ドンキホーテでd払いはできない!最もお得な支払い方法まで解説

ドンキホーテ d払いスマホ決済

そういえばドンキで「d払いは使えるのかな?」と気になってませんか。

結論から言うと、20年現在、ドンキホーテではd払いを使うことは出来ません。。

でも安心してください!ドンキでは、お得にdポイントを貯める方法があるんです。

本記事では、ドンキホーテで“1番お得な決済方法”まで解説します

1.現在、ドンキホーテでd払いはできない…

ドンキホーテでd払いが使えるか検証

2020年現在、残念ですが、ドンキホーテではd払いは使えません。。

でも、クレジットカードで決済はできるのでdカードもしくはdカード GOLDで決済すればdポイントを貯めることが可能ですよ。

こんな感じで、dカードで支払えば1%(税込み100円につき1pt)の還元を受けられます。

なので、ドコモユーザーはこれを機会にdカードを発行することをおすすめします!

ドコモユーザー全員にdカードをおすすめする全理由

今回、たまたまドンキホーテではd払いが使えませんが、ドコモで携帯やネット回線を契約しているのにdカードを所有していない人は絶対に損!なぜなら、dポイントが3倍、ネット決済なら2倍も多く貯まるから

d払いの還元率と使い方

ご覧のように、d払いだけでは還元率は0.5%〜1.0%と低いんです、そこでdカードを支払い先にすれば還元率は1.5%〜、ネット決済なら2.0%〜にUPします。

これは他の他のスマホ決済やクレジットカードと比べても圧倒的な還元率です。

dカードの最新キャンペーン

そのため、まだdカードを持っていない人は過去最大のiDキャッシュバック特典を行っている特特設キャンペーン窓口(dカード GOLDならこちら)から今スグに申し込みをおすすめします

dカードは他のクレカと比べても人気で評判が良いですが、ちょっと審査が心配…という人は、「dカードの審査って実際どう?審査に落ちる理由と対策をプロが解説」の記事を参考にしてください。

2.ドンキホーテで、dポイントは使える?

ドンキホーテはdポイントクラブに加盟していないので、dポイントで支払いはできません

ドンキでdポイントは使えない

そのため、dポイントは別の場所で使うようにしましょう。

3.ドンキホーテの支払い方法を、まとめてみた!

20年現在、ドンキホーテの支払い方法は下記のようになっています。

支払い方法可否
現金
クレジットカード(VISA・MasterCard・JCB・AMEX・Diners・UnionPay)
タッチ決済(iD、QUICPay、Apple Pay、Google Pay)
マジカドンペンカード
デビットカード
プリペイドカード(dカードプリペイド、au PAY プリペイドカード、ソフトバンクカード、LINE Payカード、kyashなど)
商業系電子マネー(楽天Edy)
交通系電子マネー(Suica 、ICOCA、はやかけん、Kitaca、manaca、PASMO、toica、SUGOCA)
商品券(VISAやJCBなど各種ブランド発行のギフトカード、ビール券・お米券)
スマホ決済(d払い、PayPay、au PAY、メルペイ、ゆうちょPay、WeChat Pay、楽天ペイ、J-Coin Pay、ALIPAY、tone、pring、K PLUS)×
ポイント払い(dポイント、楽天ポイント、Tポイント、Pontaポイント)×
クレジットカード(DISCOVER)、りそなwallet、au WALLET、ビットコイン、Visaのタッチ決済・ Mastercardコンタクトレス、nanaco、WAON、全国百貨店共通商品券×

調査した結果、ドンキホーテはd払い以外のスマホ決済も使えない状況でした。ただ、スマホ決済が使える店舗は続々と増えているので今後に期待しましょう!

4.ドンキで、1番お得な支払い方法はどれ?

ドンキホーテの支払い方法については、なんとなく分かりましたね。でも、どうやって支払うのが、1番得なんだろうか…?と疑問に思う人も多いはず。

結論からいうと、ドンキホーテで1番お得な支払い方法はマジカドンペンカードでmajicaにチャージして支払いです。なぜなら、合計1.5%の還元を受けられるから。

ドンキホーテの支払い方法を比較

ご覧のように、マジカドンペンカードを発行すれば1.5%の還元を受けられます。

でも騙されないでください、マジカドンペンカードはあくまでドンキの買い物が1番お得になるというだけなので申し込みはおすすめできません

マジカドンペンカードをおすすめしない2つの理由

ドンキをよく利用する人でも、以下の理由からマジカドンペンカードをおすすすめしません。

理由1.そもそもの還元率が低い

最大の理由は、マジカドンペンカードの還元率が0.5%〜と低いから。

参考までに、人気なクレジットカードの還元率は次のようになっています。

カード名還元率
dカード・dカード GOLD1.0%〜
JCB CARD W1.0%〜
楽天カード1.0%〜
オリコカード1.0%〜
ビックカメラSuicaカード1.0%〜
三井住友カード0.5%〜
マジカドンペンカード0.5%〜

ご覧のように、人気なクレジットカードの還元率というのは1.0%〜が現状です。

つまり、マジカドンペンカードが活躍する場所はmajicaが使える場所(ドンキホーテ・MEGAドンキ・UNY・長崎屋・APITA・ピアゴ)しかないということです。

これ以外の場所で使うと他のクレカより損をしてしまうのでマジカドンペンカードはおすすめしません!

理由2.1.5%の還元を出すための準備が面倒

上記の店舗では1.5%の還元を受けられるマジカドンペンカードですが、そのためにはmajicaにチャージしてする必要があるので面倒です。

その点、人気なクレカならシンプルにクレジットカード決済するだけで1.0%〜。

このように手間を加えるわりには還元率に大きな差がない点からも、マジカドンペンカードをおすすめできません!

結論:ドコモユーザーはdカードが支払いがおすすめ!

以上を踏まえると、マジカドンペンカードはおすすめできません。ドコモユーザーはdカードで支払いする方がお得です。

なので、ドコモユーザーはdカードを申し込みする、そしてmajicaが使える場所をよく利用するならマジカドンペンカードも検討するという順番が良いでしょう。

【1分で解決】dカードとdカード GOLDの違いを解説

ドコモユーザーがdカードを選ぶべき理由は分かりました。でも、dカードとdカード GOLDってどっちが良いんだろう…」と迷っている人も多いはず。

そこでドコモ歴10年の私が、それぞれの違いをまとめました!

dカードの口コミdカードゴールドの評判
年会費無料1万円
入会資格18歳以上20歳以上
年間特典100万円決済…1万円
200万円決済…2万円
還元率1.0%〜1.0%〜
ドコモ料金1,000円で10pt1,000円で100pt
入会特典最大8,000円最大18,000円

ポイントを押さえてまとめましたが、大きな違いは年間ご利用特典」の有無と「ドコモ料金に応じてもらえるdポイント数」です。

たとえば、dカード GOLDなら月9,000円のドコモ料金(家族の携帯料金・ドコモ光含む)で月900ポイント、年間で10,800ポイント貯まります。

そして、年間100万円以上クレカを使えばdサービスで使える1〜2万円相当のクーポンが貰えます。

以上を踏まえると、毎月のドコモ料金が税抜きで9,000円以上、それに満たなくても年間100万円以上決済するならdカード GOLDを選ぶべきと言えるでしょう。

補足.マジカドンペンカードについて

マジカドンペンカードのメリットデメリット

マジカドンペンカードは、ドンキホーテを運営するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(略称:PPIH)が提供するクレジットカード。

このカードの特徴は、なんといってもmajicaが使える場所がお得になるところです。これらの店舗ならmajicaにチャージして支払うことで1.5%の還元を受けられます。

参考までに、基本情報をまとめました。

マジカドンペンカードの基本情報一覧

年会費:1,000円(年1回の利用で無料)
家族カード:-
ETCカード:500円
入会資格:18歳以上で安定した収入
ブランド:JCB
還元率:0.5%〜
ポイント名:majicaポイント
ポイント:200円ごと(月間利用金額)
スマホ決済:-
交換できるマイル:-
電子マネー機能:majica
支払日:15日締めの翌月10日払い
付帯保険:-
※年会費は税抜き価格
※信販会社のジャックス、SMBCファイナンスサービス(旧:セディナ)からもマジカドンペンカードを発行していましたが、新規発行は終了。現在は、ドンキの親会社から全て発行。

ランク制度について

マジカドンペンカードは、年間の利用合計金額で以下のようにランクが決まるようになっています。

マジカドンペンカードのランク制度

引用:ドンキ公式サイト(ランク制度のご案内

ご覧のように、年間50万円以上決済するとmajicaにチャージしたときの還元率が2〜5%にUPしたり、駐車場代が無料になったりするのが魅力となっています。

マジカドンペンカードとクラブドンペンカードの違い

違いはシンプルで、マジカドンペンカードはクレジットカード&majica機能付き、クラブドンペンカードはクレジットカード機能のみです。

2016年2月29日をもってクラブドンペンカードの新規発行は終了しています。

まとめ

残念ながら、ドンキホーテではd払いが使えません。そのため、ドコモユーザーはdカードを使ってdポイントを貯めるのがおすすめです。

dカードはいま申し込むと、最大で18,000円分のiDキャッシュバックが貰えます。

SNSでもご購読できます
みんなの教科書
みんなの教科書の運営事務局
私たちは、クレジットカードの無駄を省くプロの集団です。どのカードを選ぶべきか迷っている人に、最もお得で後悔しない方法をお教えします。