BitDAO(ビッダオ)の購入方法は?将来性についても解説【仮想通貨】

仮想通貨がブームになっている昨今ですが、仮想通貨で資産を増やしたい方もいますよね。中にはBitDAO(ビッダオ)を買うことを考えている方もいるでしょう。

BitDAO(ビッダオ)は世界有数の仮想通貨取引所Bybitが発行している通貨です。取引所もDeFi(分散型金融)で将来あるプロジェクトの投資を使命としている分、通貨が大きく成長する可能性は十分あります。

将来に備えてBitDAO(ビッダオ)を持つ際、購入方法は気になるでしょう。本記事では、仮想通貨BitDAO(ビッダオ)の購入方法を、特徴や将来性などとともにご紹介します。

この記事を読むことで、BitDAOの基本的な情報を全て理解することができますよ。

目次

BitDAO(ビッダオ)とは?

BitDAO(ビッダオ)とは?

BitDAO公式サイトより)

BitDAO(ビッダオ)とは、シンガポール発の大手取引所ByBitなどが開設したプロジェクトで発行している仮想通貨です。分散型金融(DeFi)の中でも、特に有望なプロジェクトの支援を行っています。

DeFiは仮想通貨取引の中でも特に注目度が極めて高い分野です。有望な銘柄などへの支援が実を結ぶことでBitDAO自体の成長や発展、ひいては市場全体の活況にも繋がります。
もちろんBitDAOが発展すれば価格の大幅上昇も予想されるため、将来性も極めて高いです。

ガバナンストークンBITも発行

BitDAO(ビッダオ)では普通の仮想通貨以外にも、ガバナンストークンBITと呼ばれるものも発行しています。「ガバナンストークン」とは、仮想通貨の運営に対して自身の意思を示すために使われるものです。

分かりやすい例で言えば株主総会のようなもので、今後の方針に対する提案に対する投票を通じて運営に関われます。自分が欲しいサービスに関する投票もできるため、巡り巡って恩恵をもたらしてくれます。
ガバナンストークンは投票以外にも、ローンチパッドやByFiセンターを使った資産運用も使い道です。

BitDAO(ビッダオ)の主な特徴3つを解説

BitDAO(ビッダオ)の主な特徴3つを解説

BitDAO公式サイトより)

仮想通貨BitDAO(ビッダオ)が将来大きな資産になる可能性を秘めているとなれば、購入したい気持ちも出てきますよね。一方でもう少し特徴を詳しく知りたい方もいるでしょう。

BitDAO(ビッダオ)のより詳細な特徴として、以下の3つがあります。

世界的に珍しいDAO(自律分散型組織)によるプロジェクト

BitDAO(ビッダオ)の主な特徴_世界的に珍しいDAO(自律分散型組織)によるプロジェクト

まずBitDAO(ビッダオ)は、世界でも非常に珍しいDAO(ダオ:自律分散型組織)が立ち上げたプロジェクトです。DAOとは管理者の代わる存在として設定されたルールに基づいて運営される組織を指します。

従来の取引所では、金融機関や証券会社の職員が管理者として口座開設や開設時審査などを行う仕組みです。ただ処理に時間が掛かる上、資産や信用がない人は投資に参加できない弱点もあります。

DAOでは一種のプログラムが管理者の代わりになるため、処理も迅速で今まで以上に多くの人が投資に参加できる点が強みです。手数料も人件費を削っている分、大幅に安くなります。

今後仮想通貨市場の発展やさらなるIT化に伴いDAOはより注目されていく存在です。BitDAO(ビッダオ)の存在感が増せば、価格の上昇も期待できます。

将来有望なDeFiプロジェクトを支援する組織

BitDAO(ビッダオ)の主な特徴_将来有望なDeFiプロジェクトを支援する組織

BitDAO公式サイトより)

BitDAO(ビッダオ)が主に行っているのが、将来有望なDeFiプロジェクトへの支援です。DeFi分野の中でも今後の成長が見込めるプロジェクトへの資金やノウハウ支援により、市場全体の活性化を目指しています。

研究開発や流動性の提供(取引しやすい環境の構築)も行っており、支援先の成長・発展に寄り添おうとするスタンスです。加えてNFTやブロックチェーンゲームへも積極的に支援しています。

BitDAOで支援している分野は、いずれも将来大きく成長し社会の発展に影響するようなものばかりです。

今まで以上にDeFi・NFT・ブロックチェーンゲームが注目されれば、BitDAO自身も発展していきます。

オープンファイナンスと分散型トークン経済の実現がビジョン

BitDAO(ビッダオ)が目指すのは、オープンファイナンスと分散型トークン経済の実現です。財務データを自身・金融機関・非金融機関などと共有することで様々なサービスを利用できる枠組みを志向しています。

同時にトークン(仮想通貨)を媒体にする経済圏の確立を通じて、トークン所有者が等しく恩恵を受けられるような環境を構築しようとする点も特徴です。所有者が便利に生活できる環境と言って良いでしょう。

BitDAO(ビッダオ)の購入方法4ステップ

BitDAO(ビッダオ)の購入方法4ステップ

BitDAO(ビッダオ)を手に入れたい時、購入方法や手順が気になりますよね。同通貨を購入するには、以下に挙げる4つのステップを踏んでいきます。

国内の仮想通貨取引所で口座を開設

BitDAO(ビッダオ)の購入方法_国内の仮想通貨取引所で口座を開設

コインチェック公式サイトより)

まず国内の仮想通貨取引所で口座を開設しましょう。各取引所の公式サイトにアクセスし、新規登録ボタンを押してから指示通りに手続きを進めていきます。

国内の取引所で特におすすめなのがコインチェックです。扱っている仮想通貨の数は最多の18種類に及ぶとともに、取引も最低500円からできます。

また入金や取引に必要な手数料も無料であるため、より手軽に仮想通貨を買いやすいです。

\ 国内ダウンロード数No.1 /

ビットコインなどを購入

BitDAO(ビッダオ)の購入方法_ビットコインなどを購入

国内の取引所で口座を開いたら、仮想通貨を購入します。BitDAOは国内取引所で直接購入できないため、一度ビットコインなどを買ってから海外の取引所に送って交換する流れです。

購入する際は取引所で扱われている各銘柄のページで購入画面を開きます。必要な金額を選んで購入ボタンを押せば完了です。

Bybitに口座を開設・送金

BitDAO(ビッダオ)の購入方法_Bybitに口座を開設・送金

Bybit公式サイトより)

仮想通貨を購入したら、今度はBybitで口座を開きます。Bybitの公式サイトにアクセスし、真ん中に見える窓に電話番号かメールアドレスを入れて、「今すぐ登録」ボタンを押せば手続き開始です。

あとは画面の指示通りに必要な項目を入力したり本人確認書類を提出したりします。なおBybitは日本語にも対応しているため、英語が苦手でも安心です。

口座開設が完了したら、国内の取引所で購入した仮想通貨を送金します。まずBybitの入金アドレスをコピーし、続けて国内取引所のマイページにある出金画面に貼り付けましょう。

貼り付けた後は、送る仮想通貨の金額を入力して送金ボタンを押します。なお送金時は手数料が発生するため、全額を送らないようにするべきです。

ビットコインなどをBitDAOと交換する

BitDAO(ビッダオ)の購入方法_ビットコインなどをBITと交換する

Bybit公式サイトより)

仮想通貨の送金が終わったら、再びBybitの画面を開きBitDAOと交換します。トップページの上にある「トレード」から「現物取引」を選び、BitDAOを探した上で右側の画面で「買い」を選ぶ流れです。

あとは注文方法・数量を選んだり入力したりして、一番下のボタンを押せば完了します。

BitDAO(ビッダオ)で購入したBITの使い道3通り

BitDAO(ビッダオ)で購入したBITの使い道3通り
BitDAO(ビッダオ)をご紹介した流れに沿って購入したところで、できれば有効活用したいですよね。同通貨にはBITというトークンもあり、一緒に使えば多くのメリットをもたらしてくれます。

そしてBITの使い道は以下の3つです。

ガバナンス投票

BitDAO(ビッダオ)で購入したBITの使い道_ガバナンス投票

BitDAO(ビッダオ)のガバナンストークンBITは、まずガバナンス投票として利用できます。運営側の今後の方針・出資先の決定・新サービスなどについて、トークン保有者は投票による意思表示が可能です。

特に自分に深く関わりのある内容であれば、投票を通じて自身のメリットを生み出せます。

未上場の仮想通貨への投資(ローンチパッド)

BitDAO(ビッダオ)で購入したBITの使い道_未上場の仮想通貨への投資(ローンチパッド)

Bybit公式サイトより)

また未上場の仮想通貨への投資(ローンチパッド)もBITの有効な使い道です。仮想通貨は基本的に上場している銘柄だけを売買やステーキング・イールドファーミングなどで稼げるようになっています。

しかしBITによるローンチパッドは、未上場でも有望な銘柄に投資できる方法です。特に自分のこだわりがあるものや、将来大化けしそうなものであれば前向きに投資できます。

もし投資した銘柄が上場後に活発に取引されれば、資産価値も大きく上昇するでしょう。

ByFiセンターを利用した投資

BitDAO(ビッダオ)で購入したBITの使い道_ByFiセンターを利用した投資

Bybit公式サイトより)

他にもBybitのにあるByFiセンターの投資にも利用できます。ByFiセンターにトークンを預け入れることで、取引所側が自動的にステーキングなどで稼いでくれる仕組みです。

ユーザーとしては預け入れる操作だけすれば良いため、負担もほとんど掛かりません。しばらくしてから様子を見に来て、利益が大きくなったところで回収すれば大金さえも得られます。

発行してからのBitDAO(ビッダオ)のチャート動向

発行してからのBitDAO(ビッダオ)のチャート動向
仮想通貨BitDAO(ビッダオ)の取引をする際、価格の値動きはやはり気になりますよね。同通貨が上場してから現在に至るまでの価格推移をチャートから見ていきましょう。

2021年8月の発行開始直後から乱高下

BitDAO(ビッダオ)のチャート動向_2021年8月の発行開始直後から乱高下

CoinMarketCapより)

BitDAO(ビッダオ)が上場したのは2021年8月のことです。発行開始から10月までの間、乱高下が続くことになりました。

10月に入ってしばらくは200円前後で安定していました。しかし10月下旬になったところで高騰し始め、10月末には320円程度にまでなっています。

2021年11月中旬に350円程度を記録

BitDAO(ビッダオ)のチャート動向_2021年11月中旬に350円程度を記録

CoinMarketCapより)

BitDAO(ビッダオ)の価格は、11月に入った後も高止まりの傾向にありました。11月5日頃に1度290円程度にまで下落しましたが、以後は堅調に上昇しています。

11月中旬には350円程度にまで達し、現時点では史上最高値を記録しました。

2021年11月中旬以降は下落・2022年4月時点で150円台

BitDAO(ビッダオ)のチャート動向_2021年11月中旬以降は下落・2022年4月時点で150円台

CoinMarketCapより)

11月中旬に350円程度を記録した後は急落し、12月に入る頃には200円近くにまで落ちています。12月中はやや落ち着いており、200~220円程度で推移しました。

2022年に入ると、しばらくは220~250円程度と推移する範囲が少し高くなります。しかし1月下旬には200円を割り込むようになり、3月初旬には125円程度にまで下落しました。

ただ以降は上昇に転じており、4月時点では小刻みながらも160円前後で推移しています。

BiDAO(ビッダオ)の将来性は?実は全体的に明るめ

BiDAO(ビッダオ)の将来性は?実は全体的に明るめ

今後BitDAO(ビッダオ)で資産運用するのであれば、将来性は気になりますよね。実は同通貨の将来性は全体的に明るめです。

DeFi市場やBitDAO(ビッダオ)自体の発展度にかかっている

まずDeFi市場やBitDAO(ビッダオ)自体の発展度合いによって今後の未来は変わってくると考えるべきでしょう。同通貨自体、DeFi市場の活性化のために活動するプロジェクトが設けたものであるためです。

もしDeFi市場が今後とも発展すれば、BitDAO(ビッダオ)の知名度や注目度も増し、価格上昇に繋がっていきます。同時にバイナンスなど大手取引所に上場すれば、なおさら資産価値も増すでしょう。

基本的にDeFi市場は今後とも発展していく可能性が非常に高いです。BitDAO(ビッダオ)も支援を通じて市場の活性化に力を尽くすでしょう。DeFi市場との関わりから判断すれば、将来は明るいと言えます。

2025年時点で500円台という予想も

またBitDAO(ビッダオ)の将来価格についても、上昇していく予想を立てている投資家が多いです。2025年には少なくとも500円台に達していると考えられています。

先ほど見たように2022年4月現在では160円程度というのが現状です。しかし市場の展望や関わるプロジェクトなど多くの明るい話題を持っている分、500円台に達する予想も十分現実味があります。

世界各地の著名人も注目

さらにBitDAO(ビッダオ)は世界各地の著名人から熱い注目を浴びている存在です。海外ではPayPal創業者のピーター・ティール氏やイギリスの実業家ホワード・アラン氏などが投資に乗り出しています。

日本でも「青汁王子」として名高いインフルエンサー・三崎優太氏が投資している状況です。法人についても世界各国の企業が続々と投資に乗り出している分、同通貨の今後の動向からは目が離せません。

BiDAO(ビッダオ)にまつわるよくある質問

BiDAO(ビッダオ)にまつわるよくある質問
仮想通貨BitDAO(ビッダオ)のことを色々と調べたり知ったりすると、同時にいくつか疑問も出てきますよね。最後に同通貨にまつわるよくある質問をご紹介します。

BITとBybitコインは同じものなの?

トークンであるBITとBybitコインが同じものか異なるかは、公式には何も伝えられていません。むしろ上場から日が浅いため、正式な立ち位置がまだ決まっていない状況です。

ただ今後は両方が同一のものとみなされる可能性は十分にあります。いずれにしてもBitDAO(ビッダオ)関係の最新情報に対し、しっかりアンテナを張っておくと良いでしょう。

BitDAOが出資しているプロジェクトについて詳しく教えてください

BitDAO(ビッダオ)が出資する対象は、主に今後DeFi市場で大きく成長する見込みのあるプロジェクトです。今は上場さえしていないようなプロジェクトでも、有望と考えれば資金やノウハウなどを提供します。

加えてNFTやガバナンストークン関係の分野への支援にも前向きです。NFTもDeFi市場とともに今後発展する可能性が非常に高いため、いずれゲーム内でBitDAO(ビッダオ)を見かけるケースもあるでしょう。

BitDAOを扱う際のガス代(手数料)はいくらくらいですか?

BitDAO(ビッダオ)のガス代(手数料)は市場の動向によって変動するため、時期によって異なります。例えば2021年10月時点では10ドル(約1,300円)程度でした。

最新の手数料は各取引所の取引画面に掲載されているため、折を見てまめにチェックしておくと良いでしょう。

BitDAOで取引する際に分からないことはどこに聞くべき?

もしBitDAO(ビッダオ)の取引で分からないことがある時は、発行しているBybitの窓口に問い合わせられます。画面右下に黄色地にイヤホンマークが描かれたボタンを押せば、チャットにアクセス可能です。

オペレーターに繋いだ場合でも日本語で対応してもらえるため、心配はありません。

まとめ

今回は仮想通貨BitDAO(ビッダオ)の購入方法を、特徴・将来性・価格推移などとともにご紹介しました。基本的には国内の取引所でビットコインなどを買い、Bybitに送金して交換する流れです。

BitDAO(ビッダオ)はDeFi市場で有望なプロジェクトやNFT分野を支援しています。将来市場が活性化して支援した銘柄が成長すれば、大きく価格が伸びるでしょう。

世界各地の著名人・企業も注目している点でも将来性が抜群な銘柄です。現在が最も価格の安い状況でもあるため、今のうちに買って将来に備えると良いでしょう。

▼その他話題の仮想通貨はこちら

あわせて読みたい
【仮想通貨】BANANA(バナナコイン)とは?買い方や将来性を解説 仮想通貨と聞くとビットコインやイーサリアムをイメージする方も多いですよね。せっかく仮想通貨を買うのであれば、将来性が抜群に高いものを選んでみませんか。 数多い...
あわせて読みたい
テンセット(10set/TENSET)とは?買い方や将来性を全解説【仮想通貨】 「仮想通貨」と聞くとビットコインやイーサリアムを連想しますよね。同時に将来大きく稼げるイメージを抱く方もいるでしょう。 仮想通貨の1つであるテンセット(10set/T...
あわせて読みたい
仮想通貨IMX(Immutable X)とは?買い方や将来性も解説 数多い仮想通貨の中から買うものを選ぶのに悩む方もいますよね。もし悩んでいるのであれば、IMX(Immutable X)はいかがでしょうか。 IMXは最先端のブロックチェーン技...
あわせて読みたい
柴犬コイン(SHIBAINU/SHIB)とは?買い方や将来性を徹底解説【仮想通貨】 最近では仮想通貨の知名度も増し、資産形成の有効な手段となってきています。ただ仮想通貨も種類が何百種類もあるため、選ぶのが大変に感じられますよね。 もし仮想通貨...
あわせて読みたい
仮想通貨センズ(CENNZ/セントラリティ)とは?将来性や買い方を解説 仮想通貨で資産作りをしたり大儲けしたりする際、色々な銘柄を検討しますよね。銘柄の中で「センズ(CENNZ/セントラリティ)」を見かけ、気になる方もいるでしょう。 セ...
あわせて読みたい
仮想通貨XDC(XinFin)とは?買い方や将来性についても徹底解説 仮想通貨を使って資産形成したい方もいますよね。しかし仮想通貨の種類は非常に多いため、銘柄選びに悩む方もいるでしょう。 もし銘柄に悩んでいるのであれば、XDC(Xin...
あわせて読みたい
【黙っても増える】仮想通貨SafeMoon(セーフムーン)とは?買い方や将来性も紹介 仮想通貨にも様々な種類がありますが、持っているだけで報酬がもらえるというお得なものがあれば嬉しいですよね。黙っていても増える仮想通貨に「SafeMoon(セーフムー...
あわせて読みたい
【SNS×NFT】仮想通貨NAFT(Nafter)の特徴・買い方・将来性を徹底解説 日頃の生活の中でSNSを使いこなす方も多いですよね。「もしSNSの投稿で自由にお金を稼げるようになれば」と思ったことはありませんか。 NAFT(Nafter)はSNSとNFTの組み...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる