騙されるな!イオンでペイペイ(PayPay)を使う前に知るべき全知識

スマホ決済

「イオンってPayPayは使えるの?」と、お調べ中ですね。

結論から言うと、20年現在、イオンでPayPayは利用できます

でも、それだけで安心しないでください!

なぜならPayPayって2020年4月に還元率がガクッと下がったんです。そのため、これからPayPayを使うときは対策をしないと損をしてしまいます。

本記事では、イオンで“最もお得な支払い方法”まで知ることができます

ぜひ、利用する前の参考にしてください!

1.イオンでペイペイは使える!

イオンでPayPayは使える!

2020年現在、イオンでPayPayを使うことはできます。実際に店舗に行って、お店を歩き回って検証したので間違いありません。

ただ、イオンに入っている全店舗でPayPayが使えるわけではありません。

イオンのPayPay導入状況photo by:https://www.aeon.jp/sc/yono/info/

こちらは埼玉県の店舗情報ですが、ペイペイは一部の店舗で利用可能と書かれています。

私が調査した店舗では食料品売り場でもペイペイが使えましたが、イオンではPayPayが使えない店舗もあると覚えておきましょう

2.注意!ペイペイは還元率が下がったので対策が必要

イオンでPayPayを使えば、支払いした金額×0.5%、たくさん利用している人は1.0%それか最大で1.5%の金額がPayPayの残高として還元されるというわけですね。

でも、騙されないでください!この還元サービスって実は微妙なんです

PayPayの還元率

表から分かるとおり、いまの還元率って0.5%しかないんです。還元率を上げるには50回利用、もしくは10万円の決済と、高いハードルをクリアしなければいけません

そのため、ペイペイを長く利用している人からは続々と不満の声が上がっています。

このように「ぜんぜん得した気分を得られない…」と不満に思っている人が多いです

そこで気付いたのは、月○回とか○万円の条件をむりやり達成しなくても、そもそも還元率の高いクレカを支払い先にした方がお得じゃん!というところ。

つまり、これからペイペイを使うときは残高にチャージして決済じゃなく、クレカを支払い先にして決済する方がお得なんです

Yahooジャパンの対象サービスとは…

ロハコ、PayPayフリマ、ヤフーニュース、ヤフオク!、Yahooショッピング、GYAO!ストア、PayPayモール、Yahoo!ゲーム、Yahoo!トラベル、ヤフー占い、ebookjapan

これからのペイペイはクレカを支払い先にして使うべき!

ペイペイは銀行口座やATMからチャージして使っても基本的に0.5%しか還元を受けられません。なので、人気なクレカを支払い先に設定して1.0%の還元を受ける方が良いです。

PayPayの支払い方法

ごらんのように、残高にチャージして決済は0.5%〜還元、クレカなら常に1.0%還です。

これなら、むりに還元率を上げようと使いすぎるがないので節約にも繋がります。

なので、これからは以下で紹介する還元率の高いクレカを支払い先にして使いましょう

※PayPayを使う上で注意してほしいのが、残高で支払いしないと対象外となるキャンペーンがあるところです。

最近ではお得なキャンペーンも減りましたが、もしキャンペーンを使うときは還元の条件も見るようにしてください。

おすすめのクレジットカード6選

PayPayの支払い先としておすすめの高還元率クレジットカードを6枚紹介します。

商品名リクルートカードJCB CARD Wdカード GOLDオリコカード プレミアムゴールド楽天カードビックカメラSuicaカード
順位4位5位6位
デザインリクルートカードのメリットと口コミJCB CARD Wのメリットと口コミdカード GOLDのメリットと口コミオリコカードのメリットと口コミ楽天カードのメリットと口コミビックカメラSuicaカードのメリットと口コミ
申し込み
総合評価★★★★★ / 4.9★★★★★ / 4.7★★★★★ / 4.6★★★★★ / 4.5★★★★★ / 4.3★★★★★ / 4.2
入会条件18歳以上18〜39歳迄20歳以上20歳以上18歳以上18歳以上
特徴還元率1.2%!特約店がたくさんドコモ料金10%還元タッチ決済で1.5%還元楽天市場は3.0%還元Suicaチャージで1.5%還元
還元率1.2%〜1.0%〜 1.0%〜 1.0%〜 1.0%〜 1.0%〜 
スマホ決済QUICPayQUICPayQUICPay、iDiD、QUICPayQUICPayQUICPay
審査
年会費無料無料1万円1,806円無料477円
ETCカード無料無料無料無料無料無料
家族カード無料無料1,000円無料無料
買い物保険
旅行保険
詳細

《 ← 左右にスクロールできます →》

これらは高還元率はもちろん、審査も通りやすく、使い勝手も良いと評判です。

また、上で紹介したクレカはQUICPay・iDに対応しているので、ペイペイが使えなくても、スマホ一つでサクッと支払いをすることが可能です。

つまり、持っていて損は絶対ないので、さっそく申し込みをおすすめします!

イオンで1番お得な決済方法は?

結論からいうと、イオンカードセレクトでオートチャージしたWAONで支払いが1番お得です。なぜなら常に1.5%、毎月10日は3.0%の還元を受けることができるから

イオンカードセレクトのメリットと評判

このように、還元率は1.5%、ありが10デー(毎月10日)は還元率3.0%と驚異的です。

こちらはイオン系列のマックスバリュやダイエーなどでも同じ還元を受けられるので、よくイオン系列で買い物する人は、ぜひ申し込みを検討してください!

以下に、基本情報をまるっとまとめました。

イオンカードセレクトの基本情報一覧

イオンカードセレクトのメリットや口コミ

年会費…無料
家族カード…発行不可
ETCカード…無料
入会資格…18歳以上(学生OK)
ブランド…VISA・MasterCard・JCB
還元率…0.5%〜
ポイント名…ときめきポイント
ポイント…200円ごと(月間利用金額)
スマホ決済…Apple Pay、楽天ペイ
交換可能マイル…ANAマイル
電子マネー機能…WAON
支払日…10日締め翌々月10日払い
海外旅行保険…なし
国内旅行保険…なし
ショッピング保険…最高50万円
申し込み…1,500ポイントプレゼント!

ただし、イオン系列以外で使ったときの還元率が0.5%〜と低いので、前述した「おすすめのクレジットカード6選」を併用して使うのがおすすめです。

補足1.Yahoo! JAPANカードはおすすめできない理由

やっぱりPayPayにはヤフーカードが良いのかな…と、気になる方もいるかもしれません。

しかし、Yahoo! JAPANカードの利用はおすすめしません。理由は、こちらも改悪によりペイペイの支払い先で使っても還元率は変わらず、そもそもクレカの還元の仕組みが悪いからです。

ヤフーカードのメリットと注意点

とくに注意したいのは、決済するごとに100円で1ポイント付与している仕組みです。

  • Yahoo! JAPANカード
    →決済のたび100円で1pt付与
  • 大半のクレジットカード
    →利用合計金額でポイント付与

ヤフーカードは1決済ごとに100円につき1ポイントを付与しています。つまり、裏を返すと支払いするたびに1〜99円の端数のカットされてしまうんです。

その点、大半のクレカは利用合計金額で付与なので端数のカットは月1回のみ。

つまりヤフーカードは利用するほどポイント還元で損をする可能性が高くなるので、申し込みはおすすめできません

補足2.イオンの支払い方法

続いて、イオンの支払い方法はどんな手段があるのか調査をして、まとめました。

支払い方法可否
現金
スマホ決済(PayPayのみ)
※使える店舗は順次拡大中
クレジットカード(VISA・MasterCard・JCB・AMEX・Diners)
※DISCOVERとUnionPayは不可
タッチ決済(QUICPay、iD、Apple Pay、Google Pay、Visaタッチ決済)
デビットカード
プリペイドカード(kyash、au PAY プリペイドカード、Vペリカ、dカードプリペイド、LINE Payカード、ソフトバンクカードなど)
ギフトカード・商品券(イオンギフトカード、クレカの各ブランドが発行するギフトカード)
イオン株主優待券
交通系電子マネー(Suica 、ICOCA、manaca、PASMO、SUGOCA、TOICA、Kitaca、はやかけん、nimoca)
商業系電子マネー(WAON)
スマホ決済(au PAY、LINE Pay、ゆうちょPay、d払い、メルペイ、楽天ペイ、Alipay、WeChat Pay、atone、Smart Code、K PLUS)×
ポイント払い(楽天ポイント払い、dポイント払い、Tポイント払い、Pontaポイント払い)×
ジェフグルメカード、QUOカード、nanaco、楽天Edy、ビットコイン×

調査したところ、イオンで使えるスマホ決済はPayPayのみとなっています

ただ、全店舗で使えるわけでもないですし、PayPayの還元率は下がったので、基本的には前述したクレジットカードで決済する方がお得です。

まとめ

イオンでPayPayが使えるかどうか、イオンで1番お得な支払い方法まで解説しました。

PayPayは便利なサービスなのは事実なんですが、いまは改悪もあって、そのまま残高で支払うのは得ではありません。これからはクレカを紐づけて支払う方がお得です。

なので、これを機会に人気なクレカの申し込みを検討した方が良いでしょう。

キャッシュレス決済はクレジットカードが1番お得と言える理由

最近では、さまざまなお得情報があるので、結局どれが良いの?と迷いますよね。

結論からいうと、キャッシュレス決済はクレジットカードが1番お得です。理由は、スマホ決済だと基本的に0.5%〜の還元しか受けられないからです。

図のように、クレジットカードなら還元率1.0%〜、特約店ならさらに還元率はUPします。

なので、キャッシュレス決済は人気なクレジットカードで支払えば損をすることがないと覚えておきましょう。

SNSでもご購読できます
みんなの教科書
みんなの教科書の運営事務局
私たちは、クレジットカードの無駄を省くプロの集団です。どのカードを選ぶべきか迷っている人に、最もお得で後悔しない方法をお教えします。