騙されるな!学生のクレジットカード選びで失敗しないための全知識

学生 クレジットカードクレジットカード

いま学生で、どのクレジットカードを作るのが1番良いんだろう…とお悩み中ですか?

クレジットカードがあれば色々便利なので、良いのがあればすぐにでも欲しいですよね。

でも、騙されないでください。

なんとなく価格.comとかで1位を選んでしまうと、「別のクレカの方がお得じゃん…」と後悔してしまう人が多いんです

この記事では、クレジットカードの営業マンとして10年以上働いていた私が、学生に本当におすすめできるクレジットカードをご紹介します。

ぜひ、申込み前の参考にしてください。

0.まず初めに知っておきたいこと

学生向けクレジットカードを徹底比較

2020現在、学生が発行できるクレジットカードは国内に300種類近くありますが、その中から本当にオススメできるのは8枚のみと考えてください。

なぜなら、以下3つの条件を満たしていないものばかりだからです。

  • VISAブランドを選べる
  • 還元率は1.0%〜ある
  • ポイントは月間利用金額に対して付与

クレジットカードのブランドによっては使える場所、使えない場所がありますが、最も使える範囲が広いのはVISAです。

ちなみにMasterCardならVISAと同じくらい使えるので選んでも良いでしょう。

また、クレジットカードの中には還元率0.5%〜だったり、ポイントを1会計毎に付与(つまり決済のたびに端数がカット)するものがありますが、それだとポイントが貯まりにくいんです。

なので、以上3つの条件を抑えて選ぶ必要があるということですね。

そもそも、クレジットカードって作るべき?

結論から言うと、クレジットカードは今すぐにでも作るべきです。

理由は非常にシンプルで、現金で支払うよりクレジットカードで支払う方がお得だから

学生がクレジットカードを作るメリット

※三井住友デビュープラスカードの場合

図のように、仮に2,000円の買い物をしたときクレジットカードなら20円お得になりますが現金に還元サービスはありません。

もしこれが2万円なら200円、20万円なら2千円、200万円なら2万円もお得になります。

こういったことから今すぐにもクレジットカードを作るべきと言えるでしょう

1.学生クレジットカードランキング1〜8位

以上3つの条件を満たしている学生向けクレジットカードランキング1〜8位は次の通り。

気になるクレジットカードの画像をタップすると、詳細に移動します。

順位クレジットカードこんな特徴がある!
1位三井住友デビュープラスカード迷ったらコレ!コンビニで使うと還元率が3.0%にUPする。
2位オリコカードAmazonやYahooショッピングで使うと還元率が2.0%にUPする。
3位ビックカメラSuicaカードモバイルSuicaのチャージで使うと還元率が1.5%にUPする。
4位楽天カード楽天市場で使うと常に還元率が3.0%〜にUPする。
5位レックスカードどこで使っても還元率が1.25%〜。
6位リクルートカードの特約店どこで使っても還元率1.2%〜。
7位学生向けライフカード海外で使うと決済総額の5%がキャッシュバックとして戻ってくる。
8位JALカード navi普段通り決済するとポイントではなくマイルが貯まる。

このような順位となりましたが、クレジットカードは2〜3枚を使い分けるのがオススメです。

例えば、1位の三井住友デビュープラスカードを普段使いにして、Amazonで買い物するときは2位のOrico Card THE POINT使うイメージですね。

いずれも年会費無料なので、カードが増えても経済的な負担になることはありません。

それでは、1〜8位の詳細を順番にお伝えしていきますね。

1位.三井住友デビュープラスカード

三井住友デビュープラスカード

クレジットカード選びで迷ったら、三井住友デビュープラスカードが1番オススメです。

通称デビュープラスは、三井住友カード株式会社が提供するクレカで、コンビニ(セブン・ファミマ・ローソン)とマクドで使うと還元率が3.0%にUPするのがメリットです。

さらに、銀行が提供しているだけあってセキュリティが評判なのも魅力の一つです。

メリット

  • 還元率は1.0%〜
  • 年会費は実質無料
  • セキュリティが手厚いと評判
  • コンビニで還元率が3.0%にUPする

評判&口コミから分かった注意点

  • ポイント付与は1,000円ごと
  • 旅行保険がない
  • 26歳を迎えると切り替えが必要
  • チャージは一部還元対象外

三井住友デビュープラスカードは、26歳を迎えるとクラシックもしくはプライムゴールドに切り替えが必要で還元率が0.5%〜に下がります

また、電子マネー(モバイルSuica)のチャージはGoogle Pay経由のみ還元対象です。

審査ってきびしいの?

入会条件は「18歳以上~25歳」となっており、若者向けに発行されているので審査は高い確率で通過します

逆に、学生のタイミングを逃すと審査のハードルが上がると言えるかもしれません。

こんな人におすすめ!

  • 初めてクレカを発行する
  • コンビニをよく利用する
  • マクドナルドをよく利用する
サービス詳細
年会費:1,250円(年1回の決済で無料)
ETCカード:500円(年1回の決済で無料)
家族カード:400円
ブランド:VISA
入会資格:18〜25歳迄
還元率:1.0%~
付与の条件:1,000円ごと(月間利用金額)
海外旅行保険:-
国内旅行保険:-
ショッピング保険:最高100万円
参考ページ:三井住友デビュープラスの全知識
【入会特典】キャンペーンページ
※年会費は税抜き価格

2位.Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINT

ネットショッピングが多いなら、Orico Card THE POINTが最もオススメです。

通称オリコカードは信販会社の株式会社オリエントコーポレーションが提供するクレカで、AmazonやYahooショッピングの還元率が2.0%にUPするのがメリットです。

その際、オリコモールを経由して買い物するのが条件と覚えておいてください。

メリット

  • 年会費無料
  • 還元率は1.0%〜
  • Amazonで還元率2.0%
  • Yahooショッピングで還元率2.0%
  • ポイント付与は100円ごと
  • チャージも還元対象

AmazonやYahooショッピング以外にも、LOHACO、エクスペディア、じゃらんで還元率が2.0%にUPします。

評判&口コミから分かった注意点

  • 旅行保険がない
  • 問い合わせ窓口が混雑しやすい

オリコカードは、クレジットカード全体でも人気な部類に入るため電話の問い合わせ窓口が繋がりにくいと感じることがあります。

対策としては、11時~12時・14~16時といった混雑しにくい時間帯を狙って電話するです。

審査ってきびしいの?

入会条件は「18歳以上の方」となっており、審査は通りやすいと評判です。

ただ、1位のデビュープラスカードと違って幅広い年齢層に向けて発行されています。そのため、審査が心配ならデビュープラスカードを検討してください。

こんな人におすすめ!

  • 初めてクレジットカードを発行する
  • コンビニをよく利用する
  • マクドナルドをよく利用する
サービス詳細
年会費:無料
ETCカード:無料
家族カード:無料
ブランド:MasterCard・JCB
入会資格:18歳以上
還元率:1.0%~
付与の条件:100円ごと(月間利用金額)
海外旅行保険:-
国内旅行保険:-
ショッピング保険:-
参考ページ:オリコカードの全知識
【入会特典】キャンペーンページ
※年会費は税抜き価格

3位.ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカード

もしモバイルSuicaをよく使うなら、ビックカメラSuicaカードが最もオススメです。

こちらは家電量販店のビックカメラとJR東日本が提供するクレカで、モバイルSuicaにチャージすると還元率が1.5%にUPするのが魅力です。

ご存知の方も多いですが、モバイルSuicaって電車やバス以外にも幅広い場所で使えますよね?

つまり、モバイルSuicaが使える場所は還元率1.0%〜ではなく1.5%になるということです。

メリット

  • 還元率は1.0%〜
  • 年会費は実質無料
  • Suicaチャージで還元率1.5%
  • ビックカメラで還元率11.5%
  • 国内&海外旅行保険がある

ビックカメラSuicaカードはモバイルSuicaのチャージだけではなく、ビックカメラの買い物で使ってもお得なクレジットカードです。

ちなみにグループ企業のコジマやソフマップでも同じ還元を受けることができます。

評判&口コミから分かった注意点

  • ポイント付与は1,000円ごと
  • ポイントが2つに分かれる
  • ETCカードは有料

ビックカメラSuicaカードは、ビックポイントとJRE POINTの2種類のポイントが貯まります。

Suicaチャージに使うとJRE POINTのみ貯まる仕組みですが、それ以外で使ったときのポイント管理は少しだけ面倒と覚えておきましょう。

審査ってきびしいの?

入会条件は「18歳以上で電話連絡が可能な方」となっており、Suica利用者は学生も多いため審査は問題なく通過すると言えるでしょう

それと、カード会社から申し込み意思の確認の電話が個人の連絡先(未成年なら親権者)に入ります。これは必ず対応してください。

こんな人におすすめ!

  • 普段からSuicaを使っている
  • ビックカメラを利用することがある
サービス詳細
年会費:477円(年1回の決済で無料)
ETCカード:500円(年1回の決済で無料)
家族カード:-
ブランド:VISA・JCB
入会資格:18歳以上で電話連絡が可能
還元率:1.0%~
付与の条件:1,000円ごと(月間利用金額)
海外旅行保険:最高500万円
国内旅行保険:最高1,000万円
ショッピング保険:-
参考ページ:ビックカメラSuicaの全知識
【入会特典】キャンペーンページ
※年会費は税抜き価格

4位.楽天カード

楽天カード

もし楽天市場でしょっちゅう買い物するなら、楽天カードが最もオススメです。

楽天カードは、楽天カード株式会社が提供するクレカで、楽天市場で使うと還元率が3.0%〜にUPするのが最大のメリットです。

メリット

  • 還元率は1.0%〜
  • 年会費無料
  • ポイント付与は100円ごと
  • 海外旅行保険がある
  • 楽天市場で還元率が3.0%にUPする

楽天カードは、楽天サービスの利用に応じて還元率がさらにUPする制度がもうけられています。

評判&口コミから分かった注意点

  • チャージは還元対象外
  • ETCカードは有料

楽天カードは、モバイルSuicaやSMART ICOCAにチャージしても還元対象外です。ただ、楽天edyや楽天ペイと組み合わせれば話は別です。

審査ってきびしいの?

入会条件は「18歳以上の方」となっており、こちらも審査は通りやすいと評判です。

審査落ちした理由でたまにあるのは、未成年のため親権者に電話が入り家族が知らずに拒否してしまったパターン。

営業の電話と間違われないように、予め家族にも共有しておきましょう。

こんな人におすすめ!

  • 楽天市場をよく利用する
  • 他にも楽天サービスを利用している
サービス詳細
年会費:無料
ETCカード:500円
家族カード:無料
ブランド:4種類
(VISA・MasterCard・JCB・AMEX)
入会資格:18歳以上
還元率:1.0%~
付与の条件:100円ごと(月間利用金額)
海外旅行保険:最高2,000万円
国内旅行保険:-
ショッピング保険:-
参考ページ:楽天カードの全知識
【入会特典】キャンペーンページ
※年会費は税抜き価格

5位.REX CARD

レックスカード

どこの場所でもお得に決済したい!とお考えなら、REX CARD(レックスカード)がオススメです。

こちらは株式会社ジャックスと株式会社カカクコムが提供していて、還元率が1.25%〜と非常に高いのが魅力です。

クレカの還元率は1.0%〜でお得なので、つまりどこで決済してもお得です。

メリット

  • 還元率は1.25%〜
  • 年会費無料
  • 国内&海外旅行保険がある

レックスカードは、JACCSモールという専用サイトを経由することで楽天市場やAmazonの還元率が1.75%〜にもUPします。

評判&口コミから分かった注意点

  • ポイント付与は2,000円ごと
  • 還元率は改悪の可能性がある

レックスカードの発行会社ジャックスは、これまでに還元率の高いクレカを提供してきましたが、いずれも還元率が改悪しています。

レックスカードも同様で1.5%→1.25%に下がっています。

とはいえ、1.25%でも頭一つ抜きん出ているので、現状は申し込んでも損なしと言えるでしょう。

審査ってきびしいの?

入会条件は「18歳以上で電話連絡が可能な方」となっており、これまで紹介した中だと審査は少し厳しい部類に入るかもしれません。

対策方法としては、申し込み時の入力項目を全て埋めること。

たとえば、一人暮らしでも実家の番号を入力したり、マンション名を入力することで審査を有利に進めることができます。

こんな人におすすめ!

  • とにかく還元率にこだわりたい
  • どこで使ってもお得が良い
サービス詳細
年会費:無料
ETCカード:無料
家族カード:無料
ブランド:VISA・MasterCard
入会資格:18歳以上で電話連絡が可能
還元率:1.25%~
付与の条件:2,000円ごと(月間利用金額)
海外旅行保険:最高2,000万円
国内旅行保険:最高1,000万円
ショッピング保険:-
参考ページ:レックスカードの全知識
【入会特典】キャンペーンページ
※年会費は税抜き価格

6位.リクルートカード

リクルートカード

前述したレックスカードはポイント付与が2,000円単位、つまり1〜1,999円の端数が月1回カットされてしまいます。

そこでオススメできるのがリクルートカード。このカードならポイント付与が100円単位なので端数がムダにならずポイントが貯まりやすいのが魅力です。

メリット

  • 還元率は1.2%〜
  • 年会費無料
  • ポイント付与は100円ごと
  • 国内&海外旅行保険がある
  • カードが2枚発行できる
  • リクルートサービスがお得!

リクルートカードは、ホットペッパービューティーやグルメといったリクルートサービス

評判&口コミから分かった注意点

  • ポイントの使い道が少ない

リクルートカードのポイントは、リクルートサービスかポンパレモールという通販サイトで利用するのが基本となります。

しかし、このポンパレモールはAmazonや楽天市場と比べると品揃えが劣ります

審査ってきびしいの?

入会条件は「18歳以上の方」となっており、審査はかなり通過しやすいと評判です。

こんな人におすすめ!

  • 還元率の高さにこだわりたい
  • ホットペッパーをよく利用する
サービス詳細
年会費:無料
ETCカード:無料
家族カード:無料
ブランド:4種類
(VISA・MasterCard・JCB・中国銀聯)
入会資格:18歳以上
還元率:1.0%~
付与の条件:100円ごと(月間利用金額)
海外旅行保険:最高2,000万円
国内旅行保険:最高1,000万円
ショッピング保険:最高200万円
参考ページ:リクルートカードの全知識
【入会特典】キャンペーンページ
※年会費は税抜き価格

7位.学生専用ライフカード

学生専用ライフカード

もし在学中に海外に行く予定があるなら、学生専用ライフカードが最もオススメです。

こちらはライフカード株式会社が提供するクレジットカードで、海外決済の総額5%がキャッシュバックされるのがメリットです。

ただ、国内で使うと還元率0.5%〜と低いので2枚目として組み合わせるのが良いでしょう。

メリット

  • 年会費無料
  • 発行が早い
  • 海外決済で5%キャッシュバック
  • 決済額に応じて還元率がUPする

学生専用ライフカードは、年間50万円以上の決済で還元率が0.75%〜、100万円以上で0.9%、200万円以上で1.0%〜にUPします。

評判&口コミから分かった注意点

  • 還元率が0.5%〜と低い
  • 卒業後は内容が改悪する

学生専用ライフカードは、還元率が0.5%〜と低いのが欠点です。そのため、たくさん決済しないならサブカードとして検討した方が良いでしょう。

また、卒業しても使い続けることが可能ですが5%キャッシュバックの特典は終了します。

審査ってきびしいの?

入会条件は「18歳〜25歳以下で、大学・短期大学・専門学校に在学中の方」となっており、在学中であれば審査はとくべつ気にする必要はありません

こんな人におすすめ!

  • 海外に行く予定がある
  • 2枚目のクレカを探している
サービス詳細
年会費:無料
ETCカード:無料
家族カード:-
ブランド:VISA・MasterCard・JCB
入会資格:18〜24歳迄
還元率:0.5%〜
付与の条件:1,000円ごと(月間利用金額)
海外旅行保険:最高2,000万円
国内旅行保険:-
ショッピング保険:-
参考ページ:学生専用ライフカードの全知識
【入会特典】キャンペーンページ
※年会費は税抜き価格

8位.JALカード navi(学生専用)

JALカード navi

もし帰省などでJALに乗ることが多いなら、JALカード navi(学生専用)を選んでも良いかもしれません。

こちらは日本航空が提供するクレカで、決済をするとポイントではなくJALマイルが貯まるのがメリットです。

貯まったマイルは国内なら片道6,000マイル、今はキャンペーン中なので半分のマイルで航空券に交換することができます。

メリット

  • 還元率は1.0%〜
  • 年会費無料
  • 直接JALマイルが貯まる
  • マイルは無期限
  • 国内&海外旅行保険がある

JALカード navi(学生専用)は、発行して初搭乗で1,000マイル、毎年の初搭乗で1,000マイル、さらに搭乗する区間に応じてマイルがもらえます。

評判&口コミから分かった注意点

  • すぐにお得とは感じない
  • 限度額が10万円
  • 卒業すると特典が終了する

航空券に交換するには少なくとも片道6000マイル、100円で1マイル貯まるので最低60万円の決済が必要になってきます。

今なら半分のマイルで交換できますが、貯まったポイントはすぐ使いたい!と感じるなら、他のクレカを検討しましょう。

また、卒業後は以下の特典が終了します。

かんたんに言うと、還元率が0.5%〜になって搭乗することでもらえるボーナスマイルが少なくなるんです。

なので、卒業後はカードの切り替えをするか有料サービスの加入が必須です。

審査ってきびしいの?

入会条件は「18歳〜30歳以下で、高専4〜5年生・専門学校・短大・大学・大学院の方」となっており、アルバイトをしていなくても通過する人は多いです。

こんな人におすすめ!

  • JALを利用する機会がある
  • マイルを貯めてみたい
サービス詳細
年会費:無料
ETCカード:無料
家族カード:-
ブランド:VISA・MasterCard・JCB
入会資格:18〜24歳迄
還元率:0.5%〜
付与の条件:1,000円ごと(月間利用金額)
海外旅行保険:最高2,000万円
国内旅行保険:最高1,000万円
ショッピング保険:最高100万円
参考ページ:JALカード naviの全知識
【入会特典】キャンペーンページ
※年会費は税抜き価格

2.クレジットカードの基礎知識

以上が、300種類以上から選んだ学生向けクレジットカードランキング1〜8位です。

正直クレジットカードの知識が何もなくても、ランキング1〜8位の中から選べば、「後で失敗した…」と後悔する可能性はかぎりなく低いです。

ですが知っておくと尚良いことを下記にまとめました。

  1. 学生カードは優遇されている
  2. 公共料金の支払いでも還元対象
  3. 分割は2回なら手数料無料
  4. 暗証番号は絶対に教えない
  5. 海外決済は1回払い
  6. 旅行保険は付帯と自動付帯がある
  7. 限度額は高くて30万円

それぞれ、順番にお伝えしていきますね。

知識1.学生カードは優遇されている

学生カードは、一般のクレジットカードと比べて特典が次のように優遇されています。

特典内容
三井住友クラシックカード年会費無料、還元率1.0%〜(卒業後はプライムゴールドもしくはクラシックに切り替えが必要。年会費は1,250円〜5,000円、還元率は0.5%〜)
学生専用ライフカード海外決済で5%キャッシュバック、海外旅行保険は自動付帯(卒業後は継続して使えるもキャッシュバックなし、旅行保険は付帯)
JALカード navi(学生専用)年会費無料、マイルは無期限、還元率は1.0%〜(卒業後は一般カードに切替が必要で年会費2,000円、マイルは3年、還元率は0.5%〜)

このように、在学中のみ発行できるクレジットカードは年会費が無料だったり、還元サービスが充実していたりとメリットが大きいです

こういったことから、学生なら学生向けに発行するクレジットカードがオススメです。

知識2.公共料金の支払いでも還元対象

クレジットカードは、公共料金(電気ガス水道)や携帯料金の支払いにしてもポイントが貯まります。そのため、カードを作ったらすぐに支払い先を変更するのがオススメです。

ただし、チャージは還元対象外もある

クレジットカードによっては、電子マネー(モバイルSuica・スマートICOCAなど)にチャージしてもポイントが貯まる場合があるんです。

還元対象となる電子マネー
1位.三井住友デビュープラスモバイルSuica(※Google Pay経由のみ)
2位.Orico Card THE POINTモバイルSuica、スマートICOCA
3位.ビックカメラSuicaカードモバイルSuica
4位.楽天カードなし
5位.REX CARDモバイルSuica、スマートICOCA
6位.リクルートカードモバイルSuica、スマートICOCA
7位.学生専用ライフカードモバイルSuica
8位.JALカード navi(学生専用)なし

※Suica、ICOCAのみで比較

このように、楽天カードやJALカード navi(学生専用)は電子マネーのチャージで使ってもポイント還元の対象外となってしまいます。

そのため、普段から電子マネーを使っている人はこういった条件にも注目して見てください。

知識3.分割は2回なら手数料無料

クレジットカードの支払い方法は、一括払い・分割払い・リボ払いが基本ですが、一括もしくは2回払いなら手数料はかかりません

え!?分割なのに手数料はかからないの?と思うかもしれませんが、2回までなら手数料は無料なんです。ちなみに3回払いからの手数料はこんな感じ。

クレジットカードの分割手数料

三井住友カードの場合

このように、3回払いからは年利12%の手数料がかかってしまいます。

そのため、クレジットカードは一括もしくは2回払いが基本と覚えておきましょう。

補足:分割払いとリボ払いの違いについて

分割払いは毎月決められた金額を返す方法で、リボ払いは毎月の返済金額を自分で決められるというのが大きな違いです。

たとえば、3万円の決済をしたとして今月は5千円、来月は残り25,000円といった感じで返済金額を調整できるのがメリットです。

ただ、リボ払いは回数関係なく手数料が大体15%と高いのがデメリット。分割なら12%〜と少し安いです。

また、リボ払いは返済金額を自由に変更できることから完済が遅くなりやすいのも特徴なので、考えて使いましょう。

知識4.暗証番号は絶対に教えない

当たり前じゃんと思うかもしれませんが、友人はもちろん家族にもクレジットカードの暗証番号は教えるべきではありません。

なぜかというと、不正利用があったときに暗証番号が入力されていると補償の対象外となるからです。

そのため、クレジットカードの暗証番号は自分だけで管理するようにしてください。

知識5.海外決済は1回払い

意外に見落としがちなのが、海外でクレジットカード決済すると「原則、一括払いになる」ということ。

ただし、ランキング1位の三井住友カードの場合、原則1回払いだけど後からリボ払いにすることも可能と書かれています。

原則として1回払いとなります(海外ではカードご利用時にお支払い方法を選択することはできません)。あらかじめ、「マイ・ペイすリボ」をお申し込みいただければ、海外のご利用分をリボ払いとすることができます。また、「あとからリボ」なら海外のご利用分もご利用後にリボ払いに変更することができます

引用:三井住友カード「カードご利用代金のお支払い方法

リボ払いはネットからすぐに申込むことができますが、前述したように実質年率15%と手数料が高いのでオススメできません。

そのため、海外で決済するときは1回払いができる前提で使うのが良いでしょう。

補足:支払い回数を聞かれるのは日本だけ!

日本でクレジットカード決済をすると「お支払い回数は何回ですか?」と聞かれますが、海外にそういった文化はありません。

そのため、現地で支払い回数を聞かれないのは当たり前と覚えておきましょう。

知識6.旅行保険は付帯がある

クレジットカードには国内もしくは海外旅行保険つきがありますが、「付帯」か「自動付帯」かにも注目する必要があります

それぞれの違いは、次の通り。

  • 自動付帯…保険は自動的に適用となる
  • 付帯…航空券や渡航前の交通費をカード決済することで保険が適用になる

このように、付帯だと事前にクレジットカード決済をすることで保険が適用されるようになっています。

ランキングで言うと、楽天カード・リクルートカードの海外旅行保険は付帯、国内旅行保険は基本的に付帯です。

補足:合わせて知って欲しい

また、旅行保険の補償項目ですが

・傷害死亡・後遺障害
・傷害治療費用
・疾病(しっぺい)治療費用
・賠償責任
・携行品損害
・緊急歯科治療
・手荷物遅延費用
・手荷物紛失費用
・航空機遅延保険

という項目に分かれています。

ややこしいですが、海外でケガや病気(傷害治療費用)をしたり、スマホやデジカメが破損や紛失(携行品損害)した補償がついているのが望ましいです。

知識7.限度額は高くて30万円

クレジットカードの利用可能枠は収入や信用によって判断されますが、学生の利用可能枠は10万〜MAX30万円です

参考までに、ランク別の利用可能枠を目安でまとめました。

ランク利用可能枠
学生カード10〜30万円
一般カード10〜50万円
年会費の安いゴールドカード10〜100万円
ゴールドカード10〜300万円
年会費の安いプラチナカード100〜200万円
プラチナ・ブラック等100〜500万円

このように、ランクが上がるにつれて年会費も高くなり利用可能枠も上がるような仕組みになっています。

3.学生クレジットカードの良くある質問

最後に、基礎知識では紹介できなかったポイントをQ&A方式でまとめました。

Q1.そもそもクレジットカードって何?

クレジットカードとは、クレジット(後払い)ができるカードのこと。通称クレカと呼ばれていて、決済月の翌月もしくは翌々月に利用額が口座から引落としされる仕組みです。

Q2.クレカは未成年でも作れる?

はい、親権者の同意があれば未成年(高校生を除く)でも申し込みが可能です。その際、未成年の場合は後日、親権者に申し込み内容の確認の電話が入ります

Q3.学生カードは予備校生でも作れる?

残念ですが、学生カードは専門学生、短大生、大学生、大学院生が申し込みの対象です。

予備校生として学生カードに申込むと否決される可能性が高いので、なにかアルバイトをしている状態で一般カードを申込む方が通過する可能性が高いです。

Q4.奨学金は審査に影響する?

いいえ、クレジットカードの審査に奨学金は影響しません。

Q5.入会金や年会費はかからない?

前述したクレジットカードは全て年会費無料で入会金もかかりません。ただ、デポジット型ライフカードのように入会金が必要になるクレジットカードがごく稀にあります。

Q6.申し込み〜発行までにかかる時間は?

クレジットカードは申し込み〜到着まで約1週間かかるのが一般的です。ただ、2週間かかることも珍しくありません。

Q7.クレジットカードとスマホ決済どっちがお得?

結論からいうと、クレジットカードで決済した方がお得です。なぜなら、スマホ決済の還元率は0.5%〜が基本だからです。

Q8.支払いに遅れてしまった…どうすれば良い?

支払い日に遅れてしまうと、信用情報機関(CICJICCKSC)に遅延の履歴が残り、何度も遅れると利用限度額が下がったり、携帯の分割購入ができなくなる可能性があります。

まずはカード会社に電話して、できるだけ早く振り込み手続きを行いましょう。

まとめ

学生が申し込めるクレジットカードは300種類近くありますが、以下3つの条件をクリアしているクレジットカードはごくわずかです。

  • VISAブランドを選べる
  • 還元率は1.0%〜ある
  • ポイントは月間利用金額に対して付与

前述したランキング1〜8位は、全てこの条件をクリアしています。この点に注目して、あなたにピッタリのクレジットカードを選んでみてください。

SNSでもご購読できます
みんなの教科書
みんなの教科書の運営事務局
私たちは、クレジットカードの無駄を省くプロの集団です。どのカードを選ぶべきか迷っている人に、最もお得で後悔しない方法をお教えします。