仮想通貨Casper(キャスパー/CSPR)とは?特徴・買い方・将来性などを解説

悩む女性

仮想通貨Casperって何?細かな特徴や購入方法を詳しく知りたいな。

こんな悩みに答えます。

将来に備えて仮想通貨を使った資産運用を考えている方もいますよね。仮想通貨を探していて「Casper(キャスパー/CSPR)」というものを見聞きしたことのある方もいるでしょう。

仮想通貨Casper(キャスパー/CSPR)は、イーサリアムブロックチェーンのアップデートに欠かせない技術を提供する企業が発行する通貨です。重要性が高そうに聞こえる分、特徴などが気になりますよね。

そこで本記事では仮想通貨Casper(キャスパー/CSPR)について、特徴・買い方・将来性などを解説していきます。

この記事を読むことで、仮想通貨Casperの基本情報を完全に理解することができますよ。

目次

仮想通貨Casper(キャスパー/CSPR)とは

仮想通貨Casper(キャスパー/CSPR)とは

Casper公式サイトより)

仮想通貨Casper(キャスパー/CSPR)は、ブロックチェーン技術・スマートコントラクト・DApps(分散型アプリケーション)の普及を目指す企業による仮想通貨です。

プロジェクトでは、イーサリアムのブロックチェーンの置き換えによる技術革新を目指しています。仮想通貨業界全体の利便性を大きく向上させる分、価値の向上が期待できる銘柄です。

加えて企業と開発者のニーズを満たしている点や、エネルギー消費の効率化が期待できる点でも高い将来性を持っています。

仮想通貨Casper(キャスパー/CSPR)の特徴3つを解説

仮想通貨Casper(キャスパー/CSPR)の特徴3つを解説

Casper公式サイトより)

仮想通貨Casper(キャスパー/CSPR)を買ったり活用したりすることを考える際、同通貨の持つ特徴はぜひ知っておきたいですよね。主に以下に挙げる3つの特徴があります。

PoS(プルーフ・オブ・ステーク)を独自に構築・利用

仮想通貨Casperを発行している企業では、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)の独自に構築・利用を行っている点が特色です。独自である分、完全な分散化が実現できています。

PoSの分散によって取引処理での負担が軽減される分、処理速度も大幅に向上する仕組みです。加えてネットワークの用途も広くなっています。

他にもアップグレードできるスマートコントラクトや、手数料を予測できる仕組みを導入している点も特徴的です。いずれも将来のイーサリアムでの置き換えを見据えた設計になっています。

ちなみにエネルギー消費の効率化を実現する仕組みまで組み込んである点も強みです。大量の電気を消費せずに済むため、環境にも優しいシステムになっています。

イーサリアムブロックチェーンの技術革新に不可欠

Casperの仕組みは、今後のイーサリアムブロックチェーンの技術革新に欠かせません。イーサリアムブロックチェーンは需要が非常に高い分、多くの人々に利用されています。

ただあまりにも使用頻度が高いため、処理に時間が掛かったり手数料が高くなったりする点がデメリットです。もし処理速度を向上できれば、以上の問題の解決に加え利便性も向上します。

Casperでは独自のPoSによる分散化が実現できる仕組みのため、イーサリアム側でもCasperへの置き換えに積極的です。置き換えが進むほど、通貨Casperの価値も高まるでしょう。

企業だけでなく開発者にとっても扱いやすい

さらにCasperは、企業だけでなく開発者にとっても扱いやすいです。実はCasperでは開発者言語に「WebAssembly」を導入しています。

同言語は世界的に使用者が増えており、今や3,000万人ものエンジニアが使うほどです。普段から使っている言語を用いて、Casperのネットワーク上でシステムやアプリの開発ができます。

また今後トランスコンパイラー技術を導入する予定です。同技術を取り入れれば、イーサリアム向けコードを簡単に写せます。同時に従来のブロックチェーンでは不可能だったコードの書き換えまで可能です。

開発者にとっては普段から慣れている言語での開発ができるとともに、一度入力したコードも後から改善できるため、負担も軽くなるでしょう。また開発者の需要の向上も期待できます。

仮想通貨Casper(キャスパー/CSPR)の買い方・購入方法3ステップ

仮想通貨Casper(キャスパー/CSPR)の買い方・購入方法3ステップ

仮想通貨Casper(キャスパー/CSPR)は、今後イーサリアムの技術革新や開発者の負担の削減などを実現できることから価格上昇の可能性が高いです。

せっかくならぜひ購入の流れや方法を知っておきたいですよね。同通貨を購入する場合、以下の流れで進めていきます。

国内の仮想通貨取引所でビットコインなどを購入

国内の仮想通貨取引所でビットコインなどを購入

コインチェック公式サイトより)

まず国内の仮想通貨取引所でビットコインなどの購入が必要です。仮想通貨Casperは国内の取引所では扱っていないため、先に別の通貨を購入し海外の取引所で交換します。

国内の取引所を利用するには、事前に口座の開設が欠かせません。国内にある取引所でコインチェックは、扱っている通貨が16種類で、かつ初心者にも分かりやすい画面構成になっています。

仮想通貨を購入する際、まず日本円を入金しましょう。そして欲しい通貨の画面を選び、必要な量を入力して交換します。

\ 国内ダウンロード数No.1 /

海外の仮想通貨取引所に送金

海外の仮想通貨取引所に送金

Gate.io公式サイトより)

仮想通貨を購入したら、次に海外の仮想通貨取引所に送金しましょう。海外の取引所を利用する場合も口座開設が必要になるため、事前に手続きを済ませておくべきです。

仮想通貨Casperを扱う取引所は20以上あります。中でもGate.ioは、日本語に対応していたり扱う通貨の種類が900種類以上だったりするなど使い勝手が良いです。

送金する際、まず送り先の取引所の入金アドレスをコピーします。次に国内の取引所にあるウォレットを開け、出金画面に入金アドレスを貼り付けましょう。

貼り付けた後は送金する通貨を選び、送る金額を入力した後、出金ボタンを押せば完了です。なお取引所によって出金手数料が掛かる場合があるため、少し手元に残すようにします。

海外の仮想通貨取引所で購入

海外の仮想通貨取引所で購入

Gate.io公式サイトより)

海外の取引所への送金が済んだら、送った先の口座を開きましょう。いよいよCasperへの交換を行います。Gate.ioを利用する場合で見ていきましょう。

Gate.ioを利用する場合、公式サイトの上にあるタブから「取引」を選び、現物取引のスタンダードへと進みます。進んだ先で一度USDTに交換後、改めてCasperと換える流れです。

なおイーサリアムを購入・送金してあれば、USDTへの交換は省けます。Casperと交換する際も交換元・交換先の通貨を選び、金額を入力しましょう。手数料の発生にも注意してください。

仮想通貨Casper(キャスパー/CSPR)の将来性について解説

仮想通貨Casper(キャスパー/CSPR)の将来性について解説

仮想通貨Casper(キャスパー/CSPR)を使った資産運用を考える際、将来性の高さが気になりますよね。以下の4つの要素から同通貨の今後や将来性も見ていきましょう。

今後イーサリアムの技術発展に大きく貢献

まず仮想通貨Casperや運営企業は、今後イーサリアムの技術発展に大きく貢献することが期待されています。イーサリアムは処理速度の問題(スケーラビリティ問題)の解決するため、アップデートを進めている最中です。

そしてアップデートにはCasperの技術が中核になっています。もしアップデートが成功すれば、イーサリアムの利便性が格段に増し、手数料も安くなるでしょう。

そしてイーサリアムの技術発展に貢献したCasperの仮想通貨の株も大きく上がります。つまるところ大幅な価格上昇が見込めるため、イーサリアムのアップデート状況や結果からは目が離せません。

環境に優しいシステムを採用

また仮想通貨Casperは、環境に優しいシステムを採用している点も大きな特徴です。ブロックチェーンにPoSを採用していることで、大量の電気を必要とすることなくトークン量の計算ができます。

大量の電気を必要としない分、発電側のコストや資源利用も抑えることにも繋がるでしょう。結果的に地球温暖化などの環境問題にも貢献するため、地球に優しいと言えます。

近年ではSDGsが叫ばれるなど世界的に環境意識が向上している状況です。仮想通貨Casperもエコを意識した技術を活用しているということで、価値引いては価格の上昇が期待できます。

セキュリティも高く複数の監査を通過

さらに仮想通貨Casperについては、セキュリティに対する評判も高いです。すでに複数のセキュリティ監査を完了しており、各監査機関からも良好な評価を得ています。

加えて2021年1月には、スマートコントラクトの監査・検証で有名なTrail of Bitsによるチェックを受けました。調査から重大性の高い結果は一切見られず、セキュリティの適切さも認められています。

仮想通貨が躍進する際、セキュリティの高さも重要な指標です。CasperはすでにGate.ioやBitmartのような大手取引所にも上場しているほどであるため、信頼性の高さで価値も増していくでしょう。

商標関係の訴訟がある点でも注目

仮想通貨Casperは2021年3月に商標関係で訴訟を起こされたことがあります。開発に携わった元従業員によるもので、先行販売前に誤解を与える可能性のあるマーケティング資料に「Casper」の名称が使われたことが原因です。

ちょうどCasperへの需要が高まっていた時期でもあったため、現在でもネット検索で「Casper 仮想通貨」とともに「訴訟」も出てきます。ネガティブな話題ではあるものの、同通貨の知名度を高めたと言えます。

仮想通貨Casper(キャスパー/CSPR)の価格推移・チャート

仮想通貨Casper(キャスパー/CSPR)の価格推移・チャート

仮想通貨Casper(キャスパー/CSPR)の購入を考える際、今までの価格の移り変わりも気になりますよね。最後に同通貨の上場前から現在に至るまでの価格についても見ていきましょう。

CoinlistでのICO(先行販売)でも高倍率を記録

仮想通貨Casperは2021年3月にCoinlistにてICO(先行販売)が行われました。オプション1~3の3段階にわたって行われ、最初のオプション1の時点で販売可能人数枠約1.2万人もの10倍もの応募が寄せられています。

オプション3まで終わったところであまりにも反響が良かったため、4月には追加でオプション4も開催されました。本格上場前から大きな躍進を期待させる出来事だったと言えます。

上場後150円近くまで上昇

上場後150円近くまで上昇

CoinMarketCapより)

仮想通貨Casperは、ICOからしばらく経った2021年5月12日に本格上場しました。上場当日で一気に150円近くまで上昇しています。加えて12日だけでも激しく値動きしました。

ただ翌13日以降は大きく下落し、早くも100円を下回るようになります。

最高値を記録後は下降傾向に

最高値を記録後は下降傾向に

CoinMarketCapより)

仮想通貨Casperは上場から1週間程度経った5月20日には、30円台まで下がるほど急速な値下がりを見せました。以降は値下がりが緩やかになり、6月前半に30円前後、6月後半から7月前半に10~20円で推移するようになります。

そして7月後半から8月初旬には6~7円で推移するようになり、下降局面は落ち着きを見せました。

2021年8月から年末にかけて10~20円で推移

2021年8月から年末にかけて10~20円で推移

CoinMarketCapより)

仮想通貨Casperの価格は5月中旬から8月の初めまで下降していましたが、8月6~7日にかけて大きく上昇します。6日で7円台だったのが7日に21円近くと3倍になりました。

以降は高止まり傾向を見せつつ小刻みに価格が値動きしています。11月にはさらなる価格上昇が見られ、30日には26円台に到達しました。11月に上昇した価格は12月には落ち着きましたが、14~16円程度での動きが見られています。

2022年に入ってからは7~9円台で推移

2022年に入ってからは7~9円台で推移

CoinMarketCapより)

2021年12月に14~16円で推移していた仮想通貨Casperの価格は、年が明けてからもしばらくは15円近くを維持していました。しかし1月後半に入った頃から徐々に下がり始めます。

3月15日に6.5円程度にまで下がった後は再び上昇し、4月には再び10円台に達しました。ただ5月現在は仮想通貨市場が全体的に冷え込んでいる影響で大きく下落し、5円前後で推移しています。

まとめ

まとめ

今回は仮想通貨Casper(キャスパー/CSPR)の特徴や将来性などについて色々と見てきました。仮想通貨業界で非常に需要が高いイーサリアムを刷新する技術を提供しているだけあり、将来性は非常に高いです。

Gate.ioやBitmartのような大手取引所への進出・セキュリティの高さ・環境に配慮されている点でも、先々価格が上昇する可能性を十分に持っています。価格も下がっているため、仮想通貨運用を始めるにはおすすめの銘柄です。

仮想通貨の種類で悩んでいるのであれば、Casperを使ってみるのはいかがでしょうか。

また最後になりますが、近年メタバースやDefiなど、さらに新しい領域で仮想通貨の市場が拡大していくと考えられます。

ぜひメタバースやDeFi関連の記事も参考にしてみてくださいね。

仮想通貨Casperに関連する「よくある質問」

仮想通貨Casperが上場している取引所は?

仮想通貨Casperが上場している主な取引所は「Huobi Global」「Gate.io」「Bithumb」「Coinlist Pro」「OKX」「BitMart」「Bitrue」「CoinEx」などです。

中でもGate.io・Bitmart・Bithumbは世界的にも大手の取引所です。Casperは大手の取引所に上場するほど信頼性が高いと考えて良いでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる