仮想通貨APENFT(NFT)とは?特徴・将来性・買い方も解説

悩む女性

仮想通貨APENFT(NFT)って何?特徴や細かな情報について知りたいな。

こんな悩みに答えます。

近年「NFT」について見たり聞いたりする方も多いですよね。中にはNFTに関係する仮想通貨もあり、注目度が高いのが仮想通貨APENFT(NFT)です。

同通貨は専用のプラットフォームにてNFTアートの出品や取引が気軽にできます。NFTは高い価値が付きやすいため、同通貨についてはぜひ知っておくと良いでしょう。

そこで本記事では仮想通貨APENFT(NFT)の特徴・買い方・将来性などを解説していきます。

この記事を読むことで、仮想通貨APENFT(NFT)の基本情報を完全に理解することができますよ。

目次

仮想通貨APENFT(NFT)とは?特徴3つを紹介

仮想通貨APENFT(NFT)とは?特徴3つを紹介

APENFT公式サイトより)

2021年の終わり頃から「NFT」という言葉をニュースなどで見聞きしたことがある方もいますよね。NFTは仮想通貨と密接に関わっており、中には仮想通貨を使ってNFT取引ができるサービスも増えています。

仮想通貨APENFT(NFT)はNFT取引に関わる仮想通貨の1つです。アート作品を簡単にNFTにして取引できるため、気軽に大儲けできるチャンスにも恵まれています。

同通貨を使いこなすには、特徴をしっかり理解しておくと便利です。主に以下に挙げる3点の特徴があります。

イーサリアムとトロン(TRON)の両ブロックチェーンに構築

仮想通貨APENFTは、イーサリアムとトロン(TRON)の両ブロックチェーンに構築された通貨です。NFT取引を行う際、プラットフォームの処理能力の高さが欠かせません。

最近ではイーサリアムの需要が高まっていることもあり、処理の遅さが頻繁に問題になっています。APENFTではイーサリアムに加えてトロンのブロックチェーンも活用することで、処理の多さに対応できる仕組みです。

トロンブロックチェーンは1秒で2,000回の取引を処理できるため、NFT取引に対しても高速で処理する性能があります。高速処理を実現しているおかげで取引時の手数料(ガス代)も比較的安いです。

手軽にアート作品のNFT取引ができるプラットフォーム

仮想通貨APENFT(NFT)は手軽にアート作品のNFT取引ができるプラットフォーム

APENFT公式サイトより)

また仮想通貨APENFTが使えるプラットフォームは、アーティストのアート作品を手軽に取引できます。運営主体の事業は、芸術活動の投資・ギャラリーへの資金援助・美術展の企画などと様々です。

仮想通貨もプラットフォームの取引で使えるため、アートに関わる人々にとっては非常に便利に使えます。アーティスト側にとっても自らの作品を展示・販売する場として活用できる点でメリットです。

もちろんアーティスト以外の方でも、自分で仕上げた作品をNFTとして売り出せます。NFTは複製不可能であるため、作品が魅力的とみなされれば高く売れることも夢ではありません。

NFTアートについてさらに知りたい方は下記の記事で詳しく解説していますので、参考にしてみてくださいね。

トロン(TRON)の所有者へのエアドロップの実施

仮想通貨APENFT(NFT)はトロンのブロックチェーンを活用していることもあり、仮想通貨トロン(TRON)を持っている人向けのエアドロップも行われています。

エアドロップとは、条件に合う人が仮想通貨を無料でもらえる催しです。APENFTの場合、TRONトークンを100枚以上保有していれば同通貨のトークンであるNFTトークンをもらえます。

エアドロップは条件に当てはまっていれば、自身の資産を増やすチャンスです。将来価値が大きく上昇した際に大金を得られる場合がある点でも魅力的と言えるでしょう。

仮想通貨APENFT(NFT)の買い方・購入方法3ステップ

仮想通貨APENFT(NFT)の買い方・購入方法3ステップ

仮想通貨APENFT(NFT)はアートをNFTとして売る際に欠かせない通貨です。NFTで大儲けしたい場合、ぜひ同通貨を購入する方法は知っておきたいですよね。

同通貨を購入するには、以下の3ステップに沿って進めていきます。

国内の仮想通貨取引所でビットコインなどを購入

仮想通貨APENFT(NFT)の買い方・購入方法_国内の仮想通貨取引所でビットコインなどを購入

コインチェック公式サイトより)

仮想通貨APENFT(NFT)を購入するには、まず国内の仮想通貨取引所でビットコインなどの購入が欠かせません。APPNFTは国内の取引所では扱っていないため、一度別の通貨を買ってから海外取引所で交換します。

仮想通貨取引所を利用する際、事前に口座開設も必要です。おすすめの取引所はコインチェックで、国内で最も知られているとともに、初心者にとっても操作しやすい画面構成になっています。

口座を開設したら、日本円を入金しましょう。入金手続きが完了したら、購入したい通貨の画面に移動して欲しい量を入力します。間違いがないか確認した上で購入ボタンを押せば手続き完了です。

\ 国内ダウンロード数No.1 /

Gate.ioなど海外の仮想通貨取引所に送金

仮想通貨APENFT(NFT)の買い方・購入方法_Gate.ioなど海外の仮想通貨取引所に送金

Gate.io公式サイトより)

国内の取引所で仮想通貨を購入したら、海外の取引所に送金します。海外の取引所も事前に口座開設が必要となるため、忘れずに手続きしておきましょう。

仮想通貨APENFT(NFT)を扱う取引所はいくつかありますが、中でもGate.ioがおすすめです。扱う仮想通貨の数は900種類を超えているとともに、セキュリティの高さでも定評があります。

送り先の取引所を決めたら、入金アドレスをコピーしましょう。そして国内取引所のウォレットを開け、出金画面にアドレスを貼り付けます。送る通貨の種類を選び金額を入力したら、手数料を確認した上で送る流れです。

海外の取引所でAPENFT(NFT)を購入

仮想通貨APENFT(NFT)の買い方・購入方法_海外の取引所でAPENFT(NFT)を購入

Gate.io公式サイトより)

海外取引所への送金が終わったら、いよいよAPENFTと交換します。基本的には各取引所のトレード画面を開き、交換する通貨の種類を選んで金額を入力する仕組みです。

ただし前もってUSDTへの交換が必要になるケースがあります。交換手続きの前にAPENFTを検索した際、表示されない場合はUSDTに交換しましょう。

交換できる条件が整ったら、交換する通貨を選び金額を入れます。最終画面で手数料も確認して問題なければ、交換ボタンを押しましょう。

仮想通貨APENFT(NFT)の今後・将来性は?

仮想通貨APENFT(NFT)の今後・将来性は?

NFTアートに深く関係する仮想通貨APENFTを使って資産運用やNFT取引を行う際、同通貨の将来性に関心が出てきますよね。同通貨の将来性は、以下の3つから見てポジティブに考えられるでしょう。

仮想通貨(暗号資産)やNFT市場の拡大で価格上昇が見込める

まず仮想通貨(暗号資産)やNFT市場の拡大によって価格上昇が見込めます。仮想通貨は2017年に最初のブームが訪れて以来、徐々に普及してきました。今後一層の普及が予想されるため、APENFTの価値を押し上げるでしょう。

加えてNFTも2021年末頃から一般に知られるようになったばかりです。今後本格的な普及が始まっていく中、NFTアート取引ができる同通貨の需要が高まっていくことは確実です。

仮想通貨やNFT市場の取引や取り扱いの機会が増すにつれて、仮想通貨APENFTが使われる頻度も増していくでしょう。必要性が増していく分、同通貨の価格が上昇していく可能性は高いです。

2023年までのエアドロップで人気が向上する可能性も

また仮想通貨APENFTについては、2021年6月からトロントークン保有者向けにエアドロップを行っています。ユーザーはエアドロップを通じて、コストやリスクに関係なくトークンをもらえる点でお得です。

同通貨のエアドロップは2023年まで行われる予定になっています。バイナンスとHuobi Japanで配布しており、特にバイナンスは世界最大の取引所であるため、多くのユーザーの目に触れるでしょう。

エアドロップを通じて人気が出てきたり知名度が上昇したりすれば、APENFTの価値上昇にも繋がります。仮想通貨やNFTのユーザーの増加と合わせて注目すべき要素でしょう。

今後バイナンスに上場する見込み

仮想通貨APENFT(NFT)の将来性_今後バイナンスに上場する見込み

バイナンス公式サイトより)

仮想通貨APENFT(NFT)は、今後バイナンスへの上場も予定しています。バイナンスは仮想通貨を扱う取引所では世界最大規模です。同時にバイナンスの上場が各銘柄にとって非常に重要な課題にもなっています。

一方でバイナンスへの上場は審査が非常に厳格であることで有名です。ただ審査が厳しい分、上場した仮想通貨は例外なく価格が大きく上昇しています。

もしAPENFTが上場に成功すれば、価格も大きく上昇するでしょう。上場する予定があるという情報が出回っている分、今のうちに購入しておくのがおすすめです。

仮想通貨APENFT(NFT)の価格推移・チャート

仮想通貨APENFT(NFT)の価格推移

仮想通貨APENFT(NFT)を今後購入したりNFT取引に使ったりする際、同通貨の価格の変化は非常に気になりますよね。同通貨が上場した2021年5月から現在に至るまでの価格推移やチャートを見ていきましょう。

2021年5月の上場後乱高下が続く

仮想通貨APENFT(NFT)の価格推移・チャート_2021年5月の上場後乱高下が続く

CoinMarketCapより)

仮想通貨APENFTが上場したのは2021年5月21日です。約0.00046円からスタートした同通貨の価格は、以降しばらくは乱高下しながら変化していきました。

そして7月20日には0.00017円台まで値を下げますが、8月には0.00025~0.0003円の間で推移しています。

2021年9月に0.0007円台を記録

仮想通貨APENFT(NFT)の価格推移・チャート_2021年9月に0.0007円台を記録

CoinMarketCapより)

仮想通貨APENFTの価格は9月に入ってから急速に上昇しました。2日に約0.00028円だったものが5日に0.00081円にまで上昇しています。3日間で4倍もの上昇幅です。

急速に上昇した同通貨の価格は7日にかけて下落しました。しかし25日近くまで0.0004~0.0005円の間を推移しており、以前に比べて高い状況でした。25日から月末にかけては、9月以前の水準にまで下がっています。

2021年10月~2022年1月は高止まり傾向

仮想通貨APENFT(NFT)の価格推移・チャート_2021年10月~2022年1月は高止まり傾向

CoinMarketCapより)

仮想通貨APENFTの価格は10月に入ると再び上昇に転じました。5日以降は0.00035~0.00045円の間で変動するほどまでになっています。

そして10月の終わり頃になるとさらに大きく上昇し、30日には9月以来の0.0007円を記録しました。以降は乱高下が見られましたが、12月に入ってからは概ね0.0003~0.0004円で推移するようになります。

2022年2月以降は下降気味

仮想通貨APENFT(NFT)の価格推移・チャート_2022年2月以降は下降気味

CoinMarketCapより)

仮想通貨APENFTの価格は2022年に入っても前年と同水準で推移していました。しかし1月の終わり頃から下がり、3月には0.00018円前後にまで落ち込みました。

3月の後半から4月には0.0002円前後にまで回復しましたが、5月に入ってからは市場全体の後退の影響で大きく下がっています。5月末の段階で約0.0001円程度となっているため、最大の買いチャンスとも言えるでしょう。

まとめ

仮想通貨APENFT(NFT)のまとめ

今回は仮想通貨APENFT(NFT)について色々と見てきました。気軽にNFTアートの出品や取引に使えるコインであるため、今後仮想通貨やNFTの普及に応じて注目されたり価格が上がったりする点が期待できます。

大手の取引所に多く上場しているとともに、今後バイナンスに上場する予定もある点も注目すべき点です。着実に上場先を増やしている点でも信頼性が高いでしょう。

APENFTは今後に向けて持っておくと大きく稼げる可能性も十分あります。気になるのであれば購入を考えてみても良いでしょう。

最後になりますが、近年メタバースやDefiなど、さらに新しい領域で仮想通貨の市場が拡大していくと考えられます。

ぜひメタバースやDeFi関連の記事も参考にしてみてくださいね。

仮想通貨APENFT(NFT)のよくある質問

仮想通貨APENFT(NFT)の発行枚数や時価総額は?

仮想通貨APENFTの発行枚数は、2022年5月末現在で999兆枚です。流通している枚数も同じく999兆枚となっています。

一方時価総額は約272億円です。時価総額ランキングでは133位となっており、数千種類ある仮想通貨の中ではかなり上位に位置しています。

仮想通貨APENFT(NFT)を扱う取引所はどこですか?

仮想通貨APPNFTを扱う主要な取引所は「Gate.io」「KuCoin」「Huobi Global」「Poloniex」「Bithumb」「Bybit」「Pancake Swap」などです。

Gate.io・Pancake Swap・Poloniexなど世界的に知名度のある取引所にも多く上場しています。バイナンスに上場する予定もあるため、今後目が離せない仮想通貨と言えるでしょう。

そもそも「NFT」とは何ですか?

「NFT」は正式には「Non-Fungible Token」と言い、日本語に直すと「非代替トークン」です。ブロックチェーンに記録されるデジタルデータであるため、第三者が複製できないようになっています。

複製ができない特徴によって唯一無二の価値が付くため、高い値になりやすいです。近年ではメタバースやNFTゲーム内のアイテム・土地・アートなどをNFTにして仮想通貨で取引することで、新たなビジネスが生まれています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる