【仮想通貨】BANANA(バナナコイン)とは?買い方や将来性を解説

仮想通貨と聞くとビットコインやイーサリアムをイメージする方も多いですよね。せっかく仮想通貨を買うのであれば、将来性が抜群に高いものを選んでみませんか。

数多い仮想通貨の中でも注目度が高まっているのが、BANANA(バナナコイン)です。もし同コインの特徴・買い方・将来性などを知れば、今後仮想通貨を運用する際に非常に有益になるでしょう。
本記事ではBANANA(バナナコイン)について、買い方や将来性にも触れながら解説していきます。

この記事を読むことで、バナナコインの基礎知識を完全に理解することができますよ。

目次

【話題急上昇中】仮想通貨BANANA(バナナコイン)とは?

【話題急上昇中】仮想通貨BANANA(バナナコイン)とは?

ApeSwap公式サイトより)

仮想通貨がブームになっているため、将来に備えて持っておきたいですよね。ただ仮想通貨には種類が非常に多いため、選ぶ際に苦労する方もいるでしょう。

数多くある中から「BANANA(バナナコイン)」を選ぶのも1つの選択肢です。同コインは「ApeSwap(エイプスワップ)」と呼ばれる取引所が発行しています。同取引所は世界でもなかなか規模が大きいです。

将来的には世界最大規模の取引所への上場も取り沙汰されているため、非常に高い将来性があります。

またステーキング(預け入れ)やイールドファーミングで稼げる分、保有するだけでもメリットが高いです。

仮想通貨BANANA(バナナコイン)の特徴5つを解説!何ができるの?

仮想通貨BANANA(バナナコイン)の特徴5つを解説!何ができるの?

ApeSwap公式サイトより)

BANANA(バナナコイン)についてより詳しく知りたい方もいますよね。同通貨には主に以下の5点の特徴が挙げられます。今後仮想通貨を持つことを考える際の参考にしてみてください。

世界で35位の規模を持つ分散型取引所ApeSwapが発行

BANANA(バナナコイン)を発行しているApeSwapは、世界でも35位の規模を持つ分散型取引所です。世界には数百もの仮想通貨取引所がある中、35位というのはかなり大きい規模を持っていることを意味します。

ApeSwap自体が現在急成長しているため、バナナコインも今後より取引の機会が増えたり、価格の大幅な上昇したりする点が期待できるポイントです。
仮想通貨で資産を作っておきたい場合に、ぜひおすすめでしょう。

そもそも分散型取引所(DEX)とは

「分散型取引所」とは何かが気になる方もいますよね。分散型取引所とは、仮想通貨の取引所の中でも中央の管理組織がないもののことです。DEX(Decentralixed Exchange)とも呼ばれます。

従来の取引所のような運営企業が仲介する形ではなく、ユーザー同士が直接取引できる点が最大の特徴です。代わりに特別なプログラムが仲介する分、スピーディーかつ安い手数料で取引できます。

仮想通貨の取引の際、手数料の高さや取引成立まで時間が掛かることが問題になりがちです。

しかし分散型取引所であれば従来の取引所の問題を克服できるため、今後の取引に気軽に活用できます。

青汁王子など大物有名人も注目・投資

バナナコインは大物有名人が注目したり投資先として選んだりしている点も魅力です。人気インフルエンサー・実業家として有名な青汁王子(三崎優太氏)も、3億円もの資金を投入しています。

他にもツイッター上でバナナコインにまつわる取引情報やつぶやきも日常的に多いです。一定数の人々が注目していることがうかがえるでしょう。
取引所自体も成長傾向にあるため、有名人を中心に多くの人に注目されている存在となっています。

ステーキングでお金を増やせる

BANANA(バナナコイン)を使って稼ぐ場合、具体的な方法が気になりますよね。同通貨を利用する際の基本的な稼ぎ方が「ステーキング」です。

ステーキングを活用する際、自身が現在保有しているバナナコインを取引所(ApeSwap)に預けます。取引所としても、通貨を預けてもらうことで今後の円滑な取引に必要な量を確保できる点でメリットです。

そして預けたユーザーには、取引所から運営に協力してくれたお礼として報酬がもらえます。手持ちのコインを預け入れて取引所に貢献する形になる分、持っているだけで稼げる仕組みです。

ちなみに預けた際の年利は100%となります。実は報酬として受け取れる銘柄はバナナコイン以外にも選べる点も特徴です。

中にはバナナコイン以上に年利がより高い通貨もあるため、より多く稼げます。

イールドファーミングも可能

ステーキング以外にも「イールドファーミング」と呼ばれる稼ぎ方もおすすめです。バナナコインと他の1銘柄を組み合わせて預ける仕組みで、「流動性の提供」とも呼ばれています。

取引の活発化や仮想通貨の価値の向上に貢献するため、取引所からは報酬として金利や手数料収入を得られる仕組みです。預けた際に発行されるLPトークンを改めて預けることで報酬を受け取れます。

仮想通貨BANANA(バナナコイン)とゴールデンバナナの違いは?

仮想通貨BANANA(バナナコイン)とゴールデンバナナの違いは?

ApeSwap公式サイトより)

BANANA(バナナコイン)について調べたり、実際に運用したりすると「ゴールデンバナナ」というワードを見聞きすることが多いです。両者の違いは何なのでしょうか。

ゴールデンバナナはBANANAのガバナンストークンです。ガバナンストークンとは取引所運営に関われるトークンを指します。今後の取引所の戦略や開発するコンテンツの投票に使われるものです。
そしてゴールデンバナナを長期間保有していれば、運営側から様々な優遇措置を受けられます。いわば株主優待のようなものです。

仮想通貨BANANA(バナナコイン)の購入方法5ステップ

仮想通貨BANANA(バナナコイン)の購入方法5ステップ

仮想通貨BANANA(バナナコイン)を買うことを考えていても、具体的な手順がよく分からない方もいますよね。以下の5つのステップに沿って同コインの買い方をご紹介しましょう。

国内の仮想通貨取引所で仮想通貨を買う

国内の仮想通貨取引所で仮想通貨を買う

コインチェック公式サイトより)

まず国内の仮想通貨取引所でビットコインなどの仮想通貨を購入します。日本の取引所ではバナナコインは直接購入できないため、一度別の仮想通貨を買ってから交換する流れになります。

国内の取引所であればコインチェックが良いでしょう。扱っている通貨の種類が18種類とトップクラスの規模で、最低500円から気軽に購入できます。

\ 国内ダウンロード数No.1 /

海外の仮想通貨取引所で口座を開設・仮想通貨を送金

海外の仮想通貨取引所で口座を開設・仮想通貨を送金

バイナンス公式サイトより)

国内の取引所で仮想通貨を購入したら、次に海外の仮想通貨取引所に送金しましょう。送金時に口座がない場合は、先に口座を開設します。

海外の仮想通貨取引所は数多くありますが、世界最大規模のバイナンスがおすすめです。日本語にも対応しているため、初心者や英語が苦手な方でも比較的楽に利用できます。

口座を開設したら、送金先取引所で入金アドレスをコピーしましょう。そして国内の取引所に戻ってアドレスを貼り、金額を入力して送ります。なお手数料もかかるため、全額は送らないようにするのが賢明です。

送金後にBNB(バイナンスコイン)を購入

送金後にBNB(バイナンスコイン)を購入

海外の取引所に送金したら、送り先でBNB(バイナンスコイン)を購入します。バイナンスのマイページにログインし、ダッシュボードでトレード・コンバートを続けて選択しましょう。

コンバートまで進んだら振替元の仮想通貨の種類を送金したものに切り替えます。一方振替先はBNBを選びましょう。あとは交換額を選んで進めばBNBを入手できます。

MetaMaskウォレットの作成・BNBを送金

MetaMaskウォレットの作成・BNBを送金

MetaMask公式サイトより)

BNBを入手した後は、MetaMaskなどのウォレットを作成しましょう。バナナコインに交換する際、ウォレットを読み込む必要があるためです。

アカウントを作成したら設定画面でネットワークを選び、BSCネットワークを接続します。接続が完了すればBNBをウォレットに送金できる仕組みです。

Ape SwapでBNBとBANANA(バナナコイン)を交換

Ape SwapでBNBとBANANA(バナナコイン)を交換

ApeSwap公式サイトより)

ウォレットにBNBを導入したら、いよいよバナナコインとの交換に移ります。まずApe Swapを開いて、「Exchange」を選びましょう。

次に移動先ページの右上にある「CONNECT」ボタンを押します。するとウォレットの一覧が出てくるため、自身がBNBを入金したウォレットを接続しましょう。

接続に成功すると、Exchangeページ(今開いているページ)でBNBとバナナコインの交換ができるようになります。手数料の分などを残した額を入力して「SWAP」を押せば完了です。

仮想通貨BANANA(バナナコイン)でうまく稼ぐ方法2つ

仮想通貨BANANA(バナナコイン)でうまく稼ぐ方法2つ

仮想通貨BANANA(バナナコイン)を使ってうまく稼ぐ方法に、ステーキングとイールドファーミングがあります。同コインで稼ぎたいのであれば、前もって手続きを行う方法は知っておきたいですよね。

Ape Swapでのステーキングやイールドファーミングの手順をご紹介します。

ステーキングの方法

仮想通貨BANANA(バナナコイン)でうまく稼ぐ方法_ステーキング

ApeSwap公式サイトより)

ステーキングを行うには、まず「Stake」で「Pools」を選びましょう。なおステーキングの際はウォレットと接続しておきます。接続してあれば「BANANA Pool」の「Approve BANANA」を押しましょう。

押した後のトランザクションが完了したら+ボタンを押し、預け入れる量を入力します。最後に確認して問題なければ「Confirm」を押して終了です。

イールドファーミングの方法

仮想通貨BANANA(バナナコイン)でうまく稼ぐ方法_イールドファーミング

ApeSwap公式サイトより)

イールドファーミングを行うには、まずApe Swapのサイトで「Exchange」を選びます。「Exchange」を選んで先に進んだら、上側の「SWAP」の右側にある「LIQUIDITY」を押して切り替えましょう。

なおイールドファーミングでもウォレットが必要になります。ウォレットと接続してあるか確認し、接続してあれば「+ADD LIQUIDITY」を押してください。

さらに入れたいトークンのペアを選んだ上で金額を入力しましょう。「Approve」を2回押せばLPトークンがもらえます。続けて上の「Stake」から「Banana Farms」に進み、先ほどのペアを選べば完了です。

なお増えたトークンを刈り取る際は、「Harvest」を押します。

仮想通貨BANANA(バナナコイン)の将来性は高い?今後に関する5要素

仮想通貨BANANA(バナナコイン)の将来性は高い?今後に関する5要素

仮想通貨BANANA(バナナコイン)を本格活用する際、将来性が気になる方も多いですよね。同コインの今後予想される動向や将来性を解説します。

今後バイナンス上場の可能性が極めて高い

まずBANANA(バナナコイン)は、今後バイナンスに上場する可能性が極めて高いです。同コインは2021年の7月にバイナンスから「MVB」に選ばれました。

「MVB」は今後将来性のあるDeFiプロジェクトを選出するものです。選ばれたプロジェクトは、将来性に加えてセキュリティや取引の活況さの面でも優れているとみなされます。

そして同じくMVBに選ばれたALPACAコインが、翌月にはバイナンスの上場を果たしました。以上のことからBANANA(バナナコイン)も上場する可能性が高いと考えられています。

バイナンス上場が実現すれば急騰の可能性も十分ある

もしBANANA(バナナコイン)がバイナンスへの上場を実現すれば、同コインの価格は大幅に上昇する可能性も高いです。バイナンスは仮想通貨取引所でも世界最大の規模を誇るためです。

そしてバイナンスに上場を果たした仮想通貨は、ほぼ例外なく価格が急騰します。今後同コインがバイナンスに上場するタイミングや動向からは目が離せません。

ApeSwapも成長基調

BANANA(バナナコイン)を発行しているApe Swapも成長基調にあります。時期によって世界の取引所ランキングでも上位に入ることもあるためです。

特に2021年5月には2位や10位など極めて上位に入ったこともあります。また最初に見たように、青汁王子などの著名人にも注目されている存在である点も成長性が抜群である証拠です。

ApeSwapも活発に情報発信中

またApeSwapでは日常的に活発な情報発信を行っています。公式サイトやTwitter公式アカウントでもまめに情報が更新されているため、ユーザーも最新情報を入手しやすいです。

同時に最新動向やトラブル関係も含めて情報発信が積極的であれば、ユーザーからも安全な取引所とみなされます。危険な取引所はトラブル発生の際に黙秘を貫きやすいためです。
日頃から情報発信に努めているため、多くのユーザーから支持される分、今後も取引が活発になっていくでしょう。

Twitterでもコアなファンが多い

なおBANANA(バナナコイン)やApeSwapは、Twitter上でもコアなファンの多さが目立ちます。タイムライン上でよく話題になっているほどで、核となるファンがいる分取引所が維持される可能性も高いです。

加えてBANANA(バナナコイン)をフォロワーに配布しているユーザーまでいます。情報交換も盛んに行われていることもあるため、今後とも活況を呈するでしょう。

まとめ

まとめ

今回は仮想通貨BANANA(バナナコイン)について、買い方や将来性に触れつつご紹介しました。ステーキングやイールドファーミングなどで増やせるとともに、有名人にも注目されています。

今後もバイナンス上場の可能性が高かったり、取引所自体が安心できる要素があったりする点で将来性も高いです。価格上昇の可能性も十分にある分、今後とも注目すべき通貨と言えます。

長期的に考えて資産形成の面でメリットが多いため、興味が湧いたのであれば買ってみても良いでしょう。

▼その他話題の仮想通貨はこちら

あわせて読みたい
テンセット(10set/TENSET)とは?買い方や将来性を全解説【仮想通貨】 「仮想通貨」と聞くとビットコインやイーサリアムを連想しますよね。同時に将来大きく稼げるイメージを抱く方もいるでしょう。 仮想通貨の1つであるテンセット(10set/T...
あわせて読みたい
BitDAO(ビッダオ)の購入方法は?将来性についても解説【仮想通貨】 仮想通貨がブームになっている昨今ですが、仮想通貨で資産を増やしたい方もいますよね。中にはBitDAO(ビッダオ)を買うことを考えている方もいるでしょう。 BitDAO(ビ...
あわせて読みたい
仮想通貨IMX(Immutable X)とは?買い方や将来性も解説 数多い仮想通貨の中から買うものを選ぶのに悩む方もいますよね。もし悩んでいるのであれば、IMX(Immutable X)はいかがでしょうか。 IMXは最先端のブロックチェーン技...
あわせて読みたい
柴犬コイン(SHIBAINU/SHIB)とは?買い方や将来性を徹底解説【仮想通貨】 最近では仮想通貨の知名度も増し、資産形成の有効な手段となってきています。ただ仮想通貨も種類が何百種類もあるため、選ぶのが大変に感じられますよね。 もし仮想通貨...
あわせて読みたい
仮想通貨センズ(CENNZ/セントラリティ)とは?将来性や買い方を解説 仮想通貨で資産作りをしたり大儲けしたりする際、色々な銘柄を検討しますよね。銘柄の中で「センズ(CENNZ/セントラリティ)」を見かけ、気になる方もいるでしょう。 セ...
あわせて読みたい
仮想通貨XDC(XinFin)とは?買い方や将来性についても徹底解説 仮想通貨を使って資産形成したい方もいますよね。しかし仮想通貨の種類は非常に多いため、銘柄選びに悩む方もいるでしょう。 もし銘柄に悩んでいるのであれば、XDC(Xin...
あわせて読みたい
【黙っても増える】仮想通貨SafeMoon(セーフムーン)とは?買い方や将来性も紹介 仮想通貨にも様々な種類がありますが、持っているだけで報酬がもらえるというお得なものがあれば嬉しいですよね。黙っていても増える仮想通貨に「SafeMoon(セーフムー...
あわせて読みたい
【SNS×NFT】仮想通貨NAFT(Nafter)の特徴・買い方・将来性を徹底解説 日頃の生活の中でSNSを使いこなす方も多いですよね。「もしSNSの投稿で自由にお金を稼げるようになれば」と思ったことはありませんか。 NAFT(Nafter)はSNSとNFTの組み...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる