Amazonでペイペイ(PayPay)は使えない、1番お得な支払い方法まで解説

アマゾンでPayPayが使えるか検証

「Amazonでペイペイが使えたら良いのにな…」と、お考え中ですね。

結論として、21年現在、AmazonではPayPayを使えません

ですが、PayPayは還元率が下がったので、還元率1.0%〜のクレカの方が得をするのはご存知でしょうか。

本記事では、Amazonで1番お得な決済方法まで分かるので参考にして下さい。

みんなの教科書
大手クレジットカード会社の審査部門→個人・法人の営業マンとして働くも、利益優先の体質に違和感を感じ、いまは当サイトを通じて「1番お得で、分かりやすい情報」を届けている。

Amazonでよりお得に買い物をするのであれば、JCBカードWがおすすめです。

JCBカード Wの口コミと評判

こちらは、Amazonのショッピングで利用するのであれば通常の2倍のポイント還元がデフォルトで通常よりも高い還元率となっていますが、12月7日までの入会キャンペーンを利用すれば、利用額の最大1万円がキャッシュバックされます。

審査自体も、非常に早く当サイトで実際に申込を行ったところ審査回答までわずか3分で返答がありました。

JCBカードでは屈指の高還元率カードなので、このキャンペーンを利用しお得にAmazonでショッピングを行いましょう。

またすぐにAmazonで決済出来るカードを利用したいという方であれば三井住友カード(NL)の利用がおすすめ。

三井住友カードナンバーレス

デジタルカード発行が最短5分で可能で、申込後、最短5分程度でカード番号とスマホ決済登録が可能なのでAmazonのショッピングを行うことができます。

Amazonの還元率はいつものお店登録をしておけば、通常の還元率に最大4%ほどプラスされて還元されるためよりお得に買い物をすることができます。

みんなの教科書
今すぐにAmazonでショッピングをしたいという方は三井住友カード(NL)を利用されると良いでしょう。

1.現状、アマゾンでペイペイは使えない。。

2021年現在、Amazonでペイペイを使って支払いはできません。実際にアマゾンで購入をしてみて、検証したので間違いありません。

アマゾンでペイペイは使えない。※実際にAmazonで購入して検証した画面

そのため、アマゾンで買い物するときは他のキャッシュレス決済を選ぶ必要があります。

ただ、そもそもの話、PayPayは改悪によって、実はお得じゃないのはご存知でしょうか。たくさん利用すれば最大1.5%の還元を受けられるものの、大半の人が損をする内容です。

PayPayの還元率

ご覧のように、ペイペイって還元率が0.5%〜と低いんです。還元率をUPさせるには50回の利用、さらには月10万円を使わなければいけません。。

実際にペイペイを毎日使っている私ですが、この還元サービスはかなり悪いと実感しています。

そのため、PayPayはアマゾンで使えるようになっても基本おすすめできませ

※Yahoo! JAPANの対象サービスとは

ヤフーニュース、ヤフオク!、ヤフートラベル、ebookjapan、ヤフーショッピング、ヤフー占い、LOHACO、PayPayモール、ヤフーゲーム、PayPayフリマ、GYAO!ストア

アマゾンはクレジットカード決済が1番お得!

Amazonの支払いはオリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールドが1番お得です。なぜなら、常に2.5%という驚異的な還元を受けることができるから

手順としては、オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールドで1.0%還元+オリコモールという専用サイトを経由して+1.5%還元ですね。これで合計2.5%還元です。

ちなみに、経由といっても非常にカンタンでこんな感じです。

オリコモールの使い方

このように専用サイトでアマゾンと検索して公式サイトに移動するだけでOKです。

オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールドは年会費も1,806円と安く経済的な負担も少ないので、気になったら早速キャンペーンページから申し込みましょう!

しかしオリコやアマゾンのクレカは年会費がかかる…

オリコカードは非常にお得だと解説しましたが、オリコカードやアマゾンのクレカは年会費がかかってしまいます。

オリコカードAmazonクラシックAmazonゴールド
オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールドの評判Amazon MasterCardクラシックの評判Amazon MasterCardゴールドの評判
年会費1,806円1,250円1万円
還元率1.0%〜1.0%〜1.0%〜
amazon2.5%1.5%2.5%

年会費は経済的な負担になるので、冒頭で解説したように、年会費が無料であるJCBカードW三井住友カード(NL)を利用した方が負担は少ないと言えるでしょう。

JCBカード Wの口コミと評判

JCBカードのデザイン

JCBカード Wの基本情報一覧

【年会費】無料
【ETCカード】無料
【家族カード】無料
【申込資格】18〜39歳まで
【審査】自信がない人でも問題なし
【還元率】1.0%~(1,000円ごと)
【付帯保険】海外保険とショッピング保険
【詳しい内容】JCBカード Wの全知識
【キャンペーン】今なら10,000円キャッシュバック! 

\ 審査最短5分 /

クリックして確認してみる

 

三井住友カードナンバーレス

三井住友カードナンバーレスのデザイン

三井住友カード ナンバーレスの基本情報一覧

年会費:無料
家族カード:無料
ETCカード:無料
申し込み資格:18歳以上
審査について:審査最短5分
ブランド:VISA
還元率:0.5%〜
※コンビニなどの特約店で2.5%〜
ポイント:200円で1ポイント
キャンペーン:最大5,500円相当プレゼント

\ 審査最短5分 /

クリックして確認してみる

【キャッシュレス決済の真実について】

最近はキャッシュレス決済の情報が多いので誤解しやすいですが、PayPayやラインペイといったスマホ決済って還元率が0.5%〜と低く、特約店が基本的にないので実はそこまでお得じゃないんです。

ごらんのように、人気なクレジットカードなら還元率は常に1.0%〜、さらに使う場所を工夫すると還元率はどんどんUPします。

なので、支払いは基本的にクレジットカードが1番お得です。

みんなの教科書
前述したJCBや三井住友カードや高還元率で本当にお得なクレジットカードはこれだ!の記事で紹介しているクレカを選べば支払いで損をすることはありません。

2.Amazonでヤフーカードは基本的におすすめしない理由

普段からペイペイを使っている人は、Yahoo! JAPANカードってどうなんだろう…と、気になる人もいるかもしれません。

しかし、ヤフーカードはPayPayを使っている人もおすすめできません。なぜなら、PayPayのチャージで使っても別途還元を受けられず、ヤフーカード自体の還元サービスが悪いからです。

ヤフーカードのメリットデメリット

とくに、ヤフーカードは1会計毎にポイント付与しているのが大きな欠点です。

つまりヤフーカードは支払いするたびに1〜99円の端数が切り捨てられ、ポイントが中々貯まりにくい仕組みになっています。

なところ。ヤフーカードは100円につき1ポイント貯まるクレカですが決済するたびに1〜99円の端数がカットされるんです。

その点、大半のクレジットカードは月間利用金額に対してポイント付与。つまり端数の切り捨ては月1回なのでヤフーカードよりポイントが貯まりやすいです。

以上の理由から、Yahoo! JAPANカードはおすすめできません!

Yahoo! JAPANカードの基本情報一覧

年会費:無料
ETCカード:500円
家族カード:無料
入会資格:18歳以上
還元率:1,0%〜
ブランド:VISA・JCB・MasterCard
ポイント:100円ごと(1会計毎)
ポイント名:Tポイント
電子マネー機能:-
交換できるマイル:ANAマイル
支払日:月末締めの翌月27日払い
付帯保険:ショッピング保険

3.アマゾンの支払い方法

参考までに、アマゾンの支払い方法は何があるのか調査し、まとめました。

支払い方法可否
スマホ決済(d払いのみ)
クレジットカード(VISA・MasterCard・JCB・AMEX・Diners)
※Discover・銀聯ブランドは不可
デビットカード
プリペイドカード(LINE Payカード、キャッシュ、au PAY プリペイドカード、dカードプリペイド、ソフトバンクカードなど)
コンビニ払い(セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート、ミニストップ、サークルKサンクス、ヤマザキデイリーストア、デイリーヤマザキ、スリーエフ、セイコーマート)
ATM払い(ペイジー)
電子マネー(楽天Edy、SuicaiD、JCB PREMO)
キャリア決済(ドコモ、au)
Amazonギフト券
Amazonコイン
代金引換
※手数料がかかる
Paidy翌月払い
※手数料がかかる
ネットバンキング(住信SBIネット銀行、ジャパンネット銀行、じぶん銀行)
※手数料がかかる
ポイント払い(Amazonポイント)
スマホ決済(PayPay、ゆうちょPay、LINE Pay、楽天ペイ、atone、Code、Smart、au PAY、WeChat Pay、Alipay、K PLUS)×

調査した結果、アマゾンで使えるスマホ決済は現状d払いのみとなっています。

PayPayは使えないので前述したオリコカードで支払いするのが1番おすすめです。

※Amazonの支払い方法の変更については公式サイトのヘルプで解説されています。

4.Amazon以外の通販サイトでペイペイが使えるか調査してみた

参考までに、アマゾン以外のECサイトではペイペイが使えるのか調査し、まとめました。

PayPayの可否
ショッピーズ○(使える)
Yahoo!ショッピング
PayPayフリマ
PayPayモール
ZOZOTOWN
ヤフオク!
Amazon×(使えない)
メルカリ×
バイマ×
ココナラ×
au PAYマーケット×
楽天市場×
ラクマ×

このように、PayPayはソフトバンクグループのECサイトやZOZOTOWNで利用可能です。

やはりネット決済は競合も多いので、なかなか導入が難しいのかもしれません。

とはいえ、最近では、タクシーアプリのDiDi、出前のUber Eatsや出前館でも利用可能になったりとネットで使えるお店は続々と増えている印象です。

みんなの教科書
他にもPayPayが使える通販サイトは公式サイトのPayPayが使えるお店 / サービスで確認することができますよ。 

アマゾンの購入において「よくあるQ&A」

Q1.PayPayでAmazonギフト券は購入できる?

いいえ、PayPayでAmazonギフト券は購入できません。

Q2.PayPayのお得なキャンペーンについて

PayPayのキャンペーンは毎週のように入れ替わるので、PayPay公式サイトのキャンペーンページで最新の情報をチェックするのがおすすめです。

まとめ

AmazonはPayPayを使って支払いすることは現状できません。ですが、PayPayは改悪によって還元率が0.5%〜になったので、実はそんなにお得じゃないんです。

Amazonは2.5%の還元を受けられるオリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールドが1番お得ですが年会費がかかってしまいます。

年会費を払いたくないと感じている方は、年会費が無料であるJCBカードW三井住友カード(NL)を利用した方が負担は少ないと言えるでしょう。

SNSでもご購読できます
みんなの教科書
みんなの教科書の運営事務局
私達は、お金の無駄を省くプロの集団です。どの決済手段、お金を借りる方法を選ぶべきか迷っている人に、最もお得で後悔しない方法をお教えします。