仮想通貨センズ(CENNZ/セントラリティ)とは?将来性や買い方を解説

仮想通貨で資産作りをしたり大儲けしたりする際、色々な銘柄を検討しますよね。銘柄の中で「センズ(CENNZ/セントラリティ)」を見かけ、気になる方もいるでしょう。

センズは分散型取引所の運営に欠かせないDApps開発を簡便なものにするプロジェクトで生み出された仮想通貨です。政府機関や企業と連携している分、通貨自体の需要も高まることが予想されます。
通貨自体の需要が高まれば価格の上昇も期待できますよね。本記事では仮想通貨センズ(CENNZ/セントラリティ)について、買い方や将来性にも触れながら見ていきます。

この記事を読むことで、仮想通貨センズの基本的な情報を全て理解することができますよ。

目次

仮想通貨センズ(CENNZ/セントラリティ)とは

仮想通貨センズ(CENNZ/セントラリティ)とは

CENNZ公式サイトより)

仮想通貨センズ(CENNZ/セントラリティ)とは、ニュージーランドで展開されている仮想通貨です。DAppsと呼ばれるアプリを開発するプラットフォーム上で使えます。

開発したセントラリティは、DApps開発を容易なものにするプロジェクトです。仮想通貨センズ自体も、アプリ開発に必要なモジュール(部品)の購入・取引が主な使い道になっています。

DAppsの開発は今後需要が大きく増すことが予想される分野です。そして従来イーサリアムが手掛けてきたDApps開発よりもずっとハードルが低く便利な状態で開発できるため、価格の大幅上昇も期待できます。

DApps開発を便利かつ簡単にするのが目的

センズを開発したセントラリティはDApps開発の簡便化のためのプロジェクトです。「DApps」とは「Decentralized Application(分散型アプリ)」の略で、管理者なしに機能する特徴を持っています。

ブロックチェーン上で機能するアプリであるとともに、分散型取引所(DEX)の運営には欠かせない存在です。ただDAppsの開発は一般的に難しく、膨大なコストがかかる点も難点として挙げられます。

セントラリティではモジュール(部品)化したパーツを扱うことで、開発の労力やコストを大幅に削減することに成功しました。開発者側もプレハブ工法のようにモジュールを組み合わせれば良いだけです。

モジュールの活用でアプリ開発が簡単かつ便利にできるようになる分、今後とも需要が増していくでしょう。合わせてセンズの価値が上昇することが期待できます。

DApps開発者はセンズのトークンで開発モジュールを購入

センズが主に使われるのは、セントラリティのプラットフォーム上で開発モジュールを購入する際です。モジュール自体の決済にセンズが使われる仕組みになっています。

モジュールは統一規格が採用されているため、DAppsのユーザーもインストールなしで利用できる仕組みです。加えて各アプリが自動で連動するため、アプリ内の個人情報の共有で手続きの簡略化もされます。
今後ますます分散型取引所とともにDAppsの需要も増大していくでしょう。センズが使われる機会も増えるため、やはり価格上昇の可能性が高いです。

不定期でトークンのエアドロップも行っている

センズでは不定期ではあるものの、保有者向けにトークンのエアドロップも行っています。「エアドロップ」とは運営側が資金調達や知名度の向上を目的に、トークンを無料配布することです。

例えれば新商品の試供品(サンプル)のようにトークンを配っているため、コストを掛けずにトークンをもらえる機会があります。エアドロップ報酬がもらえる点でもセンズを持つ意味は大きいです。

仮想通貨センズ(CENNZ/セントラリティ)の買い方・購入方法4ステップ

仮想通貨センズ(CENNZ/セントラリティ)の買い方・購入方法4ステップ
DApps開発の活性化に伴って仮想通貨センズの価値が高まるとなると、将来に備えてぜひ買っておきたい方もいますよね。センズを買う際、以下4つのステップを踏んでいくことになります。

国内の仮想通貨取引所でビットコインなどを購入

仮想通貨センズ(CENNZ/セントラリティ)の買い方・購入方法_国内の仮想通貨取引所でビットコインなどを購入

コインチェック公式サイトより)

まず国内の仮想通貨取引所でビットコインなどの仮想通貨を買いましょう。日本の取引所ではセンズは扱っていないため、別の通貨を買ってから海外の取引所でセンズと交換する流れです。

国内の取引所に口座がない場合、先に口座開設を行います。おすすめの取引所はコインチェックが良いでしょう。国内最多の仮想通貨を扱っているとともに、最低500円から取引できます。

\ 国内ダウンロード数No.1 /

海外の仮想通貨取引所に口座開設・送金

仮想通貨センズ(CENNZ/セントラリティ)の買い方・購入方法_海外の仮想通貨取引所に口座開設・送金

Uniswap公式サイトより)

国内の取引所で仮想通貨を購入したら、次に海外の取引所に送金しましょう。海外の取引所を利用する際も、事前に口座開設を済ませておく必要があります。

仮想通貨センズを購入できる取引所はいくつかあり、中でもUniswapがおすすめです。分散型取引所の中でも比較的大きな規模を持っており、1,500種類もの通貨を扱っています。

口座を開いたら仮想通貨を送金しましょう。まず送り先の取引所の入金アドレスをコピーし、続けて国内取引所のマイページでの出金画面でアドレスを貼り付けます。

アドレスを貼り付けた後は送りたい金額を入力し、出金ボタンを押せば完了です。

海外の取引所でセンズを購入

海外の取引所に仮想通貨を送ったら、いよいよセンズを購入します。基本的には仮想通貨同士の交換画面(「トレード」など)を開き、欲しい種類を検索して交換する流れです。

Uniswapを利用する場合であればウォレットを接続すれば、自動的に交換画面に移行できます。なお取引所によっては、事前にUSDTに換えてから購入するケースもあるため、予め流れを確認しておくべきです。

MetaMaskの用意もおすすめ

仮想通貨センズ(CENNZ/セントラリティ)の買い方・購入方法_MetaMaskの用意もおすすめ

MetaMask公式サイトより)

海外の仮想通貨取引所を利用する際、ウォレットが必要になるケースもよくあります。ウォレットとは、仮想通貨を実際に使ったり取引したりする際の財布のことです。

ウォレットの中で比較的よく使われるものに「MetaMask(メタマスク)」があります。ウォレットを作成する際はGoogleの拡張機能で追加し、指示に沿って手続きを進めれば完成です。

作成し終えたウォレットを取引所の接続画面で繋げれば、便利に仮想通貨の取引や出し入れなどができるようになります。

仮想通貨センズ(CENNZ/セントラリティ)の現状・将来性は?

仮想通貨センズ(CENNZ/セントラリティ)の現状・将来性は?
仮想通貨センズ(CENNZ/セントラリティ)の購入を考える際、同コインの将来性が気になりますよね。実は同コインには、多くのポジティブな材料が存在します。同コインの将来性も見ていきましょう。

ニュージーランド政府から多額の支援

仮想通貨センズはニュージーランド政府から多額の支援

まずセンズは、拠点のあるニュージーランドの政府から多額の資金援助を受けています。金額は3年間で1,500万ドル(約12億円)となっている上、返済の必要もありません。

政府側が返済不要という条件を付けてまで3年にわたって巨額の国費を投じていることは、センズの信頼性の高さを示す要素です。同コインが一国の政府から強く信頼されている点は明るい将来に繋がるでしょう。

ジャスミーやAmazonなど多くの企業との提携が進展中

センズは世界各国の多くの企業とも提携しています。元ソニー社長安藤国威(くにたけ)氏が参画するIoTプロバイダ・ジャスミーや中国消費者ブランド大手ののインフィニビジョンが代表格です。

またAmazonとの技術面での提携したり、飲料メーカー・ワンダともエコシステム開発を共同で行っています。様々な企業と提携を結べているのも、同コインに対する将来性や注目度の高さを物語る一面です。

上場取引所の数も増加中

さらにセンズは上場する取引所の数が着実に増えています。もともとはSingular Xのみでの取引でしたが、後にUniswap・MXC・ZB.com・Bithubなどが加わりました。

特にMXC・ZB.com・Bithubは2020年に上場した取引所です。現在ではさらに増えているため、同コインに対する信頼性が増した証と考えて良いでしょう。
今後大手取引所に上場する可能性も十分考えられるため、引き続き動向には注目するべきです。

イーサリアムの強力なライバルになる展望も

センズはゆくゆくイーサリアムの強力なライバルになる可能性も十分あります。センズと関わりのあるDApps開発は今までイーサリアムが強みを発揮していた分野です。

しかしモジュール開発を導入した結果、イーサリアムの開発に比べて短期間・低コストを実現できました。DApps開発には今後多くの企業の参入が考えられる上、セントラリティ流の採用が予想されます。
センズの価値上昇も十分考えられるとともに、イーサリアムのシェアに割り込む可能性も高いです。

仮想通貨センズ(CENNZ/セントラリティ)の価格推移・チャート

仮想通貨センズ(CENNZ/セントラリティ)の価格推移・チャート

仮想通貨センズ(CENNZ/セントラリティ)の活用を考える際、今までの価格推移も知っておきたいですよね。上場から現在に至るまでの同コインの価格の変遷を見ていきましょう。

2018年3月に上場開始・7月まで乱高下

仮想通貨センズの価格推移・チャート_2018年3月に上場開始・7月まで乱高下

CoinMarketCapより)

センズは2018年の3月15日に上場開始しました。上場を開始してから7月までは乱高下が続く傾向にありました。

4月下旬には60円近くにまで値が上がった一方、以降は6月にかけて20円程度にまで下がっています。6月20日頃に底を打った後は徐々に落ち着きを取り戻し、7月には緩やかに推移していきました。

2019年9月まで1年ほど3~5円台で推移

仮想通貨センズの価格推移・チャート_2019年9月まで1年ほど3~5円台で推移

CoinMarketCapより)

2018年の夏以降はさらに下がり、概ね3~5円台で推移しました。11月頃に7円台になったり、2019年3月に2円台になるなど激しい変化を見せたこともありましたが、激しい動きはむしろ少なめでした。

安定した状態が続いていた中、2019年の10月から再び上昇し始めます。

2020年頃から上昇・4~6円台で推移

仮想通貨センズの価格推移・チャート_2020年頃から上昇・4~6円台で推移

CoinMarketCapより)

2019年の秋から年末にかけて大きく上昇した結果、11月の終わりごろには20円台に達しました。2020年を迎える頃にかけて急落したものの、3月から再び反発しています。

以降の1年は多くの時期で6~8円で推移しており、以前の落ち着いていた時期に比べれば高止まり傾向です。2021年に入ると概ね8円前後で値動く日が多くなっていきました。

2021年後半以降は日常的に10円を超えるように

仮想通貨センズの価格推移・チャート_2021年後半以降は日常的に10円を超えるように

CoinMarketCapより)

2021年の前半は8円程度で推移し、後半に入っても11月まではほぼ同じような価格でした。急に値が上がったのは11月に入った直後で、20円台や30円台を付ける日も見られたほどです。

ただ2022年に入る頃には徐々に落ち着き出します。ただ日常的に10円を超える日が増えており、4月末の時点でも12円前後です。

長期的に見ると乱高下のたびに平均的な価格が上昇していると言えます。今後もまだまだ価格上昇が見込まれるため、将来を楽しみに感じられるでしょう。

仮想通貨センズ(CENNZ/セントラリティ)のよくある質問

仮想通貨センズ(CENNZ/セントラリティ)のよくある質問

仮想通貨センズ(CENNZ/セントラリティ)について調べるなどしていると、様々な疑問が湧いてきますよね。最後にセンズ関係でよくある質問を見ていきましょう。

仮想通貨センズ(CENNZ/セントラリティ)の上場取引所を詳しく教えてください

センズを扱っている主な取引所は以下の通りです。

  • Uniswap
  • Bithub
  • MXC
  • ZB.COM
  • Singular X

特にUniswapは分散型取引所(DEX)の中でも非常に規模が大きく、扱っている仮想通貨も1,500種類にも及びます。取引量も膨大であるため、初心者でも安心して利用できるでしょう。

仮想通貨センズ(CENNZ/セントラリティ)は日本で買えますか?

残念ながら日本国内の取引所でセンズを扱っているところはありません。海外の取引所で直接購入するか、国内取引所で買った仮想通貨を送金して交換する形で入手することになります。

ただ今後日本で仮想通貨取引が盛んになったりセンズの知名度が増したりすれば、国内取引所に上場する可能性も出てくるでしょう。

まとめ

まとめ

今回は仮想通貨センズ(CENNZ/セントラリティ)について、買い方や将来性にも触れながら見てきました。DApps開発を簡便化したこともあり、モジュールを購入できる通貨として注目度が高いです。

また定期的なバーンや多くの企業との提携などの明るい話題も多いため、今後価格の大幅上昇が十分見込めます。流通量の減少で価値も上がっていくため、今から持っておくのも悪くないでしょう。

センズについて興味が湧いたのであれば、購入や資産運用を検討するのもおすすめです。

▼その他話題の仮想通貨はこちら

あわせて読みたい
【仮想通貨】BANANA(バナナコイン)とは?買い方や将来性を解説 仮想通貨と聞くとビットコインやイーサリアムをイメージする方も多いですよね。せっかく仮想通貨を買うのであれば、将来性が抜群に高いものを選んでみませんか。 数多い...
あわせて読みたい
テンセット(10set/TENSET)とは?買い方や将来性を全解説【仮想通貨】 「仮想通貨」と聞くとビットコインやイーサリアムを連想しますよね。同時に将来大きく稼げるイメージを抱く方もいるでしょう。 仮想通貨の1つであるテンセット(10set/T...
あわせて読みたい
BitDAO(ビッダオ)の購入方法は?将来性についても解説【仮想通貨】 仮想通貨がブームになっている昨今ですが、仮想通貨で資産を増やしたい方もいますよね。中にはBitDAO(ビッダオ)を買うことを考えている方もいるでしょう。 BitDAO(ビ...
あわせて読みたい
仮想通貨IMX(Immutable X)とは?買い方や将来性も解説 数多い仮想通貨の中から買うものを選ぶのに悩む方もいますよね。もし悩んでいるのであれば、IMX(Immutable X)はいかがでしょうか。 IMXは最先端のブロックチェーン技...
あわせて読みたい
柴犬コイン(SHIBAINU/SHIB)とは?買い方や将来性を徹底解説【仮想通貨】 最近では仮想通貨の知名度も増し、資産形成の有効な手段となってきています。ただ仮想通貨も種類が何百種類もあるため、選ぶのが大変に感じられますよね。 もし仮想通貨...
あわせて読みたい
仮想通貨XDC(XinFin)とは?買い方や将来性についても徹底解説 仮想通貨を使って資産形成したい方もいますよね。しかし仮想通貨の種類は非常に多いため、銘柄選びに悩む方もいるでしょう。 もし銘柄に悩んでいるのであれば、XDC(Xin...
あわせて読みたい
【黙っても増える】仮想通貨SafeMoon(セーフムーン)とは?買い方や将来性も紹介 仮想通貨にも様々な種類がありますが、持っているだけで報酬がもらえるというお得なものがあれば嬉しいですよね。黙っていても増える仮想通貨に「SafeMoon(セーフムー...
あわせて読みたい
【SNS×NFT】仮想通貨NAFT(Nafter)の特徴・買い方・将来性を徹底解説 日頃の生活の中でSNSを使いこなす方も多いですよね。「もしSNSの投稿で自由にお金を稼げるようになれば」と思ったことはありませんか。 NAFT(Nafter)はSNSとNFTの組み...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる