28円を記録するまでに上昇しましたが、以降は下落して1~4円程度で推移していきました。

2022年5月末現在では1.33円となっています。比較的安い金額になっており、ワンコインの日本円でも多く購入できるでしょう。今後価格が伸びる可能性が十分にあるため、今から備えておくのもおすすめです。

まとめ

まとめ


今回は仮想通貨Dovu(DOV)の特徴や将来性などについて色々と見てきました。同通貨は排出権取引ができるプラットフォームの運営組織が発行しているとともに、取引を通じて環境問題解決に貢献できる点が魅力です。

排出権取引ができるとともに、通常の仮想通貨取引やステーキングで資産を増やせます。今後環境問題の解決に向けて動く中、自身だけでなく地球のためにもなる点で将来性も高いです。

環境問題は長期的に様々な影響を及ぼす問題とも言えます。Dovuは未来志向で運用するには非常におすすめの銘柄であるため、前向きに購入を考えてみても良いでしょう。

最後になりますが、近年メタバースやDefiなど、さらに新しい領域で仮想通貨の市場が拡大していくと考えられます。

ぜひメタバースやDeFi関連の記事も参考にしてみてくださいね。

仮想通貨Dovu(DOV)のよくある質問

仮想通貨Dovu(DOV)の発行枚数や時価総額は?

仮想通貨Dovuの発行枚数は、2022年5月現在で約9.6億枚です。うち流通しているDovuは9.3億枚であるため、発行枚数のほとんどが市場に出回っています。

一方時価総額は約12億円です。ランキングで804位に入っており、世界で扱われている仮想通貨数千種類の中でもトップの1,000種類に入っていると言えるでしょう。

仮想通貨Dovu(DOV)を扱う取引所はどこですか?

仮想通貨Dovuを扱う取引所は、2022年5月現在でPancake Swap・Uniswap・1inch Liquidity Protocol・Hotbitの4つです。特にPancake SwapとUniswapは、世界的でも大手の取引所に分類されます。

今後同通貨で使われている技術が着目されたり、世界的な環境意識の高まりに応じて取引が活発になったり、価格が上昇したりするでしょう。合わせて上場先の取引所が増えていくことが期待できます。

そもそも排出権取引とは何ですか?

排出権取引とは、地球温暖化対策で使われる方法の1つです。CO2などの温室効果ガスの削減が難しい場合、削減を積極的に行えている企業・個人にお金を払って削減量の一部を買い取ります。

特に決められた温室効果ガスの排出枠をやむを得ず越えてしまう場合によく使われる方法です。企業などにとっても温暖化対策に貢献できるだけでなく、必要なコストの削減ができるメリットがあります。

今後環境意識の高まりや地球温暖化対策の進展に応じ、排出権取引も活発に行われる可能性は高いです。Dovuを使った取引も増えていく分、同通貨の需要や価格も高まっていくでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる